「 2021年08月 」一覧

劇場版きんいろモザイク Thank you!!鑑賞+舞台挨拶ライブビューイング

2021年08月21日、チネチッタにて劇場版「きんいろモザイク Thank you!!」を鑑賞してきました。新宿のバルト9で行なわれている舞台挨拶のライブビューイング付きになります。というか、チネチッタでも翌日に舞台挨拶があるのですが、映画自体に気づいたのがチケット発売翌日という体たらくでしたので、完売御礼でした。

舞台挨拶感想

上映前に舞台挨拶があります。なのでネタバレなしのトークになります。上映後はネタバレトークOKの良さがありますし、上映前はトークの内容を踏まえて本編を見れる良さがあります。

キャストの皆さんの仲が良いので、色々エピソードトークも豊富で楽しい舞台挨拶になりました。文章で繋げるのは大変なので、箇条書きで書き連ねます。例によって僅かなメモと記憶ベースなので、間違っている箇所もあると思います。

  • 原作最終回のときには、みんなで集まってチーズフォンデュしたり、ソーセージ作って食べたり。
  • その後連載された「Best wish」。これもアニメ化してほしいねー、という話。
  • 印象的なシーンについて。
    • 夏の海に行く回で、電車のなかでみかんに顔を描いたシーン。
    • “あーやややや”という綾のおばあちゃんのくだり。
  • 8月20日が陽子の誕生日だったので、田中さんがTwitterで内山さん宛にマンガ肉をたくさん載せた激しいツイートを送ったけど、内山さんは気づいていなかった。
    • たぶんこれ。https://twitter.com/Manami__TANAKA/status/1428656015491297284
  • Rhodanthe*のライブの、さつきいろハルジオンの振り付けを自分たちで作ったことについて。
    • 練習していたら、田村ゆかりさんに「がんばってね」と声を掛けてもらった
  • ファンとの距離の近さがきんモザのイベントの特長。
    • ファンの方たちにMVに出演してもらったりした。
    • 撮影が押していたのに、終了後誕生日をお祝いしてもらったりした。
  • 今回の映画のアフレコは、コロナ禍の影響で全員集まらず、グループごとに収録した。
    • その話から、叙々苑のお弁当が出たという話になり、内山さんが自分たちの時は出ていなかったと、食べ物に陽子ばりの反応。
  • キャスト同士の仲の良さについて。
    • 交換日記などをして、距離が縮まっていった
    • 誕生日のメンバに、他のメンバから誕生日プレゼントをするのが恒例になっている
    • クソコラ写真集(当人談)とか、手の込んだオフザケプレゼント系。
    • 西さんは”西明日香のデリケートゾーン”と刺繍された真っ赤なふんどしを受け取った。曰く「職人さん、どんな気持ちで塗ったんだろう……」
  • パンフレットのインタビュー。
    • これまで気丈だった東山さんが、インタビューのとき泣いてしまった
    • 良いことを言って、皆がはっとなったシーンがあったけれど、リクエストした”(一同息を吸う)”の文言は、ライターさんに入れてもらえなかった
  • 終わり間際に、キャストの皆さんがとりあえず回っておく(その場で一回転)くだりがあった
  • 最後は皆さんで、映画タイトルをコール。Thank you!!は「さ~んきゅっ」と可愛く発声する

映画感想

前半は修学旅行をメインに、日常のひとコマを繋ぎながら、卒業に向かって少しずつ時間が流れていく様子を見せてくれます。自分は前作の映画「Pretty Days」以来のきんモザなので、ゆるふわなギャグを見ながら、そういえばこんな雰囲気だったなあ、と作品の空気感を懐かしく覚えていました。思わずクスッと笑ってしまうギャグが多いですよねえ。その中でも陽子の猿ネタは思わず声が出そうになるくらいに、ハマりました。

後半は卒業後の進路に向けて、それぞれが悩み考える展開が軸になります。とは言え、そこまで重苦しい感じではないです。その中で、何組かのメンバー同士の関係にフォーカスしたシーンがあり、時の流れの中でそれぞれの気持ちの変化や心の成長が伺えるのが素敵だなあ、と思いました。綾と陽子、アリスとカレン、シノ……はシノとアリスなのかな、シノの場合は自分自身の変化の色が少し強いかな、と。

