「 登山・トレッキング 」一覧

登山やトレッキング

丹沢表尾根縦走

2020年08月09日、丹沢表尾根縦走をしてきました。一応県内登山となります。元々は県外の北関東方面を考えていたのですが、当地の天気予報が芳しくないので止めておきました。

4時30分ごろ起きて、5時30分すぎに家を出発します。東海道線で横浜まで行き、相鉄線に乗り換えて海老名まで行き、そこから小田急小田原線で秦野まで行って下車。とりあえずコンビニで食べ物と飲み物を補給。ティッシュを忘れたので、併せて補給しておきます。駅前のバス停は長蛇の列でした。真夏だしもう少し空いているかと思いましたが、例年こんなものなのでしょうか。臨時便が増発されていたので、概ね時間通りに乗ることができました。ヤビツ峠まで50分ほど山道を登っていきます。道中ロードバイク乗りの姿も多く見かけました。

8時30分すぎ、ヤビツ峠に到着です。さっそく登山届を記入。それから念のためトイレを済ませます。50円のチップ制です。朝ごはんを食べてから随分と時間が経ったので、山行前におにぎりを1個食べておきます。

8時50分、山行開始です。しばらくは一般道を歩いていきます。車はたまに通るので、ちゃんと道路の端を歩きます。30分ほど下っていくと、寺山富士見公衆トイレが見えてきました。ここを左に曲がると本格的な登山道の入口が現れます。その前にもう少しだけ先へ進み、護摩屋敷の水を汲みました。案内板には煮沸後の飲用を薦められていたので、道中では飲み水としない予定。

山道に入ると、最初は杉林が広がっています。登っていくとだんだん雑木林になっていきます。出だしはわりと急峻で息が上がってしまいます。ある程度登ると、傾斜が緩くなってきます。視界も開けてきて、気持ちいい景色が広がります。

10時すぎ、二ノ塔に着きました。今回の縦走の最初のピークです。1時間ほど登ってきたご褒美の景色を堪能します。山々の稜線が連なる様子がいいですね。小休止を終えたら、三ノ塔に向けて出発します。

低木や草原に囲われた高山らしい気持ちの良い景色が続きます。アップダウンはあまりきつくありません。途中ウツボグサなどの花々も楽しみつつ歩いていき、15分ほどで三ノ塔に到着しました。

三ノ塔は二ノ塔に比べて結構広いです。山頂の真ん中には避難小屋があります。二ノ塔からの歩行時間は15分なのでそこまで疲れてはいませんでしたが、景色を眺めつつ小休止をとりました。

三ノ塔を出発します。途中まで左手に視界が開けていて、雄大な山肌を望むことができます。お地蔵さまが見えたあたりから、しばらく下りが続きます。岩場やごく短い鎖場も出てきます。下り終えると再び緩やかに登っていきます。ヤマユリなどを楽しみつつ、20分ほどで烏尾山に着きました。

烏尾山荘が立っており、奥には休憩スペースがあります。コースタイムは40分ですがそこを20分できたので、オーバーペースですかね。結局最終的な山行時間は標準タイムに近くなっているので、ペースを上げても休止時間でトントンになるのかもしれません。眺望を楽しみつつ、休憩。奥には市街地も見えます。斜面の手前には低木が等間隔に並んでいますが、これは植樹されたのかな。

10分ほど休んだら出発。しばらくは平坦な道が続きます。遠くまで木道が見渡せる景色が気持ちいいですね。今回のお気に入りの1枚です。最後は少し急登ですが、20分ほどで行者岳に着きました。

行者岳の山頂はあまり広くありません。かつては石像があったそうですが、風雨で倒壊して現在では石碑が建っているそうです。

スペースもなかったので、こちらは早々に出発。ただ疲れが残っていたので、少し進んだ先にある岩場で休憩しました。心拍数が落ち着いたら山行再開。こちらは途中で急峻な鎖場が登場します。登りなら大して苦労しない感じですが、下りは足元が見づらい分、結構怖いです。足に体重を乗せることを心がけましたが、鎖にもそこそこ体重を掛けてしまいました。

