「 資格・勉強 」一覧

資格試験に向けた勉強報告

ゼロからスタート中国語~文法編を読了

テキスト一巡自体はだいぶ前に終えていますが、所感をまとめておきます。本書を読む前に、単語学習の一環で例文となる短文をそこそこ読んでいるので、簡単な文法は何となく分かっている状態です。なので、本書の前半部分は既に知っている内容を、改めて復習する感じでした。とは言え、発音などは未だはっきり覚えていない部分も多いのですが。

後半に入ってくると、曖昧な理解だった文法に関する説明が出てきて、勉強になりました。ただアウトプットしないとなかなか定着しないですね。というわけで章末にある練習問題がありがたいです。特に和文からの中国語訳が定着度合いを測るのに良いです。

以下は学習メモ。勉強中なので、いろいろ解釈が間違えている可能性もあります。悪しからず。

  • 形容詞述語文
    • 主語から”是”を使わずに形容詞を述語として繋げる。省略可能ではなく、省かないといけない。
    • 読むときは自然に読めるけど、作文する際には知らないと困ると思う。
  • 名詞述語文
    • こちらは形容詞述語文と違って、”是”を省略しても良い、という扱い。省略できる条件は、述語が表す内容によって限定される。
  • 介詞(前置詞)は動詞の前に置く
    • これ、読解時に頭の中で文章を組み立てる際に、日本語に近い感じで考えれば良いのかな。英語とは違う。一般動詞の主語述語文は、目的語は動詞の後ろにくるので、日本語と英語のミックスな感じ。
  • 助動詞
    • 可能(能、会、など)、願望(要、想、など)を表す。位置は、主語の後ろで、英語と同じ感覚。
  • 時間詞
    • 英語より日本語に近い感覚。述語の後ろ以外なら、どこにでも置ける。
  • 疑問詞
    • 通常の文章で、訊きたい部分を疑問視に置き換える。こちらも日本語に近い感覚で良さそう。
  • 量詞
    • 名詞の特性によって決まってくる。これも日本語と同じ感覚。ただし、日本語と違って手前にくる。
  • 所有を表す「有」
    • 主語が人でも場所でも使える。
  • 主述述語文
    • これ、英語のthat節のようなものかと思っていたけど、こちらも日本語に近い感じ。主語が動詞の主体を表すのではなく、主題を表す感じ。なぜなら主述述語文の主語に対応する”動詞”はないから。
    • テキスト読んだ時点では正しく把握できておらず、本記事を執筆するに際して咀嚼している過程で理解した。

テキストにはもっと色々な文法が載っていますが、複雑なものはないです。やはり文法よりも語彙力を鍛えていく方が重要だと感じました。例えば”在”一文字をとっても、進行形の”正在”の省略なのか、動詞なのか、介詞なのか、それぞれの意味を知らないと、正しく解釈できません。英語の空白や、日本語の漢字/仮名のような単語の区切りもないので、ますます語彙力が重要になってくる印象です。

僅かではありますが、単語の発音の定着度も上がってきており、ちまちまと学習継続している効果はあるようです。もっと加速しなくては、と思うのですが、なかなか加速できないのが悩みどころ。


外国語学習の選択言語

外国語学習の言語の優先順位は下記の通りです。以前と変わっていませんが、時間の経過と共に多少考え方が変わってくるかもしれないので、たまにスナップショットを取ろうと思います。

  1. 英語
  2. 中国語(北京語)
  3. 韓国語
  4. フランス語
  5. スペイン語

以前も書きましたが、事実上の世界標準語である英語は別格として、それ以外の言語については、言語圏の地理的な距離の近さが大きいですね。加えて、漢字という共通項と持つ中国語、文法が極めて近い韓国語は、日本語を母語とする身では、やはり親しみやすさが大きいと思います。

フランス語やスペイン語は、通用する国の数が多くて魅力的ですが、日本とそれらの国々との地理的な距離が遠いので、なかなか活かす機会が少ないと思います。後は、言語としても日本語からは距離がある言語なので、英語も盤石ではない状態では、先々で苦労しそうに思えました。

いずれの言語も、検定の基礎級は合格しましたが、限られた時間のなかで学習を進めていくには、選択をする必要があります。というわけで、現在は中国語学習のみを進めています。それ以外は、一般教養として、これまでに学んだ内容を覚えておけたらと思います。ただ、韓国語は、単語学習をしていた期間が想像以上に長かったので、どこかで掘り起こしたい気持ちもあります。


ゼロからスタート中国語~文法編

中国語の文法は簡単だと言われており、実際に学習初期段階でも何となく読めたりします。しかし、文法が簡単であるために、必要な文法を押さえておかないと、全然違う意味で解釈してしまうことが少なくないです。介詞などを用いた際に、句の掛かり方が違うとかですね。

ただ、前述の通り、何となく読めてしまうが故に、単語や発音の勉強ばかりを進めて、文法についての学習がおざなりになっていました。というわけで、中国語の文法学習書を購入しました。購入したのは、「ゼロからスタート中国語 文法編」です。

まだ前半の途中までしか読めていませんが、かなり基礎的な内容が、丁寧に説明されています。文法としてNGなパターンを例示してくれているのがありがたいですね。単語学習の際に例文をたくさん見てきているので、正しい文章は何となく分かるのですが、いざ自分で作文する際に、うっかりNGパターンを書いてしまいそうなので、助かります。

複雑な文法がないので、典型的な文章構造で用いる単語を覚えることがメインになる感もあります。なので、単語学習の延長に近い部分もありますが、文法という側面からも学習することにより、相乗効果が出れば良いなあ、と思います。


そろそろ中国語検定3級を受けたい

新型肺炎の影響で先が見えない状況ですが、中国語学習にひと区切りをつけるため、そろそろ中国語検定3級を受検したいです。これまでダラダラとやってきましたが、受検を申し込めばお尻に火が点くかな、と思いまして。

キクタン初級による学習は粛々と進めており、徐々に単語の発音の定着を感じられるようになりました。やはり語学学習は継続ですね。CDによる耳からの学習は、最初は違和感がありましたが、耳に残るリズミカルな内容で、眠くならずに聴けます。ただ、日本語が短すぎる単語の場合、何だか分からない時があります。あと、漢字の音も併せて記憶したいけれど、単語の漢字が思い浮かばない時にはそれが出来ずに、歯がゆいです。この辺はテキストを見ながら聴けば解決できる話ですけどね。

上記キクタン初級は主に通勤電車内で使用しており、職場の昼休みはiKnow学習を進めています。だいたい似たようなレベルの単語を学習しているので、キクタンとの相乗効果があって良いです。

で、そろそろ文法をきちんと学習しなければと思っています。単語の意味が分かっても、文法が分からないと、単純な文章以外は読めません。例文とかも、当てずっぽうで読んでも、大概日本語訳とずれてしまいます。


中国語の単語を音から覚えてみる

以前の記事「声調をなかなか覚えられない」でも書きました通り、なかなか声調が覚えられません。反復量不足かと思っていましたが、改善ペースがあまりに遅いので、アプローチを変えてみることにしました。

キクタンに付属しているCD音声を使って、純粋に音で単語を覚えることを中心にしてみようと思います。単語帳の漢字とピンインを見て、自分の脳内で音を作る方法と比べて、どういった違いがあるか確認してみたいです。

漢字の知識が欠落するデメリットはありますが、我々日本人からしたら、例え簡体字であっても漢字の理解の方がハードルが低いので、まずは音から入ってみてどうなるか試してみます。英語の時はこうした覚え方をしていないので、どういう結果が出るか、楽しみですね。