「 IT 」一覧

ハードウェア、ソフトウェア、プログラミング、ウェブサービスなどを、幅広く

新しいキーボード”MINILA-R”を購入

これまで使用してきたキーボードに不満が出てきたので、2021年6月3日に新しいキーボードを購入しました。不満というのは、Bluetooth経由でキーボードが利用可能になるまでの時間の長さと、キーの引っ掛かりです。特に前者は10秒以上掛かって、わりとイライラしてました。少なくとも5年以上使っているので、減価償却済かと思います。

当初の予定では5,000円程度の予算で考えていましたが、店頭で触ったダイヤテック社のFILCOブランドMajestouch MINILA-Rの打鍵感が気に入り、購入を決めました。予算超過の10,000円超えでしたが、キーボードは長い時間触れるものですし、妥協しない方が良いと思いました。こういう出合いがあることが、実店舗の良いところですね。

ただ、ここで購入時に見落としていた致命的な点がありました。こちら、日本語キーボードではなく、英語キーボードだったのです。BluetoothやUSBなどの接続方法は気にかけたものの、英語・日本語はすっかり見落としていました。仕方ないので、これも機会だと思って、使ってみることにします。

まず打鍵感は最高に気持ちいいです。カシャカシャという押下音も心地よいですし、打鍵時の反発力もちょうど良いです。押下して入力される瞬間にカシャっと鳴るのが良いです。キーピッチも適切で、離れすぎによる指の疲れや、近づぎによる巻き込み入力などもありません。

また、Bluetoothの認識速度も不満ありません。これは前に使っていたキーボードが問題ありだったのかと思いますが。ボタン押下で認識準備ができたらLED点灯してくれるから、キー入力しなくても認識有無を確認できる点が、心理面でも良い影響を与えていそうです。

一方でキー配列は色々思うところはあります。小型なので変態レイアウトになっています。設定でキーバインドを変更可能ですが、どれも一長一短で結局オリジナルのまま使っています。おまけに英語キーボードなので、余計に面倒になっています。

半角・全角変換キーがALT+”~”(左上)で、方向キーがFn同時押し割り当てになっています。使い続けていれば次第に慣れてきますが、時々戸惑いますし、まだ完全には慣れきっていません。さすがに慣れることすら出来ない不便な配置ではありません。

あとWindows10なら改善されているのですが、Windows8だと日本語キーボードと英語キーボードを切り替えるために、レジスタを書き換える必要があります。実家で使用する場合は日本語キーボードなので、この変更が少し手間ではあります。見た目以上に結構な重量があるので、このキーボードを携帯して使い回すのは厳しいですね。


Xperia 5 II SO-52Aを購入

2021年3月23日、Xperia Z5の故障により、5年ぶりに機種変更しました。特に強い拘りはありませんが、同じXperiaシリーズである「Xperia 5 II SO-52A(ブルー)」にしました。長い間、そして高頻度で利用するものなので、惜しむことなくハイエンド端末を選んでいます。さすがにXperia Proはオーバースペックなので、手を出せませんでした。

以前の機種で大きな不満はなかったため、長いこと新しい機種へ変えませんでしたが、いざ使ってみると細かな点で便利であり、不満はなくとも一定のペースで新しいものに触れた方が良いと思いました。

画面サイズはZ5よりも縦長になりましたので、ウェブページを閲覧する際に一度に表示される情報量が増えて快適です。動画は横画面表示にしても、左右が少し余ります。まだ試せていないですが、もしここにコメントとか表示できたら便利ですね。

そして3眼カメラについては、話題に挙がった当初は正直小馬鹿にした感じで見ていましたが、いざ使ってみるとすごく便利ですね。標準24mmは使い勝手がよく、望遠72mmはそれなりに寄れるので実用性があります。広角16mmは風景よりも料理など手元の距離を取れない撮影対象で便利に思いました。デジタルズームがあるとはいえ単焦点なので、当然カメラ専用機には及びませんが、ロードバイクで出かけた際の撮影など身軽に行動したいシーンでは、TG-5を持ち出さずにスマホ撮影だけで済ませるようになりました。

あとこれはAndroid側の話ですが、Z5で使用していたアプリが自動的に引き継がれていて、再インストールの手間が省けました。一瞬不思議に感じましたが、Google Playに情報を管理されているので、こういうことが可能なんですね。プライバシー的には気持ち悪く感じる部分もありますが、便利さが勝ります。

ウィジットなどホーム画面のカスタマイズはきちんと凝りたいなあ、とは思っていますが、必要最低限の内容を整備したら、散らかしっぱなしになっています。

ちなみに、本体背面部にあるカメラレンズ部分に突起があるため、机上などに置いた際にガタガタして安定性が悪く、非常に気になりました。保護ケースを装着することでレンズ部分との高低差がなくなりガタつきはなくなりましたが、保護ケースを装着することを前提の筐体設計だとしたら、残念ですね。ちなみに、液晶保護フィルム(RT-RXP5M2F/WZH)、保護ケース(RT-RXP5M2CC2/CM)を使用しています。保護フィルムの装着方法はわかりにくすぎました。


