中国四国旅行~3日目

3日目、5時ごろ起床して、荷支度を済ませます。ホテルをチェックアウトし、コンビニへ食料の買い出しへ。駅前にあるかと思っていたらなくて、少し歩いた先にありました。というわけで、朝から少々小走り。

境港駅に戻ったら、境港線に乗車します。昨日はねこ娘列車でしたが、今日はねずみ男列車です。昨夕は平日ということもあり学生さんで結構混雑していましたが、さすがに今日は早朝ということもあり、そこまで混んでません。でもわりと乗ってくる人は多かったです。

米子駅から山陰本線で鳥取方面へ向かいます。そして大山口駅で下車しますが、ここでうっかりが判明しました。境港駅はICカードで乗車できるのですが、大山口駅はICカードを利用できません。なのでICカード非対応区間を現金で支払い、残りのICカード区間は後で支払う旨の書類を発行してもらう形での対処となりました。

大山口駅からバスに乗って大山寺口まで向かい、そこから大山登山です。大山登山については「大山(伯耆富士)登山」をご覧ください。

下山後は、大神山神社奥宮の境内を散策します。立派な本殿があり、他には下山神社や弁財天社があります。一通り参拝を終えたら、参道を下山します。急な階段を下り、その後は緩やかな石畳を下っていきます。石畳は苔で滑りやすくなっている部分があり、少し注意が必要です。両脇を杉並木に囲われ、道に落ちる木漏れ日が良い感じです。道沿いには吉持地蔵などスポットが幾つかあります。

鳥居を抜けた先にあるのが大山寺。仁王門をくぐり、拝観料を支払って境内に入ります。本堂は高台にあり、そこからの眺めが良いです。

その後は共通券で入れる霊宝館へ向かいます。大山寺所蔵の宝物を見学できます。武蔵坊弁慶の書簡などを見ると、寺社が果たしているタイムカプセル的な役割の大きさを感じますね。時の政権の移り変わりを跨いで歴史を残せるのは、寺社ならではだと感じます。

それから御幸参道をウロウロして、路面販売していた大山おこわと大山どりを買いました。大山ナショナルパークセンター近くの人の少ない芝生の上で、いただきます。登山後のご飯は格別に美味い!

帰りは米子駅行きのバスで帰ります。米子駅からは特急やくもに乗って岡山駅まで移動します。移動中に見える月がきれいでした。

岡山駅に着いたら、地下道を通ってイオンモールに向かいます。そしてモール内にある小豆島ラーメンHISHIOにて、醤ラーメンと島唐揚げと麦飯をいただきました。醤油ベースだけど、結構濃厚なスープです。替え玉いきたい感じでしたが、島唐揚げも気になったので、ぐっと我慢。島唐揚げはオリーブ油で揚げられており、確かにちょっと普段の唐揚げとは違った食感で、面白かったです。

思いのほかイオンモールと岡山駅の距離があり、食後は駆け足で駅に戻ります。岡山駅から特急しおかぜに乗り、向かう先は伊予西条。

22時30分すぎ、アンパンマンのオブジェに迎えられて、伊予西条駅に着きました。宿はエクストールイン西条駅前です。米子からの移動中に予約しました。今回の旅程は移動距離が長く、電車の運行間隔も頻繁ではないので、柔軟に調整できるように初日以外の宿は旅行中に決めていくスタイルです。

チェックイン後、そろそろ洗濯をしたいので、洗濯機を回します。その間に大浴場へ入り、疲れを癒します。伊予西条といえば、湧水うちぬきで有名ですが、そのうちぬきの湯となります。入浴後はマッサージチェアにほぐされます。部屋に戻った後はカルピスソーダを湯上りの一服に飲みます。

その後、洗濯物を回収して、1時か2時くらいに就寝しました。洗濯なかなか終わらないと思ったら、既に終わっていて外へ出されていたことに気づかず、無駄に待っていました。


中国四国旅行~初日・2日目

初日、横浜駅まで行って、サンライズ出雲号を待ちます。サンライズ号は2006年7月に高松からサンライズ瀬戸に乗車して以来ですね。通勤帰りに時々見かけて久しぶりに乗りたいなあ、という思いがあったため、今回の旅行に組み入れました。

