ウェットスーツを購入

スキューバダイビングを始めてから16年くらい経ちますが、ウェットスーツはレンタルでした。さすがにいい加減マイウェットスーツを用意すべきだと思い立ち、2020年10月に購入しました。

初使用前の折り畳んだ状態

mic21の横浜本店に赴き、オーダーメイドをしてもらいました。採寸はみっちり行うので、結構時間が掛かります。時間に余裕をもって訪れるのが良いです。選んだメーカーはGULLになります。ここは明確なこだわりはなかったので、店員さんの提案ベースで選びました。厚さは5mm。よく潜るエリアは、三浦半島や伊豆、沖縄なので、3mmだと厳しいかと判断しました。寒い時期にもある程度潜れるということでセミドライもお薦めされましたが、最初は着慣れたウェットスーツにします。タイプもワンピースタイプです。

手足のファスナーはオプションで追加しました。何度かやらかした爪の剥離が怖いので、脱着は極力しやすいようにします。生地の裏側は起毛タイプなので、温かいとのこと。生地素材の都合でメイン部分のカラーは黒から変更できませんが、2箇所だけ色を指定できる部分があります。というわけで、赤と青のアイカツカラーにしました。締めてのお値段は120,000円ほどですので、これはどんどん潜りに行かねば!

慶良間ダイビングで使用後、ホテルのシャワールームに干している

さっそく11月頭の慶良間ダイビングで、初使用しました。この日までに納品が間に合わない可能性がありましたが、無事に間に合って良かったです。まずは新品のウェットスーツということで、柔らかさが心地いいです。ちゃんとメンテナンスして、この状態をキープしていきたいですね。そして当然ながら、見事なフィット感が堪らないです。フィットしているので締まる感じはあるのですが、動きづらさはありません。今回は水温が26度くらいあったので、裏起毛による保温効果は確認できませんでした。すっかりマイウェットスーツに馴染んでしまいましたが、一旦レンタルウェットスーツにして、その後にマイウェットスーツに戻ってくると、よりその良さを実感できるのかな、とも思います。

そしてマイギアだと気分が上がるというのも大きいです。ただ、これまで軽器材のみの持ち運びだったので、ウェットスーツが加わると一気に重さを感じますね。

最後に保管場所は悩みの種ですが、コート等を掛けていた場所を空けて、Amazonで注文したウェットスーツ用ハンガーを用いて吊り下げています。ゴムの匂いが少し気になりますが、まあ慣れの問題でしょう。


魔女見習いをさがして

2020年11月25日、チネチッタにて「魔女見習いをさがして」を鑑賞してきました。おジャ魔女どれみ20周年記念作品として制作された映画ですが、どれみたちを主人公とした作品ではなく、かつてどれみを見ていた3人の女性が主人公となる物語です。なかなか斬新な切り口だと思いました。

自分のおジャ魔女どれみの視聴歴は、はっきりとしないのですが、ドッカ~ン!は全編通して見ていました。ハナちゃん推しです。それ以前のシリーズは、ニチアサということもあり、チラチラと見てはいたようです。というわけで、ずぶずぶの大ファンというよりは、20年前に放送していた懐かしい作品というのが、自分のどれみに対する見方ですね。なので、今回の映画のような斬新な切り口や、女優やアイドルが声を当てていることに、一切の違和感なく見れたのかもしれません。自分は見終えた後手放しで大絶賛だったので、後で調べて批判的な感想があることに驚いたくらいです。

オリジナル制作スタッフが集結して制作しているので、作画や演出などを通して、どれみたちがメインではないけれど確かにどれみを見ている心地になります。これは不思議な感覚で面白かったです。

ストーリーは現実に寄り添ったわりと重たい内容を扱っている部分もありますが、ギャグもたっぷり散りばめられており、重くなりすぎないように絶妙なバランスが取られていました。シリアスとギャグの緩急の付け方がいいですね。

3人の主人公も三者三様の持ち味があって、それぞれに惹かれるものがあります。時にぶつかり、お互いに支え合っていく流れは、見ていて気持ちいいです。とても上手く一言では言い表せないのですが、ミレさんは外向きの力、ソラさんは内面を見る力、レイカさんは運命の力、のようなものを感じます。ミレさんと空さんの外・内はまあ分かりやすいと思いますが、レイカさんは家族の境遇、そして絵の才能と、どちらも天から与えられた、課せられた、そんなふうに感じました。後半に出てくる大西くんも、良いエッセンスになりました。

3人の中では、レイカさんが一番好きかなあ。小動物的な感じがかわいらしいです。レイカさんの広島弁は癖になりますね。背負っているものは一番大きいのですが。

ちなみに「どれみ」にちなんで、ミレさん、ソラさん、となっているのに、レイカさんなんですね。さすがに”ドファシ”で名前を作るのは無理があると思いますが、なぜ”レイカ”になったのかは、気になりました。

そして作品中では、どれみに所縁のある各地を旅行するシーンがあります。自分は旅行好きなので、テンションが上がりました。数日前に出かけた京都の渡月橋が出たときは、一昨日いたところだ、となりました。

それから本作品では、OPとED手前で、おジャ魔女カーニバルが流れます。OPでは郷愁を誘うような静かな曲調で、EDの方では原曲寄せの賑やかな曲調になっています。本作品では数少ない純粋などれみ要素になります。久しぶりに聴きましたが、名曲ですね~!

