「 アニメ・漫画 」一覧

アニメや漫画の感想、グッズ紹介など。ライブや展覧会などのイベレポは、お出かけカテゴリへ。

劇場版きんいろモザイク Thank you!!鑑賞+舞台挨拶ライブビューイング

2021年08月21日、チネチッタにて劇場版「きんいろモザイク Thank you!!」を鑑賞してきました。新宿のバルト9で行なわれている舞台挨拶のライブビューイング付きになります。というか、チネチッタでも翌日に舞台挨拶があるのですが、映画自体に気づいたのがチケット発売翌日という体たらくでしたので、完売御礼でした。

舞台挨拶感想

上映前に舞台挨拶があります。なのでネタバレなしのトークになります。上映後はネタバレトークOKの良さがありますし、上映前はトークの内容を踏まえて本編を見れる良さがあります。

キャストの皆さんの仲が良いので、色々エピソードトークも豊富で楽しい舞台挨拶になりました。文章で繋げるのは大変なので、箇条書きで書き連ねます。例によって僅かなメモと記憶ベースなので、間違っている箇所もあると思います。

  • 原作最終回のときには、みんなで集まってチーズフォンデュしたり、ソーセージ作って食べたり。
  • その後連載された「Best wish」。これもアニメ化してほしいねー、という話。
  • 印象的なシーンについて。
    • 夏の海に行く回で、電車のなかでみかんに顔を描いたシーン。
    • “あーやややや”という綾のおばあちゃんのくだり。
  • 8月20日が陽子の誕生日だったので、田中さんがTwitterで内山さん宛にマンガ肉をたくさん載せた激しいツイートを送ったけど、内山さんは気づいていなかった。
    • たぶんこれ。https://twitter.com/Manami__TANAKA/status/1428656015491297284
  • Rhodanthe*のライブの、さつきいろハルジオンの振り付けを自分たちで作ったことについて。
    • 練習していたら、田村ゆかりさんに「がんばってね」と声を掛けてもらった
  • ファンとの距離の近さがきんモザのイベントの特長。
    • ファンの方たちにMVに出演してもらったりした。
    • 撮影が押していたのに、終了後誕生日をお祝いしてもらったりした。
  • 今回の映画のアフレコは、コロナ禍の影響で全員集まらず、グループごとに収録した。
    • その話から、叙々苑のお弁当が出たという話になり、内山さんが自分たちの時は出ていなかったと、食べ物に陽子ばりの反応。
  • キャスト同士の仲の良さについて。
    • 交換日記などをして、距離が縮まっていった
    • 誕生日のメンバに、他のメンバから誕生日プレゼントをするのが恒例になっている
    • クソコラ写真集(当人談)とか、手の込んだオフザケプレゼント系。
    • 西さんは”西明日香のデリケートゾーン”と刺繍された真っ赤なふんどしを受け取った。曰く「職人さん、どんな気持ちで塗ったんだろう……」
  • パンフレットのインタビュー。
    • これまで気丈だった東山さんが、インタビューのとき泣いてしまった
    • 良いことを言って、皆がはっとなったシーンがあったけれど、リクエストした”(一同息を吸う)”の文言は、ライターさんに入れてもらえなかった
  • 終わり間際に、キャストの皆さんがとりあえず回っておく(その場で一回転)くだりがあった
  • 最後は皆さんで、映画タイトルをコール。Thank you!!は「さ~んきゅっ」と可愛く発声する

映画感想

前半は修学旅行をメインに、日常のひとコマを繋ぎながら、卒業に向かって少しずつ時間が流れていく様子を見せてくれます。自分は前作の映画「Pretty Days」以来のきんモザなので、ゆるふわなギャグを見ながら、そういえばこんな雰囲気だったなあ、と作品の空気感を懐かしく覚えていました。思わずクスッと笑ってしまうギャグが多いですよねえ。その中でも陽子の猿ネタは思わず声が出そうになるくらいに、ハマりました。