入線してきたサンライズ号に乗車したら、さっそく部屋へ向かいます。予約した部屋は、シングルの1階部屋になります。床はほとんどないので、荷物置き場含めて、寝台部分がメインスペースになります。

寝転がると窓の広さが気持ちいいですね。けれど寝るには少し早い時間なので、横浜駅で買った缶ビールとあたりめで晩酌します。スマホでTwitterを見ていたら、一斉に地震TL。電車の中だとほとんど分かりませんでしたが、程なくして平塚駅に臨時停車しました。

平塚駅に停車後は、長時間の運転見合わせ。初日に予定していた登山は、移動時間がシビアなので、焦りが募ります。ただあまりに動かないので、予定を切り替えることにしました。

2日目、運転再開したあたりまで何となく記憶にありますが、その後はすぐに寝てしまったようです。その後、空が白み始めた頃に起きたら京都駅の手前でした。大幅遅延のため、新大阪駅に臨時停車して、新幹線への振替乗車を行なうとのことです。自分はもう予定を切り替えたので、このままサンライズ号で旅情を楽しみます。

岡山駅に着いたら、瀬戸号と出雲号の切り離しが行われます。そして出雲号は日本海に向けて走り始めます。北へ進むにつれて、だんだんのどかな光景になっていき、やがて山間の景色になります。

しばらく進むと、この日登る予定であった大山が見えてきました。天気は快晴なのですが、大山は結構ガスっていて、まあ今日登れなくても良かったかな、という気分になりました。

13時手前、米子駅に着きました。向かいのホームには、コナンのラッピング電車が停まっています。なお、2時間以上遅延したので、特急料金が払い戻しとなりました。

駅から出たら、県道28号線を歩いていきます。そして旬門に入店して、昼食をいただきます。注文したのは、季節の御膳、そして地酒の稲田姫。竹筒に入っているのがお洒落です。すっと飲みやすいお酒ですね。御膳も品数豊富で満足。

食後は腹ごなしも兼ねて、湊山公園まで歩きました。公園に着いたら、しばらく散策します。中海を眺めたり、サルを見たり、紅葉している木の写真を撮ったりしました。

その後は、米子城跡へ向かいます。城山を登ることになります。最初に見えてくるのが内膳丸跡。遺構はほとんど見られず、広場のようになっています。さらに山道を登っていくと、やがて石垣が見えてきます。何重かになっている石垣を登っていくと、山頂に着きました。

眼下には米子の街並み、遠くには日本海まで見渡すことができます。発電用と思われる風車が彼方に並んで見えるのが、印象的でした。

しばらく景色を楽しんだら下山します。登山道沿いには各寺の石仏があり、道中でそれらを巡ることができます。

下山後は米子駅に戻り、境線に乗って境港駅へ向かいます。境線は鬼太郎づくし。電車は鬼太郎ラッピングが施され、路線の駅名全てに妖怪の愛称が付いています。

45分ほど走って境港駅に着きました。ちょうど夕暮れでしたので、境水道越しの夕焼けなどを楽しみます。そして駅前も鬼太郎づくし。大看板や世界妖怪会議のブロンズ像、水木しげる顕彰碑などを見て回りました。

一旦ホテルにチェックインします。宿泊先は、夕凪の湯御宿野乃。宿泊する部屋は、和室にベッドな和洋室。ホテルの入口で下足して、館内はスリッパ移動なので旅館のような感じですが、建物の構造自体はホテルのような感じです。

荷物を置いて身軽になったら、お出かけ。すっかり暗くなってしまいましたが、水木しげるロードを散策します。鬼太郎や目玉のおやじ、ねずみ男のブロンズ像を見つけました。ブロンズ像以外にも妖怪の影絵があり、夜ならではの楽しみが良かったです。

そして妖怪神社にも参拝。暗い方が雰囲気が出るかもしれません。御神木や御神体の目玉石などを拝観しました。

ひとしきり歩いた後は、元気亭にて夕食。イカ漬け丼と生ビールをいただきました。境港の名産であるイカの醤油漬けとイクラが乗っています。イカなので結構コリコリした食感で、酒の肴にも良いです。

