菜の花の江戸川CR2021

2021年04月04日、雨予報でしたが降り始めが遅くなりそうなので、昼ごろ一走りしてきました。曇天ですが、菜の花を見ておきたいというのが動機です。

多少菜種が目立ち始めていますが、まだまだ菜の花は見頃ですね。曇天ではありますが、一面の黄色の中を走り抜けるのは気持ちが良いです。

玉葉橋の手前に差し掛かったあたりで、前方に大きな鳥が2羽いるのが見えました。大きめのカラスかな、と思っていましたが、近づいてみると何とキジでした。通り過ぎた後に慌ててスマホで写真を撮りましたが、買い換えたばかりで操作に慣れておらず、望遠のつもりが広角で撮っていたので、大きく撮れず残念。江戸川CRは長いこと走っていますが、キジを見たのは初めてです。

利根運河に差し掛かったら、運河河口公園で小休止。公園の桜はほぼ葉桜ですね。それから利根運河沿いを少し走ります。こちらも菜の花がきれいですね。下へ回り、土手の写真を撮ってみました。

その後下道を軽く回ってみます。知らない道を走るのは楽しいですね。途中きれいな桜の木も見られて良かったです。

その後は来た道を戻り、江戸川CRを下りて、終了です。一瞬小雨が舞うところもありましたが、天気は持ちこたえてくれました。

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離17.28km
平均速度14.3km/h
平均移動速度18.7km/h
最高速度33.1km/h
走行時間01:12:19
移動時間00:55:25
平均心拍数132bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!

2021年03月29日、チネチッタにて鑑賞してきました。大人も貰える入場者プレゼント第2弾の色紙目当てに、初週ではなく2週目に来ましたが、既に配布終了していましたorz。ギリギリ残っているかな、と予想していましたが、甘かったようです。

「みんなのこころにゆめアール!」心の中のゆめペンダントを灯しつつ、鑑賞。70分という短い尺に詰め込まれているので、唐突に登場するプリキュア5勢とか、とにかく展開が早いです。ちなみにプリキュア5側の話があまりにフォローされないなあ、と思っていたら、副音声上映という形式でプリキュア5側のストーリーを楽しめるみたいです。あくまで映画本編の主役はヒーリングっど勢な感じですね。映画本編では、プリキュア5のメンバー同士の絡みはほとんどないので、プリキュア5を存分に楽しむには副音声上映マストでは。副音声上映はレイトショーで行けたら行こうと考えていましたが、結局行けずじまいでした。

プリキュアの映画はメッセージを直球で伝えてくるので、わりと涙腺が緩んでしまうことが多いのですが、今回は少し来るシーンはあったものの、そこまで強く来ることはありませんでした。でもカグヤさんはかわいいし、ストーリーも全てを描ききらず、見る人の想像に委ねるような描写も一部見られたのが印象的でした。かつてプリキュア5を見ていた子たちが、大人になって見に来ることを、多少意識しているようにも感じました。最後、カグヤさんが転生?した時に、周辺がかつてのように荒廃したシーンになった意味とか、15歳の誕生日をお祝いしているシーンが写真である点とか。まあ、後者は勝手な深読みかと思いますが、前者は映画を見終えたあとも、何か引っ掛かっています。

終演後はパンフレットも購入しました。一般的な映画のパンフレットに比べて安いですしね。劇中で登場した東京都内のスポットも紹介されていますので、聖地巡礼のお供になります。


北の丸公園でお花見

2021年03月24日、天気も良いので北の丸公園で桜を見てきました。どこか都内で桜を見たいと思っていたところ、この周辺で別の用事があったからです。

神保町で下車したら、清水門を目指します。先に北の丸公園に行くなら、九段下で下りれば良かったと後で気づきました。まずは牛ヶ淵越しにお濠の上に被さる桜を眺めます。奥には武道館の屋根も見えて画になりますが、日が上手く当たらない時間帯だったのは残念。