今回のダンスといえば、「合格の舞」のインパクトが絶大ですが、きちんと「そわそわダンス」も収まっていて良かったです。

ちなみに本作品は、冒頭でイギリス留学後のシノとアリスのシーンから始まります。最初見た時、状況が飲み込めませんでしたが、ここから時が戻って、高校3年生のシーンへ繋がっていきます。そしてラストに再び冒頭のシーンに帰ってきて、綾、陽子、カレンの3人もイギリスにやって来て、いつもの5人が集合するシーンへと繋がります。

本作はシリーズ最終作品なので、どうしても寂しさを感じてしまうのですが、上記のような構成にしてくれたことで、卒業後もきんモザの世界が続いていくんだ、という安心感を無意識下に持った状態で、高校生活のパートを見ることができたと思います。

物販やポップ等

自動扉に広告がプリントされたり、パネルがあったりしました。

物販の方は、パンフレットとアクリルジオラマを購入しました。

入場者特典のキャラクターボイスCDは、綾さんでした。そういえば「Pretty Days」の特典色紙もウェディングドレス綾さんでしたし、運命を感じます。

最後に

自分は原作を読んでいないので、実に「Pretty Days」以来5年ぶりのきんモザでした。なので、最初はシリーズ集大成の寂しさよりも、久しぶりに見るきんモザの気持ちが大きかったです。ただ、キャストの皆さんの想いを聴いたり、映画を見て、テレビシリーズ第1期、2期の頃を思い出したりしたら、急に懐かしくなり、寂しさが込み上げてきました。思い出は財産ですね。


ブレイブリーデフォルト2~第5章クリア

現在のプレイ時間は69時間ほど。第5章をクリアして、バッドエンドを見ました。ドラクエ11的な展開になるとは。クリア後のセーブデータで再度エドゥナ戦に挑んだけれど、同じバッドエンドを見るだけでした。いや、何か展開が変わると思うじゃないですか。展開を変えるには、そもそもエドゥナ戦に挑まず、部屋を出る必要がありました。

エドゥナ戦にたどり着くまでですが、レベル上げをひたすら頑張っていました。アダマス戦を麻痺嵌めで突破したので、レベルが低くて戦闘がかなりきつかったためです。最初は飛空艇で戦っていましたが、それでもきついので、ホログラード周辺を根城に頑張りました。レベルが上がるにつれて段々余裕が出てきたけど、それでも全滅寸前まで追い込まれることもあるので、油断できません。

とりあえずLv48まで上がったので、クリスタルを回収に向かいます。

  • アスラ戦。ジャマーによる打撃がきつくて、3回くらい全滅したけど、何とか勝利した。槍半減なので竜騎士ではなくファントム+神速瞬撃2名を主力にする。導師+白はBP2以上にして、回復とリレイズを担当する。黒魔道士+吟遊はバフ担当。神速瞬撃はデフォルト3個溜めてから撃ってたけど、カウンター連発で入るときついので、もっとこまめに打ったほうが良かったかも。物理でのジャマーなので仕返し回避が有効だけど、持ってるキャラ少なかった。
  • カトプレバス戦。弱点が分かっても半減と無効が分からないの不便。結局弱点属性を抑えた武器にするのが無難かなあ。竜騎士+シーフで神速瞬撃を主火力にする。一度危うくなったけど、リレイズで全滅回避し、それから導師の必殺技で立て直し。アスラよりは楽だった。
  • イモータル戦。悪疫に気づかずMPジリ貧なってエーテル無駄に使ったけど、それ以外は安定して勝利できた。
  • ゲンブ戦。4体のなかで一番楽だったかもしれない。特に苦戦要素がなかった。

その後勢いに乗ってエドゥナ戦に挑みましたが、惨敗しました。その後はレベル上げ。さらに未開放ジョブの回収を行ないました。まずはギャンブラーですが、B&Dのランクを上げる必要があると勘違いして、無駄に頑張ってランクBに上げてしまいました。実際にはそこまで頑張る必要はなく、3戦でシャウラに勝てる流れでした。薬師のイベントもこのレベルなら楽勝でした。

