「 IT 」一覧

ハードウェア、ソフトウェア、プログラミング、ウェブサービスなどを、幅広く

在宅勤務用にヘッドセットを購入

コロナ禍において弊社でも在宅勤務が導入されており、会議などでヘッドセットは必須のアイテムとなります。当然会社から支給されており、そちらを利用してきましたが、最近はたまに職場出勤することもあり、家と職場間で持ち歩く必要が出てきます。ヘッドセット自体あまり丈夫ではなく、鞄に入れての持ち歩きで断線したとの話も聞きますので、在宅勤務用に自腹で購入することにしました。まあ、今後私用でも使う機会があるかもしれない、ということで。

とは言え、主目的は仕事用途なのであまり高いものは買いたくありません。あとはこれまで使用してきた片耳タイプが慣れの面で良いかと考えました。というわけで選んだのが、エレコムのHS-HP21UBKになります。確か1,000円台だったはずです。

さっそく数回使ってみました。どうしてもこれまで使用していたヘッドセットとの比較になりますが、まず感じたことは装着感が緩めということです。従来のヘッドセットは若干きつめで、多少動いてもずれませんでしたが、HS-HP21UBKは少しズレやすい印象を受けました。使用回数を重ねて、上手いフィット位置を見つけると変わってくるかもしれません。また、緩めである分、長時間つけても疲労感は少なめになると思います。

あとはマイクの位置ですね。フレキシブルに調整できるので、顔の輪郭によってはとてもありがたい機能かもしれません。最初に適切な位置に調整する必要があるので、その際は顔に当たるなどして、若干煩わしかったです。

色々書きましたが、在宅勤務で利用する分には、特に問題なく使えています。使用感の違いは、慣れの問題かと思います。本製品の特長のひとつであるファブリックコードは、確かにコードの癖が付きにくくて良いですね。


サーバをSSL対応させた

常時SSLの普及に伴い、ブラウザでhttpアクセスしている場合に、警告表示が出るようになりました。まあ、個人サイトですし、基本は閲覧専用で、特に重要なデータを送ることもないので、あまり気にしていませんでしたが、とりあえずSSL対応させてみました。作業メモは以下です。

SSLサーバ証明書では、以下の2つの効果がありますが、今回用いた自己署名の場合は、前者の効果しか得られません。

  • 暗号化
  • 実在性証明

暗号化については、ホテルなどからブログの管理画面などにアクセスする際、パスワードが平文状態なのが気になっていたので、それが改善されます。

実在性証明については、特に実在性を証明したいわけではなく、自己署名だとブラウザでいきなり警告画面に飛ばされてしまうのを回避したいだけです。Let’s encryptというサービスもありますが、あれはあれで緩すぎて、いずれ弾き出されるような気がしています。一定の確認プロセスがあり、且つもう少しお手軽な個人サーバ向けの証明書発行サービスが欲しいですね。さすがに年額で数万円を出費するのは、商売をしていない以上、二の足を踏みます。

と思って、ふとVPSの提供元のサイトを覗いてみたら、ドメイン認証型という商品があり、年額990円でした。そうそう、こういう商品が欲しかったのです。もう少し内容確認をしてから、申し込んでみる予定です。


動画編集ソフトFilmora9

自分は動画コンテンツを作成することは殆どないのですが、旅行で撮影した動画を少し編集して、SNSなどに載せたいことがたまにあります。そこで、動画編集のためのソフト「WonderShare Filmora9」のライフタイムプランを購入しました。

最初は制限付きの無償版を使っていましたが、透かしや動画の最後に入る製品ロゴ画面を消したくなったので、有償版を購入しました。無償版で使っていたことから、操作感はそのままなのが良いです。

そして、せっかく動画編集ソフトを購入したので、もっと活用したいところですが、動画は容量が大きく、自前のサーバに置きにくいことがネックです。YouTubeなどにアップロードすることで、ストレージ容量は確保できるんでしょうけど、外部サービスに依存しきるのはリスクがありますしねえ。現に、日常写真をアップロードしていた「ついっぷるフォト」のサービス停止という憂き目を体験しました。画像自体は一括ダウンロードする仕組みが提供されているので保全できますが、既存のコンテンツとのリンクが切断されるのが手痛かったです。

というわけで、現状はSNS投稿用に、動画を時間軸でカット&ペーストする程度の編集しかしていません。けれども、ちょっとした動画編集ができる環境が手元にあるのは、なかなか融通が利いて良いと感じています。せっかくなので、テロップを入れたり、もう少し凝った動画作りを楽しんでみたい気持ちもあるのですが、作ったものを置ける自前のスペースがないことが、気持ちの足かせになっています。


WordPress5.4に更新

WordPressを5.4.1に更新しました。PHPの更新も併せて必要になるので、4.7.1から長いこと更新をしないままでしたが、表入力を楽に行ないたいという動機で、更新することに決めました。

更新作業は多少手間取りましたが、無事に完了しました。その辺の手順メモは、下記のwikiページにまとめました。

4.7.1からの一番大きな変化は、やはりエディタだと思います。このエディタは、Gutenbergという名前らしいです。色々と出来ることが増えていて魅力的ですが、ブロック形式での編集は、やはり最初は戸惑いました。

従来のエディタでやっていたことの大半はカバーしていますが、1つ出来なさそうなことがあります。それは、WordPressの外にあるWeb画像をドラッグ&ドロップして、横並びに配置していく方法です。自分は、旅行記事など写真掲載の多い記事はそういうスタイルで書いてきました。Classicブロックを使えば、ほぼ同等のことが出来るのですが、何故か同時に新規の画像ブロックも生成されてしまうので、削除するのが手間です。

これを機に、エディタに合わせて、記事の書き方を変えてみるのも、一興かもしれません。従来のような小さなサムネイル画像を多く並べるスタイルは、最近ではマイナーですしね。


ペンタブレットを新調(Intuos)

長らく使用していたお絵描き用ペンタブレットを新調しました。WACOMのIntuos(CTL-6100WL/E0)になります。これまで使用していたのは、同じくWACOMのBAMBOO Comic(CTH-461)です。今のSurface Pro3より前から使用していたので、かなり長いと思います。(調べたところ、2011年6月20日購入でした)

筆圧感知レベルが1024から4096になったり、数値で分かりやすい進化もありますが、とにかくかなりの年数が経過しているので、あらゆる部分で進化しているのだと思います。

接続はBluetoothを使っています。特に気になる部分はありません。テーブルが狭いので、配線が少ないに越したことはありません。

旧タブレットで一番困っていた点は、SurfacePro3の解像度が高いためか、ペンタブレットで操作できる画面範囲が限定されていたことです。当然ながら、この問題は新しいタブレットでは解消されています。

自身の画力がへっぽこなので、新タブレットでも目に見えるお絵描きの進歩はないのですが、描き心地は圧倒的に良いです。この描き心地に早く慣れて、より納得のいく絵を描いていきたいです。

【追記】この後ペンタブレットのおかしな入力状況に悩まされたのですが、以前に使用していたBAMBOO Comicのドライバが悪さをしていたようです。これをアンインストールすることで、問題が解決しました。