「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

江戸川河口まで自転車で走ってきた

2020年08月22日、江戸川サイクリングロードを南下して、江戸川河口まで走ってきました。関宿タッチは以前に一度果たしているので、反対側の河口タッチは長年の宿題でした。自分が江戸川サイクリングロードに入る地点は、ちょうど海から30km付近なので、どちらへ向かう場合も、距離は概ね同じです。しかし、南の方は人通りが多くなってきて走りづらい印象がありました。そこで、夏休みの一環として取得した平日休みを使って、走ってきました。

天気は快晴で、気温も30度手前で、前週の猛暑に比べれば走りやすい陽気です。風も弱くて走るには良い天気でした。江戸川サイクリングロードに入ったら、南へ向けて走ります。流山橋の手前では、小さな花壇があり、そこに植えられているヒマワリを毎夏楽しみにしています。

葛飾橋までは何回か走ったことがあるので、見覚えのある景色を眺めながら漕ぎ進めます。坂川の水門を抜け、遠くに見えるスカイツリーを眺めながら、江戸川の蛇行に沿って走ります。一部ひんやりとした区間がありましたが、どうやら局地的に小雨が舞っていたようです。

葛飾橋手前に着いたら、さらに先へ進むため、アンダーパスへ入ります。この先の新葛飾橋まで含めて、一気に通り過ぎます。再び上へ戻ってくると、結構狭い道が続いています。大人二人が並んで歩ける程度の幅です。やがて川の一里塚が見えてきました。河川敷には緑地が広がっています。

常磐線の橋梁を抜けて暫く進むと、矢切の渡しに着きました。矢切の渡しを見てみたい気持ちもありましたが、下まで降りていく気合はありませんでした。そこから北総線の橋梁を抜けていくと、柳原排水機場に着きました。水門前にある車止めのゲートがとても通り抜けづらいです……

水門前を抜けると、広い道に出ます。右手にビル、左手に森が見えて、気持ちの良い景色です。ここを抜けると一旦一般道に出ます。細い道で車もあまり来なさそうですが、一応それなりにやって来るようなので、ゆっくり走った方が良いです。ここは江戸川がとても近いエリアでもあります。

やがて再びサイクリングロードとなります。松戸市を抜けて、ここから市川市のようですね。京成本線、総武本線、都営新宿線、東京メトロ東西線と、たくさんの橋梁が登場します。さすがに数が多くて、逐一写真に収めるのは止めてしまいました。

旧江戸川との分岐点を過ぎると、川幅がさらに広くなり、架かる橋の数も増えてきます。川面には船の姿も目立つようになってきました。海に近づいてきていることを感じますね。この辺の景色は初めて見ますし、普段走っている中流域とも違う景色なので、新鮮でした。

「海から1.75km」の標識を見つけて、もうひと踏ん張りです。さあ、0kmはどこだ!と思って探すものの、見つかりません。川自体はもう少しだけ続いているようですし、このサイクリングロードを抜けて、次の道へ接続するのかな、と思い、先へ進んでみました。

路側帯もろくにない道で完全に自動車メインの走りにくい道でしたが、どうにか進みます。しかし、川沿いの道は関係者以外立ち入り禁止エリアに該当するようで、進入不可でした。というわけで、元のサイクリングロードに戻ってきます。

うーん、どうやらサイクリングロード入口にある「江戸川放水路0km」の看板が0kmポストのようですね。というわけで、愛車と並べて記念撮影。それから少しだけ海の様子を眺めます。夏空で海も映えます。本当はどこかで食事をとりたかったのですが、あてもないですし探すのも面倒そうなので、折り返します。

基本的に往路と同じルートを戻っていきます。ただ、アンダーパスの選択を間違えたようで、なかなかサイクリングロードに戻れない区間が時々ありました。これはそのエリアを走り慣れていないと駄目ですね。

さすがにお腹も空いてきたので、ハンガーノックのリスクを回避すべく、コンビニで昼飯を調達します。柳原親水広場から下道へ入ります。あまり車通りもなくて走りやすいです。地図で見つけたセブンイレブンを目指して進みますが、予想外の高低差があり、軽いヒルクライムとなってしまいました。