そして最後の急登。既に結構疲れていたので、この急登を見て心が折れてしまい、手前でしばらく休憩。意を決して登った後も、その場で少し休憩。今回の山行で一番疲れていた区間かもしれません。ちなみにここからもう少しだけ進めば政次郎ノ頭でした。

政次郎ノ頭に着いたら再び小休止、というか大休止か。30分くらいのんびりしました。日が陰ってきたので、涼しくて気持ちいいです。足元に置いていたザックにカナヘビが登ってきたので撮影しようとしましたが、一歩間に合わず。去っていく姿を収めました。

休み終えたら、出発。最初は木道ですが、途中からガレ場の登りになっていきます。岩を落とさないように注意しながら登っていきます。後ろに人はいなかったので、のんびり自分のペースで登っていきました。ガレ場でのオーバーペースは怪我の元。20分ほどで新大日に着きました。

昼すぎでしたので、ここで持ってきたおにぎり1個を食べました。ゼリー飲料は道中でちまちま飲んでいました。エネルギー補給にもなるし、清涼感も得られるのでこれはなかなか良いかも。

15分ほど休んで山行再開。塔ノ岳までもう少しです。しばらくは平坦な道が続きます。しばらく歩くと、木ノ又小屋が見えてきました。コーヒーの幟に惹かれましたが、先ほど食事をしたばかりなので、ぐっとこらえて先へ進みます。天気は曇りからついにガスってきました。時折白いガスが目を前を流れていきます。11年前の丹沢登山では、塔ノ岳はガスで真っ白だったのですが、今回も再び真っ白になってしまうのか、という不安を抱きつつ、先へ進みます。

ただこのガスのおかげで、ずいぶんと涼しくなったことは嬉しいです。標高が高いとは言え、日が出ている状態で運動していると結構暑いので。最後、少し急な登りを終えたら、塔ノ岳に到着です。

予想通り視界は真っ白で、展望はありません。11年前と同じですね。塔ノ岳はラピュタなのかもしれません。ただ11年前は1メートル先も見えないくらいでしたので、それよりかは多少マシだったかも。さて塔ノ岳は大倉尾根からのピストン登山者もいるので、なかなか賑やかです。最後の食料であるチーズ塩パンを食べながら大休止。それから少しリフレッシュしたかったので、尊仏山荘でコカ・コーラを買いました。

15時すぎ、大倉尾根から下山ルートに入ります。下ったり登ったりしつつ、金冷シを通過。この先にある岩場に掛かった登山道を見て、11年前の山行でもあったなあ、と思い出しました。しばらくは展望もわりと開けていて、気持ちの良い登山道となります。

やがて空が晴れてきました。同時に視界も一気に開けて、麓の街の様子が見えます。塔ノ岳山頂から撮るつもりでしたが、代わりにここからの眺望を撮りたいと思います。せっかくE-M5 markIIIを持ってきたので、活躍の場を持たせたいです。

少し下ったところで花立山荘があります。こちらの「氷」の幟に惹かれて、ブルーハワイかき氷をいただきました。自分は普段あまりかき氷を食べないのですが、この時は身体がかき氷を欲していました。

リフレッシュしたら、下山再開。膝に気を遣いながら、ガレ場をテンポ良く下っていきます。その先に見えてくるのは、堀山の家です。休んでいる人たちが多くいましたが、自分はそのまま先へ進みます。平坦になったり、階段になったり、砂利道になったり、色々変化をする登山道。標高差1,200メートルの大倉尾根、歩行距離もなかなかなので、これだけ歩いてまだ半分未満か~、と思うこと数回でしたが、駒止茶屋、見晴茶屋など一定間隔でチェックポイントがあるのは、メンタル面で助けられますね。

