2022年06月09日一覧

食べ物の好き嫌い

偏食の強い方ではありませんが、食べ物の好き嫌いはあります。子供の頃の三大嫌いな食べ物は、納豆、麻婆豆腐、椎茸でした。麻婆豆腐が苦手だった理由は今となってははっきりしませんが、恐らく辛さではなく豆腐です。揚げ出し豆腐などが好きではないですし、どうも木綿豆腐に火を通したものが苦手なのかもしれません。

椎茸は好きではないですが、食べようと思えば食べられます。揚げ出し豆腐は苦手なものだと、食べれるけど少し気持ち悪くなってくる感覚を覚えたことがありました。納豆については別格で、食べている最中に吐き気を催すので、体が完全に受け付けません。小学3年生の時に給食に出て、居残りで食べさせられたクソのような記憶があり、それが影響しているかもと思いましたが、その時点で食べられなかったということは元々駄目なのでしょうね。


左肩の不調

ここ半年ほど左肩の調子が良くないです。五十肩のような症状でしょうか。そもそも五十肩になったことがないので、それが正しいのかもよく分からないのですが。違和感を自覚したのは、昨年11月にハーフマラソンを走り終えた後からです。確かにハーフマラソンでは長時間腕を振るので肩に一定の負担が掛かりますが、それだけで問題が発生するとは思えないので、それ以前からの問題が顕在化するためのキッカケに過ぎなかったのかなあ、と考えています。

具体的な症状としては、以下。

  • 左肩の可動域が狭くなっている
    • 無理に動かそうとすると、筋が張るような感じがして、痛みを覚える
  • 痛みを感じる方向に、強く動かしてしまうと、強烈な痛みがきて、しばらく悶える
  • ただし、強い痛みを感じても、しばらくすれば完全に痛みを感じなくなる

放っておけばそのうち治るだろうと、悠長に構えていたのですが、半年経っても治らないので、6月頭に病院の整形外科で診てもらってきました。結論としては原因はよく分からないです。しかし、レントゲンを撮った結果、特に骨の異常はなさそうだと分かりました。

とりあえずロキソプロフェンNaテープ21日分を処方されたので、こちらを貼りつけつつ、意図的に左肩を動かすようにします。変に動かさない方が良いとこれまで考えてきましたが、お医者さん曰く動かした方が良いとのことなので。

ロキソプロフェンNaテープによる痛み止めはそれなりに効果を感じます。湿布系も結構効くものなのですね。ただ痛みが強い場合は、それなりに痛さが通ります。

早く治ってスッキリしたいところです。服に腕を通す時とか、特定方向に腕を曲げたり伸ばしたりすると痛いですし、ザックやBCを背負う時にも痛くて、日常にもレジャーにも一定の支障をきたします。