それから清水門をくぐって園内を歩いていきます。吉田茂像を見て、コムラサキの花畑を楽しみます。紫色の花が日の光を浴びて良い色を出しています。

やがて桜が多く生えているエリアに出ました。中でも枝垂桜のところが一番きれいだったと思います。何だか可憐な感じがしますよねえ、枝垂桜って。

武道館では法政大学の卒業式をやっていました。自分も大学の卒業式は武道館でしたねえ。懐かしいです。

その後は清水門に向かいつつ、桜やスイセン、ハナカイドウなどを楽しみます。天気が良いので、花の色が映えて写真の撮り甲斐があって良いです。こうして春を満喫して、公園を後にしました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


明神ヶ岳と明星ヶ岳を登山

2021年03月17日、明神ヶ岳と明星ヶ岳を登ってきました。そして帰りはついでに軽く小田原観光。登山ですが、朝はそこまで早くなく、7時手前に家を出て東海道線で小田原へ向かいます。そこから箱根登山鉄道に乗り、箱根湯本乗り換えで9時30分すぎに強羅駅に到着。

ここから歩いて登山口を目指します。スマホが故障していてGoogleMapsが使えないのでちょっぴり不安でしたが、早川に出て宮城野橋を渡り、看板を頼りに進んでいきます。途中行き過ぎてしまった箇所がありましたが、無事明星ヶ岳登山口に着きました。強羅駅から登山口に向かうまでにも、そこそこアップダウンがありますね。

登山口に入るとしばらく登りが続きます。枯れ木も多いですが、足元にはタチツボスミレが咲いていて、春の息吹も感じられます。40分ほど歩くと勾配が穏やかになって、やがて大文字焼の場所に出ました。特に案内板は見つけられなかったので、最初は見晴らしの良い場所くらいにしか思っていませんでした。ここまで樹林帯が続いたこともあり、富士山や宮城野の集落を見渡せて気持ちが良いです。

この後は笹の通路を進み、森の中を抜けていきます。少し登っていますが、勾配は特にきつくありません。程なくして明星ヶ岳に着きました。

開けてはいますが、周辺には木々があり、眺望が抜群とまではいえません。山頂というより峠といった感じです。その点では、大文字焼の場所が一番の見どころかもしれません。

さて、ここから左に進んで、明神ヶ岳を目指します。緩く下っていくと、遠くにハコネザサに囲われた道が見えます。以前に金時山に登った際に見えた道で、いつか歩いてみたいなあ、と思っていた道です。笹は結構丈が高く、近くにいくと全景は見えないので、遠くから見渡した方がきれいです。

やがて眼前に明神ヶ岳が見えてきました。笹の黄緑色と木々の濃い緑色のコントラストが美しいです。しばらく平坦な道が続いていましたが、ここから再び登り道が続きます。白く咲いたアセビの花に元気づけられて、てくてく登って行きます。遠くにはモクモクと煙を上げる大涌谷の姿も見えました。

それから平たい道に入り、もう一登りしたところで、明神ヶ岳の山頂に着きました。目の前には富士山がそびえて、遠くに相模湾と小田原の街並みを見渡すことができます。午前中に比べてうっすらガスってきたのか、若干白くなってしまったのは少し残念。

山頂には10人くらいいました。明星ヶ岳の登山時は誰にも会いませんでしたが、明神ヶ岳へ向かう際には何回かすれ違いました。明星ヶ岳から先に登るルートは少数派なのかもしれません。

さて、お昼ごはんは買いそびれたこともあり、ゼリー飲料しかないので、早々に下山します。明星ヶ岳へ向かうコースとの分岐点まで下りたら、宮城野まで下りるコース側へ進みます。樹林帯なので、あまり写真を撮ることもなく、足早に下山します。ただ初めてのコースなので距離感がなく、随分と長く感じました。終盤、左足のすねに異常を感じて、ケアをしながら下山しました。固くなってきて、攣りそうな感じ。一応ストックは活用していましたが、体重の掛け方が良くなかったのかな。

舗装路まで出たら、やってきた道の分岐点まで向かい、同じルートで駅方面に向かいます。ここからの階段急登が地味に堪えます。

何とか滑り込みで春本に入店して、昼食をいただきます。注文したのはとろろそば。そしてビール中瓶で喉を潤します。

その後は強羅館に向かい、一風呂浴びました。照明の関係かもしれませんが、パッと見青白く見えるお湯です。湯舟に浸かると、湯の花が舞って白濁します。塩化硫酸塩でpH2.2の酸性湯なので、温泉感バッチリでした。

