「 謎解き 」一覧

止まらない豪華列車からの脱出

2020年10月24日、東京ミステリーサーカスにて、止まらない豪華列車からの脱出を遊んできました。実に昨年末以来の謎解きですね。nine roomと呼ばれるタイプの謎解きで、合計9つある各部屋の謎を解いていくスタイルです。各部屋は、4人が何とか動ける程度の大きさで、そこでミニ探索を行ないます。制限時間は50分なので、各部屋は結構短い時間で解かなくてはいけません。また、複数のグループがパイプライン状に各部屋で謎を解いているので、先行グループが詰まっていると待ちが生じます。ゲーム自体も定刻に開始できるとは限らず、一定の待ち時間が生じるケースが大半です。待ち時間は気にはなりますね。

以下、一応ネタバレを回避した感想になります。何がヒントになるか分からないので、未プレイの人は見ない方が良いかもしれません。各部屋の難易度は、それほど変わらない印象です。各部屋ごとにタイプの違う謎が用意されているので、人数は多い方が良いですね。自分がすぐに気づけるものと、他の人がすぐに気づいてくれたものがあるので、各人の強みが出ると思います。自分は目線で貢献した感じですね。振動は気づいていたのですが、自己検証に手間取ってしまいました。気づいたことは未検証でも早い段階で皆に伝えるべきでした。なお、前半に比べて後半の部屋は謎の数が1個だけ増えるので、その分時間が掛かりますが、謎に詰まる時間に比べたら微々たるものです。

ちなみに各部屋の所要時間は、最後に一覧で見られます。3~4分で終わっている部屋もあれば、8~9分詰まってしまった部屋もあり、ばらつきますね。

最後の先頭車両だけは、ノーヒントでボリュームも結構あります。我々は先頭車両に着いた時点で残り時間5分を切っていたので、かなり無理ゲーでしたね。その後リベンジチケットを購入して、ヒントを2回程度活用してクリアしました。ただ一点不満というか疑問としてくすぶっているのが、初回プレイ時に必要なアイテムがきちんと配置されていたのかということ。リベンジプレイの場合はすぐに気づけたアイテムに、初回プレイ時は全然気づけませんでした。自分ひとりなら見落としかと思いますが、4人が全員そう言っているので、勘違いではないと思います。何か手違いがあったのか、リベンジでは見つけやすい配置にしているのか、いずれかでしょうね。何にせよ初回プレイの残時間的にクリアは無理でしたけど。


リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」

2019年12月07日、お誘いを受けて、東京ミステリーサーカスで公演された、リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」に参加してきました。4人1組のテーブル制。テーブル制というと6人制の印象が未だに強いのですが、最近は4人制もよく見かけますね。会場は地下1階でした。ミステリーサーカスの地下1階は初めて入った気がします。

ネタバレに配慮しつつ、感想。謎自体はオーソドックスな印象です。小問は色々なタイプのものがあるので、各々のひらめきが大事ですね。そして小問を終えた後にバトルがあるのが、今回の特徴かと思います。これは謎と言うより、頭脳パズルです。自分は脳内メモリが乏しいので、ここの展開に付いていくのは、なかなか大変でした。

終盤に大きめのトラップがありますが、誘導はありますし、詰まるので遅かれ早かれ気づきそうなのですが、解説タイムでの驚きの声の量を鑑みると、ここでハマった人は多かったようです。

最後、未解決の謎を積み残したままで、もやっとしていたのですが、ここは驚きの展開が待っていました。これは初パターンなのでは。なお、脱出は成功です。

なお、会場入り口の廊下には、ゲーム中で仕様されたシーンを再現した絵画展示があります。1階ロビーの入口には、キャラクターパネルの並んだミニコーナーがありました。


地下謎への招待状2018に参加してきました

2019年01月26日、今年度も地下謎に挑戦してきました。昨年度と同じく土日最終週です。昨年度は1人で挑戦しましたが、今年度は友人と一緒に挑戦します。既に実施期間は終えていますし、地下謎の性質上、再演はないと思いますので、あまりネタバレは気にしないで書きます。

スタート駅は、自分と友人の都合を考えて、上野駅にしました。FIRST MISSIONは、3つの駅からひとつを選ぶスタイルで、全部で2グループあるので2つの駅に向かいます。それぞれ謎のボリュームが書かれていますが、敢えてクリア目安時間60分の最難関秋葉原駅へ向かいます。時間が掛かるのは謎というより、パズル部分ですね。ここは友人主導で解いてくれました。

次は比較的近い千駄木駅へ向かうことにしましたが、千駄木駅で食事処を見つけられるか不安だったので、一旦昼食にします。トマティーナに入店して、焼きとうもろこしとモッツァレラチーズのパスタ、いちごのショートケーキをいただきました。結構のんびり過ごして、1時間以上経過。

謎解き再開。千駄木駅の謎は簡単で、わりとすぐに解けました。これでFIRST MISSIONは完了です。小さい封筒を開けろと指示があるので、開けて中に入っている紙に書かれた問題を解きます。これには結構ハマりました。わりとどん詰まり気味でしたが、こちらは自分の閃きで無事解けました。あのアイテムを謎解きに使うというのは、昨年度もやっていたことによる閃きかもしれません。出てきた指示に従い、マークを作ると英文字が出てきて、次に向かう駅が分かります。

SECOND MISSIONは京橋駅。昨年度も来ましたが、この駅吹き抜けになっていて、とにかく寒いんですよね……。少し捻りがありますが、気づいてしまえばそれほど難しくありません。後半は作業です。ここで出てきたメッセージを解釈して、もうひとつの封筒を開けます。

