「 2021年07月 」一覧

大菩薩嶺登山

2021年7月17日、日本百名山のひとつである大菩薩嶺を登ってきました。最初は朝一のバスに乗るつもりでしたが、5時すぎに家を出るのがつらくて、ひとつ後の便のバスに切り替えました。6時10分すぎ、家を出て、南武線で立川へ移動し、そこから中央線で高尾まで行き、中央本線で甲斐大和駅まで向かいます。相模湖や藤野でそこそこ人が降りるので、座れました。

9時すぎ、甲斐大和駅に着きました。梅雨明け最初の週末ということもあり、人出は多めです。バスは増発されているようで、予定の9時20分を待たずに出発。なおこちらのバスは、車内に両替機がないので、事前に小銭を用意しておく必要があります。上日川峠までの運賃は1,020円なので、10円玉2枚があれば良いです。山道を延々と走り続けて、10時すぎに上日川峠に着きました。

標高が多少上がっているので多少涼しいかと思っていましたが、まだ暑いです。お腹が空いていたので、カレーパン1個を食べてから、山行開始。

最初は緩やかな上りが続きます。人が多くて蟻の行列状態。抜いたところで先が見えないので、のんびり歩きます。この区間は山道以外に舗装道路も並行しているので、急ぎたい場合はそちらを通った方が良いかもしれません。一度分岐してしまうと、途中での往来はできません。

15分ほど歩いて福ちゃん荘に着きました。ここで二手に分岐しますが、唐松尾根方面へ進みます。基本的に登りに急勾配を選ぶスタイル。下りが急だと膝へのダメージが怖いというのが一番の理由です。

しばらく急な上りが続きます。道は整備されていて歩きやすいです。やがて勾配が緩やかになります。木々の間からは下界の街並みが見えます。そして森の中に目を遣ると、鹿の姿が見えました。

再び上りが始まります。小さな岩が転がり、若干歩きにくい部分もあります。やがて木々が減り、草原が広がって、視界が開けてきます。太陽に照らされた草の緑が爽やかです。そこから後ろを振り返ると、見事な富士山と大菩薩湖を望めます。上日川峠に来る前は、雲ひとつ掛かっていない状態でしたが、少し雲が出てきてしまいました。

ここから程なくして、山頂エリアに着きました。標高2000メートル超えなので空気のひんやり感がありますが、日差しが強いのでどちらかといえば暑いです。景色を愛でつつ、おにぎりをいただきます。夏なので虻などがそこそこいましたが、今回は虫よけシートを使ったので、肌に寄ってくることはありませんでした。ただ、服やザックには寄ってくるので、スプレータイプも併用した方がいいのかなあ。

さて、山頂となる大菩薩嶺は、ここから歩いて10分弱の場所にあります。林の中の緩やかな上り道を進んでいき、着きました。周りを木々に囲まれ、眺望はありません。山頂の看板を撮影したら、先ほどの広場へ戻ります。

雷岩の上に登り、富士山を眺めたら、反対側へ下ります。こちらも広場になっており、結構広いです。こちらの方がゆったりしていて良いかもしれませんね。

ここからは稜線歩きを楽しみます。眼前には緑に彩られた気持ちの良い稜線が伸びています。歩き始めてしばらくは下りが続きますが、程なくして平坦な道になります。時々雲が掛かり、日が陰る時間帯もありましたが、しばらくすると晴れてきて良かったです。草原の中に低木が散在する、まさに高原といった景色で気持ちいいのですが、花はあまり多く見られませんでした。道端で黄色い花をいくつか見かけた程度です。

やがて賽ノ河原と呼ばれるエリアに到着です。石が積み上げられた光景はまさに賽の河原ですね。登り終えると正面には富士山が見えます。山頂はすっかり雲を被ってしまいました。

ここから石の転がる道を下っていき、大菩薩峠に着きました。介山荘があり、食事休憩などができます。広場はありますが、そこまで広くはないので、結構混雑していました。天気も良く暑かったので、ソーダアイスキャンデーをいただきました。

大菩薩峠からは富士見山荘経由で上日川峠に向かいます。樹林帯の中を緩やかに下っていくコースになります。川を渡った先で少し上りがありますが、基本は下りです。14時のバスに間に合いたかったので、少しペースを上げて進みました。

福ちゃん荘に着いた後は、舗装路を使おうか迷いましたが、往路と同じ山道で帰りました。そして、14時少し手前に上日川峠に着きました。

14時のバスに乗って、甲斐大和駅へ向かいます。途中にある強アルカリ泉で有名なやまと天目山温泉は行きたかったのですが、バスの本数が少なく、終便も早いことがリスクなので、泣く泣く諦めました。