昼飯調達後は、近くにある国府台の古戦場跡と野菊の墓文学碑へ寄り道。西蓮寺と野菊苑が建っています。風情があって良いですねえ。野菊の墓、小さい頃に読んだような気もしますが、さっぱり覚えていないです^^;。ここから江戸川サイクリングロードへ戻る途中に、小さなひまわり畑がありました。

この後もアンダーパスの処理を間違えて、プチ藪漕ぎをしつつロードバイクを押し上げたりしました。昼飯は一部をコンビニ前で食べましたが、残りがあるので、休憩スペースで腰掛けていただきました。一応木陰はあるのですが、今の太陽の向きだと役に立たずにガンガンに照らされます。サイクリングロード沿いは休憩ポイントがそこそこ用意されていますが、日を遮れる場所は少ないので、夏場は大変です。お腹を満たしたところで、残りの行程をひと踏ん張りして、走り抜けました。

走行距離は54kmということで、思ったよりも短かったです。海から30kmなので、寄り道も含め、60km超になる想定でしたが、何故でしょうね。身体の調子としては、さすがに終盤はお尻が痛くなりました。後は膝に力が入らないタイミングがたまにありました。基本フラットなので、あまり負荷は掛かっていないはずなのですが。

あと出来れば旧江戸川沿いも走って、舞浜のディズニーランドまで行ってみようという計画もあったのですが、対岸に渡るのが面倒なこともあり、今後にお預けとなりました。次回行くなら埼玉側から下って行きたいです。

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離54.11km
平均速度13.3km/h
平均移動速度18.1km/h
最高速度36.2km/h
走行時間04:04:41
移動時間02:59:26
平均心拍数145bpm

走行マップは以下の通りです。往復同じルートなので、マップの面白味はあまりありません。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


輪行して守谷から下妻まで走った

2020年08月14日、輪行して守谷と下妻の間を走ってきました。一時期輪行はご無沙汰気味でしたが、今年はこれで3回目の輪行となっており、いつになくハイペースです。ロードバイクは実家に置いているのですが、千葉県北西起点ですとやはりつくばエクスプレスの下り方面が輪行しやすいので、そちらが多いですね。電車の混雑具合の予想が難しい方面には、なかなか足が伸びません。

8月に入ってから猛暑日が続いており、この日も例に漏れず、最高気温が35度近くに達する見通しです。そのため、輪行とはいえ走行距離は抑え目にしていく計画です。ということもあって、少々ダラダラしすぎて、昼前に家を出発。最寄り駅で輪行袋にパッキング等をしていたら、電車に乗ったのは13時手前でした。この時点で既に背中に汗が滴ります。

下車するのは電車で4駅進んだ守谷駅。家から自走できる距離ですが、もっと先まで行くために守谷スタートです。駅出口から地上に下りたところに、広い日陰のスペースがあったので、そちらで自転車を組み立てます。それから自販機でドリンクを買っていざ出発。

まずはつくばエクスプレスの高架に沿って小貝川を目指します。気持ちよく進んでいたら、いつのまにか長い橋の上。このまま進むと小貝川を越えてつくばみらい方面に出てしまいます。途中で折り返して軌道修正。

早く小貝川のサイクリングロードに入りたいところですが、多少車通りのある幹線道路を進まなくてはなりません。状況に合わせて、路側帯を走ったり歩道側を走ったり。ようやく車通りの少ない道に入ったら、まったり走行。途中つくばエクスプレスの総合基地を見かけました。やがて小貝川サイクリングロードに合流。

ん~、やっぱりサイクリングロードは走りやすくて気持ちいいです。沿川にはのどかな田園地帯が広がります。普段江戸川サイクリングロードを走ることが多いので、小貝川ののどかな流れも新鮮です。小貝川は結構蛇行しているので、それに合わせてサイクリングロードも時々カーブが入ります。また、北の方には筑波山のシルエットが見えており、筑波山に向かって走っている気分になって、テンションが少し上がります。なお、ずっと川沿いではなく、たまに沿川側にアンダーパス経由になる場所があります。

