「 アニメ・漫画 」一覧

アニメや漫画の感想、グッズ紹介など。ライブや展覧会などのイベレポは、お出かけカテゴリへ。

魔女見習いをさがして~スタッフトーク付き上映会

2020年11月26日、渋谷TOEIにて開催された「魔女見習いをさがして」のスタッフトーク付き上映会を鑑賞してきました。前日に初鑑賞しているので、余熱を持ったままの鑑賞となりました。

映画館は色々と「魔女見習いをさがして」仕様となっているので、幾つか写真に収めてきました。映画館フロアへ昇るエレベーターの扉も見逃せません。

表の看板に引きずられて9階へ上がってしまいましたが、会場は7階だったので階段で移動。フロア内には、過去のおジャ魔女どれみの映画ポスターなどが掲示されています。物販コーナーがあったので、前日買えなかったパンフレットと、どれみも載っている2021年カレンダーを1部購入しました。ドリンクもジンジャーエールを1杯。ビールが飲みたくなる映画ではありますが、尿意が怖いのでそちらは終演後の楽しみにとっておきます。

まずは映画の鑑賞。席もゆったりしていて足の置き場も広くて快適です。2回目の鑑賞なので、色々と伏線に気づくところがあって楽しかったです。猫大好きミレさんとか、他人の気持ちに寄り添うことのできるソラさんとか。

それからスタッフトークが始まります。登壇者は、佐藤順一さん(監督)、栗山緑さん(脚本)、関弘美さん(プロデューサー)になります。MCは八木萌子さん。トーク内容を、箇条書きに並べます。メモ帳に残っていた内容を書き起こしており、行間はなるべく補間していないので、言っていないことは書いていないと思いますが、ご参考程度に。メディアのレポート記事には載らないだろうことも色々あったトークでした。

  • 初日は8館で鑑賞して、お客さんの反応を確かめた(関さん)
  • 今回の作りを”攻めた”と言っていたのは、馬越さん
  • スペクタクル、タイムパラドックス的な案もあった
  • 番組は4年間放送したので、視聴者にも年齢の幅があるけど、どれみたちは同級生で同い年なので、大人になったどれみたちを出演させても年齢の幅を持たせられない
  • テレビ版の放送のときに、自分たちの子供時代と当時の子供たちの生活の違いを調べたのと同様に、今の20代の生活などについてマーケティングした
  • キレない子供をつくるのが、テレビ版のテーマだった
  • ラストの展開は最初から決めていた?→大まかな流れは出来ていて、後から詳細がどんどん決まっていく
  • 当初はOP/EDは新曲にする予定だったが、やっぱり「おジャ魔女カーニバル」じゃなきゃ駄目だよね、という話になった
  • カントクの魔法
  • レイカは天賦の才、ソラは出来ないことに向き合う、ミレは生き方。三者が抱えているテーマがそれぞれ違っていて見事

ここから質疑応答ベースになります。応答から話がどんどん展開されていきます。

  • Q:本作の冒頭で綿毛が飛んでくるシーンについて。→夢のクレヨン王国で最後空へ上がっていたものが、再び舞い降りてくる、という流れ。それがおジャ魔女どれみの第1話であり、本作の冒頭部分でもある。
  • 夢のクレヨン王国は、この3人タッグならOKということで、月1でオリジナル回も入れていた
  • 東映はどれみより前は長いことオリジナル作品をやっておらず、作品がほぼ出来上がっている放送開始2ヶ月前に、役員から「当たると思っているのか!」と言われた(関さん)
  • 後ろで見ていたら飲酒シーンが8回。最後のカフェに辿りつけない(栗山さん)
  • Q:ラストの新しい魔女見習い服、おんぷの色と被っている?→これは見え方の問題で、別の色を当てている
  • ミレさんは関さん。夢のクレヨン王国の時は朝まで飲んでいた。
    • 先ほどの役員から詰められた話も絡めて。
  • 大泉スタジオの周り、養老乃滝しかない
  • Q:大きなことを始めるので、何か勇気をもらえるエピソード回はある?→どれみは日常話なので、あまり大きなことをやる、という話はない。と前置きをしつつ、数話をセレクト。

最後のあいさつ。関さん「全ての方へお礼を言いたい」、栗山さん「書いてきた作品の中でこれほど好きな作品は他にない」、佐藤さん「コロナ禍で大変な状況。イベントも色々企画してきた。数字的には厳しいだろうが、皆さんの応援があれば次がある」。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


