「 アウトドア・スポーツ 」一覧

アウトドアやスポーツ関連

2020年04月~06月のランニング記録

2020年04月から06月のランニング記録です。

年月総距離(km)個別距離(km)
2020/0412.303.01, 2.00, 3.63, 3.66
2020/0514.284.14, 3.42, 3.41, 3.32
2020/0615.733.41, 2.17, 3.54, 3.23, 3.38

新型肺炎による在宅勤務になったことから、平日に走りやすくなりました。特に深夜は人も少なくて良いですね。夕食の消化を待つために、だいぶ遅い時間になってしまうのがネックですけど。逆に、休日に走ることが少なくなりました。そのため、1回の走行距離は短くなっています。平日深夜だと、遠出する気にはなれないので、家の近所を走っているからです。1周3.5km弱のコースを1周する感じです。周回はモチベーションが続きません。

10kmとか長めの距離を走ると、足指や膝へのダメージが気になるので、この程度でちょうど良いとも言えるのですが、筋力が付きにくくなる点が気になります。年末年始あたりに、10km程度を練習で走るようになってから、ふくらはぎの筋肉が付いてきたことを実感できたので、やはり1回での走行距離をそこそこ伸ばしておくことは、筋力面からも必要だと感じました。

そして最後にモチベーションのお話。以前の記事に書いた通り、3月に「新潟ハーフマラソン」を予定していて、そこでハーフに初挑戦するつもりでしたが、新型肺炎の影響で目途が立たなくなってしまいました。4月に状況が好転する可能性に一分の望みを掛けて申し込んだ「燕さくらマラソン」も結局中止となりました。未だ先の見えない状況ですが、モチベーションのために何か大会を設定したいところ。色々と工夫をされて、開催を目指している大会もいくつかあるようです。


ジム59日目~5級課題初クリア

2020年06月21日、壁家でボルダリングしてきました。普段より少し早めの時間帯に行ったら、人出が若干多かったです。

まず挑戦したのが、90度壁の6級課題である青■。何度かクリアしていますが、前々回くらいに失敗していたので、慣らしで挑戦してクリア。続いて5級課題である橙■に挑戦します。垂壁で2面が直交しているところなので、保持は楽なのですが、途中で詰まってしまったので、降りました。ここは以前落下した際に、ホールドに腰をぶつけているので、アグレッシブにいくのが少し躊躇われます。

壁を移動して100度壁へ。先週に引き続き、橙+課題に挑みます。こちらの画像の青丸課題になります。先週までとは違う登り方で進んだところ、存外スムーズにクリアできました。写真はこちら。右側のホールド2個に青丸印が抜けています……。スタートしたら、右足の上にあるホールドを右手で掴んで、左手は橙色の大きめホールドの左下にあるホールドを掴みます。そこから左手をボテのホールドへ移動します。右手はボテの右にある横長ホールドの下へ移動します。重心が左に寄るので、正対していると少し疲れるので、左半身をやや壁に寄せて、右足をスタートホールドに移動します。その後は、左手と右手を順に、ゴールホールドの下にある両ホールドへ移動します。一度はここまで来て落ちてしまったのですが、この先はまず右足をスタートの左上すぐにあるホールドへ移動します。登っていると死角に入ってしまうので、事前に把握しておきます。自分はわざわざ戻って確かめるという無駄工程を踏んでしまいました。その後は左足をボテホールドへ移動。ハンドホールドがしっかりしてて、右足の足場も悪くはないので、引き上げられます。ここまで来れば、後はゴールホールドに手を移すだけです。結局、横長ホールドとボテ、右端のホールドは使いませんでした。他にもルートがあるってことかな。

というわけで、初の5級課題クリアとなりました。うむ!満足。亀ペース通いなのが大きいですけど、5級手前での足踏み期間が長かったですしねえ。達成感のせいで、Fenix 5Xの測定ボタンを押し忘れてしまいました^^;。

続いて90度壁へ戻ります。先ほどクリアできなかった橙■に挑戦します。こちらの画像の青丸課題になります。前回までと登り方は同じで、左側の大きな緑ホールドに乗せた左足を、その上にあるキノコ状の小ホールドに乗せます。小さめのホールドなので、上手く乗れないかなあ、と思っていたら、結構しっかり乗れました。壁が直交しているので、壁を斜めに押す力も上手く作用しているおかげかと思います。その後は右足をひとつ引き上げて、手を移動してゴール。左足はもうひとつ上まで持っていくイメージでしたが、ひとつ手前のキノコホールドで足りました。この辺はリーチに助けられたのかと思います。

