「 資格・勉強 」一覧

資格試験に向けた勉強報告

中国語検定4級~その2(受検当日)

2021年03月28日、ワークピア横浜にて第102回中国語検定4級試験を受検してきました。単語学習は数年間続けてきましたが、文法や試験向けの勉強はほとんど出来ていないので、それなりに不安を抱えての受検です。文法知識が薄いと、単語とそれ以外の区別が付きにくくなるので、混乱に拍車が掛かります。分からない単語が浮き彫りになる英語とは違うところですね。

リスニングは、何となく分かるけど、半分聞き取れているかどうか、といった感触です。はっきり分かる問題もあれば、いまいち分からない問題もありました。たぶん自分がまだ音として認識できていない単語が入っていたのだと思います。長文問題は、断片的に聞き取れた内容から、大筋の流れは掴めた気がします。

筆記は、大問1はこれまでの単語学習効果で、概ね不安なし。大問2、3の文法問題も、直前に詰め込んだ内容で、思いのほか何とかなりました。大問4の長文問題も基本は文法を問う問題なので、同様です。大問5は選択式ではなく記入式の問題なので、何箇所か迷ってしまいました。

翌日、公式サイトに掲載された解答情報を使って自己採点を実施しました。結果は以下の通り。合格基準点は60点なので、無事合格できる見込みです。

リスニング70
筆記89

4級のリスニングは、引っかけ問題がないので、僅かに聞き取れたキーワードを手掛かりにした解答が得点につながります。上位級になると、そうしたキーワードに飛びついた解答者を引っかけるトラップ選択肢があるんでしょうね。

筆記は思いのほか当たっていました。まあ、手応えはあったので、期待通りと言っていいかもしれません。大問5の記述式問題では、迷った挙句(2)と(5)の解答を変更しましたが、変更前の方が正解でした。知識があやふやだと、迷いが生じてついつい余計なことをしてしまいますね。

合格発表は1か月後です。今後は予定通り3級を目指すか、一旦英語の勉強に戻ってこようか、迷い中です。


中国語検定4級~その1

元々3級を対象に据えていましたが、3月の試験には厳しそうだったので、1つ落として4級にしました。次回に3級を目指す手もありますが、準4級の受検が5年前ですし、ひと区切り入れてモチベーションを上げたいと思いました。先延ばしにしたらまたダラダラしちゃいそうというのも理由です。

3級のテキストを見たら発音が定かではない単語が多すぎて、一旦語彙を増やすことに注力していたら時間がなくなってしまったのが3級の試験が厳しくなった原因ですが、それは4級も同じことで、試験向けの勉強がほとんどできていない状態です。

4級向けのテキストを買おうかと考えましたが、試験日までの期間が短すぎて回せる気がしないので、見送り。そんな中で採用した勉強方法は、公式サイトから過去問をダウンロードしての演習です。第92回、93回、100回の3回分の筆記問題を解きました。予想していたよりは、正答できています。日々の単語学習による下地は一定の効果があるようです。ただ第5問の筆記は、最初は戸惑いました。アウトプット学習が極端に少なかったので、その対策として「ゼロからスタート中国語」の章末演習を使って、中国語の文章を書くことに努めました。

リスニングは公式による教材はないので、結局未着手。試験当日の朝に、YouTubeで見つけた教材を聴いた程度です。一応iKnowによる学習で、短文を聴いてはいるので、多少はかするだろうと期待しています。

というわけで、試験に特化した勉強は、232分程度しかできませんでした。4時間に満たないです。4級は決して難しくはないですが、手持ちの備えがなさすぎて、だいぶ不安を抱えての受検となります。


中国語の勉強時間分析と検定受検級の再考

Twitterに記録している勉強時間を解析するスクリプトを書いて、分析してみました。

2014年377分
2015年1156分
2016年1134分
2017年358分
2018年1839分
2019年3853分
2020年5241分
2021年(~2月)776分

中国語検定準4級を受検したのが2016年3月です。その後別の語学検定を複数受けているので、2017年は極端に落ち込んでいます。2016年は検定前の追い込み分とその後の減少分が相殺している感じですね。2018年はキクタン初級を購入して、中国語の勉強を再開しました。