ホテルに戻った後は、大浴場へ。泉質は単純温泉。内湯のほか、サウナや半露天風呂を楽しみます。露天風呂があると、寒暖の往復で無限に浸かれてしまいます。湯上りにはアイスキャンデーのサービスがあります。

そしてせっかくなので、夜鳴きそばをいただいてきました。ドーミーインの夜鳴きそばのサービス、夕食で満腹且つお酒で眠くなってスルーしてしまうことが多いので今回こそは、と思い。

翌朝の出発が早いので、部屋に戻ったら早々に就寝しました。


石鎚山登山

2021年10月10日、四国最高峰、そして西日本最高峰の石鎚山に登ってきました。

伊予西条駅の近くに前泊して、7時30分ごろ、ホテルを出発。駅近くのコンビニで買い出しを済ませて、駅前のバス停から石鎚ロープウェイ前行きのバスに乗車しました。乗車時間は1時間弱です。

下車したら、坂道を登ってロープウェイ乗り場に向かいます。途中にある石鎚山極楽寺天狗堂などを拝観しつつ、山麓下谷駅に着きました。紅葉の休日ということもあり、なかなかの混雑です。ロープウェイから見える景色は、まだ一面青葉ですね。

山頂成就駅に着いたら、そこから歩いて中宮成就社を目指します。途中にある前神寺奥之院を拝観しつつ、九十九折の道を登っていくと、鳥居が見えて集落が現れました。こちらに宿や飲食店が数件あります。公衆トイレもあるので、用を足しておきました。中宮成就社で安全登山を祈願したら、神門をくぐって登山開始です。

登山開始と言いつつ、最初は下り道です。しばらくすると平坦になります。樹林帯ですが、比較的光は差し込んで明るいです。石鎚神社の鳥居を抜けて、さらに進みます。

やがて上り階段が現れました。少しずつ登っていきます。30分ほどすると登場したのが試しの鎖です。こちらは登ってもショートカットになるわけではなく、単純往復となります。つまり鎖を登ったら、鎖で下りてくる必要があります。試しの鎖という名前から、お手軽に聞こえますが、この後登場する3つの鎖のいずれよりも長い74メートルとなります。この「試し」は、神が人間を試す意味だそうで、後続の3つの鎖のお試しの意味ではないそうです。

標高が上がり、徐々に紅葉している木が増えてきました。遠くには瀬戸内海を望めて、足元にはオヤマリンドウが咲いています。

20分くらい歩いて、夜明け峠に着きました。ここは一気に展望が開けて、気持ちいいです。正面に見える石鎚山は、青葉と紅葉が入り乱れて、赤と緑のパッチワークのようになっています。

ここから山頂を目指してもうひと頑張りです。しかし道が狭くなるので、登山道は常時渋滞しています。紅葉を楽しみつつ、ゆっくりと進んでいくと、一ノ鎖に出合いました。

鎖に登りたい人は多く、列に並んで順番を待ちます。せっかくなので、どれかひとつは鎖を登っておきたいです。鎖場では三点支持で鎖に全体重を掛けないのが鉄則ですが、こちらは場合によっては鎖に全体重を預けないと難しいルートもありそうです。鎖が太くてかなり丈夫に見えることと、皆が登ることで足場がツルツルになっている箇所があるためです。無事登りきりましたが、結構息が上がりました。それなりに体力を使います。

一ノ鎖を登り終えて10分ほど歩くと、石鎚神社注連社に着きます。少し広場になっていますが、人が多いのでかなり混雑しています。土小屋からの登山道との合流地点でもあります。晴れ渡る空の下、遠くまで見渡せて気持ちいいですね。

注連社の傍に二ノ鎖へ続く道がありますが、残りの鎖は全て迂回します。なお、二ノ鎖を登ると三ノ鎖に出て、三ノ鎖を登ると頂上に出ますので、鎖ルートを選ぶとそのまま頂上まで行けます。

