pH試験紙を購入

これまでテトラの6in1試験紙を使ってきましたが、基本的に見るのはNO2/NO3くらいであることから、測定項目を絞った試験紙に切り替えることにしました。

さっそくユニディのペットコーナーへ買いに出かけたのですが、試験紙の種類が非常に少なく、6in1の他はニッソーの「簡単おさかなの水質チェックシート」のみでしたので、一択でした。

こちらはpH試験紙になります。5.5から9.0の範囲で測定可能です。6in1では6.5が下限でしたので、正確な値を知ることができます。これまでは下限である6.5に張り付いていたので、実際の値が良くわかっていません。

中身は40枚あって400円くらいなので、とても経済的。それでもケチケチ精神により、紙全体を使えるからと思い、片側を水に浸した後、反対側を使ってみたのですが、指で持っていた部分は酸性に少し偏ります。人の肌は弱酸性でしたね。

ところで話は少し変わりますが、これまで水替え直後にも関わらず、pHが6.5に張り付いたままで、中性にならずに疑問でした。水道局のサイトで調べても、我が家の水道水はほぼ中性のはずです。蛇口から出た後、水槽に投入するまでに行っていることと言えば、カルキ抜きくらい。

Na2S2O3・5H2O + 4HClO → 2NaCl + 2H2SO4 + 2HCl + 4H2O

カルキ抜きによる残留塩素の中和の化学反応式は上記の通りです。確かにH2SO4(硫酸)やHCl(塩酸)といった水を酸性に傾ける物質が生成されますが、微量ですしねえ。本件は水の量とは関係ないはずですが、これまで500mlのペットボトルに固形のカルキ抜き1粒を入れていたのに対し、残留物が気になることもあり2Lペットボトルに変えました。これでも過剰ではありますが、これ以上の汲み置きできる容器がありません。液体のカルキ抜きを使えば良いのですが、セットでついてきたものが余っているので使っています。

すると、見事中性を示すようになりました。以前の6.5を測定したのは6in1であり試験紙が異なるので、正確な比較はできません。でもとりあえず中性スタート出来ているみたいで良かったです。


魔法陣グルグルの版画

もう3年も前になりますが、魔方陣グルグル大原画展で購入した版画のご紹介です。絵柄は結構悩んだ末に、4番を選びました。ここについてはこっちが良い、あそこについてはあっちが良い、てな感じで、なかなか1点に決められませんでした。

原画展から3か月後くらいに自宅へ郵送されてきました。しかし、最近の”買って満足”により、開梱したのは2020年04月という有様。まず感じるのは、結構な大きさだということ。会場時点である程度大きいことは分かっていましたが、自分の部屋で見ると、改めてその大きさを実感します。というか、絵の本体部分はそこまで大きいわけではなく、周りのキャンバスのフレームとその外側の額縁部分を含めると大きいんですよね。我が家のテレビより大きい気がします。

せっかくの版画なので、よく見えるように壁に掛けておきたいのですが、賃貸物件なので穴を開けるわけにもいかず、棚の上に立てかけています。その後別のものを置いていった結果、今では半分物陰に……。さすがにもったいないので、”かけまくり”を使って壁に飾ることを検討したいと思います。

ちなみに、左下にロット番号、右下に衛藤ヒロユキ先生の直筆サインがあります。右上のカボチャがちょうど今の時季(ハロウィーン)に合っているなあ、と思い、本記事を起こしてみました。この絵柄を選んだ理由は、まずニケとククリの2人が並んで映っているものが欲しかったこと、さらにククリの笑顔について4番の絵が一番好きだったことです。なお絵全体で見るとキャラクターが小さく見えますが、現物を見れば十分な大きさです。

魔法陣グルグルは、自分の好きな作品十指の中に入るので、多少奮発してでも入手しておいて良かったです。


アイビーは元気です

水耕栽培で育てているアイビーですが、購入から1年が経ちました。既に鉢一杯に根が張っている状態なので、成長は止まっていますが、枯れることなく元気です。背丈は9.5cmになります。