後半は卒業後の進路に向けて、それぞれが悩み考える展開が軸になります。とは言え、そこまで重苦しい感じではないです。その中で、何組かのメンバー同士の関係にフォーカスしたシーンがあり、時の流れの中でそれぞれの気持ちの変化や心の成長が伺えるのが素敵だなあ、と思いました。綾と陽子、アリスとカレン、シノ……はシノとアリスなのかな、シノの場合は自分自身の変化の色が少し強いかな、と。

今回のダンスといえば、「合格の舞」のインパクトが絶大ですが、きちんと「そわそわダンス」も収まっていて良かったです。

ちなみに本作品は、冒頭でイギリス留学後のシノとアリスのシーンから始まります。最初見た時、状況が飲み込めませんでしたが、ここから時が戻って、高校3年生のシーンへ繋がっていきます。そしてラストに再び冒頭のシーンに帰ってきて、綾、陽子、カレンの3人もイギリスにやって来て、いつもの5人が集合するシーンへと繋がります。

本作はシリーズ最終作品なので、どうしても寂しさを感じてしまうのですが、上記のような構成にしてくれたことで、卒業後もきんモザの世界が続いていくんだ、という安心感を無意識下に持った状態で、高校生活のパートを見ることができたと思います。

物販やポップ等

自動扉に広告がプリントされたり、パネルがあったりしました。

物販の方は、パンフレットとアクリルジオラマを購入しました。

入場者特典のキャラクターボイスCDは、綾さんでした。そういえば「Pretty Days」の特典色紙もウェディングドレス綾さんでしたし、運命を感じます。

最後に

自分は原作を読んでいないので、実に「Pretty Days」以来5年ぶりのきんモザでした。なので、最初はシリーズ集大成の寂しさよりも、久しぶりに見るきんモザの気持ちが大きかったです。ただ、キャストの皆さんの想いを聴いたり、映画を見て、テレビシリーズ第1期、2期の頃を思い出したりしたら、急に懐かしくなり、寂しさが込み上げてきました。思い出は財産ですね。


だいあぱんたちをお迎え

品薄のためプレミア状態となっていただいあぱんですが、今年の初めに再販が行われました。しかし、とても需要に追いつく状況ではなく、その後受注生産の決定がアナウンスされました。自分は旅行中でしたので、年初のだいあぱん争奪戦には参加できなかったため、これは朗報ですが、最初からそうしてくれれば良かったのに……感は拭えません。

今回の再販は、「だいあ&​アナザーだいあセット」となっており、2体セットでの販売となります。そこそこの大きさなので置き場の確保が不安でしたが、ポチッと注文しちゃいました。

2021年のゴールデンウィーク頃、我が家に到着しました。段ボールを開梱した状態だと、まるで町中にに捨てられていただいあぱんたちを保護したような絵面になります。何でしょう、2体いるから余計にそう見えるのでしょうか。

とりあえず棚の上に飾っています。手触りも良いですね。顔がパンパンということに由来するだいあぱんですが、ぬいぐるみ的なかわいさ満点で良いです。口の位置の都合か、アナザーだいあぱんの方がパンパン感が少なくて、自然な感じです。


アイカツ!マイキャラちゃんのアクリルスタンド

昨年のアイカツオンパレード!稼働終了時に、色々な特典企画がありましたが、その中のひとつにマイキャラちゃんのアクリルスタンドがありました。DCDのマイページを経由してプレミアムバンダイに申し込む流れです。

2020年10月に申し込んで、2021年03月に到着しました。アイカツオンパレード!ではずっとスターライト学園に所属していたので、コーデもスターライトコーデです。マイキャラちゃんのビジュアルは、無印時代から、概ねダークブラウンのロングヘアもしくはセミロングで通してきたので、愛着があります。こうした形で思い出を残しておけるのは良いと思いました。


劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸を鑑賞

2021年4月20日、チネチッタにて「劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸」を鑑賞してきました。本来2020年公開予定でしたが、コロナ禍により1年延期の末ついに公開です。

