名探偵コナン一覧

劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁を鑑賞

2022年04月21日、チネチッタにて、「劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁」を鑑賞してきました。毎年恒例のコナン映画鑑賞です。LIVE ZOUND上映での鑑賞となりました。

本作は警察学校組というテーマはあるものの、舞台となる場所は渋谷の街であまり特殊な要素はないため、純粋にストーリーを楽しみやすかったです。推理要素はもちろんあるのですが、例によってコナンの推理は難しすぎるので、そのまま見進める感じです。所謂犯人はこの中にいる、というシチュエーションではないので、推理の対象にさえ気づかなかったです。

前述の通り舞台となる街は渋谷のみなので、5年前の事件を中心として時間軸で広がりを持たせています。過去の事件パートでは、警察学校組のチームワークのカッコよさが伝わってきます。

そして安室さんがプラーニャとの勝負で拮抗しつつも、サシの勝負では過去も現在もラスト一歩で競り負けることが印象的でした。いずれも仲間のアシストにより、勝利しています。超人で一人でやりきるイメージのある安室さんですが、敢えてのこういう描き方なんでしょうね。

そして何より、かなり久しぶりに山場で流れた「キミがいれば」にテンションが上がってしまいました。「探偵たちの鎮魂歌」以来16年ぶりのようです。初期の劇場版のクライマックスで多く流れたこともあり、とかく懐かしかったです。

また毛利探偵は序盤の序盤で最高にカッコいい見せ場がありましたが、そのまま退場しちゃいましたね。おっちゃんがいると、話を描きにくい部分があったのかなあ。

ちなみにエンドロール後の落ちパートは、思わず最初は笑ってしまったのですが、冗談とはいえメインキャラの葬式シーンを見せられるのは、少々微妙な気分でした。冒頭の結婚式とは受ける印象が違います。

映画館のロビーには、色々とパネルがあったので、撮影しました。カラフルに輝くチネチッタのタワー部分が背景に映ってきれいです。


劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸を鑑賞

2021年4月20日、チネチッタにて「劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸」を鑑賞してきました。本来2020年公開予定でしたが、コロナ禍により1年延期の末ついに公開です。

全体を通して、劇場版名探偵コナンの安定のクオリティで、楽しめる内容になっています。「ゼロの執行人」が”安室の女”を生み出すほど、安室透個人にフォーカスした内容だったのに対して、今作は赤井秀一ではなく赤井ファミリーにフォーカスしているので、趣が違います。二人の関係性から、「ゼロの執行人」と対比となるような構成もあるかな、と思っていましたが、予告の通り、赤井ファミリーの面々それぞれにバランス良く見せ場が用意されています。まあ、赤井メアリーは本編でも表立っての登場はまだなので、シーンは気持ち少なめでした。それを補うのがエンドロール後のカットなのでしょうけど。

推理は中盤の山場で解決して、後半はパニックものというのは、今回も恒例通り。推理は真面目にしていませんでしたが、犯人は意表を突かれました。ちなみに阿笠博士のクイズ、分かった試しなし。全体を通して、格闘や狙撃、頭脳戦など、バラエティに富んでいて、飽きません。

ところで今回OPに入るまでが結構長かったように思います。OPのことすっかり忘れていたあたりで、OPが始まり、OPがまだ流れていなかったことを思い出しました。

それから、コナンくんが普通に英語でコミュニケーションをしている様子に、蘭姉ちゃんが「すごい、コナンくん英語話せるんだね」とコメントしたら、小学校で習ってるからね、で返せるあたりに、時代を感じました。一昔前なら、ハワイで親父に英会話を習っていたはず。

あとは、しれっと登場した「クエンチ」というキーワードに関して、見る者を置き去りにして展開が進んでいき、同じく何だかわかっていないコナンくんが哀さんに質問して説明が行われる流れは、「クエンチ」を印象づけられました。

ED後のエピローグカットは、ギャグオチだけではなく、前述したメアリーさんのシーンがあったのは、新鮮でした。最後の最後のオチは面白くて、劇場で拭き出し笑い声が聞こえました。キャメル氏かわいそうw。キャメル氏は、カーチェイスシーンでも、「えぇ~?!なんで?!」など良い味を出していました。

次回映画の予告は、桜が舞って、誰かの声で台詞がありましたが、ピンと来ません。後日調べたところ、コナンのスピンオフ作品である警察学校編関連のようです。

最後に余談ですが、レイトショーで売店が営業していなかったので、自販機で飲み物とお菓子を買いました。映画館なのになぜ煎餅とか音の出るお菓子しかないのだろうか……


劇場版名探偵コナン 紺青の拳を鑑賞

2019年4月13日、チネチッタのLIVE ZOUNDで、名探偵コナン紺青の拳を鑑賞してきました。自宅から徒歩圏内であることを活かして、今回もナイトショーです。以下、ネタバレに配慮してぼかしてはいますが、何をネタバレと受け取るかは人それぞれなので、気になる方は目を通さないでください。