のどかな風景が続いていましたが、水海道が近づくと段々住宅の数が増えてきます。大和橋北交差点に出たところで、国道354号線を西に入って小貝川から離脱します。さすがにここは車通りも多く、路側帯が広くない部分が多いので、基本歩道側をゆっくり進んでいきます。

お昼時なので水海道あたりで昼食をとりたいと考えていたのですが、お盆休みなので閉まっているお店も多いかなあ、と不安に思っていたところ、「生そばなかだ」の看板を見つけました。営業中でしたので、こちらに決定。前回の輪行できなかった輪行でお蕎麦を食べることが実現できます。注文したのは、あさり丼と蕎麦のセットです。あさり丼はなかなか食べる機会がないので新鮮でした。そして暑い中走ってきたので、せいろ蕎麦がうれしいです。

食事を終えたら再び国道354号線を西へ進みます。その後下道を少し北上して、鬼怒川サイクリングロードに合流しました。サイクリングロード上に現れる小さな林、11年前に鬼怒川サイクリングロードを走った時のことを思い出しました。

サイクリングロードに入ってしまえば、後は北上するだけなので快適です。ところが10分ほど走ったところで、通行止めの看板が現れました。仕方ないので下道を走ります。しばらく走っていくと、美妻橋付近に工事車両の姿が見え、これが通行止めの原因のようです。橋を越えて進んでいくと、通行止めの終了の看板が見えたので、サイクリングロードに戻りました。

さらに先へ進んでいくと、再度通行止めの看板がありました。厳密にはここまでですね。でも反対方向から走ってきた場合は気づけないので、まあ仕方なし。この後はしばらく快適に走ります。全体的に道幅が広いので走りやすくて良いですね。天気は快晴でかなり暑いですが、走っている分には風があるので、何とかなります。それでも途中、トンネル下の日陰に退避して、小休止。日焼け止め塗り直しなどをしつつ、体力温存。走行再開した後は、遠くにお城が見えたり、東南アジアの仏塔のような屋根が見えたり、色々と目を楽しませてくれます。

40分ほど走ったところで、再び通行止め。結構長い区間に見えるので、サイクリングロードはここで終わりにして、下道を走って直接目的地に向かうことにしました。田園地帯の真ん中を走っていきます。途中左岸幹線用水路のところで、方向感覚がおかしくなり、少し迷いましたが、無事目的地である砂沼に着きました。

ロードバイクを適当なスペースに止めて、砂沼を望みます。それなりに大きな沼ですね。周辺は舗装路が整備されていますが、道幅が狭くてロードバイクで走るのは止めておいたほうが良さそうです。ちょうど砂沼を望める場所に8代目葵カフェがありましたので、こちらで一服していきます。

注文したのは、キウイレモネードとミニマンゴーパフェです。沼を望めるカウンター席が空いていたので、そちらでいただきます。レモネードのシュワシュワ感がサイクリングの疲れをリフレッシュさせてくれます。フルーツも美味しくいただきました。お昼のお蕎麦といい、今回はグルメも満喫できるライドとなりました。コンビニ飯が多かったので、うれしいです。

一服した後は、もう少しだけ走って下妻駅に向かいます。下妻駅は常総線の快速が止まるので、もう少し大きい駅かと思っていましたが、想像以上に小さい駅舎で少し驚きました。駅前には花のまちの看板があり、萌えキャラ?のシモンさんがいます。電車の時間が近いので、少し急いで輪行袋へのパッキングを済ませます。この時輪行袋のパーツが1個見つからず、無駄に焦ってしまいました。

何だかんだで無事予定の電車に乗れました。つくばエクスプレスの時の癖で最後部に乗りましたが、ドアと運転室の壁の間にスペースがなく、あまり最後部メリットがありません。窓の外を眺めていると、ちょうど夕焼けの頃合いで、鬼怒川方面に落ちていく夕日を見られました。