全体を通して、劇場版名探偵コナンの安定のクオリティで、楽しめる内容になっています。「ゼロの執行人」が”安室の女”を生み出すほど、安室透個人にフォーカスした内容だったのに対して、今作は赤井秀一ではなく赤井ファミリーにフォーカスしているので、趣が違います。二人の関係性から、「ゼロの執行人」と対比となるような構成もあるかな、と思っていましたが、予告の通り、赤井ファミリーの面々それぞれにバランス良く見せ場が用意されています。まあ、赤井メアリーは本編でも表立っての登場はまだなので、シーンは気持ち少なめでした。それを補うのがエンドロール後のカットなのでしょうけど。

推理は中盤の山場で解決して、後半はパニックものというのは、今回も恒例通り。推理は真面目にしていませんでしたが、犯人は意表を突かれました。ちなみに阿笠博士のクイズ、分かった試しなし。全体を通して、格闘や狙撃、頭脳戦など、バラエティに富んでいて、飽きません。

ところで今回OPに入るまでが結構長かったように思います。OPのことすっかり忘れていたあたりで、OPが始まり、OPがまだ流れていなかったことを思い出しました。

それから、コナンくんが普通に英語でコミュニケーションをしている様子に、蘭姉ちゃんが「すごい、コナンくん英語話せるんだね」とコメントしたら、小学校で習ってるからね、で返せるあたりに、時代を感じました。一昔前なら、ハワイで親父に英会話を習っていたはず。

あとは、しれっと登場した「クエンチ」というキーワードに関して、見る者を置き去りにして展開が進んでいき、同じく何だかわかっていないコナンくんが哀さんに質問して説明が行われる流れは、「クエンチ」を印象づけられました。

ED後のエピローグカットは、ギャグオチだけではなく、前述したメアリーさんのシーンがあったのは、新鮮でした。最後の最後のオチは面白くて、劇場で拭き出し笑い声が聞こえました。キャメル氏かわいそうw。キャメル氏は、カーチェイスシーンでも、「えぇ~?!なんで?!」など良い味を出していました。

次回映画の予告は、桜が舞って、誰かの声で台詞がありましたが、ピンと来ません。後日調べたところ、コナンのスピンオフ作品である警察学校編関連のようです。

最後に余談ですが、レイトショーで売店が営業していなかったので、自販機で飲み物とお菓子を買いました。映画館なのになぜ煎餅とか音の出るお菓子しかないのだろうか……


映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!

2021年03月29日、チネチッタにて鑑賞してきました。大人も貰える入場者プレゼント第2弾の色紙目当てに、初週ではなく2週目に来ましたが、既に配布終了していましたorz。ギリギリ残っているかな、と予想していましたが、甘かったようです。

「みんなのこころにゆめアール!」心の中のゆめペンダントを灯しつつ、鑑賞。70分という短い尺に詰め込まれているので、唐突に登場するプリキュア5勢とか、とにかく展開が早いです。ちなみにプリキュア5側の話があまりにフォローされないなあ、と思っていたら、副音声上映という形式でプリキュア5側のストーリーを楽しめるみたいです。あくまで映画本編の主役はヒーリングっど勢な感じですね。映画本編では、プリキュア5のメンバー同士の絡みはほとんどないので、プリキュア5を存分に楽しむには副音声上映マストでは。副音声上映はレイトショーで行けたら行こうと考えていましたが、結局行けずじまいでした。

プリキュアの映画はメッセージを直球で伝えてくるので、わりと涙腺が緩んでしまうことが多いのですが、今回は少し来るシーンはあったものの、そこまで強く来ることはありませんでした。でもカグヤさんはかわいいし、ストーリーも全てを描ききらず、見る人の想像に委ねるような描写も一部見られたのが印象的でした。かつてプリキュア5を見ていた子たちが、大人になって見に来ることを、多少意識しているようにも感じました。最後、カグヤさんが転生?した時に、周辺がかつてのように荒廃したシーンになった意味とか、15歳の誕生日をお祝いしているシーンが写真である点とか。まあ、後者は勝手な深読みかと思いますが、前者は映画を見終えたあとも、何か引っ掛かっています。

終演後はパンフレットも購入しました。一般的な映画のパンフレットに比べて安いですしね。劇中で登場した東京都内のスポットも紹介されていますので、聖地巡礼のお供になります。