だんだんレベル上げがしんどくなってきたので、ウィキウィキ狩りを頑張ります。でも岩溶けの洞窟にいる上位種のウィキウィキメタルは経験値が入らないんですね。というわけで、サヴァロンのウィキウィキ狩りを頑張ります。下準備として、ライムダールの海に近い森のあたりで、アカオニから名人のお団子を盗みまくります。その後、サヴァロンで魔物の餌として使い、人型モンスターとの連戦をこなしていきます。それなりの確率でウィキウィキが出てくるので、ファイガ4発を撃ち込んで倒します。特に夜だと、ウィキウィキが出なくても敵の数が多いので、経験値はそれなりに稼げます。ほぼ一撃で倒せるので、回転が速いのも魅力ですね。ジョブレベルも面白いように上がっていきます。

ブレイブリーデフォルト2は、雑魚バトルで得られる経験値と時間効率のバランスが難しいです。経験値の多い強敵と戦うと、戦闘時間がかなり伸びますし、全滅リスクもかなり高まるんですよねえ。連戦はJPの増加ボーナスよりも、連戦により弱い敵の低い経験値の時間効率を補うことができるのが、最大の利点だとようやく気づきました。

あっという間にLv58まで上がったので、余裕しゃくしゃくでエドゥナ戦に挑んだらまさかの全滅。その後ジョブやアビリティをいじって再戦するも、何度も全滅。ブレイブによる連続攻撃で耐え切れず全滅してしまいます。対策として、相手のブレイブが3まで溜まっていたら全員デフォルトという方法がありますが、非力なレッドによる物理攻撃力のデバフで乗り切りました。最初はファントム使っていましたが、槍弱点だったため、ジョブは竜騎士+シーフによる槍神速瞬撃を2名(セス、アデル)、導師+ピクトマンサー(エルヴィス)、導師+白(グローリア)でした。導師はデフォルトせずに、毎ターンの回復を2人分重ね掛けしています。本当は保険にリレイズ掛けたかったのだけど、導師のジョブ特性以外でも敵の攻撃でかき消されてしまうみたいなので、デフォルトしていません。そして仕返し回避のアビリティは全員装備しているので、スロウによる影響は回避できました。1回危ない場面はあったけれど、比較的安定して勝利できました。

その後第6章に入り、マグ・メルでイメルダ氏と会話し、記憶の泉を進んでいる最中です。逃げていくシンボルが多いですが向かってくるシンボルもいるので、レベル的にはちょうど良いのかもしれません。


あつまれどうぶつの森~よじょうはん島通信vol.11

季節のイベント

去年と同じく夏のメインイベントは花火大会ですね~。いなりくじの景品が新しくなっていました。何回か引きましたが、去年の景品はゲットできないんですかね。

そして、たぬきショッピングのシーズン商品で、茄子と胡瓜の精霊馬を購入できたので、日本らしい盆休みの風景を撮影してみました。意外と和風アイテムが少なくて苦労しました。畳の床あると思い込んでいたけど、未所持でした。

採集・収集・DIY状況

桟橋で釣り糸を垂らして、カジキを釣り上げました。思ったほど苦戦せずに済みました。これで魚の残りは、オオイワナとゴールデントラウトの2種類です。

海の幸は、ダイオウグソクムシを採集して、8月のノルマを達成しました。こちらはオオシャコガイを引くことが多く、結構苦労しました。これで残る海の幸は、イセエビとヒラムシです。

美術品は、「ちみつなめいが」を入手しました。こちらは2回以上贋作を見てきたので、ようやく真作を手に入れることができて、達成感があります。

住人

長いこと追い出し対象から外してきたももこさんですが、離島の意思を示した際に、迷いつつも背中を押すことにしました。アイドル系でブーケさんと被っており、種族としてはグミさんと被っているので、新陳代謝のためにも固定メンバを少し減らそうかと思いました。

あとはグミさんのお誕生日会にお邪魔してきました。渡したお誕生日プレゼントは「あいのけっしょう」という重いものを渡しちゃいました。住人のお誕生日は気づかないことも多いので、久しぶりの参加でした。

  • ブーケ
  • ももこ【出】【替:タックン】
  • グミ【替:ハルマキ】
  • チッチ【替:ケイン】
  • グラ【出】【替:ふみたろう】
  • つかさ【替:クロベエ】
  • アセクサ【替:キャンディ】
  • たみこ【替:カンロク】
  • オリバー【替:ブロッコリー】
  • カール【替:4ごう】
  • トンファン【替:グラ】
  • みつお【替:ももこ】