迂回路には鉄板による登山道が作られています。少し高度感はありますが、紅葉越しに遠くまで見渡すことができます。やがて岩の下をくぐって左に曲がると、頂上はすぐそこです。

標高1,982メートル、石鎚山の山頂に着きました。頂上山荘や石鎚神社頂上社が立っています。前述の通り、紅葉の見ごろの休日なので、人の数がすごいことになっています。座る場所もないくらいの大混雑。登山でここまでの混雑に出合ったのは初めてかもしれません。最初は天狗岳まで行くつもりでしたが、人が多くて渋滞がひどく、進む気配が見られないため、断念しました。

人が多いので、頂上から少し外れた下り道の脇の部分で、おにぎりとパンをいただきます。隣は断崖絶壁ですが、景色が開けているので、良い気持ちです。

混んでいるので、滞在もそこそこに下山開始です。下山時も渋滞がちですが、だんだん道は広くなっていくので、適宜追い越しが可能になります。順調に高度を下げていき、やがて道が平坦になって油断していましたが、神門手前の上りが体力と精神に対して地味に堪えますね。

中宮成就社で無事下山できたことに感謝の参拝をします。それから近くで実施されていた観光のアンケートに回答して飴を貰いました。そして登山後の一服として、バニラとストロベリーのアイスクリームを食べます。それから石鎚ロープウェイの山頂成就駅に向かって、登山終了です。

今回の山行データは以下の通りです。

距離10.56km
山行時間4:52:59
移動時間3:06:25
経過時間5:25:59
高度上昇917m
高度下降900m

完全にピストン山行です。途中でバリエーションを持たせることは出来ませんでした。

ロープウェイの山頂成就駅を起点にしているので、成就社まで登った後の神門からの下り道で、3つコブのような高度グラフになりました。上りがなだらかで下りが比較的急ですが、渋滞の影響も大きいかと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


あつまれどうぶつの森~よじょうはん島通信vol.13

Ver2.00がリリースされて、色々な新要素が一気に増えました。とはいえ、気合いを入れて収集するわけでもなく、ここ最近と同様にマイペースで進めています。

約1ヶ月弱経ちますが、現状はこんな感じ。何の気なしに新しいものが手に入るのが楽しいですね。無理に急いて集めるのはもったいない気がするので、今後もまったり進めていくつもりです。

  • 喫茶ハトの巣は、はとのすサブレのレシピを貰ったところ
  • パニエルの広場は全店開店済み
  • 野菜はトマト以外を畑で育てている。トマトは未入手
  • 料理レシピはあまり集めていない
  • ボートツアーはときどき出かける
    • はにわの収集をようやく始めた
    • ツルとヒカリゴケの島に行けた
  • ATMとものおきは設置済み。便利

季節のイベント

ハロウィンもサンクスギビングデーも、日が変わる前に駆け込みで参加した程度ですね。あとはタヌキショッピングでちとせ飴が売っていたので、神社エリアで写真を撮ってみました。

採集・収集・DIY状況

パニエルの広場にいなりマーケットがオープンしたことで、美術品収集が以前よりも進めやすくなりました。ベルに余裕があれば、毎日商品を回転させることもできます。こうして、「とてつもないちょうこく」と「おもしろいめいが」を入手しました。

住人

11期生が確定したので集合写真です。そしてイノッチ氏は来島してすぐのスピード離島により、すぐに12期生も確定しました。あと、ミントさんを勧誘したけど、入れ替え候補がブーケさんで断念。ブーケさんは1期生最後の1人だからなあ。

  • ブーケ
  • グミ【替:ハルマキ】
  • チッチ【替:ケイン】
  • オリバー【替:ブロッコリー】
  • カール【出】【替:4ごう】
  • トンファン【出】【替:グラ】
  • みつお【替:ももこ】
  • トロワ【替:つかさ】
  • リアーナ【替:ためこ】
  • ちとせ【替:アセクサ】
  • イノッチ【出】【替:トンファン】
  • キザノホマレ【替:カール】
  • アイダホ【替:イノッチ】

