「 謎解き 」一覧

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」

2018年8月18日、幕張メッセで開催されたリアル脱出ゲーム「大魔王ゾーマからの脱出」に参加してきました。リアル脱出ゲーム×ドラクエの第1弾である「竜王迷宮からの脱出」にも参加しているので、そちらとの比較も交えていこうと思います。例によって謎解きのネタバレは禁止なので、そこはノータッチです。

今回は11時からのチケットです。ぱふぱふ部屋のために、グッズ売り場でロトの剣と盾のメタリックアイテムを購入。5,000円以上したので、ぱふぱふ部屋の券2枚入手しました。しかし、同行者2名も2,000円以上買ったので、余ってしまいました。

入場までは結構並びました。会場内のチュートリアル部分に行くまで、30分以上掛かっています。今回選べる職業は最初見た時、「?」となるかもしれませんが、その理由はエンディングまで行けばわかります。途中で勘づくかもしれません。そして4人1組が基本ですが、1人怪我で来られなくなったので、3人で挑戦となりました。チケットは4人分必要です。

タイトルの「大魔王ゾーマ」の文字だけ見ると、ドラクエ3がメインモチーフのように見えますが、実際には各シリーズを総動員した構成になっています。何作かモチーフを見つけられなかったものがありますが、たぶん見落としているだけでしょう。

 

さて、わりと早い段階で向かった先は、ぱふぱふ部屋。ほぼ待ち時間なく入ることができて、ぱふっぱふっ♪してきました。しばらく経った後に通り掛かった際には大行列になっていたので、早めに行って正解でした。

前作と比べて、イベントへの参加要素が多くなっています。パーティメンバ全員に、それぞれ見せ場が設けられる作りです。自分はステージ上で踊りました。

そして前作に比べて工夫されていると感じた点が、会場内の動線です。基本的に動線が重ならないようになっているので、わちゃわちゃしません。1箇所、会場の構成上動線が重なってしまう箇所があり、そこを通ったら前作のわちゃわちゃ感を思い出しました。

フォトスポットも随所にあって、楽しいです。メッセージウィンドウによるネタも、そこかしこにあります。この辺を全部回収していそうなドラクエファンもいましたねえ。

最終戦の前にフードコーナーで腹ごしらえ。夕食の時間も近くなりそうなので、迷いましたが、軽く唐揚げを掴みました。特にドラクエコラボフードと言うわけではありません。

そしてラスト、前回はコンティニュー1回でクリアでしたが、残念ながら今回もコンティニュー1回でクリアでした。丁寧さが足りなかったパターン。初手のミスによるやり直しさえなければ間に合っていたので、悔しいところですね。

エンディングを見終えたら貰える持ち帰り謎は、まだ解いていません。いつかやらねば。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム「THE MUMMY ESCAPE GAME」

2018年03月21日、お誘いいただき、アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKANにて開催された「THE MUMMY ESCAPE GAME」に参加してきました。例によってネタバレしない範囲での感想なので、色々と書きづらいですが、とりあえず結果は無事脱出です。

例によって自分はほとんど貢献できていないのですが、難易度自体はそこまで高くない印象でした。時間にもある程度余裕があって、一足飛びの閃きを要求されることもなかったかと思います。たまたま皆が閃き、詰まることがなかったからかとも思いましたが、脱出率もそれなりに高かったので、やはりそこまできつくはなかったのでしょう。コラボと言うこともあってか、オリジナルの10人制よりは難易度低めに作られていると感じました。

個人的な反省点は、見えた文字がしっくり来ないときに、既に出ている文字から残りの文字を類推しきれなかったことと、五感をフルに活用しきれなかったことでした。

その他の感想としては、最近はコナン的なアレが流行っているんですかね。後はセットも凝っているようで、レプリカとは言え借用品なのでお触り禁止なセットもあり、本格的でした。上記の写真は、撮影タイムが設けられた際のものです。


地下謎への招待状2017

2018年1月27日、東京メトロで開催されている「地下謎への招待状2017」に参加してきました。1月末で終了なので滑り込みのタイミングです。ここ最近、チームでの謎解きは、他のメンバに頼りっきりだったので、腕試しのつもりでソロ参加しました。公演は既に終了していて、再演もないと思いますが、謎のネタバレをしない範囲で、感想を書きたいと思います。

まずスタートは、複数の駅から選ぶことが出来ます。自宅から、銀座か上野が近かったので、銀座にしてみました。下車したら、定期券売り場で地下謎キットを購入します。そして意気揚々と外へ飛び出し、適当な場所を見つけて始めようと思ったら、売り場にあるパネルを見よ、的な指示があって、とぼとぼ戻りました。

指示された駅に向かって、小問3個を解きます。2個は瞬殺だったのですが、残りの1個が結構苦戦。最初の2個がその問題文の中で完結していたので、残りの1個もそうだと思い込んでしまい、無駄に時間を掛けてしまいました。

先ほどの3問の解答が示す3つの駅へ向かいます。順不同でお使いイベント的な感じ。現地にあるものを見てミッションをこなします。

3つの駅のミッションをクリアすると謎が現れます。気になる点はあるものの、決め手が足りなくて、詰まってしまいます。14時すぎで、お腹も空いたので、フレッシュネスバーガーで昼食。食後、駅周辺は、謎解きをしている人が増えてきて落ち着かないので、関係のない駅で降りて、そこのベンチで解きました。どうにも解けなくて、使っていないものは何かないか、と棚卸をしたら、あっ!と気づいて解けました。この時は気持ち良かったです。ちょっと違うところに仕舞ってしまうから、視界から消えてしまい、存在を忘れてしまうトラップですね。

