「 2021年02月21日 」一覧

ポケットモンスターシールド~本編クリア

ついに本編をクリアして、エンディングを見ました。クリア後の要素はまだまだあるみたいですが、一旦休憩したいと思います。エキスパンションパックを買うかはまだ決めていません。プレイ時間が取れるかわからないですし。

LV59くらいまで上がっていたので、シュートシティに着いたら、セミファイナルトーナメントから一気にストーリーを進めます。マリィ&ホップ戦はレベル差もあり、楽勝でした。ハロンタウンを旅立ってからスタジアムでのバトルまでのことを思うと、感慨深い……はずなのですが、何だかプレイ時間に対してあっという間に感じてしまって、そこまで気持ちが入ってこなかったり。ところで、ホップくんがバトル中に放つ「オマエなら 効果バツグンを 狙ってくるって わかってるからな!」に思わず笑ってしまいました。特に対策ないんかいっ、と突っ込まずにいられません。

中盤から怪しい素振りを見せていたローズ委員長がついに動き始めました。ミニゲーム的な要素をこなして、いざローズタワーへ。マクロコスモスって社名、ここで初めて見た気がするけど、もっと手前でも出てきていたのかな。オリーヴさんの形相に驚きつつ、ダンデ氏と再会。

不穏な空気を残した中、開催されたファイナルトーナメント。ルリナさん、オニオンくんを撃破し、キバナさんも撃破して、トーナメント突破。この辺もまだレベル差で抑え込めました。キバナさんの天候効果には少し苦しめられました。

しかしその後のチャンピオン戦は事件により中断。ナックルシティの地下プラントでローズ氏とのバトルに勝利したら、スタジアムでムゲンダイナ戦。一旦勝利した後は、ダイマックスしたムゲンダイナ戦。ラスボスの第二形態的な感じで盛り上がります。このバトルは、伝説のポケモン2体が助太刀してくれて、しかもかなりの戦力になるので、実質イベント戦闘に近いです。

ラストはシュートスタジアムに戻ってチャンピオン戦の再開です。ポケモンのレベルは65あたりで、相手のポケモンとのレベル差がほぼなくなったこともあり、結構苦戦しました。特に最後のリザードン戦では、一撃でひんしになることが多く、3体がひんしとなる中、何とか勝利できました。

しかし、一般トレーナーがチャンピオンに挑むまでのハードル、すごく高いですね。ジムチャレンジを終えた後のジムチャレンジャー同士のトーナメント後に、さらにジムリーダー相手のトーナメントがあるとは思っていませんでした。

クリアまでのプレイ時間は29時間弱。プレイ時間のわりにはあっという間に感じましたね。メインストーリーそのものは、わりと淡泊だからでしょうか。そこそこのんびりしたプレイですので、もう少し早くクリアできると思います。中盤以降ポケモンのレギュラーメンバーは固定でした。一度組み上がったルーティーンを変えたくなかったので、自ずとそうなりました。


中国語の勉強時間分析と検定受検級の再考

Twitterに記録している勉強時間を解析するスクリプトを書いて、分析してみました。

2014年377分
2015年1156分
2016年1134分
2017年358分
2018年1839分
2019年3853分
2020年5241分
2021年(~2月)776分

中国語検定準4級を受検したのが2016年3月です。その後別の語学検定を複数受けているので、2017年は極端に落ち込んでいます。2016年は検定前の追い込み分とその後の減少分が相殺している感じですね。2018年はキクタン初級を購入して、中国語の勉強を再開しました。

勉強時間だけでみれば、中国語検定3級にも手が届きそうですが、効率の良い勉強をしていないので、実感としてはまだ厳しい感じですね。4級を飛ばして3級を目指して勉強してきましたが、あと1ヶ月でどうにかなるとも思えないので、4級受検に切り替えようかな、と考えています。受検自体をスキップする方法もありますが、ダラダラと勉強を続けているので、ワンステップ入れたい気持ちがあります。