守谷駅に到着後は、ふらっと!254のパネルを撮影しつつ、つくばエクスプレスの守谷駅へ移動。後は勝手知ったるつくばエクスプレスでの輪行なので、まったりと帰りました。最寄駅に着いた後は真っ暗なので、LEDライトを装着。最初点灯せずに困りましたが、電池を入れ直したら無事点灯しました。

今回の走行データは以下の通りです。昼食時間等は計測を一時中止するか迷うのですが、休憩の一環だと思うので敢えて計測は止めていません。休息効果を明らかに上回る長時間である場合は止めるとは思います。

走行距離40.97km
平均速度10.8km/h
平均移動速度17.4km/h
最高速度32.9km/h
走行時間03:48:03
移動時間02:21:17
平均心拍数125bpm

走行マップは、下記の通りです。守谷から水海道までは小貝川サイクリングロードを走り、両河川が接近する水海道で鬼怒川サイクリングロードに移動しました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


真夏の江戸川CR2020

2020年08月02日、江戸川CRを走ってきました。前回江戸川CRを走ったのは5月なので、ずいぶんと間が空いてしまいました。ロードバイク自体も6月末の筑波輪行以来です。

この日は快晴で、いかにも夏といったお天気。昼すぎに散髪へ出かけたので、夕方前から乗ります。1ヶ月以上乗っていないとさすがにタイヤの空気は結構抜けていますね。空気を充填し、日焼け止めを塗ってから走ります。日差しは熱いですが、川沿いで風をきって走れるので、思ったほどは暑くないです。

運河河口公園まで来たら、何となく利根運河方面に向かって走ってみました。江戸川CRと比べてスピードを出しにくいので、のんびりと雰囲気を楽しみながら走ります。運河水辺公園まで来たら、木陰で少しだけ休憩して折り返し。

帰り道、橋梁の橋脚の工事中の様子が見えました。見たところ、CRの上を跨いでいく形になりそうです。川沿いの幹線道路から入るっぽいので、歩行者や自転車の通行も可能かと思われますが、CRからの活用は少し手間になるかもしれません。

今回の走行データは以下の通りです。今回から気温を追加しました。Fenix 5X自体の測定結果は体温による誤差が大きいので、Garmin Connect経由で得た気象情報に基づいています。

走行距離17.67km
平均速度16.6km/h
平均移動速度20.7km/h
最高速度36.1km/h
走行時間01:03:53
移動時間00:51:06
平均心拍数134bpm
気温27.8℃

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


つくばりんりんロードへ輪行

筑波へは何度か輪行していますが、りんりんロードを走ったことはないので、走りに行ってきました。これまで走ってこなかった理由は、つくば駅からだと多少距離があるからです。土浦駅でしたら近いんですけどね。

2020年06月27日、つくばエクスプレスでつくば駅まで移動し、駅前で自転車を組み立てます。天気は曇天。りんりんロードへ向かうため、東へ走ります。路側帯が比較的広いので、幹線道路でも走りやすくて良いです。吾妻4丁目西交差点を抜けると、少し上って、また下りになります。この辺からだんだん住宅街っぽい雰囲気になってきます。そこから、さくら運動公園の裏手を通って、県道201号線に合流したら、桜川を越えます。そのまま田畑の中を真っすぐ進むと、つくばりんりんロードに合流できます。

合流地点は、ちょうど藤沢休憩所のある所になります。旧藤沢駅のプラットホーム跡を望むことができます。近くに自販機があったので、飲み物を補充しました。

ここから暫く真っ直ぐ走ります。5kmほど走ると、小田城跡に着きました。手前の入口は階段を登る必要がありますが、奥の入口はもう少しフラットです。城跡なので、建物はなくて地面に建物の遺構が残っている感じになります。パッと見は広場ですね。

小田城跡から先へ進みます。だんだんと近づいてくる筑波山が良いですね。沿道には紫陽花が咲いている区間もあって、目を楽しませてくれました。8kmほど走って、筑波休憩所に到着です。こちらも駅のプラットホーム跡が見られます。ここから筑波山へヒルクライムというルートもあるのですが、今回は真壁まで行ってみたいので、さらに北へ進みます。

