「 ランニング 」一覧

ランニングについて

ランニング雑記(胃の消化時間、右足の大きさ)

最近は深夜ランニングが多くなっています。とにかく人が少ないのが良いですね。夕方に走っているランナーも多いですが、その時間帯はそこそこ人が歩いており、避けながら走るのが面倒に感じてしまいます。

しかし深夜ランニングで問題となるのは、夕食の消化です。幸い現在は在宅勤務が続いているので、ある程度時間をコントロールできます。18時30分くらいに食べて、5時間後の23時30分ごろにようやく胃が空く感じです。3時間くらいでもいけるかな、と思って走ったときには、胃がムカムカして気持ち悪くなってしまいました。そんなドカ食いをしているわけではありませんが、胃での消化は思った以上に時間が掛かりますね。食べるものを工夫すれば良いのでしょうが、そこまでストイックにする気にもなれず、悩ましいですねえ。

そしてもう1点、最近気になっているのは、右足の大きさです。どうも自分は右足が左足に比べて、若干大きいようです。見た目にはほぼ分からないのですが、ランニングシューズを履いた時に、若干右の方がきついことに気づきました。普段履きの靴は、意識するまで気づきませんでしたが、やっぱり右の方が僅かにきつい感じです。3km程度の短い距離ではあまり影響はないのですが、10kmぐらいを走ると、指や爪に違和感を覚えます。右足中指の爪が黒っぽく変色していることに気づきましたが、このせいかもしれません。

というわけで、ランニングシューズを一回り大きいものに買い替えて、インソールで調整したいですね。ただ今のランニングシューズを買ってから日が浅いので、減価償却したい気持ちもあり、悩ましいです。まあ、2足目を買ってローテーションさせても良いかなあ、とは思っています。

ただ本当に右足が大きいのかも、良く分からないのですが。フィット感に違和感を覚えるのは、大きさ以外の要因があるのかもしれませんし。次回のシューズ購入時は、フィッティングサービスを受けるようにしようと思います。シューズの影響は、ある程度長い距離を走らないと実感しにくいですね。


2020年01月~03月のランニング記録

2020年01月から03月のランニング記録です。

年月 総距離(km) 個別距離(km)
2020/01 41.1 8.64,1.98,3,29,4.13,6.35,10.68,6.03
2020/02 19.37 2.74,9.62,7.01
2020/03 15.96 3.42,3.73,8.81

1月は、旅行先で走ったり、実家や自宅周辺で開拓したコースを走ったりして、だいぶ距離が伸びました。これまで大会でしか走る気になれない10km程度のコースを、普段の練習で走れるようになったのは、気持ちの面で大きな成長だったと思います。多摩川沿いを使った1周コースは走りやすくて良いです。ただし、走る量が増えたことによる副作用もあり、左脚の膝にダメージが入ってしまいました。この違和感がなかなか払拭しきれずに困り物。

2月は、左膝のダメージの件もあり、抑え目で距離が短くなりました。元々2月にリレーマラソン(ヨコハマFMマラソン)を予定していたので、本番に向けてダメージを蓄積したくないという考えで、抑え目にしてきました。しかし、新型肺炎による影響で、残念ながら大会は中止となりました。2月末には新規開拓コースと言うか、道を間違えたて、小田方面を走ってきました。小学校前のコブシ並木がきれいでした。

3月は、さらに距離が短くなりました。3月中旬に初のハーフマラソンとして、新潟ハーフマラソンにエントリしていたのですが、こちらも新型肺炎のため、中止となりました。というわけで、直近の目標が失われたことと、外出自粛ムードの影響もあって、減っています。しかし、逆にランニングはこの状況下で出来る数少ない運動なんですよねえ。厳格な外出制限が課されたら、NGですが。ちなみに3月は、川崎の工場地帯方面へのコースを開拓しました。扇町駅まで行って折り返し。工場夜景を見たいですが、夜走っていくには足元とか微妙かな。

4月は、このまま距離が短くなっていかないようにしたいですね。新型肺炎は厄介ですが、今年は花粉症があまりきつくないところが、救いです。


ランニング用ウエストポーチとパンツを購入

ランニングをする際の小物入れとして、ウエストポーチを購入しました。アシックスのアンダー4ポーチ(3013A158)のブルー(002)です。最初は肩掛けのメッセンジャーバッグみたいなものを想定していましたが、基本はウエストポーチなんですね。斜めがけスタイルは、ウエストポーチを斜めがけして使うようです。