強羅駅に着いたらちょうど電車の発車時刻でしたので、乗車。木目調の観光列車風の車両でテンションが上がります。箱根湯本駅で乗り換えたら、小田原にて下車。

ここでふと思い立ち、久しぶりに小田原城址公園に行ってみることにしました。常盤木門をくぐり天守閣の前へ登城。小さな動物園があり、ニホンザルがいました。日暮れの広場では、中学生がはしゃいでいました。それから報徳二宮神社を参拝し、南曲輪で濠を眺めて、小田原城址公園を後にしました。以前に訪れた際の記憶のイメージとは随分違っていて、やはり遠い昔の記憶は当てになりません。

最後は、とんかつ和豚にて殿さま定食をいただきます。海老フライ、ひれかつ、ロースかつのセットです。付け合わせにかまぼこが付いてくるのが、小田原らしいです。昼間にビールを一瓶飲んだこともあり、夜はお酒を控えます。

その後はグリーン車で帰途に着きました。天気も良く、程よい疲労感で満足の山行となりました。

今回の登山データは、以下の通りです。Garminの最高高度が1,169mで、明神ヶ岳の標高と一致していました。気圧の状況によって結構ブレることもあるので、標高は参考程度にしかしていませんが、この日は快晴で気圧が安定していたおかげかもしれません。

距離12.48km
山行時間04:20:37
移動時間03:25:08
高度上昇954m
高度下降890m

明星ヶ岳から登り、明神ヶ岳へ縦走して、帰りは明神ヶ岳の登山口へ下りてくるルートです。最高峰を最後にしたかったので、このルートに決めました。やっぱり体が慣れていないこともあり、最初の登りが堪えますね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


あつまれどうぶつの森~よじょうはん島通信vol.8

イースターイベント

春の一大イベント、イースターを楽しみました。自分は昨年の4月11日からプレイを始めたので、イースターイベントは終盤に少し参加しただけでした。なので今回初めて本格的に参加となります。

たまごの回収やレシピの回収は本番前にちょこちょこ進めていましたが、多くは本番当日に回収しました。本番の方が出現率は恐らく高いですよね。前述の通り昨年はほとんどこなせていないので、未作成レシピが多くてなかなか大変です。自分の島だけではじめんのたまごといわのたまごが足りなくなり、離島に2回出かけて回収したりしました。少しだけ足りない場合は3対1交換も活用します。こうして無事イースターなステッキまで到達してイベント達成です。ぴょんたろうのおきあがりこぶしはイースターなステッキの材料として消費してしまうので、もう1個作り直しました。

あとはひらめきレシピもコンプリートして、たまごのパーティワンピとたまごのパーティハットも入手。カラフルで可愛らしいコーデでお気に入りです。

ところで何かと話題のぴょんたろうの中身が気になりますが、なかなか隙を見せません。

桜の季節

そして春といえば桜の季節。昨年は桜を見られなかったので、初めての桜です。桜のはなびらをたくさん集めていますが、レシピはなかなか揃いませんねえ。しずえさんから貰えるおはなみセット以外は、さくらクロックとさくらのえだのみです。

神社エリア

久しぶりに新規エリアを開発しました。島の北東部に残っていた森エリアを切り拓き、盛土をして、神社を建立しました。鳥居はこおりのアーチをリメイクで赤くして再現、狛犬はせきしし、拝殿はわふうなさくで再現しました。御本尊はよくあるにわいしとしています。これをミュークルドリーミーのいちご石に見立てて、一五神社と名付けました。

住人

空いていた枠に離島勧誘したメープルさんがやって来ました。それからふみたろう氏が去ってグラさんがやって来ました。グラさんはまだ会えていません。なお、ふみたろう氏が離島することで、よじょうはん島第9期生が確定しました。

  • ブーケ
  • ももこ【替:タックン】
  • グミ【替:ハルマキ】
  • キャンディ【替:コユキ】
  • チッチ【替:ケイン】
  • クロベエ【替:フランク】
  • カンロク【替:レベッカ】
  • リンダ【替:ハムカツ】
  • ふみたろう【替:レム】【出】
  • メープル【替:レイラ】
  • グラ【替:ふみたろう】