大山(伯耆富士)登山

2021年10月09日、鳥取にある大山を登ってきました。本当はサンライズ出雲で到着した日にそのまま登る予定でしたが、関東地方の地震の影響でサンライズ出雲の到着時間が大幅に遅れたため、登山日を翌日に振り替えました。

境港駅から大山口駅まで移動し、大山口からバスで大山寺まで向かいます。このルートで向かう人は少ないようで、バスは空いていました。

大山ナショナルパークセンター前から参道を少し登り右手に進むと、大山寺橋が見えます。こちらを渡ったところに登山届提出場所がありますので、記入して提出しました。道路に沿って歩いていくと、まもなく夏山登山口に出合います。

ここから階段を登ります。少しスペースがあったので、ここで朝食用にパンを1個食べました。腹ごしらえをした後は、ひたすら登っていきます。幅のある階段の登山道が続きます。樹林帯なので展望は望めません。それでも徐々に木々の間から下界の様子が見られるようになります。五合目を越えて少ししたところが、行者谷との合流地点になります。

六合目には避難小屋があります。少し広場になっているので、休憩している人たちが多いです。

このあたりから木々の丈が低くなり、だんだんと展望が開けてきます。ただし道は細くなるので、渋滞気味。あまり花の種類は多く見かけませんが、時折見ることができます。また遠くに目を遣ると、日本海に至るまでの平地を見渡すことができます。独立峰の大山なので、鳥の眼で遠くの地まで見通せます。

ここまで快晴の好天でしたが、少しずつ日が陰り、周囲が白くなってきました。気が付けばあたり一面真っ白。ん~、山頂まで持たずに残念。八合目あたりでプレイガイドでのチケット確保のため、小休止。携帯の電波が入ってよかったです。

程なくして山頂エリアに着きました。予想以上の広大なエリアが広がっています。山頂エリアは植生保護のため、木道が整備されており、その上を移動します。一面に広がるダイセンキャラボクの上を雲が駆け上っていく光景は、何とも雄大です。足元にはシコクフウロなどの花も咲いています。

やがて大山頂上避難小屋が見えてきました。この奥へ少し登ったところに、大山頂上の看板があります。弥山山頂で、1,709メートルになります。最高峰は1,729メートルの剣ヶ峰ですが、崩落の危険から通行禁止となっているため、実質的な山頂は弥山となります。

避難小屋前のスペースで、昼食をいただきます。相変わらず山の周りはガスが多いですが、たまに隙間から青空が見えます。また上空の方はガスが掛かっていないことが多く、周りは白いけど日は差しているような状況ですね。

11時ごろ、下山を始めます。帰りは石室経由で回ります。一面に広がるダイセンキャラボクの中を木道で進んでいくと、石室前に着きました。中には小さな祠があります。やがて往路で通った道と合流して、ピストン下山となります。

紅葉にはまだだいぶ早いのですが、紅葉している木も稀にあります。休日なので人出はそれなりにありますが、紅葉の見ごろではないので、大混雑とまではならずに良かったです。

行者谷分かれの地点まで来たら、往路とルートを変えて、行者谷方面へ下ります。こちらは比較的道幅が狭いままなので、追い越しがしづらいです。声を掛けて先に行かせてもらいました。

途中で涸れ沢に出て、視界が開けます。良い景色ですが、空はだいぶガスっていて暗いですね。

この先は再び樹林帯のなかを下っていき、12時45分ごろ、行者登山口に着きました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離6.79km
山行時間3:52:37
移動時間2:11:46
経過時間4:23:29
高度上昇920m
高度下降796m

夏山登山道を登り、山頂エリアをぐるっと1周して、帰りは行者谷を下りました。ピストン区間はありますが、往復でわりと被らないルート作りができて良かったです。

道はよく整備されており、岩場もほぼなくて、かなり歩きやすいです。普段から登山をしているなら、とても登りやすく感じる山だと思います。とはいえ、中国地方最高峰で百名山の一角を占める山岳なので、そこそこ体力は使います。高度については、独立峰ということもあり、細かなアップダウンはなく、登りと下りの一辺倒となります。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。