2つ目の5級課題クリアに気分を良くしたので、続いて90度壁の橙+に挑みます。赤丸課題になります。足限定なし課題になります。ホールドの配置は難しくないのですが、形状が丸型でガバッと掴めないので、バランシーな課題になります。とは言え、スラブ壁ほどではありませんし、反りもないので体重の掛け方もそこまでシビアではありません。腕で支えにくい分、重心を意識して足で支える必要がありますが、足自由という部分で結構難易度が下がっているのかなあ、と思いました。

それから橙Iにも挑戦しました。写真の青丸課題になります。スタートホールドを持って半球ホールドに乗り、その上にある大きめのホールドを右手で掴みます。その後、半球ホールド上に立ち上がり、上にあるピンチホールドを左右で掴みます。垂壁なのでわりとしっかり持てます。それからスタートホールドの先端に左足を乗せて身体を引き上げて……と登り方を書いているうちに、1個使ってはいけないホールドに足を乗せてしまったのでは、という疑惑が湧いてきました。赤丸スタートの右にあるホールドを踏んだイメージがどうも強くて。写真で見る限り、橙ではなく黄色に見えますが、どちらかは不明です。この写真で見ると橙に見えますが、オリジナル写真は黄色に見えます。まあ、そこは一旦置いといて、真ん中の大きめホールドに左足を乗せたら、右足をスメアリングしながら引き上げて、右側にある大きなピンチホールドに押し当てて、バランスを取りながらゴールのボテを触りました。というわけで疑惑のクリア。

最後は100度壁の6級課題に挑むも、数手で壁から剥がれてしまったので、ここで切り上げ。90度壁に貼りついていると、なかなかヨレに気づけません。

というわけで、1課題は疑惑つきではあるものの、計4個の5級課題をクリアできました。これまで散々5級の壁に阻まれてきたのに、行くときは一気に行けるものですねえ。その代償か、右手の甲と右腕を擦りむいてしまいましたが……。今回クリアした5級課題を通じて感じたことは、やはり足の大切さです。少し足の位置を動かすだけで安定して届くようになったり、足に体重の乗せて踏み込めば、思いのほか身体を大きく引き上げることができたり、といったことです。

ところで、疑惑の1課題に絡めて、閑話休題。自分は色弱なので、色相が近い色同士で同じマークの課題があると、見づらいですね。橙と黄色とか、黄色と黄緑とか。赤と黄色や黄色と緑、或いは橙と黄緑といったように、ある程度色相が離れていれば良いのですけど。色相が近い場合は、マークの形を変えてもらえると助かります。ユニバーサルデザインになってくれるとありがたいです。

Fenix 5Xの測定結果です。先週に引き続き、測定ミスをやらかしてしまいました。基本的にミスするのは、登り終えたときのラップボタンの押し忘れです。次の登りで気づけるので補正はできますが。手動操作が入る以上、こうしたミスは仕方ないですね。

Total Time01:46:52
Rest Time01:20:25
Total Climb13
Success Climb5

ジム58日目~6級安定

2020年06月14日、壁家にてボルダリングをしてきました。この日はジムの手前まで行ってからシューズを忘れたことに気づき、一旦自宅に戻って再びやって来ました。片道20分弱なので心が折れかけましたが。感染症対策でシューズレンタルがあるか不明でしたし、やはりマイシューズを使いたいですしね。

先週に続いて2週連続の訪問となりましたが、前回やや苦戦していた6級クラスの課題が、初挑戦の2課題を一撃できたり、わりと調子が良かったです。やっぱり間隔を空けずに登ることは大事なんだなあ、と思いました。とは言え、どうしても間が空いてしまう時は出てくると思うので、そこは気負わずに気楽にやっていきたいです。

120度壁の6級課題

今回は120度壁から挑みます。6級課題が2つあったので、それらに挑戦しました。結果はどちらも一撃でクリア。傾斜がある分、ハンドホールドもフットホールドも大きくて掴みやすいホールドが配置されています。I課題と■課題で、I課題は直登で、■課題は途中で右にトラバースします。どちらの課題も、足場を適切なホールドに持っていき、踏み込んで体を引き上げれば、スムーズに進めました。

続いては100度壁に挑みます。前回クリアできなかった6級■課題を最初に挑戦。すると今回は難なくクリアできてしまいました。スタートから3つ先のホールドを右手で掴んで直下のフットホールドに左足で乗ってダイアゴナルの体勢になった後、左手を掴んでから右足を引き上げて、それから左足を壁の左端にあるホールドへ移動。後は両足をひとつ上のホールドに上げて、安定した状態にしてからゴールホールドを掴みます。