スペースの都合で大きな鉢に植え替えるわけにはいかないので、この大きさで留まってくれるのはありがたいのですが、変化がないのでなかなか書くこともありません。幾つか小さな若い葉もあるのですが、ずっと小さいままです。

ただ水遣りの間隔を空けてしまうと、葉っぱの見た目が固くなっていき、やがて萎れてきますので、ちゃんと生きてるって感じがします。とはいえ、かなり丈夫なので、ズボラでも維持できると思います。

アイビーは観葉植物なので花は咲きません。花が咲く品種も欲しいなあ、と思うのですが、肥料等考えることが増えてくるので、今の雑な世話だと厳しいですね。


あつまれどうぶつの森~9月プレイ状況

9月はあまり大きなアップデートはなかったので、まったりプレイでした。とりあえず採集や木の実集めで、初秋を感じています。そういえば我が島はなかなか流星群に恵まれなかったのですが、4月以来の流星群がやってきました。久しぶりに星のかけらをゲットしました。

採集・収集状況

8月分は、セミの抜け殻をようやくゲットして、セミシリーズをコンプリート。9月に入ったら、9月から登場する虫や魚を捕まえました。虫は、アキアカネ、コオロギ、スズムシ、オオカバマダラ、イナゴを捕まえました。特にレアな種類はいないですね。魚は、パイク、サケ、キングサーモンを釣りました。キングサーモンがややレアですね。4月からもう半年近くになるので、そろそろ2回目の出現シーズンだったりして、初登場の種類も減ってきました。

そしてついに化石コンプリートしました。終盤はダブりオンパレードでやる気が削られていきますが、毎日コツコツ採掘し続けてついに全種揃いました。収集状況は展示室を見て判断できます。でも見落としがあるかもしれないので、フータ氏からコンプリート宣言を聞くまでは、ドキドキでした。

美術品はなかなか集まりません。つねきち氏の不審船もっと来島して~!

花の交配

紫のヒヤシンスがついに咲きました。これで残すは紫のチューリップと青のバラになります。紫のチューリップが思った以上になかなか咲きません。

DIY・アイテム収集

花火大会は、無事光るアクセサリーシリーズをコンプリートできました。1回だけしずえさんから貰い損ねてしまったので、ギリギリのコンプリートです。全4種で花火大会は全5回、バッファが1回分のみって結構厳しいですね。

木の実はどんぐりとまつぼっくりを集めて、小さなきのみツリーを作りました。他の木の実レシピは入手できていません。プレイ時間が減っているので、ふうせんからの回収率も下がっています。

島内工事

島内に作りたいものは粗方作ったので、最近工事はしてきませんでしたが、1箇所移動が不便な箇所があったので、坂を新設しました。エンジェリーマウンテンのカフェから自然保護区へ下りる坂です。以前は橋や坂を作るのに金銭面で結構苦労していた記憶があるのですが、今では余裕となりました。

住人

キャンプサイトで勧誘すると、ブーケさんが追い出し対象になることが多いです。ブーケさんはお気に入りなので、勧誘断念になってしまいます。そしてハルマキ氏が移住してきたのですが、ごく短期間で引っ越していってしまいました。というわけで、よじょうはん島四期生の皆さんが確定しました。引っ越しのタイミングが合わずに、9名での集合写真となります。ちなみにハルマキ氏の代わりにグミさんが移住してきたので、リス率が少し高くなっています。グミさん、アイドル系とは違う良さがありますね。

  • ハンナ
  • コユキ
  • ブーケ
  • シャンティ【替:ツンドラ】
  • ももこ【替:タックン】
  • みすず【替:ぺしみち】【出】
  • のりまき【替:メイ】【出】
  • セルバンテス【替:おくたろう】【出】
  • ケイン【替:ジャコテン】
  • サンデー【替:アンソニー】
  • ダルマン【替:のりまき】
  • ハルマキ【替:みすず】【出】
  • ラン【替:セルバンテス】
  • グミ【替:ハルマキ】