最初に全体的な感想を書いておくと、アクションシーンも多くて、話も色々と展開するし、面白かったです。安定のコナン映画クオリティ。そして、名探偵コナンを見ていたつもりが、気づいたら名探偵ヒライを見ていた……

今作の特徴としては、映画としては初めて海外が舞台ということと、キッドのライバルとして京極真が配役されていることです。海外が舞台と言う点では、ベイカー街の亡霊も近い部分はありますが、一応ヴァーチャルなので除きます。

海外が舞台という点は、思ったよりも話が広がらなかったなー、と言う印象。やっぱり京極真の出演による話の展開の変化の方が面白かったですね。

作中では、キッドによるアクロバティックなアクションシーンと、京極真による肉弾戦メインのアクションシーン、それぞれに見せ場があります。キッドの派手なアクションと比べると、空手アクションはさすがに地味に映るかなあ、と思いきや、アニメならではの規格外の強さなので、こちらもなかなか派手です。ドラゴンボールの天下一武闘会に出場できそうな強さ。

推理要素の方ですが、容疑者がかなり限定されているので、犯人が誰か推理する楽しみは、あまりないかもしれません。なので、手品のタネ探しみたいに、どうやったのか、を推理する感じですかねえ。最初の事件の答えが終盤まで出てこないので、じっくり考えることが出来ます。特に後出しの情報がなくても解ける人なら解けるはず……。自分はシチュエーションに違和感を覚えつつも、そういうやり方とまでは発想が至りませんでした。

終盤で誰が黒幕なのか、ドタバタする展開がありますが、一連の事件の首謀者自体は変わらないと思っています。キッドを呼び寄せたことに対する辻褄合わせが目的だと思いますが、ここまでの事件の流れがひっくり返るわけでもないので、実はこいつが……!となっても、そうだったのか!とまではならなかったです。

あと、ネタバレと言うか、皆さんが予想している通りに、マリーナベイサンズの船は落ちますが、その狙いがアレだったとは、実際に落ちた後の演出を見るまで気づきませんでした。問題を認識できていなかったので、いきなり解決手法を見せられた感じになってしまったので、事前にもっとアピールした方が良かったかもしれません。

最後にゲスト声優ですが、河北麻友子さんは、正直違和感を拭いきれませんでした。山崎育三郎さんについては、自然で特に気になりませんでした。


映画「名探偵コナン ゼロの執行人」を鑑賞

2018年04月21日、映画「名探偵コナン ゼロの執行人」をチネチッタで鑑賞してきました。コナン映画の鑑賞は、夏のドラクエコンサートと並んで、春の恒例行事となっています。映画館に観に行かなかったのは、1作品だけだった気がします。

ネタバレに多少配慮しつつ、感想を書いていきます。特徴的だったのは、中盤で法曹界に関する詳細な解説が入ったところです。専門域外なので、興味深く見ました。これについて調べている際に知りましたが、安室さんたちが所属している「ゼロ」も実在するんですね。ここは作品による創作だと思っていました。終盤では山が2つあり、コナン映画の伝統的な作りで安心しました。

今作品では、タイトルの通り安室さんにフューチャーした内容となっています。これまでは、赤井さんと比較して、どうしてもやや見劣りする描写がされていたと思います。それに対して、今回はそんな安室さんの実力や思想・信念などが、とてもかっこ良く描かれています。

舞台は街中で、アクションシーンも派手なので、2年前の「純黒の悪夢」と対比して見るのが良さそうですね。

そして映画終了後に流れた来年の映画予告、次回は怪盗キッド回みたいです。ナレーションの内容から、飛行船が舞台になりそうな感じです。そして上映時期が2019年GWとなっていました。これまでより少し遅くなるってことですかね。いずれにせよ、来年も楽しみです。


名探偵コナン 天空の難波船の感想

だいぶ前になりますが、「名探偵コナン 天空の難波船」を見てきました。大型連休中でしたが、ナイトショーだったので、人はほとんどおらず…。コナンの映画は、第一作からほとんど劇場で見ています。途中、間の空いたときもありますが、ここ数年は毎年の恒例行事として、映画館に足を運んでいます。

故に、期待をしすぎてしまい、終演後いつもモヤッとしてしまうのが、ここ数年です^-^;。以下、感想を箇条書きで書きます。

  • 活劇ものとして、安定した面白さ!
  • 全体的に、掘り下げや伏線が欲しかった
  • 爽快感を感じるシーンがもっとあると良いかな
  • 飛行船内部の裏方部分を舞台に使ったのは、変化があって良かった
  • コナンたちが一回地上に降りたけど、あまり意味がない。何か地上に降りたからこその伏線を張れたら良かったかも
  • 聡って…?最近原作見てないから知らないけど、新キャラ?と思っていたら、大橋のぞみが中の人でした。ちょっとキャラの立ち位置が無理やりすぎ!^-^;かなり違和感ありました

てな感じで、要望のほうが多くなっちゃいます。それは期待しすぎだからと分かりつつ、来年の次回作も期待していますw

昨年の作品の感想はこちら。