最後にどなたかが書いていた内容の受け売りですが、映画タイトルの「魔女見習いをさがして」は、我々がこの映画を通して、自分の記憶のなかから「魔女見習い」たちを探すという意味も込められているのでしょうね。


慶良間ダイビング旅行2020~まとめ

2020年10月31日から11月03日にかけて、沖縄慶良間諸島でダイビングをしてきました。この時期の慶良間諸島、以前訪れたときはボート移動で少し寒さを感じた記憶があるのですが、今回は暖かくて良かったです。まあ、1ヶ月弱早いこともありますけど。

そして今回は、初めて購入した自前のウェットスーツ初使用のダイビングだったので、こちらも楽しみでした。海は暖かかったので裏起毛効果はあまり確認できませんでしたが、身体にフィットしたスーツはやはり快適です。

食事はわりと自由に選びました。沖縄は何回も来ているので、沖縄料理を堪能するぞ!というほどでもないんですよね。滞在中に1回食べればいいかなあ、と言う感じで、基本的には食べたいものを食べます。

慶良間ダイビング旅行2020~初日

  • 移動日
  • 羽田空港~那覇空港~鳥玉(鶏定食)~ホテル

慶良間ダイビング旅行2020~2日目

  • ダイビング初日
  • 久場島~奥武島~串角(焼き鳥)~ホテル

慶良間ダイビング旅行2020~3日目、最終日

  • ダイビング2日目、移動日
  • 黒島~渡嘉敷島~前島~国際通り~牛屋(ステーキ)~ホテル~那覇空港~羽田空港

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


慶良間ダイビング旅行2020~3日目、最終日

3日目、6時すぎに起床。この日は器材準備がありませんが、出発が少しだけ早いです。朝食をいただき、7時30分にホテルを出発。

準備を済ませたら、9時すぎに出港して、1時間ほどかけてポイントに向かいます。この日も天気は晴れで、気温も高め。ただ、波も昨日よりは高め。昨日が一番穏やかだったそうです。明日は台風の影響で厳しいかもしれないとのこと。

1本目は黒島の黒北ツインロックに潜ります。ドリフトダイブになります。浅場では、日の光が当たってサンゴがきれいです。ピンク色に発光するイソギンチャクとハマクマノミも撮れました。海面を見上げると波打ち際に群れている魚たちがいて、釣り糸を垂らせばいっぱい掛かりそうです。そして、深場の中層を泳いで渡っているときは、浮遊感が楽しかったです。陸では飛べないけれど、水中なら飛べるんですよね~。ドロップオフ沿いでは、一面のアオサンゴやキンギョハナダイなどの群れを楽しみました。

本数119
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 黒島/黒北ツインロック
潜水時刻10:44-11:34
水深(平均/最大)10.0m/19.6m
水温(水面/水底)28.9℃/26.6℃

2本目は渡嘉敷島のアリガーに潜ります。入ってすぐに海底ケーブルが見えてきます。こんなふうに沈んでいるんですね。クマザサハナムロやヨスジフエダイの群れ、ハダカハオコゼ、ウコンハネガイなどを観賞します。途中チンアナゴが大量にいるスポットも通りました。近づくと顔を砂に引っ込めてしまうのですが、多少引っ込んでも他がいるので、積極的に距離を縮めてOKです。とは言え、ある程度間合いをとる必要があるので、ストロボを焚いてもまだ青味が強い写真になってしまいました。他には深場でケラマハナダイ、カシワハナダイの群れを見ました。砂地にぽつんと根が浮かんでいる光景好きです。

本数120
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 渡嘉敷島/アリガー
潜水時刻12:26-13:12
水深(平均/最大)14.7m/24.0m
水温(水面/水底)27.8℃/26.6℃

船上で昼食休憩。この日もお弁当をいただきました。

3本目は前島のパライソに潜ります。若干雲が出てきましたが、何とか晴れている状況。フタスジリュウキュウスズメダイ、ロクセンスズメダイなどを観賞します。サンゴの間を泳ぐテングカワハギも見られました。サンゴ越しになってしまい、なかなか撮影は難しいです。海面と珊瑚礁の丘を映した1枚がお気に入り。アオウミガメもいたみたいですけど、気づけませんでした。

本数121
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 前島/パライソ
潜水時刻14:36-15:22
水深(平均/最大)8.6m/18.5m
水温(水面/水底)29.1℃/26.5℃

慶良間は何回か潜っていますが、この日潜ったポイントはいずれも初めてだったと思います。陸に戻った後は、器材を整頓して精算を済ませてログ付け。そしてホテルへの送迎ですが、昨日と違って平日なので道が混んでいます。