魔女見習いをさがして

2020年11月25日、チネチッタにて「魔女見習いをさがして」を鑑賞してきました。おジャ魔女どれみ20周年記念作品として制作された映画ですが、どれみたちを主人公とした作品ではなく、かつてどれみを見ていた3人の女性が主人公となる物語です。なかなか斬新な切り口だと思いました。

自分のおジャ魔女どれみの視聴歴は、はっきりとしないのですが、ドッカ~ン!は全編通して見ていました。ハナちゃん推しです。それ以前のシリーズは、ニチアサということもあり、チラチラと見てはいたようです。というわけで、ずぶずぶの大ファンというよりは、20年前に放送していた懐かしい作品というのが、自分のどれみに対する見方ですね。なので、今回の映画のような斬新な切り口や、女優やアイドルが声を当てていることに、一切の違和感なく見れたのかもしれません。自分は見終えた後手放しで大絶賛だったので、後で調べて批判的な感想があることに驚いたくらいです。

オリジナル制作スタッフが集結して制作しているので、作画や演出などを通して、どれみたちがメインではないけれど確かにどれみを見ている心地になります。これは不思議な感覚で面白かったです。

ストーリーは現実に寄り添ったわりと重たい内容を扱っている部分もありますが、ギャグもたっぷり散りばめられており、重くなりすぎないように絶妙なバランスが取られていました。シリアスとギャグの緩急の付け方がいいですね。

3人の主人公も三者三様の持ち味があって、それぞれに惹かれるものがあります。時にぶつかり、お互いに支え合っていく流れは、見ていて気持ちいいです。とても上手く一言では言い表せないのですが、ミレさんは外向きの力、ソラさんは内面を見る力、レイカさんは運命の力、のようなものを感じます。ミレさんと空さんの外・内はまあ分かりやすいと思いますが、レイカさんは家族の境遇、そして絵の才能と、どちらも天から与えられた、課せられた、そんなふうに感じました。後半に出てくる大西くんも、良いエッセンスになりました。

3人の中では、レイカさんが一番好きかなあ。小動物的な感じがかわいらしいです。レイカさんの広島弁は癖になりますね。背負っているものは一番大きいのですが。

ちなみに「どれみ」にちなんで、ミレさん、ソラさん、となっているのに、レイカさんなんですね。さすがに”ドファシ”で名前を作るのは無理があると思いますが、なぜ”レイカ”になったのかは、気になりました。

そして作品中では、どれみに所縁のある各地を旅行するシーンがあります。自分は旅行好きなので、テンションが上がりました。数日前に出かけた京都の渡月橋が出たときは、一昨日いたところだ、となりました。

それから本作品では、OPとED手前で、おジャ魔女カーニバルが流れます。OPでは郷愁を誘うような静かな曲調で、EDの方では原曲寄せの賑やかな曲調になっています。本作品では数少ない純粋などれみ要素になります。久しぶりに聴きましたが、名曲ですね~!

最後にどなたかが書いていた内容の受け売りですが、映画タイトルの「魔女見習いをさがして」は、我々がこの映画を通して、自分の記憶のなかから「魔女見習い」たちを探すという意味も込められているのでしょうね。


映画プリキュア ミラクルリープを鑑賞

2020年11月16日、チネチッタで夕方から「映画プリキュア ミラクルリープ」を鑑賞してきました。普段でしたら土曜のナイトショーあたりで鑑賞するのですが、コロナ禍の影響か、昼間の上映しか設定されていないので、在宅勤務日に定時終了して見てきました。

タイムリープものとして期待していた展開どおりで、面白かったです。同じ日を周回しながら、徐々に真相に近づいていく過程が楽しいですね。あとは同じ日を繰り返すことで、オールスターズならではの、プリキュア同士の初対面シーンを何回も見られることが良かったです。ヒープリ側は以前の記憶を保持しているので、初対面時の対応が変わり、スタプリやハグプリメンバーの反応も変わってきます。こうして複数バリエーションの対面シーンを見せられるタイムリープもの、強いなあ、と思いました。

キャラクターとしては、三度目の対面で訝しむえみるさんの反応に”らしさ”を感じたり、温泉大好きルールーさんが単純に面白かったり、説得に窮したひなたさんがプリキュア暴露しちゃったり、色々楽しませてもらいました。ただ、スタプリは縁がなくて視聴話数がだいぶ少ないので、あまりキャラクターに対する思い入れが少ない自分に、改めて気づきました。