Xperia Z5 SO-01Hがついにご臨終

長らく愛用してきたXperia Z5 SO-01Hが、ついに起動しなくなりました。5年以上使ってきたので、さすがに寿命でしょう。昔は携帯電話、スマートフォンの買い替えサイクルはもっと速かったですが、最近は機能面での大きな不満がなく、価格も高いので、一台を長く使う傾向になっています。

とはいえ、さすがに下記のような目に見えるガタも出ていて、買い換えなきゃ、とは思っていました。

  • バッテリーの稼働時間低下
    • モバイルバッテリーがないと1日持つか持たないかのレベル
  • 接近センサの故障
    • 通話中の画面ロックが、スマホを顔から離しても解除されないので、自分から通話を切れない、通話中のダイヤル操作ができない、など不便。接近センサ付近を強く押せば機能するというノウハウで凌いでいた
  • 動作がもっさりしている
    • これは致命的ではないので我慢。ただ終盤はフリーズ再起動ということも増えてきた

この後、Android OSが起動せずに無限再起動を繰り返す状態になり、ご臨終かと思いきや、温度センサの故障を疑い、冷蔵庫で冷やしてみたところ、起動に成功することがある、というバッドノウハウを得てしまいました。これでしばらく延命させましたが、内部結露などダメージを負わせている可能性が高いので、この時点でとっとと買い換えるべきでした。

ついに冷蔵庫で冷やしても起動しなくなり、完全にご臨終となりました。ネット手続きだけで機種変更できるかと思いましたが、スマホによる二段階認証が必須のためスマホが故障した状態では進められず、来店しての手続きが必要となりました。4Gから5Gへの変更という特殊事情もあったので、別の救済措置も使えなかったようです。

というわけで、1週間のスマホなし生活となり、なかなか不便でした。SDカードに退避していなかった9か月分の写真も失われてしまいました。異常の兆候を見つけた時点で対処すべきでしたし、バッテリ寿命の観点からも一定の年数で買い換えを検討した方が良かったというのが反省点です。


Windows版Python3.9をインストール

Twitterのツイートログから、学習記録を抽出するスクリプトを書きたかったので、Windows版Python3.9をインストールしました。こうした開発系はLinux環境のほうが慣れているのですが、今のPCにVirtualMachineを入れる余裕はないので、素直にWindows版にしました。

参考にしたのはこちらのページ。ウィザードに従って先へ進むだけですが、デフォルトの選択状態だと、パスの設定をしてくれないのは不親切に感じました。

ところで、Pythonは読んだことはそこそこありますが、書いたことはあまりありません。従来この手のスクリプトは、古くから慣れ親しんだPerlを使ってきましたが、昨今の流行りに乗ってPythonへ移行しようと思います。

さっそく書いてみますが、慣れていないのでいちいち躓きます。

UnicodeDecodeError: 'cp932' codec can't decode byte 0x84 in position 334: illegal multibyte sequence

上記はUTF-8のテキストファイルをオープンした時のエラー出力です。encoding=”utf-8_sig”指定をすることで、解決しました。

File "C:\Users\bokupi\AppData\Local\Programs\Python\Python39\lib\re.py", line 201, in search
    return _compile(pattern, flags).search(string)
TypeError: expected string or bytes-like object

これは、reパッケージのsearch関数に渡した引数が、空の文字列になっていたことが原因でした。空の文字列は文字列として扱われないようですね。C言語だったらNULLポインタ扱いですけど、Pythonだとどういう扱いなんでしょう。調べれば分かると思いますが、現時点でそこまで興味がなかったのでスルー。

未だTwitterのアーカイブログが取得できないので、学習時間の抽出はできていませんが、作成したスクリプトを自分用に貼っておきます。自分用なので汎用性はなく、思いきりハードコーディングしています。拡張子はそのままだとセキュリティ理由で怒られたので、txtに変えました。

【追記】Twitterのアーカイブログは使いにくかったので、Twilogのアーカイブログを使うことにしました。そのためスクリプトを書き直しています。


Run KeeperとGarmin Connectの連携解除

スマホアプリでRun Keeperの設定メニューからGarmin Connectへの連携設定をしたのですが、解除する時に少しハマったので備忘録です。結論としては、Garmin Connect側の設定から連携解除をする必要がありました。

Run Keeper側から連携設定したので、Run Keeper側の設定メニューから連携解除すればOKだと思っていましが、解除後もGarminで計測したデータがRun Keeper側に反映され続けています。不具合で連携が解除しきれていないのかな、と思っていましたが、Run Keeperアプリを一旦削除しても反映が続くので、ちゃんと調べてみました。

その結果、Garmin Connectの設定メニューの「アカウント設定」→「アカウント情報」の「接続されているアプリ」から連携を解除できました。てっきりスマホアプリ側で連携しているのかと思っていましたが、サーバ側で連携していたのですね。