「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

御岳ボルダーを触ってきました

2021年9月12日、雲取山登山の帰りに、御岳ボルダーに寄ってきました。登山帰りですし、最近壁もあまり登れていないので、お試しに触ってみるだけです。駅から至近ですし、そして超有名岩場ですし、せっかくなので。

御岳駅で途中下車して、駅前の青梅街道を渡ります。まずは御岳橋から秋川渓谷の様子を眺めました。紅葉の時期は特に美しそうですね。

それから少し進んで、バス乗り場のあるところから、川原へ下ります。ひとつ手前にも下り道がありますが、私道ぽいので避けました。たぶん川原までは続いていない気がします。

川原に出ると、散歩をする人、虫捕りをする人、ボルダリングをする人、カヌーをする人、など、皆が思い思いに楽しんでいます。さっそく持参した「日本ボルダリングエリア」で岩の場所を確認します。川原には多くの岩がありますが、トポに載る岩の多くは、川に近い場所にあります。

人が多いので、一般の人が使ったりしていないかなあ、と気がかりでしたが、上に乗れるような岩でもないですし、ボルダラー以外は使っていませんでした。登山靴からクライミングシューズに履き替えて、いざ登ります。

最初に挑戦したのは、溶けたソフトクリーム岩。とにかくツルツルしていてよく滑ります。全然足を乗せられる気がしなくて、敗退です。

次はすべり台岩です。こちらは多少フリクションが効いて、何とか両足とも岩に取りつけますが、そこから次の一手が出ません。

最後はオーストラリア岩。正面左の低いところならいけるかな、と思いましたが、全然ダメでした。かろうじて足が浮く程度です。

途中小雨が舞い、岩が濡れましたが、まだ何とか登れる程度の量で済みました。逆にこの天気のおかげで、ボルダリングの岩場が空いていたのかもしれません。

外岩はジムに比べて足場が本当にシビアで難しいです。特に自分はクラッシュパッドがないので、ギリギリを攻めることが出来ず、突破できるラインを見極めることが難しいのかもしれません。怪我をしたくないので、確実にいけそうなところしか踏み込めませんし。

ボルダリングを終えた後は、沢井駅前まで歩いて、豆らくにて昼食をいただきました。注文したのは、豆彩麺と黒酢ざくろジュースになります。豆彩麺は湯葉がけうどんですね。色々小鉢も付いてきて、美味しいです。

その後は沢井駅から青梅線で帰りました。久しぶりのボルダリング、そしてかなり久しぶりの外岩となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム71日目~5級課題と4級課題

2021年06月28日、昼ごろ壁家にてボルダリングしてきました。この日はマイナンバーカード受け取りのために年休を取得しており、平日の安い時間帯で登ってきました。

まずは前回宿題となっていた100度壁の5級橙+(3枚目の写真の青丸)に挑戦します。中盤までの登り方は前回で把握しているので、未踏の終盤が肝でしたが、大きく苦労することなく、登ることができました。

前半部分の登り方、一度分かると何となく登れてしまうのですが、後学のために自己分析してみました。まずスタートホールドから移るときは、壁を体に引き付けておくと楽です。左足を次のホールドへ引き上げる際は、距離があるので、スメアリングするとだいぶ楽になります。

90度壁の橙Iは、初手からさっぱりわかりません。左右のスタートホールドが壁に正対ではなく、背中合わせでスタートする課題となっており、初めてのパターンです。足場はなく、手を乗せているところに足を乗せるしか思いつかないので、それをやってみますが、そこから先がさっぱり見えてきません。体重が手のひらに大きく掛かるので、赤くなってしまいました。跡がなかなか消えなかったので、内出血したかも?というわけで、この初手から間違えているのかもしれません。5級課題の場合、登り方さえわかれば登れることが大半なので、何か見落としているのでしょうが、今のところさっぱり見つかりません。

強傾斜も少し登ってみようと思い、120度壁の6級課題である水色Iと水色■に挑戦して、それぞれ一撃でした。120度壁の5級課題にも挑戦してみようかな。

最後は100度壁の4級課題である黄色+を味見してみましたが、数手進んだところで詰まってしまい、4級の洗礼を浴びました。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。Total TimeとRest Timeの差がどうにも合わないので手動計算しています。高度変化によって自動カウントしたClimbを先に手動で登録してしまったので、そこを起点におかしくなったような気がします。手動に頼る部分も多いので、色々難しいですね。

Total Time1:23:50
Rest Time0:46:55
Total Climb13
Success Climb4

ジム70日目~3ヶ月ぶり

2021年06月19日、およそ3ヶ月ぶりに壁家でボルダリングしてきました。平日の仕事前、もしくは仕事帰りに寄る習慣を付けたいと思っていたのですが、シューズとウェア(下半身)を仕事鞄と一緒に持っていくのは面倒ですし、朝は早起きできないので、結局一度も実現できませんでした。片道徒歩15分という距離が地味にきついですね。