電車内のモニタを見ながら、解いていくタイプの問題です。前回はひとりだったので、見落としや記憶違いにより、やり直しになった苦い思い出があります。今回は友人と一緒なので、心強いです。間違い探しはモニタを見ただけでは気づけなくて、スマホで写真を撮影していて、それを見て気づきました。

こうして着いた先は、渋谷駅。THIRD MISSIONの開始。とりあえず指示された通りに歩いて、情報を集めます。情報を集め終えたら、最初の謎解き。クリアファイルを使う謎は、わりとすぐに解けました。指示に従い、ピンクの電話を掛けるために行列へ並びます。寒空の下、並ばされるのは正直きついですね。昨年度のラストは屋内でしたので、まだマシでしたが。行列問題については、来年度では解決して欲しいです。

続いて自販機謎へ。こちら、自分は何か勘違いしていましたが、友人がすんなり解いてくれました。ペグシルの謎は二人でネタを出しつつ、決定打は友人が出してくれました。

出てきた用紙に書かれた小問を解きながら、最終駅へ向かいます。この小問はオマケみたいなものなので、解けなくても支障はありません。

FINAL MISSIONは飯田橋駅。ここは情報を集めるだけで、謎解きは持ち帰りになります。と言うわけで、飯田橋の繁華街へ繰り出し、食道楽で打ち上げとしました。

で、しばらく旅行やイベントで忙しくて解けていなかったのですが、2019年02月15日の深夜、FINAL QUESTIONに挑みました。工作を組み立てるところまでは、これまで未使用のパーツを使って、結構早く解けたのですが、最後の”180度ひらけ”が全然分からず、気づいたら午前4時すぎ。しかしながら、若干答えから逆算した感じはありますが、一応自力で解けました。う~ん、そちらの軸へ180度開くという発想は、全然ありませんでした。かなり正確に工作しないと、答えが出てこない気がするけど、この辺が怪しいって気づくとは思うので、後は微調整すればいいのかな。

最後の謎の答えは、この写真のように浮かび上がってきます。FINAL QUESTIONはまだ解いてる人がいるかもしれないので、画像の直表示は避けておきます。

途中の行列は何とか改善して欲しいですが、今年度も楽しく謎解きできました。ちょうど1日で解き終える適度なボリュームだと思います。昨年度と違い2人で挑戦しましたが、お互いに上手く補完し合えたと思います。1人だとどん詰まりしていた箇所が、色々あったかもしれません。個人的に特に苦労したのは、FIRST MISSIONの後の封筒謎と、FINAL QUESTIONです。


リアル脱出ゲーム×中間管理録トネガワ「悪魔的大忘年会からの脱出」

2018年12月08日、友人たちと参加してきました。会場は新宿にある東京ミステリーサーカス。名前はよく目にしていたけど、実際に訪れたのは今回が初めてです。

形式は6人制テーブル型。我々は4人で、残りの2人組の女性。この方々が謎解き熟練者で、色々と速かったです。結果は無事に脱出。ヒントカード1回使ったけど。

忘年会ということで、芸のネタを考えるパートと披露するパートがあり、最後に大謎があります。多少見せ方は違いますが、全体的な流れとしては、通常の6人制テーブル型と同じですね。芸の披露パートは「アンドロイド工場からの脱出」の演劇のようなレベルは、求められません。

謎はオーソドックスだったと思います。文章からの読解力や、たくさんの情報の中からの気づきが必要でした。自分はこの辺が相変わらず足りない。普段より情報の数が多めというアドバイスがあったのですが、それほど多いとは感じませんでした。ただ後になって振り返ってみると、少し多めだったのかな、と思います。あと、二手に分かれての探索で撮影した写真は、いずれも忘年会演出用だったみたいで、謎には関係ありませんでした。片方に集中していたようです。

入口にあるフォトスポットは、帰りは記念撮影で行列するので、パネルだけ撮影するなら入場時に撮っておいた方が良いかもしれません。


リアル脱出ゲーム「アンドロイド工場からの脱出」

 

2018年9月24日、お誘いを受けて、アジトオブスクラップ池袋で開催された「アンドロイド工場からの脱出」に参加してきました。結果は脱出失敗。ゴールまでの道筋は見えていたけど、時間切れという状況でした。ネタバレしないように配慮しているつもりですが、未体験なら読まない方が良いかもしれません。

10人制のルームタイプですが、従来とは毛色の違う異色の作品であることを事前に告げられます。演劇パートと謎解きパートが交互にやってくる形式。演劇パートは間違えると最初からやり直しになります。準備に当てる時間と本番失敗のリスクとのバランスが悩ましいところ。謎解きパートのボリュームはそれほど大きくはないですが、演劇パートで時間を食いすぎると、時間に追われます。

演劇はこれまでの人生において馴染みが全然ないのですが、台本に従って行動したり台詞を言うことがこんなに難しいとは。感情を込めたり、とかそういった演技力方面は一切要求されませんが、単に機械的にこなすだけでも、慣れないと大変です。全員が台本通りに完璧に演じ切ることは相当厳しいと思われ、実際にクリア判定に使われるのは、台本で強調表示された特定の行動のみです。判定員は1名しかいないので、全ては見きれないですしね。実際自分は何度か細かいところを間違えましたが、クリア扱いになりました。なお各人に配られる台本は結構難易度に差があります。自分は最初の方は難しく、最後は楽でした。

謎パートは探索したり、閃いたり、いつもの形式。ただし時間が限られるので、スケールダウンした形になっています。なので、謎解きメインのつもりで臨むと、不完全燃焼感が残るかもしれません。自分は普段やることのない演劇が出来たことを新鮮に感じました。

ところで、ゲーム中に一箇所なぜこんなことをしたんだろう?というところがあって、解説タイムで質問したら、きちんと理由(脱出手段の示唆)があり、練られているなあ、と思いました。