勉強時間だけでみれば、中国語検定3級にも手が届きそうですが、効率の良い勉強をしていないので、実感としてはまだ厳しい感じですね。4級を飛ばして3級を目指して勉強してきましたが、あと1ヶ月でどうにかなるとも思えないので、4級受検に切り替えようかな、と考えています。受検自体をスキップする方法もありますが、ダラダラと勉強を続けているので、ワンステップ入れたい気持ちがあります。


中国語の語彙力を底上げしたい

「中国語検定3級合格一直線」を購入したので、さっそく読み進めようとしたのですが、ここで語彙力の不足を実感しました。例文などを黙読する際に、ピンインや四声が出てこない、或いはあやふやなことが多くて、全然テキストが進まないんですよね。その辺はとりあえず気にせず、テキストの内容を読み進めることもできるのでしょうが、何だか気になってしまって駄目です。

というわけで、キクタン初級を使って、語彙力を集中トレーニングしたいと思います。これまでは例文と合わせて覚えていましたが、例文の単語まで見ていると時間効率が微妙なので、対象となる単語に着目して、反復練習を繰り返しています。直前に見ていた単語の発音でも、思い出せないことがあったりして、加齢による記憶力の低下を感じますね。一応繰り返すことで定着している感覚はあるので、地道に頑張っていきたいです。


ゼロからスタート中国語~文法編を読了

テキスト一巡自体はだいぶ前に終えていますが、所感をまとめておきます。本書を読む前に、単語学習の一環で例文となる短文をそこそこ読んでいるので、簡単な文法は何となく分かっている状態です。なので、本書の前半部分は既に知っている内容を、改めて復習する感じでした。とは言え、発音などは未だはっきり覚えていない部分も多いのですが。

後半に入ってくると、曖昧な理解だった文法に関する説明が出てきて、勉強になりました。ただアウトプットしないとなかなか定着しないですね。というわけで章末にある練習問題がありがたいです。特に和文からの中国語訳が定着度合いを測るのに良いです。

以下は学習メモ。勉強中なので、いろいろ解釈が間違えている可能性もあります。悪しからず。

  • 形容詞述語文
    • 主語から”是”を使わずに形容詞を述語として繋げる。省略可能ではなく、省かないといけない。
    • 読むときは自然に読めるけど、作文する際には知らないと困ると思う。
  • 名詞述語文
    • こちらは形容詞述語文と違って、”是”を省略しても良い、という扱い。省略できる条件は、述語が表す内容によって限定される。
  • 介詞(前置詞)は動詞の前に置く
    • これ、読解時に頭の中で文章を組み立てる際に、日本語に近い感じで考えれば良いのかな。英語とは違う。一般動詞の主語述語文は、目的語は動詞の後ろにくるので、日本語と英語のミックスな感じ。
  • 助動詞
    • 可能(能、会、など)、願望(要、想、など)を表す。位置は、主語の後ろで、英語と同じ感覚。
  • 時間詞
    • 英語より日本語に近い感覚。述語の後ろ以外なら、どこにでも置ける。
  • 疑問詞
    • 通常の文章で、訊きたい部分を疑問視に置き換える。こちらも日本語に近い感覚で良さそう。
  • 量詞
    • 名詞の特性によって決まってくる。これも日本語と同じ感覚。ただし、日本語と違って手前にくる。
  • 所有を表す「有」
    • 主語が人でも場所でも使える。
  • 主述述語文
    • これ、英語のthat節のようなものかと思っていたけど、こちらも日本語に近い感じ。主語が動詞の主体を表すのではなく、主題を表す感じ。なぜなら主述述語文の主語に対応する”動詞”はないから。
    • テキスト読んだ時点では正しく把握できておらず、本記事を執筆するに際して咀嚼している過程で理解した。

テキストにはもっと色々な文法が載っていますが、複雑なものはないです。やはり文法よりも語彙力を鍛えていく方が重要だと感じました。例えば”在”一文字をとっても、進行形の”正在”の省略なのか、動詞なのか、介詞なのか、それぞれの意味を知らないと、正しく解釈できません。英語の空白や、日本語の漢字/仮名のような単語の区切りもないので、ますます語彙力が重要になってくる印象です。

僅かではありますが、単語の発音の定着度も上がってきており、ちまちまと学習継続している効果はあるようです。もっと加速しなくては、と思うのですが、なかなか加速できないのが悩みどころ。