映画固有のゲストキャラクターは、ミラクルンとリフレイン。ミラクルンがプリキュア側について、リフレインは敵側となります。ミラクルンは、ミラクルと未来来るが掛かっているんでしょうね。名前の通り、明日を望む者と過去に執着する者になります。それぞれの背景は、オープニングネタバレなプリキュア映画であっても、重要なネタバレになってしまうので、伏せで。ミラクルンはほぼ妖精タイプで、こうしたゲストキャラクターは珍しいような気がしています。

その他小ネタとして、大女優春日野うららさんの登場は不意打ちで驚きました。北条まりあさんは、不勉強で初見では分からずでした^^;。

映画自体、約70分の尺で、3作品のプリキュアの見せ場を作ったり、出会いを描いたりする必要があるので、どうしても深い話を描いたりするのは難しいと思います。なのでそうした伏線の上に成り立つ深いメッセージや感動には繋がりにくいと思いますが、真っ直ぐな強いメッセージを投げかけてくるので、ちょっとうるっとくるシーンがあり、やはりプリキュア映画だな、と感じました。まあ、上映終了後に小さい女の子が、「おもしろかったー!」と言っていたので、大正義だと思います。

そして来春の映画予告。東京が舞台なんですね。聖地巡礼が捗ってしまうかもしれません。プリキュア5の出演については、最初はヒープリの出番を食ってしまいそうで、若干むむむ、と思ったのですが、最近は純粋に楽しみになりました。


ミルモでポン!キャンバスアート

ちゃおフェスLIVEオンラインの物販でレジェンド作品キャンバスアートの1つとして、ミルモでポン!のキャンバスアートが発売されました。事前に知っていたのですが、発売初日は旅行等で忘れており、後日Amazonの販売サイトを見たら在庫切れでした。しまった、と落胆していたところ、楽天とYahooの方は在庫があり、2020年10月06日に注文して、無事購入できました。

さっそく数日後に到着しました。サイズは180mm×140mmなので、わりとお手軽サイズだと思います。勢いで買っても置き場所には困らないですね。絵柄はミルモを中心に、左右にリルムとムルモがいます。ヤシチは不在。背景にはお菓子が色々と描かれていますが、チョコレートとシュークリームはあるのに、マシュマロがないとはどういうことでしゅか!と、ムルモのしょっかくビームが飛んできそうです。

楓さんを初めとした人間キャラがいないのは少し淋しいですが、それを言い出したら他の妖精たちもたくさんいるわけで。でもヤシチは入れてあげても良かったのでは、なーんて思ってしまいました。


魔法陣グルグルの版画

もう3年も前になりますが、魔方陣グルグル大原画展で購入した版画のご紹介です。絵柄は結構悩んだ末に、4番を選びました。ここについてはこっちが良い、あそこについてはあっちが良い、てな感じで、なかなか1点に決められませんでした。

原画展から3か月後くらいに自宅へ郵送されてきました。しかし、最近の”買って満足”により、開梱したのは2020年04月という有様。まず感じるのは、結構な大きさだということ。会場時点である程度大きいことは分かっていましたが、自分の部屋で見ると、改めてその大きさを実感します。というか、絵の本体部分はそこまで大きいわけではなく、周りのキャンバスのフレームとその外側の額縁部分を含めると大きいんですよね。我が家のテレビより大きい気がします。

せっかくの版画なので、よく見えるように壁に掛けておきたいのですが、賃貸物件なので穴を開けるわけにもいかず、棚の上に立てかけています。その後別のものを置いていった結果、今では半分物陰に……。さすがにもったいないので、”かけまくり”を使って壁に飾ることを検討したいと思います。

ちなみに、左下にロット番号、右下に衛藤ヒロユキ先生の直筆サインがあります。右上のカボチャがちょうど今の時季(ハロウィーン)に合っているなあ、と思い、本記事を起こしてみました。この絵柄を選んだ理由は、まずニケとククリの2人が並んで映っているものが欲しかったこと、さらにククリの笑顔について4番の絵が一番好きだったことです。なお絵全体で見るとキャラクターが小さく見えますが、現物を見れば十分な大きさです。

魔法陣グルグルは、自分の好きな作品十指の中に入るので、多少奮発してでも入手しておいて良かったです。