ホテルに戻った後は、しばらく寛いだ後、ゆいレールに乗って県庁前駅に移動して、国際通りに向かいます。何だかんだで観光地らしい賑やかさが楽しいです。通りを奥へ進んでいき、入店したのは牛屋。沖縄県産黒毛和牛ステーキ、ライス大盛+スープセット、ドリンクは軽めでパイン&シークヮーサーサワー(泡盛)をいただきます。学生向けメニューのあるお店なので、ライス大盛の量がなかなかです。GoToトラベルの地域共通クーポン券を使って、少し贅沢に楽しみました。

22時ごろホテルへ帰還。気づいたら1時間ほど寝落ちしていました。そんなに疲れているはずなのに、何故かその後は1~2時間おきに目が覚めてしまう状況。お酒もこの日は大して飲んでいないはずなのに。

最終日、7時30分ごろ起床して、朝食をいただきます。それから荷物を整理して、9時ごろチェックアウト。那覇空港へ移動してサクララウンジでまったりします。連日のダイビングとなったため、残留窒素の計算を誤り、ダイブコンピュータの警告時間より若干早い時間になってしまったのは、反省。一応最終ダイブから18時間は経過しています。

10時15分、那覇空港を発ち羽田空港へ。復路は普通席でした。何故か往復ともに太陽が差す側の座席を取ってしまった模様。空きがなかったのかな。ともあれ、こうして今回の旅行はお終いです。


慶良間ダイビング旅行2020~2日目

6時ごろ起床して、ダイビングの準備を済ませます。それから朝食をいただきます。コロナ対策でビュッフェ形式ではなく、半セットメニュー形式になっていました。

7時40分、ダイブショップの送迎車に乗って、移動します。今回お世話になるのは、マリンハウスシーサーさん。慶良間に行くときは、いつもこちらにお世話になっています。

準備を済ませて港に移動し、9時すぎに出港しました。ポイントまでは1時間ほどの船旅。天気は晴れで、気温も高めで、30度手前まで上がります。もう少し寒いかと思っていましたが、予想外でした。海に潜る前のウェットスーツでは、暑さを感じるほどです。

1本目は久場島の紺瀬に潜ります。まずは細い水路を進んで青の洞窟へ向かいます。透明度も20メートルくらいあるので、遠くまで青く抜ける様子を楽しめます。生き物はムカデミノウミウシなどを見ました。全体的に地形メインで生き物は少なめの印象です。浅場がメインだったので、太陽の光がよく届いて、明るい海を満喫しました。

本数116
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/紺瀬
潜水時刻11:05-11:49
水深(平均/最大)8.3m/12.7,
水温(水面/水底)28.4℃/26.8℃

2本目は久場西隠れ根に潜ります。ドリフトダイブで、大きな根の周りを回っていきます。ドロップオフに沿って泳いでいくので、色々な魚群が見れて賑やかです。キンギョハナダイ、ナンヨウハギ、カスミチョウチョウウオなどを見ました。青味を排してもっときれいに色を出したいのですが、なかなか難しいですね。

本数117
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/久場西隠れ根
潜水時刻12:47-13:30
水深(平均/最大)11.5m/22.3m
水温(水面/水底)26.5℃/26.5℃

2本終えたら船上で昼食タイム。事前に注文したお弁当をいただきます。沖縄を感じるお弁当です。

3本目は奥武島のトリプルストーンへ潜ります。海中が流れがややある状況です。トリプルストーンの名前の通り、3本の根がありますので、それらの根を巡って生き物を観察します。ホシゾラワラエビ、アカシマシラヒゲエビ、ハダカハオコゼ、ミナミハコフグ、そしてスカシテンジクダイの群れなどを見られました。イソコンペイトウガニは姿こそ見られましたが、穴に引っ込んでしまい、写真は撮れませんでした。

本数118
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 奥武島/トリプルストーン
潜水時刻14:38-15:22
水深(平均/最大)14.3m/19.2m
水温(水面/水底)26.8℃/26.5℃

ダイビングを終えたら帰港し、器材片付けとログ付けを行ない、18時30分ごろホテルへ戻りました。

夕食はGoToトラベルのクーポン券が使える居酒屋に行くつもりでしたが、当てにしていた2軒とも開いていません。う~ん、昨日のラーメン屋といい、何だか食事処運がない気がする今回の旅行。

あてもなくぶらついている中で、目に留まった串角に入店しました。沖縄に来たらやはりオリオンビールを飲みたいので、瓶ビールを注文。ジョッキはなかったです。それから山ザク、串5本盛り合わせ、自家製つくねを注文。串焼きにはゴーヤの肉巻きがあり、沖縄を感じます。ただ自分はゴーヤの苦味がどちらかと言うと苦手だったりします^^;。〆はソース焼きそばをいただきました。最近沖縄での〆は、焼きそばにすることが多いですね。

22時ごろホテルに戻ったら、23時30分ごろ就寝。明日のダイビングに備えます。