終盤舗装路が現れると、下山完了間近です。山林を抜けたところに、丹沢大山国定公園の看板があります。ここが入口ですね。この後は街中を歩いてバス停まで向かいます。

ちょうどバスが来ていたので、慌てて乗車しました。そのため、Fenix 5Xの測定停止ボタンを押せないまま、渋沢駅に移動しました。その結果、バス移動区間も測定内容に含まれてしまいましたが、Garmin Connectのトリムアクティビティ機能を使うことで、不要な区間を削ることができて良かったです。

感想まとめです。この規模の日帰り縦走は初めてでしたので、達成感ありましたね。それほど標高が高いわけではありませんが、神奈川の屋根の名前に負けない、きれいな景色が広がっています。草花や虫たちといった自然にも触れられ、今回は存外トンボを上手く撮れました。ただ虻や蜂に付きまとわれることがたまにあって、気になりました。前半のピークの休憩中に、羽虫がまとわりついてくるのも気になったので、次回の夏登山では、虫対策も気を遣いたいですね。ギア面では、登山用の速乾性ミドルレイヤーを初導入し、その快適さを実感できました。すぐに乾くのは嬉しいです。

今回の登山データは以下の通りです。今回は開始地点と終了地点の標高が大きく異なるので、上昇と下降の双方を載せています。標高は地図情報の方が正確なので、記載していません。

距離16.44km
経過時間08:53:33
移動時間04:57:21
高度上昇1,178m
高度下降1,645m

開始地点のヤビツ峠までバスで上がったことで、尾根からの絶景タイムを多く確保できたんだなあ、と感じるルート図です。いやあ、大倉尾根長いですねえ。

標高差には表れてきにくいですが、二ノ塔から塔ノ岳までの縦走部分もアップダウンが多くて結構疲れました。このグラフだけ見ると、最初と終盤以外は平坦に見えかねません^^;

記事に載せきれなかった写真、大きいサイズの写真は、こちらをご覧ください。


ミドルレイヤーを購入

登山用のアイテムは少しずつ揃えていっているのですが、2020年07月29日にようやくミドルレイヤーを購入しました。ベースレイヤーとボトムスは登山用のものを既に買い揃えていましたが、ミドルレイヤーは既存の綿製の服を使い回していました。

選んだのはBerghausになります。胸元をジッパーで開閉できるタイプを選びました。登りなどでちょっと暑さを感じた際に、胸元を開けるのは便利そうですし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さっそく先日の丹沢縦走で着用しましたが、すぐに乾くのがうれしいですね。これまでの綿製の服ですと、ザックで蒸れた背中部分がなかなか乾かずに不快でしたが、今回はいつの間にか乾いていて快適でした。

いずれにせよ汗で濡れはするのですが、休憩中に速く乾いてくれるのがありがたいです。一度ザックを背中から降ろして再度背負う際に、背中が湿ったままだととても不快ですので、それが解消されることは快適登山に繋がります。

あとは春秋登山に備えて、アウターも揃えるかどうかですね。まあ、アウターはレインウェアでも代用できるし、そんなに急がなくてもいいですかね。


陣馬山登山

2020年03月20日、陣馬山へ登ってきました。南武線で立川まで行き、そこから中央線と中央本線で藤野駅まで向かいます。山梨県内強風の影響で中央本線運転見合わせの一報が入った際には、最悪山行中止が頭を過りましたが、1時間ほど遅れて無事運転再開しました。

 

12時30分ごろ、藤野駅に到着しました。藤野駅から歩いて陣馬山登山口へ向かいます。バスも通っていますが、時間が合わなかったので歩くことにしました。沢井トンネルを抜けて、山間の道路を歩いていきます。昼すぎの到着でしたので、山行を終えて帰ってくる人たちも多かったです。途中の民家にあった立派な桜の木が見事に満開で、目の保養になりました。天気も快晴で気持ちいいですねえ。