というわけで、土曜日に訪問しました。行きやすい時間だと、人も多めで価格設定も高いのですが、ここはトレードオフですね。

まずは空いてたスラブ壁から攻めます。6級課題である水色■(写真青丸)をそつなくクリア。続いて5級課題である橙I(写真赤丸)にも挑戦します。最初のスタートが、スラブならではのバランスが求められる形になっています。そこを越えれば後はルートなりに進んでいき、ゴールへ。ゴール手前が少しだけ危うかったですが、概ね問題なく進めました。最初間違えてひとつ下のホールドでマッチしてしまいましたが、念のため再挑戦して正しいホールドにマッチしました。

90度・100度壁では、6級課題の水色■と水色Iをそれぞれクリア。気のせいかと思っていたのですが、やっぱり以前よりグレード感が優しくなっている気がします。

5級課題である橙■(写真赤丸)は、終盤で不安定になり、一度落ちてしまいましたが、その後ホールドを見直して、上手く足を運ぶことで、無事クリアしました。それでも若干不安定感はありました。

そして今回宿題となってしまったのが、橙+(写真青丸)です。半円状のスタートホールドを両手で持ち、左足を乗せた状態から始めて、その後右足をスタートホールド右下のホールドに乗せます。最初から右足をこのホールドに乗せるイメージでしたが、実際にやってみると難しかったので、こういう流れにしています。で、この後の1手が誤っていたのですが、最初左足をスタートホールドに乗せていました。はしご上りなので一見正しそうなのですが、これだと足が詰まってしまい、動けなくなります。左足は右足と同じホールドに乗せるのが正解のようです。これに気づいてゴール下の球状ホールドを掴むところまでいったのですが、ここで時間切れ。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。

Total Time1:13:14
Rest Time0:56:46
Total Climb14
Success Climb7

ジム69日目~100度壁5級課題クリア

2021年03月24日、年休消化のために平日休みを取ったので、壁家でボルダリングしてきました。

前回宿題となっていた100度壁の5級課題に挑みます。スタートホールドを両手で掴んで試行錯誤しているうちに、両手を左右ではなく、右側に寄せてみたら上手くいくことがわかりました。両手で左右を持ったほうが安定はしますが、次に右手を移動する際に左手の位置が左側にあると重心が左に寄ってしまって、かなりきつくなります。両手で右側を持つと多少キープしづらくなりますが、右手の移動がすごく楽になります。その後は足なりに登り、四角いホールドが2つ並ぶところは、上側を一旦両手で掴み、その後右腕で抱え込むようにして持ち、左手を五角形の大ホールドに移動します。フットホールドではありませんが、途中赤の大ホールドが少し体勢キープの支えになります。というか普通に足を運んでいると当たってしまいます。そのまま右手をゴールホールド右下ホールドへ持っていき、足はそのままでゴールホールドに届きました。

今日はもうこれで満足なのですが、90度壁の5級課題もやってみます。前回はスタートホールドから次のホールドへ移動した際に剥がれてしまっていましたが、今回はそこはクリア。ただし、その先の進み方がさっぱり見えない状態になってしまい、どん詰まりです。5級課題、強傾斜でなければ、ムーブが分かれば何とかできるケースが多いので解法を探し当てたいところですが、全然見えてきません。課題写真は、こちらの記事の2枚目です。

この後は、クリア済みの100度壁6級課題や120度壁6級課題をこなして、適度に達成感を得て切り上げました。

ちなみにこの日はテレビ東京のドラマ「ソロ活女子のススメ」の撮影をしていました。6月放送とのことなので、見られたら見てみようと思います。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。

Total Time01:13:57
Rest Time01:00:53
Total Climb12
Success Climb3

ジム68日目~5級課題に挑む

2021年03月19日、平日の金曜ですが、土曜に重なった春分の日の振り替えとして、職場休日となっています。そのため、午前中の時間を使って壁家でボルダリングしてきました。自分はひとりで黙々と登るスタイルなので、この時間帯は安いし空いてるし、良いことづくめ。

まずは前回も登った90度壁と100度壁の6級課題を登ります。続いて120度壁の6級課題を2個登りました。1個(写真の青丸I課題)は前回登ったものですが、もう1個(写真の赤丸■課題)は初登でした。足をちゃんと置けば登れます。スラブ壁とルーフ壁は今回触っていません。

続いて5級課題に挑みます。90度壁の5級課題は、スタートを切って次のホールドを掴んだ後に、外へ振られて剥がれてしまいます。具体的には、スタートホールドを両手で押しつつ、両足を向かって右側の壁の下方にあるフットホールドに置き、そこから右にある白い大きめのホールドを右手で掴みます。その後左手も移動させようとすると、そのまま体が外へ開いて落下です。90度壁なので、上手くバランスを保って体幹で位置をキープすればいけそうですが、その先が見えないので、一旦保留。

そして100度壁の5級課題は、スタートすら切れません。最初は足を支えにして、両手でホールドを押すようにしてみましたが、脳内のイメージと違ってかなり無理な体勢でできません。続いては、左足をスメアリングして、両手でぶら下がり、そこから身体を持ち上げて次のホールドへ移動しようとしましたが、上手くいきません。屈強な外人さんがそんな感じのムーブをしていたのですが、パワー系ムーブだったのかな……とこの時は思っていましたが、自分の観察ミスだったと次回気づくことになります。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。何だかRest Timeの計測結果がTotal Timeを上回っていておかしいので、ラップタイムから手動で計算し直しました。

Total Time01:17:51
Rest Time01:04:13
Total Climb15
Success Climb5