さっそく使っていますが、フィット感は問題なく、走りの邪魔になりません。今は季節柄ポケットティッシュを入れています。パンツのポケットだと汗で湿るので、ウエストポーチがありがたいです。後は自宅の鍵ですね。こちらもパンツのポケットに入れるとジャラジャラ音がきになるのですが、ウエストポーチに上手く入れると、あまり気になりません。

せっかくウエストポーチを買ったので、パンツのポケットだとかさばってしまうものを入れてみたいです。なので、今度少し遠出するときに、TG-5を入れて走ろうかな、と思います。

そして併せてランニングパンツも購入しました。こちらもアシックスのランニングウーブンパンツ(2011A098)です。これまでユニクロで買った厚手のジャージで走っていましたが、ランニング用のものを購入しました。やっぱり軽くていいですね。そして速乾性なので、走った後もだいぶ快適です。


舞鶴公園と大濠公園でランニング

2020年1月25日、福岡に滞在していたので、舞鶴公園と大濠公園でランニングをしてきました。数年前の同じような時期に走った際は、雪が舞っていてとても寒かった記憶があるのですが、今年はずいぶんと暖かいですね。おかげで走る分には快適でした。

 

宿泊先は天神なので、そこから南に下って、天神西交差点を渡ったあたりでスタートです。人通りを縫いながら明治通りを西へ進むと、お濠が登場し、舞鶴公園が見えてきます。そこから芝生広場をぐるっと回って東御門跡へ。ここから少し上り坂です。

  

坂を登った先には梅園がありました。紅梅も白梅も結構咲いています。思わず足を止めて、写真撮影に勤しんでしまいました。それから天守台跡に登りますが、イベントのためか通り抜けができないみたいなので、折り返し。多聞櫓と白梅を楽しんだら、舞鶴公園を出ます。

 

舞鶴公園線を南下して靖国神社前交差点を右に曲がり、大濠公園に入りました。ここは有名なランニングスポットなので、ランナーの姿がたくさんあります。周りの花壇には、コスモスや菜の花が咲いていて、色鮮やかです。これまでの道に比べて格段に走りやすいので、ペースが上がりますね。大体1周半ほどして切り上げました。

まだ走れましたが、膝に多少違和感があること、この後にライブなどの予定があることを鑑みました。

走行ルートは上記の通りです。今回は観光を兼ねて舞鶴公園内を走りましたが、舞鶴公園線を真っすぐ通るルートの方がスマートですね。走行データは下記の通りです。舞鶴公園内で少しゆっくりしたので、時間がやや伸びています。

距離 6.03km
時間 47分44秒
心拍数 152bpm

ランニングによる鵞足炎

これまで日頃の練習ランニングでは、2~4km程度しか走ってきませんでしたが、2019年末くらいから、多摩川沿いのコースを開拓したことで、10km程度を走るようになりました。自宅周辺の道路だと信号を避けるため、周回コースになりがちであり、気持ちの面からなかなか距離が伸びなかったのですが、信号がなく見晴らしも良い川沿いコースだと、ガンガン走れますね。

しかし、いつからか左足の膝裏が痛むようになりました。それでも走ることは出来るので、多少気にしつつも走り続けてきました。ところがついに日常生活に支障が出始めました。階段の昇り降りをする際に、左膝に違和感を覚えます。

これはマズいな、と思い、ランニングの間隔を調整しました。徐々に違和感は減っていくものの、なかなか完治しません。2週間くらい経てば完全に治るかと思っていましたが、1ヶ月以上経った今でも違和感が残っています。一番ひどかった時期のような、階段の昇降時の辛さはないですが、それでも急に駆け出したときや、片足立ちで少し捻ったときなど、違和感があります。とは言え、ずっと走らないわけにもいかないので、ストレッチやランニングフォームなどケアをしつつ走っていこうとは思います。

左足の膝裏の内側が痛むのですが、調べたところ、鵞足炎というらしいですね。これまで故障とは無縁でしたが、走行距離が伸びたことで、他人事ではなくなってしまいました。