陣馬山登山口の石碑が見えたら、右に曲がっていきます。選んだルートは、一ノ尾尾根コースです。温泉のある栃谷方面のルートも考えましたが、一番ベーシックと思われる選択をしました。

  

しばらくは舗装道路を登っていきます。15分すると山道へ入ります。一見すると広葉樹は枯れ木ですが、よくよく見ると若芽が顔を出しています。少ないながらも花を咲かせている木々もあります。新緑に向けての最終準備中といった様子ですね。足元を見ると、紫色のスミレがきれいに咲いていました。後で知ったのですが、陣馬山は色々なスミレが咲いているそうです。そして時折現れるスギ林で、青々とした木々を楽しみました。

ハイシーズンではなく、時間帯もやや遅いことから、基本的に空いていました。ただ人気の山なので、それなりに人には合いますね。今回は行動食としてビスコを持っていったのですが、個包装ではないので開けたら一気に食べる必要があり、ちゃんと考えて持っていかねばと思いました。

1時間30分ほどで山頂に着きました。陣馬山の山頂は広い、と聞いていたので、ものすごい広い高原を勝手に想像していたのですが、そこまでの広さではありませんでした。けれど、普通の山頂からしたら、広い方です。

清水茶屋にて陣馬そばをいただきます。名物であるけんちん汁と迷いましたが、”陣馬”の名がつくメニューに惹かれました。たっぷりの山菜にがんもどき、こんにゃくと人参でけんちんらしさも味わえます。麺は手打ちですかねえ。汁まで完食しました。

 

それから山頂散策。有名な白馬の像や、富士山の眺めを楽しみました。快晴で富士山もきれいに見えます。背中の汗で若干冷えますが、長居も苦にならない程度の快適な気温です。

30分ほど山頂に滞在したら、15時すぎに下山を始めます。下山ルートは相模湖へ抜けるルートを選びました。明王峠までは、少し登ったり下ったりを繰り返す概ね平坦なコースです。視界は右手に開けていますが、木々があるので、あまりすっきりとは見渡せません。

30分ほどで明王峠に着きました。桜が1本きれいに咲いていましたが、陰になる時間帯で少し残念。また、茶屋が1件ありましたが、こちらは開いていなさそうな雰囲気でした。ここを右に曲がって、山を下り始めます。

しばらく下りると、石投げ地蔵嬢ヶ塚が見えてきます。たくさんの石が積まれて、山のようになっています。ここからどんどん下っていくのかと思っていたら、再び上がったり下がったりの平坦なコースが続きます。途中一般道と交差するところがあり、ここまで車で来るのが陣馬山登頂の最短ルートなのかな、と思いました。

40分ほどで大平に着きました。椅子やテーブルがあったので、ここで持ってきていたパンを食べてしまいます。山頂の茶屋が開いていなかった場合に備えて、持ってきたものです。

徐々に日が傾き始めて、夕暮れを感じる光になってきました。右手には、スギ林越しに相模湖がチラチラと見えます。しばらく平坦な道を歩いた後、一気に下りるコースへ入ります。この下りるコースの途中に、相模湖を展望できるエリアが1箇所あります。手前の町と奥の山々に抱かれた相模湖を、一望できました。

九十九折の下山コースを抜けると、与瀬神社に出ました。日暮れの静かな神社にて、無事下山できたことを感謝して、参拝しました。

ここから相模湖の湖岸まで出るか迷いましたが、道路の反対側へ渡るのが面倒そうなのと、時間も遅くなってきたので、止めました。

夕食は、途中で目に留まった幸楽園にていただきます。麺類がセットになった定食メニュー推しのようなので、台湾ラーメンと海老チリのセットを注文しました。ライスも付いてくるので、ボリューム満点。

それから相模湖駅まで歩いて、今回の登山は終了です。

今回の登山データは、以下の通りです。藤野駅から登山口までの徒歩も含んでいます。

距離 14.17km
時間 05:04:19
高度上昇 781m

藤野駅から出発して相模湖駅に到着する、きれいなルートを描けました。下山ルートの方が長く感じましたが、距離自体は往復ともに同じくらいですね。復路の方は終始山道だったので、そのせいかもしれません。

