「 楽器・音楽 」一覧

楽器演奏や音楽について

最近のウクレレ2020年05月

ウクレレは亀ペースながらも、ちょこちょこ弾いています。目新しいことがないのでなかなか記事を起こしにくいのですが、時折スナップショットとして何かしら書き残していきたいと思います。

現状、メロディー演奏はやらずにコード演奏で楽しんでいます。やっぱりウクレレはコード演奏が楽しいです。メロディー演奏はオカリナの方で楽しみたいと思います。

レパートリーは特に増えておらず、大体下記の3曲のローテーションです。

  • 君をのせて
  • やさしさに包まれたなら
  • 風になる

オールジブリですね。譜面はUフレットを使っており、これら3曲はそれぞれストロークパターンが異なっているので、ちょうど良いバランスです。

ワンルームマンション住まいなので音量を下げるべく、指腹で弾いていますが、親指側が引っ掛かります。けれど、続けて何回か弾いていると、そうした引っ掛かりがなくなってきます。そこで上手く弾けるときの条件を調べてみたところ、親指の外側が弦に垂直、僅かに指腹寄りに当たっているときに、引っ掛かりなく弾けているみたいです。この条件を成立させるために、手指の位置を調整するより、ウクレレ本体の向きを調整する方が楽でした。


ウクレレの分数コード

今更ですが、書いたつもりが書いてなかったので、記事にしてみます。コード演奏をしていると、しばしば分数コードが出てきます。最初は何ぞコレ、と思って、分母の方を無視してきましたが、同じコードが続くとメリハリがなくなるので、調べるに至りました。

ギターの低音弦で弾くベース音(≠ルート音)を指定しているのが分母になります。しかし、ウクレレは低音弦がないので、ベース音としては弾けません。なので、純粋に音を加えます。3和音なら4弦しかないウクレレでも足ります。しかし、セブンスコードのように4和音になると、物理的に弦の数が足りなくなります。この場合、何かしらの音を削らなくてはなりません。どの音を削るかについては、特にルール等はないみたいです。

これを演奏中に判断するのは厳しいので、分数コードはまた別のコードとして、押さえ方を覚えないと駄目ですかねえ。ベース音+コード、と出来れば、覚えるのも多少楽なのですが。


オカリナ弱音器「吹けるん」を買いました

オカリナの弱音器である「吹けるん」を買いました。前から興味があったのですが、立ち寄った楽器店で見かけたので、購入しました。

さっそく使用してみます。……高音が出ない。かすれた音になってしまい、音程が聴こえてきません。低い音だと音程が聴こえます。試行錯誤した結果、息の量が少ないのでは、と言う結論に至りました。

弱音器を使わずに吹くとき、音量を意識して、息の量を少し抑え気味にしているのだと思います。強めに吹いたら、音程が聴こえるようになりました。スースー空気が抜ける音は少し気になりますが、慣れれば気にならないでしょう。

一度弱音器を使うと、そのままで吹いたときの音量が大きく聴こえて、弱音器なしに吹くのが躊躇われますね。

ちなみに、簡単モードと本格モードがありますが、まずは簡単モードだけ使っている状態です。そのうち慣れてきたら、本格モードを使ってみようと思います。


現在弾いているストロークパターン3種類

最近新しくウクレレのレパートリーに加えた曲が、猫の恩返しの「風になる」です。某所でウクレレで弾いている様子を見て、自分も弾いてみようかな、と思いました。ただ、ストロークパターンに気を取られてしまい、弾き語りがなかなか出来ません。コードチェンジだけではなく、リズムの取り方も練習が必要だと感じました。

ちなみに現在弾いている曲のストロークパターンは以下の通り。Uフレットを参考にしています。リズム譜はOSSであるMuseScoreを使って作成しました。

「君をのせて」は特にストロークパターンの指定がなかったので、四拍子で弾いています。これは単純でリズムも取りやすいですね。

「やさしさに包まれたなら」は、四拍子の最後だけ八拍子にしています。Uフレットだと八拍子でしたが、楽になる方向でアレンジしました。

「風になる」は、上記の通りで、”ターンタタン タタタン”てな感じ。まだこのリズムを取ることに意識が行ってしまい、上手く歌うことが出来ません。無意識に取れるようにならないと駄目なんだろうなあ。


オカリナ演奏の音を安定させたい

オカリナは、たまに吹いています。大昔にピアノで初心者向け譜面で弾いていた「海が見える街」をレパートリーに加えてみました。「おとタマ」で楽譜を見たらF菅向けとなっていたので、C管だと移調が必要なのかな、と思っていたら、そのまま吹けますね。むしろF菅で吹くためには移調が必要です。こちらはまだ始めたばかりなので、練習を重ねていきたいです。

さて、オカリナですが、そこそこ吹いていると、わりと早い段階で、”とりあえず吹ける”ようにはなりますね。”とりあえず”と言っているのは、明らかに音が飛んだり、演奏が詰まったりしない、ということです。ウクレレの場合は、コードチェンジの指が追いつかない、上手く押さえられない、など課題が分かりやすいのですが、オカリナの場合はとりあえず吹けてしまうのです。

なので、自分で課題を見つけて、演奏を修正していかないと、ダラダラ続けていくことになりますし、モチベーションも上がらなくなりそうです。趣味なので、気負うつもりはありませんが、せっかくなら少しでも上手くなりたいですし、その方が楽しそうだからです。

とりあえず気になるのは以下。

  • 音がズレる
  • 音が震える
  • テンポが取れているか不安

音がズレるのは、自分の耳で聴いていても分かります。ほんとに息の量やオカリナの向き、姿勢等で微妙にズレてしまいます。この特性はオカリナの個体ごとに異なりますし、愛器を手なずけるつもりで、練習を重ねて掴んでいくしかなさそうですね。最初の頃に比べれば、低音は弱く、高音は強く、がある程度無意識に出来るようになってきているので、一応の進歩はしているようです。

音が震えるのは、息の出し方が安定していないのだと思います。練習時、最初が一番震えて、2回目以降は徐々に安定してくる感じ。ネット上の動画で見るプロ奏者のような澄んだ音色には、憧れますね。

最後のテンポですが、楽器演奏などをきちんと習ったことがないので、基本的に適当です。なので、合っているのか結構不安です。まあ、一人で吹く分には、あまり気にしなくて良いのですが。