「 資格・勉強 」一覧

資格試験に向けた勉強報告

炎の千本ノック2の解答結果をまとめた

炎の千本ノック2を3周回したので、その結果を活用します。こういった問題集テキストは、解き終えた結果こそ、自分用の唯一無二の教材となるので、解きっぱなしはもったいないです。

1回解くごとに○×を付けているので、2^3通りの組み合わせが存在します。復習の要否を考えた場合、×が1個入っていると基本的に復習対象になりますね。3回分だと定着したのか、偶然なのかの判断が難しいからです。

×××要復習
××最終的に身に着いたかもしれないが、念のため復習
××あやふやなので、復習
×おそらく大丈夫
××あやふやなので、復習
×あやふやなので、復習
×あやふやなので、復習
理解している

結果は表にしてまとめました。


1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック! 2

TOEIC向けの英語学習で、文法の勉強をやりたい、という気持ちがありました。インターネットで色々とお薦めの参考書を探して、何となく選んだのが「1日1分! TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック! 2」になります。

こちらはTOEIC試験のセクション5の形式の問題が、ドリル形式で収録されています。問題1つが1ページに記載され、解答と解説がその裏のページに記載されています。この形式は電車などの隙間時間による学習で、とても便利です。

各問題に正否チェック欄が3個あるので、とりあえず3周目指して回しています。現在3周目の後半なので、もうすぐ目標達成です。きちんと数えていませんが、感覚的に正答率は8割程度。3回とも間違えている問題もあれば、1回目は正解だけど2回目で間違えている問題もあって、理解度を可視化するのに良い形式だと思いました。多肢選択式なので、理解があやふやでもたまたま正解するケースがあるので、ゆらぎを把握することは重要です。理解があやふやだけど3回とも正解しているケースは、恐らく何となく分かっていて、今後も同等の問題なら正解できるでしょう。

解説も1問につき1ページ割いているのでだいぶ丁寧ですが、「これでは文意が通りません」と一言で説明されているものの、いや、通るのでは……と腑に落ちない箇所が何点かあったことは、気になりました。英語のニュアンスをきちんと理解していれば恐らくそういう考えに至るのかと思いますが、少なくとも日本語としては通りそうに思えて、そもそも自分の日本語力が足りないのか、と不安になります。

文法知識としては、色々気づきがありましたが、主に下記ですかね。仮定法の省略形とか、そういえば高校の英語の授業の後半で出てきたなあ……と思い出しました。

  • 仮定法の省略形および倒置
  • 分詞自身が別の単語を伴う場合は、修飾対象の後ろに置く
  • 現在分詞と動名詞の区別

なお、冒頭に文法と書きましたが、実際には文法だけではなく、語彙を問う問題もそこそこあります。最終的には、セクション7の長文読解が肝になってきますが、長文読解を構成する短文の理解力を高めることが、実力の底上げになると考え、しばらくこの学習形式を続けてみます。


中国語検定4級~その3(合否通知)

自己採点で合格は確認できていましたが、合否通知が届いたので改めて確認しました。結果は合格です。

リスニング筆記
得点7090
合格基準点6060
平均点64.972.2

自己採点結果から、筆記が1点だけ高くなっていました。大問5の作文の部分点が、想定より多く貰えたようです。平均点と比較しても、対策が十分ではなかったリスニングの低迷が目立ちますね。

今後は3級を目指すことになりますが、当然分量は増えますし、試験としても選択肢が多少トリッキーになったりして、よりきちんとした理解が求められるので、現状の勉強ペースでは厳しいと感じています。当座は4級までで覚えた内容をキープすることを目標に、細々と勉強を続けていきたいです。英語のようにある一定レベルに達しないと、すぐに忘れていきます。


中国語検定4級~その2(受検当日)

2021年03月28日、ワークピア横浜にて第102回中国語検定4級試験を受検してきました。単語学習は数年間続けてきましたが、文法や試験向けの勉強はほとんど出来ていないので、それなりに不安を抱えての受検です。文法知識が薄いと、単語とそれ以外の区別が付きにくくなるので、混乱に拍車が掛かります。分からない単語が浮き彫りになる英語とは違うところですね。

リスニングは、何となく分かるけど、半分聞き取れているかどうか、といった感触です。はっきり分かる問題もあれば、いまいち分からない問題もありました。たぶん自分がまだ音として認識できていない単語が入っていたのだと思います。長文問題は、断片的に聞き取れた内容から、大筋の流れは掴めた気がします。

筆記は、大問1はこれまでの単語学習効果で、概ね不安なし。大問2、3の文法問題も、直前に詰め込んだ内容で、思いのほか何とかなりました。大問4の長文問題も基本は文法を問う問題なので、同様です。大問5は選択式ではなく記入式の問題なので、何箇所か迷ってしまいました。

翌日、公式サイトに掲載された解答情報を使って自己採点を実施しました。結果は以下の通り。合格基準点は60点なので、無事合格できる見込みです。

リスニング70
筆記89

4級のリスニングは、引っかけ問題がないので、僅かに聞き取れたキーワードを手掛かりにした解答が得点につながります。上位級になると、そうしたキーワードに飛びついた解答者を引っかけるトラップ選択肢があるんでしょうね。

筆記は思いのほか当たっていました。まあ、手応えはあったので、期待通りと言っていいかもしれません。大問5の記述式問題では、迷った挙句(2)と(5)の解答を変更しましたが、変更前の方が正解でした。知識があやふやだと、迷いが生じてついつい余計なことをしてしまいますね。

合格発表は1か月後です。今後は予定通り3級を目指すか、一旦英語の勉強に戻ってこようか、迷い中です。


中国語検定4級~その1

元々3級を対象に据えていましたが、3月の試験には厳しそうだったので、1つ落として4級にしました。次回に3級を目指す手もありますが、準4級の受検が5年前ですし、ひと区切り入れてモチベーションを上げたいと思いました。先延ばしにしたらまたダラダラしちゃいそうというのも理由です。

3級のテキストを見たら発音が定かではない単語が多すぎて、一旦語彙を増やすことに注力していたら時間がなくなってしまったのが3級の試験が厳しくなった原因ですが、それは4級も同じことで、試験向けの勉強がほとんどできていない状態です。

4級向けのテキストを買おうかと考えましたが、試験日までの期間が短すぎて回せる気がしないので、見送り。そんな中で採用した勉強方法は、公式サイトから過去問をダウンロードしての演習です。第92回、93回、100回の3回分の筆記問題を解きました。予想していたよりは、正答できています。日々の単語学習による下地は一定の効果があるようです。ただ第5問の筆記は、最初は戸惑いました。アウトプット学習が極端に少なかったので、その対策として「ゼロからスタート中国語」の章末演習を使って、中国語の文章を書くことに努めました。

リスニングは公式による教材はないので、結局未着手。試験当日の朝に、YouTubeで見つけた教材を聴いた程度です。一応iKnowによる学習で、短文を聴いてはいるので、多少はかするだろうと期待しています。

というわけで、試験に特化した勉強は、232分程度しかできませんでした。4時間に満たないです。4級は決して難しくはないですが、手持ちの備えがなさすぎて、だいぶ不安を抱えての受検となります。