高度グラフです。往路は同じようなペースで登り続けていますが、復路はわりと平坦な道が多かったです。このパターンの方が、モチベーション的には良いかな。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


キャラバンの登山靴を買いました

これまで使っていた登山靴は、もともとフィンランドでオーロラ観賞をする際に、足からの底冷えを回避するため、”とにかく底の厚い靴”というオーダーで購入したものです。なので、登山靴としての性能はまるで考慮していません。なお、ABCマートで購入したので、ブランドはGTホーキンスです。

登山靴としての購入ではなかったため、登山で使用していると、色々不都合が出てきます。一番大きかったのは、靴が固くて踝などが痛くなることです。大野山を登った際には、道迷いしたこともあり、下山時にはその痛みに不安を覚えました。それがきっかけで、改めて登山靴を購入することにしました。ちなみに違和感を覚えつつも使い続けた理由は、オーロラ観賞以外で使っておらず、減価償却したかったからです。2年近く登山で使えば、さすがにもう十分に償却したかな、と思い、購入に踏み切りました。

好日山荘に行き、購入したのは、キャラバンのC1-02Sのグレーで、サイズは27.5cmになります。これまでの靴が足に痛みを覚えたことを鑑みて、クッション性のある初心者向けの靴を選びました。そしてサイズは普段の靴より1cm程度大きい方が良い、という情報に従い、27.5cmを選びました。

さっそく陣馬山登山で使用してみました。これまで感じていた踝への痛み等が一切なく、とても快適です。サイズを1回り大きくしたおかげか、つま先へのダメージもなくなり、これまでの山行を反省しました。つま先に余裕があることで、歩きにくくならないか、という不安があったのですが、実際に歩いてみると、登山靴自体がそれなりに重いこともあり、1cm程度の余裕はさして気になりませんでした。

登山における登山靴はまさに肝と言えるギアであり、減価償却に拘り、合わない靴を履き続けてしまったことは、反省ですね。


大野山登山

2019年12月29日、丹沢山塊の南端側にある大野山へ登ってきました。元々は陣馬山あたりを想定していたのですが、数日前に立川へお出かけしたので、方面が被ることを嫌い、西方面へ行き先を変えました。

朝早く行こうと思いつつ、結局昼ごろの出発となりました。東海道線に乗って国府津駅まで向かいます。出発してからしばらくは青空でしたが、徐々に曇り空へ。天気は西から下り坂のパターンが多いので、分かっていつつもテンションがダウンorz。

1時間ほどで国府津駅に着きました。きちんと調べていなかったのですが、御殿場線は1時間に1本というダイヤなのですね。40分ほど待ち時間があるので、駅から一旦出て、駅前にある餃子ショップにて、醤油ラーメンをいただきました。もう少し探索しようか迷いましたが、そこまで時間がないので、すぐに駅へ戻りました。

御殿場線に乗って、谷峨駅で下車。Suicaで出場できないトラブルがありましたが、帰りに往復分を払うことになりました。無人駅とは思っていませんでした。

 

谷峨駅前から登山開始。しばらくは案内板に従い、舗装された道を歩きます。酒匂川を渡って川沿いに進んでいきます。その後九十九折りの上り道が始まり、大野山ハイキングコース入口の案内が見つかりました。

 

ここから未舗装の遊歩道に入ります。民家の横を抜けて、緩やかに登っていきます。時々開ける場所もありますが、主に樹林帯。しばらく登ると、舗装道路に出ます。春に向けて力を蓄える頼朝桜を見遣りつつ、再び登山道へ。

 