次の駅が分かったので、そこへ向かい、ミッションをこなします。内容に従い、電車で移動していくと、とある駅に着きました。そこで自販機で謎付きミネラルウォーターを購入。ここは人通りが少なくて広い空間が用意されており、大勢の参加者が地べたに座って、謎を解いていました。

ドリンクに付いてる謎は簡単ですが、そこから繋がる次の謎で詰まりました。で、探索のつもりで手持ちのアイテムをアレコレいじっていたら、一足飛びに見つけてはいけないものを見つけてしまい、そこに書かれていた文言がヒントになって、現在解いていた謎が解けました。というわけで、微妙に不完全燃焼感。ただ探索を弱気になると解けない謎解きもあったりするので、加減が難しいところです。ちなみに、この謎も使えるものは全て使え、の精神ですね。

ここからは、電車で移動しながら、とあることをしていきます。そしてとある条件を満たしたら、そこが次の駅というミッションです。これ、ひとつでも見逃したら答えが変わってしまうと思って、一度来た道程を電車でわざわざ戻ったりしちゃいました。グループ参加なら注意力をお互いに補完できるけど、ソロはきついなー。なんて思っていたのですが、実はある程度見逃してもたどり着ける仕組みになっていました。律儀に正確さを求めるんじゃなかった。

そして着いたのは最後の駅。スタンプを押せるのですが、ここがとにかく大行列。ビルの6階から地上まで列が伸びて、さらにそこから折り返したり。まあ、スタンプを押すだけなので、想像していたよりは早く順番が回って来ましたが、行列を見た時のげんなり感は半端なかったです。

スタンプの内容の指示に従い、最後の問題を見つけました。これ以降は街歩きは不要なので、夕食を食べて帰宅することにしました。家に帰るまでの間に解けるかな、と思っていましたが、全然無理でした。

帰宅後、翌日の昼くらいまでちまちま考えていましたが、手掛かりは見つけたものの、そこからどうにもならない雰囲気だったので、観念してヒント1を見ちゃいました。そこで突破口を得て、無事クリア。この問題の敗因は、見落としですねえ。そんなにいやらしい場所ではなく、わりと分かりやすい場所に書かれていたのに、片方のヒントを見落としていました。どういじってもピンと来ない、手掛かりが見えてこない、そう言うときは一旦引き返して、再度手掛かりを探そう、と言うのは毎回謎解き失敗した際に反省するのですが、いざ実践だとなかなか難しいんですよねえ。あと、新たな手掛かりを得たときは、それに基づいてもう一度アイテムの再点検しなきゃいけないですね。つい調べた気になって、確認が漏れてしまいました。

というわけで、ちょっと悔しい結果になってしまいましたが、謎解きの楽しさは味わえたので良かったです。謎そのものは、普段からリアル脱出ゲームで遊んでいる人でしたら、わりとオーソドックスな内容だったと思います。なのに、解けないんですよねえ(苦笑

街歩き部分は、11時30分から始めて、18時に最後の駅に着いたので、6時間半くらい掛かっていますね。もう少し早く解けるつもりでしたが、甘かったです。


リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「チョコレート殺人事件」

2017年12月23日、空き枠に誘っていただいたので、参加してきました。会場はアジトオブスクラップ下北沢ナゾビルです。下北沢のナゾビルは、たぶん初めてだと思います。ポケモン謎解きもちょうど開催中でしたので、モンスターボール柄の冊子を持って歩いている人たちを、良く見かけました。

こうした脱出ゲームはこれまでに結構参加していますが、基本ネタバレ禁止なので、記事に起こしにくく、特に書いてきませんでした。というわけで、ネタバレしない程度の感想です。

まずは現場検証編。これが従来参加してきた脱出ゲームと比べて、新しい内容でしたね。詳細は述べられませんが、クリアを見届けるときは、おお~っ!となります。コナンらしい内容でもありました。

続いて脱出編。こちらは名前が示す通り、従来の脱出ゲームと同じ形式になります。ただし、制限時間が30分なので、わりかしコンパクトになっています。途中のアレは、力押しでやりきるしかないんですかね。

そして聞き込み編。複数人でまとめて1つのキットを購入したので、小問は分担して解きました。内容的にはオーソドックスな持ち帰り謎。一人で解いたらそこそこの分量になる気がします。

最後は真相解明編。聞き込み編を解いている場で、真相解明まで終えた方たちもいましたが、自分はちょっと詰まっていたので、後日自宅にて解きました。見落としていた情報があったので、それを拾って次へ進み、情報を書き出して整理して、無事クリア。ただ、暗号の謎は解けていなかったので、リトライ。ちと苦労しましたが、こちらも情報を1個見落としており、そこを補ったら解決しました。真相解明編も、わりとコナンらしい内容でしたね。

まとめると、現場検証編と真相解明編がコナン側に寄せていて、聞き込み編と脱出編がSCRAP側に寄せているなあ、と思いました。こういう形式は初めてだったこともあり、楽しかったです。