すると、快適なサイクリングロードは一旦終了してしまい、県道41号線と合流します。この道路を反対側へ渡ると、りんりんロードの再開です。のどかな田園地帯を気持ちよく走ります。少しだけ晴れ間も覗いてくれました。途中、スピード超過の抑止のためか、凸凹坂道があって、楽しかったです。真っすぐに伸びる道を堪能していたら、真壁休憩所に着きました。

適当にウロウロと散策します。昼食を食事処で取りたかったのですが、入れるお店がありません。通し営業のはずのお店も、準備中になっています。新型肺炎の影響ですかねえ。

とりあえず下宿へ向かい、真壁の古い街並みを楽しみます。旧家が点在していて、雰囲気がありますね。潮田家住宅、伊勢屋旅館、猪瀬家住宅などを見て回りました。

食事は結局コンビニ立ち寄りで済ませました。惣菜パン1個とエネルギー補給のゼリー飲料を、真壁休憩所にていただきます。

休憩を終えたら、いざ復路へ。往路と同じルートで帰ります。夕刻に差し掛かっていますが、夏至に近いので日は長く、つくば駅には明るいうちに帰れる算段です。

藤沢休憩所手前で何本か一般道を渡るのですが、1箇所交通量が多くて苦労しそうな場所がありました。往路は特に感じなかったので、時間帯に依るんでしょうか。この時は前方に消防車等が見えて渋滞していたので、比較的簡単に渡れました。

藤沢休憩所に着いたら、りんりんロードを下りてつくば駅へ向かいます。ここで少々道迷いをしてしまい、田畑の中を無駄にウロウロしました。その後正しい道に出て、無事つくば駅に着きました。

今回の走行データは、下記の通りです。フラットなサイクリングロードがメインだったため、走行距離が伸びました。

走行距離72.07km
平均速度13.2km/h
平均移動速度18.5km/h
最高速度35.4km/h
走行時間5:26:21
移動時間3:53:30
平均心拍数133bpm

走行マップは、下記の通りです。

記事に載せきれなかった写真や大きい写真は、こちらをご覧ください。


初夏の江戸川CR2020

2020年05月24日、江戸川CRを走ってきました。大型連休中にタイヤを交換したのですが、今回が新しいタイヤでの初走行になります。

23Cから25Cに変わったことで、最初は少し乗り心地の変化を感じました。と言っても、接地面積が少し増えた分、バランス感覚的に空気が抜けているように感じてしまったとかです。そして少し乗っているうちに慣れてしまい、以前のタイヤとの違いを如実に感じることはありませんでした。数週間に1回程度しか乗らないことで、走行感覚を覚えにくいことが、要因かもしれません。

天気は晴れで、陽射しが出ていると暑さを感じますが、日陰の空気はひんやりと感じられます。今回のコースは、玉葉橋から流山橋を通る1周コース。南風なので、北へ走る往路は楽々ですが、南へ走る復路がきつかったです。

 

土手の花壇ではオオキンケイギクが鮮やかな黄色い花を咲かせており、土手の草むらでは綿毛をつけた草も見られます。羽虫はいませんでしたが、時々綿毛っぽいものが飛んできました。初夏の時期に立ち込める、草のムンムンとした匂い、個人的にちょっと苦手で気持ち悪くなるのですが、玉葉橋に至る千葉側でやや強めに感じました。真夏になるとこの匂いはしなくなったと記憶しています。何の匂いなんでしょう。

 

玉葉橋を渡った後は、南風との戦いです。何とか18km/h程度で巡行します。途中、前方を走るロードバイクがおり、自分の理想ペースよりやや遅いですが、追い抜くまでの気力はなかったので、そのまま追走しました。なので後半はちょっと楽なペースとなりました。

今回の走行データは、下記の通りです。

走行距離 18.19km
平均速度 19.2km/h
平均移動速度 20.5km/h
最高速度 38.8km/h
走行時間 00:59:20
移動時間 00:55:31
平均心拍数 145bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。