しばらく進むと、再び舗装道路に出ます。道路を渡ると、そこにはゲートがあり、通行不可かと一瞬焦りましたが、獣避けのためみたいです。ゲートを抜けて先へ進むと、ススキが広がる斜面に出ます。ここでタイミング良く、太陽が顔を出してくれて、黄金色に染まってきれいでした。少し登ってから下を振り返ると、麓の様子がよく見えて、気持ちいいです。相模湾まで望めますが、曇天なので色が映えないのは残念です。

てくてく登っていくと、東京スカイツリーと同じ標高である634メートル地点には、立て札がありました。Fenix5Xの高度計も概ね同じ高さを指していて、少し感動。大体いつもずれていくので。

 

ここの登りが終わると、しばらく平たい道が続きます。途中に牧草地がありましたが、特に放牧は行われていませんでした。そして大野山山頂に到着です。山頂から富士山が見えると聞いていましたが、林が陰になって、きれいには望めませんね。おまけにこの日は曇天でガスっていたので、何とかシルエットが見えた程度でした。

一方、登ってきた方向と反対側を見下ろすと、丹沢湖が広がっています。緑灰色が独特ですね。水門も含め、ダム湖としての全体像を見渡せます。

 

本来は山頂でのんびりしたかったのですが、とにかく寒いので、持ってきたおにぎり2個を食べて、桜を愛でつつ、山頂にある祠に参拝したら、とっとと下山します。

下山ルートは、山北駅に出て帰る想定です。しかし、一本木分岐のところで看板表記に迷いつつ、選んだルートは北方面。これが誤りでした。ところが何故か妙な自信があり、疑いなく道をどんどん進んでいきます。途中、狸や鹿の姿を見かけて、ずいぶん人里離れたところへ来たなあ、と感じました。あまり下りの勾配がきつくならないことが気になりつつ、歩いた時間は1時間以上。さすがにおかしいと思い、ルートの誤りに気づきました。

この時点で17時手前。日没を過ぎて、暗くなり始めています。この時の絶望感はなかなかでしたね。確実に真っ暗な中を進むことになるので、ヘッドライトを装着しておきます。おまけに登山靴が合わなくて左足が痛くなり、踏んだり蹴ったり。

山頂付近に戻った頃は真っ暗。当初の予定通り、山北駅方面へ抜けたい気持ちもありましたが、もうルート間違いが許されない状況なので、確実に下山するために、往路と同じルートで下山します。

山頂広場を歩いていると、暗闇の中に光る4個の目があります。よく見ると、鹿のようです。昼間だったら何ともないのですが、夜に出合うと結構怖いです。夜の山は人の世界ではないですね。

時期的に心配はあまりないですが、熊出没地域なので、視界の悪い中を警戒しつつ下山していくのは、なかなかストレスでした。途中、夜景を見られたのが、唯一良かった点ですね。19時30分すぎ、ようやく下山しました。麓の道路に着いた時には、ほっとしました。

季節外れの低山だと、登る人も少ないので、より慎重な行動をした方が良いですね。後は、想定外に備えた準備の重要性を、改めて感じました。ヘッドライトやレインウェアは常備していますが、非常食の類が不十分というのが、今回の教訓です。熊対策も必要性を感じましたが、これは何が有効か、という話があるので、悩ましいですね。

そして装備品という点では、登山靴の買い替えも視野に入れた方が良さそうです。もともとフィンランドでのオーロラ観賞時に底冷え対策として、とにかく靴底が厚いもの、と言う条件で買った登山靴を使用しているので、登山靴としての相性をまるで見ていないのです。かなり固めなので、結構痛いことがあります。しばらくの間は、もったいないので使い続けていましたが、そろそろ減価償却は果たしたかな、と。

今回の登山データは、以下の通りです。道迷いで平たい道を歩いたので、距離が結構伸びています。

距離 21.14km
時間 05:53:47
高度上昇 894m

大野山山頂から大野山登山口へ折り返すはずが、北へ進んでしまいました。一応このルートでも、超大回りですが山北駅には出られたのですね。

真ん中の凹んでいるところは、道に迷って誤ったルートを進んでいる部分です。全体の半分弱ですね……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。