あけぼの山公園までロードバイクで走った

丸一日使える日があったので、これまで出かけたことのない場所を目指そうと思いました。とは言え、前々日にハーフマラソンを走っており、ロングライドは避けたいです。そこで選んだ目的地が、あけぼの山公園です。どなたかの日記で見た風車の写真が気に入ったので、こちらを目指すことにしました。

北東に直接向かえば直線距離では最も近いのですが、一般道を走るのは時間が掛かりそうです。そこで大回りになりますが、江戸川CRで利根運河まで走り、利根運河CRを抜けて利根川CRに合流し、利根川CRを東へ進んで新大利根橋で下りるルートにしました。帰りは、一般道を走りつつ途中大堀川CRを活用して帰る、もしくは柏たなか駅まで走ってそこから輪行で帰る、いずれかの計画です。

2020年09月21日、15時手前に出発します。存外遅い出発となってしまいました。天気は快晴で、暑さも和らいでいるので、気持ちいいです。江戸川CRを北へ走り、利根運河に入ります。通行量はそれほど多くありませんが、道が狭い区間もあり、生活エリアを貫くように走っているので、緩急切り替えながら走っていきます。

利根川に出たら、利根川CRを東に向かって走っていきます。利根運河から合流してすぐのところにある田んぼの縞々模様が印象的でした。利根川CRは江戸川CRに比べて、さらに雄大ですね。新大利根橋が見えてきたら、下道へ入ります。

県道7号と国道6号をつなぐ道路がそこそこ通行量があり、信号もないので、渡るのに少し苦労しました。一応車の途切れるタイミングがあるので、辛抱強く待ちます。

それから布施弁天東海寺を参拝します。こちらは関東三弁天として有名なお寺だそうです。楼門の手前に鳥居があるので、寺院か神社かよく分からないでいましたが、お寺のようです。本堂で参拝した後は、境内を散策。三重塔、鐘楼、布施観音像、ぴんぴんころり地蔵などを見て回ります。ぴんぴんころり地蔵は、元気にぴんぴん生きて、死ぬときはころりと死ねる、そういう意味が込められています。

こちらでトイレを借りた後は、近くの自販機で飲み物を補充し、出発します。とは言え目的地であるあけぼの山公園は、もう目の前です。

1分くらい自転車を走らせると、見たかった風車が見えてきました。手前の木々と合わせて、何とも牧歌的な光景です。ロードバイクと一緒に記念撮影。風車をもう少し大きく映したいけれど、手前までいくと逆に全体が収まらなくなりそうで難しいです。中間の位置は畑なので立ち入れないのですよね。望遠レンズで圧縮効果を使うしかないのかな。

ちなみに、あけぼの山農業公園の方は月曜定休日でした。というわけで、帰途につきます。しばらくは交通量も少なく快適でしたが、県道47号線に入ると一気に幹線道路となります。基本的に車道を走っていましたが、色々と辛い箇所も出てくるので、歩道の上を転がして進んだりしました。一応マイルールで、歩道を通行する場合は、片足で地面を蹴って進むようにしています。布施入口交差点を抜けて、富勢富士見坂を進んでそのまま道なりにいくと、大堀川CRに合流です。

斜陽の中、大堀川CRを進みます。大堀川CRは人出がなかなか多いので、ゆっくりと進みます。人は多くとも一般道を走るよりは楽です。大堀川水辺公園に着いたら大堀川CRを下りて、家を目指します。

適当に走っていたら合流ルートを間違えたようで、おおたかの森SCの東にある幹線道路に出てしまいました。今さら修正するのも面倒なので、この道で帰ります。スピードは出せますが、車の通行量も多いので気疲れします。キッコーマンアリーナ交差点が見えたところで、ようやくテリトリーに帰ってきた心地になりました。このあたりは滅多に来ないので、近いわりに全然気づけていませんでした。

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離35.18km
平均速度11.6km/h
平均移動速度16.8km/h
最高速度43.5km/h
走行時間03:02:18
移動時間02:05:50
平均心拍数109bpm

走行マップは以下の通りです。江戸川CRと利根運河CR、利根川CRに大堀川CRを活用することで、一筆書きコースを達成することができました。通常同じCRの往復になることが多いので、一筆書きは新鮮でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。