城ヶ島で天の川とペルセウス座流星群観賞

2021年08月10日、城ヶ島にて星空観賞してきました。ペルセウス座流星群がお目当てですが、極大の日は天気が悪そうなので、前々日に決行します。前日は晴れ予報ですが、天気が下り坂であることを考えるとリスクが大きいと判断し、避けました。天気予報の「晴れ」は、雲が全天の80%以下なので、星空観賞としては「晴れ」であってもあまり安心できる指標ではないのです。その辺の判断には、GPVの雲量予報等が役立ちます。

城ヶ島は決して近くはありませんが、自宅の最寄り駅から1時間半ほどで行けますし、交通の便も良いので、星空観賞サイトとして重宝しています。ただ、北方向は光害がひどいので、観賞は難しいです。

19時30分ごろ、城ケ島公園に到着して、観賞場所を探しますが、思いのほか埋まっています。前回は冬の何でもない日に来たのでガラガラでしたが、今回はペルセウス座流星群というイベントと夏休みが重なっているので、それなりに人がいました。予定していた場所は人が多くて微妙だったので、右往左往した挙句、入口に近いカーブポイントの端っこに陣取りました。奥の方は街灯があるので、何やかんやで明るい場所が多いのです。馬の背洞門などの海岸エリアは、昼間にロケハンして把握していないと足場等が危なそうなので、止めておきます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光80秒

ペルセウス座流星群がお目当てですが、天の川の撮影も主目的だったりします。天体観測を始めてから初めての夏なので、ようやく天の川のベストシーズンを迎えることができました。上の写真はレベル補正で暗くしていますが、肉眼で見える天の川は、もう少し暗くて、このような薄雲に見えます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

ペルセウス座流星群も同時に狙います。なるべく広角で撮りたいですが、マイクロフォーサーズなのでどうしても画角が不利になってしまいます。今回の撮影場所はすぐそばに自分の背丈くらいの植え込みがありますが、それが問題にならない程度の狭さ。というわけで、画角ではなく時間で確率を上げるしかありません。1分間の露光撮影をひたすら連続で行ないます。連続撮影設定しても良かったのですが、設定ミスって全滅が怖かったので、都度確認しながらリモコン経由の手動で撮影しました。上の写真は、レベル補正で明暗両端を切り落とし、天の川の明るい部分を強調させています。右上にはペルセウス座流星群も映っています。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

そして現地ではあまり気づかなかったのですが、撮影した写真を自宅で確認したところ、そこそこ流星が映っていました。放射点から考えると、概ねペルセウス座流星群かと思われます。上の写真には、同じような位置に2筋の軌跡が残っています。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

他には、軌跡は短いですが、その分明るく輝いた流星もありました。まさに、ダイの大冒険のポップの、一瞬…!!だけど…閃光のように…!

1個だけ明らかに軌跡の方向が放射点と合わなかったので、こちらは散在流星かと思われます。肉眼のみの観測としては、20時39分ごろ、南南東に明るい流星が1個見えたような気がします。

21時25分ごろ、現場を撤収しました。この時間まで粘ってもバスがあることがありがたいです。

今回の反省点や気づいた点は以下の通り。

  • 場所取りを考慮して、早めに出る
  • 夏場は虫対策を行なう
  • 天体観測用ライトだけではなく、真っ暗な場所を歩ける輝度の高いライトも用意する
  • マイクロフォーサーズなので、広範囲を狙いたい場合は、魚眼レンズクラスの広角なレンズが望ましい

自転車の自賠責保険に加入

以前から加入しようと考えていましたが、ついつい先延ばしにしてきた自転車の自賠責保険に、加入しました。ちょうど雨続きの盆休みであったことが、良いきっかけになったと思います。

現時点で千葉県における自転車の自賠責保険加入は、”努めること”という扱いなので、義務化には至っていません。しかし、千葉市が先陣をきって義務化しましたし、遅かれ早かれ全国的に加入を義務化するだろうと思われます。

自分はロードバイクに乗るため、事故に関わるリスクが相対的に低くはないと思いますので、加入手続きを済ませてすっきりしました。

選んだのは、三井住友海上の「ネットde保険@さいくる」の本人型のCコースです。こちらのネットde保険シリーズは、海外旅行保険でも使っているので、それが選んだ理由のひとつになっています。年間保険料は3,090円でした。1年ごとに明示的に更新手続きが必要となります。何だか忘れそうな気がして、ちょっと不安です。これまでたまたま自転車事故には遭遇してきませんでしたが、細かいヒヤリハット案件は何度かありました。備えあれば憂いなしです。