100度壁の5級課題

その後は5級課題に挑戦。橙の+課題を触ってみます。最初、ボテに付いているホールドに気づかずに登っていました。何度か挑戦して、ゴールの2つ下にある横長のホールドに手が届くところまでは行きますが、その先の足の引き上げ方が分かっていません。スタートホールドに乗せるしかないんでしょうけど、ハンドホールドとの位置てきに、結構キツキツなんですよねえ。あと、ボテの使い方もよく見えていません。どこで必要になるんだろう。

ところで余談ですが、ボテのルールはよく戸惑います。今回のボテは、ボテに付いたホールド単体にも印がついていたので、ボテ側の表示はボテのみだと理解できました。この辺はジムごとに表記が微妙に違うので訊けばいいだけの話ですけど。ネットで見た感じだと、”ボテあり”、”ボテのみ/なし”という表記が一般的なんですかねえ。

Fenix 5Xでの測定結果は以下の通りです。

Total Time00:58:33
Rest Time00:46:48
Total Climb9
Success Climb3

ジム57日目~通常営業再開

壁家の通常営業が再開しましたので、2020年06月06日、登ってきました。同時滞在人数の制限など、新型肺炎対策は継続しています。回数券が利用できるようになったので、有効期限延長の手続きを済ませました。

まずは90度壁に挑戦して、■と+とIの6級課題をクリアしました。前回の終盤で失敗した■課題は、左壁に掛かっている足場を使ったら、上手く登れました。

100度壁の6級(水色)■課題に挑戦

続いて100度壁へ移動します。期間がだいぶ空いたので記憶が定かではありませんが、たぶん初挑戦です。6級課題の+と■に挑みます。+はあまり苦労せずにクリアできましたが、■が上手くいきません。半球状のハンドホールドで、スローパーのような辛さはありませんが、指をがっつり入れられるガバでもないので、重心移動をちゃんとできるか試されるのかなー、と思っています。スタートから3つ目のホールドを取ってから、次の一手が繰り出せません。足を先に移動させたいのですが、適当な足場がない感じです。上記のホールドを右手に持ち、その直下のホールドに左足を乗せて、左手で取りにいったら掴めましたが、その先どうすればいいんだろうか。右足を持ってきて、それから左足をもっと左へ移動しなきゃいけないけど、うーん。でもまあ、6級ということもあり、何度か挑み続ければ、クリアはできそうな感触です。

Fenix 5Xの測定結果です。操作ミスによる測定ズレがあったので、補正しました。

Total Time01:43:42
Rest Time01:30:34
Total Climb22
Success Climb4

ランニング雑記(胃の消化時間、右足の大きさ)

最近は深夜ランニングが多くなっています。とにかく人が少ないのが良いですね。夕方に走っているランナーも多いですが、その時間帯はそこそこ人が歩いており、避けながら走るのが面倒に感じてしまいます。

しかし深夜ランニングで問題となるのは、夕食の消化です。幸い現在は在宅勤務が続いているので、ある程度時間をコントロールできます。18時30分くらいに食べて、5時間後の23時30分ごろにようやく胃が空く感じです。3時間くらいでもいけるかな、と思って走ったときには、胃がムカムカして気持ち悪くなってしまいました。そんなドカ食いをしているわけではありませんが、胃での消化は思った以上に時間が掛かりますね。食べるものを工夫すれば良いのでしょうが、そこまでストイックにする気にもなれず、悩ましいですねえ。

そしてもう1点、最近気になっているのは、右足の大きさです。どうも自分は右足が左足に比べて、若干大きいようです。見た目にはほぼ分からないのですが、ランニングシューズを履いた時に、若干右の方がきついことに気づきました。普段履きの靴は、意識するまで気づきませんでしたが、やっぱり右の方が僅かにきつい感じです。3km程度の短い距離ではあまり影響はないのですが、10kmぐらいを走ると、指や爪に違和感を覚えます。右足中指の爪が黒っぽく変色していることに気づきましたが、このせいかもしれません。

というわけで、ランニングシューズを一回り大きいものに買い替えて、インソールで調整したいですね。ただ今のランニングシューズを買ってから日が浅いので、減価償却したい気持ちもあり、悩ましいです。まあ、2足目を買ってローテーションさせても良いかなあ、とは思っています。

ただ本当に右足が大きいのかも、良く分からないのですが。フィット感に違和感を覚えるのは、大きさ以外の要因があるのかもしれませんし。次回のシューズ購入時は、フィッティングサービスを受けるようにしようと思います。シューズの影響は、ある程度長い距離を走らないと実感しにくいですね。