甲斐大和駅まで戻ってきました。暑さがえぐいです。勝手に少し涼しいつもりでしたが、山梨は盆地だから、むしろ暑いということに気づきました。小学校地理の知識。

せっかく山梨に来たので、地のものをいただこうと、駅前にある雅に入店しました。注文したのはかぼちゃほうとうと生ビール。登山後のビールはやっぱり喉に染みますね。久しぶりのほうとうは、美味しくいただきました。かなり満腹です。

その後は16時すぎの電車が来るまで待ちます。その間に続々と下山バスが到着して、駅は結構な人出となりました。この影響で、中央本線で立ちっ放し。中央線の途中から、そして南武線では座って帰りました。

山行時間としては短い方でしたが、妙に登山後の疲れを感じました。Fenix 5Xで測定した結果を見ますと、心拍数がかなり高めです。過去のデータと比較すると、昨年の丹沢表尾根縦走時と同等で、どうも暑さの影響で心拍数が上がっているようでした。急登ではもともと息が切れることもあり、あまり気にしていませんでしたが、想像以上に負荷が掛かっていたのかもしれません。

今回の山行データは以下の通りです。

距離8.21km
山行時間3:39:12
移動時間2:15:52
高度上昇526m
高度下降515m

トライアングル状になっています。往路と復路で異なる道を歩けるのが良いですね。道はよく整備されていて、かなり歩きやすかったです。高度グラフと見ると、介山荘で思った以上に休憩していたようです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


葉山でダイビング2021初夏

2021年6月26日、葉山でダイビングしてきました。先月購入したフードベストを初使用です。7月に入る前なので少し水温が低いかと思っていましたが、予想以上に暖かかったです。

ショップはNANAさん。逗子駅でピックアップしていただき、ショップへ。準備を済ませたら港へ移動します。

1本目は御用邸前。比較的深場で色々探すので、残圧とNDLに注意しつつのダイビングとなります。透明度はあまり高くないので、潜行時に水底が見えないのは、毎回微妙に怖いです。

まずは、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ゼブラガニなどの甲殻類。イボイソバナガニは擬態が見事で、しっかり撮れた写真を見ても、なかなか気づけませんでした。

そして、キイロウミコチョウやハナイロウミウシなどのウミウシ類を見られました。キイロウミコチョウはピカチュウ感が強いですね。ピカチュウウミウシといえばウデフリツノザヤウミウシですが、キイロウミコチョウの方がピカチュウっぽいのでは、と思っています。

ガラスハゼのハッチアウトは、水中では気づきませんでしたが、まだ孵っていない個体がいくつかいたようです。写真を拡大してみると、目玉が見えるので、そこで判ります。ただ、大半は孵ってしまったようで、殻だけでした。

やがて、残圧とNDLがほぼ同時に規定値に達しました。他の方はエンリッチだったこともあり、アンカーロープまで誘導してもらったら、予定通り自分だけ先行して単独エグジット。

本数131
日付2021/06/26
エリア/ポイント葉山/御用邸前
潜水時刻09:37-10:15
水深(平均/最大)17.5m/21.1m
水温(水面/水底)24.3℃/22.4℃

潜り終えた後は、港でしばらく水面休憩。港からポイントまで5~10分程度なので、楽で良いです。

2本目は、裕次郎灯台沖です。さっそく出合えたのがダンゴウオ。ウェットスーツオンリーなので、シーズン的に実は出合えたのは初めてだったりします。一応ブログを検索する限りヒットしなかったので、初めてのはず。だいぶ成長しているとはいえ、それでも小さく、海草の陰にいて、あまり刺激をするわけにもいかないので、撮影はなかなか大変でした。結局ピントは少しボケていますね。

他には岩穴から顔だけ覗かせているイワアナコゲギンポ、岩面に産み付けた卵を守るスズメダイ、アオウミウシ、フサマツカサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシなどのウミウシ類を見られました。

ネンブツダイの口内保育は見られたような、そうでないような……。はっきりとは見れていません。写真を狙って、特定の個体にヤマを張って追い掛けていたせいもあるかも。

砂地では、コウイカやサビハゼの群れを見られました。

本数132
日付2021/06/26
エリア/ポイント葉山/裕次郎灯台沖
潜水時刻11:45-12:46
水深(平均/最大)11.8m/15.1m
水温(水面/水底)24.4℃/22.6℃

ダイビング後は、ショップで昼食に漬けまぐろ丼をいただき、それからログ付けして、終了。ビンゴ揃えるのは、なかなか大変そう~

今回は透明度は6~8m程度でしたので、近くの様子はそれなりにはっきり分かりますが、少し離れると途端に見えなくなります。そんな時、ライトによる誘導が分かりやすかったです。写真撮影時にも使えますし、自前で1つ用意したほうがいいかなあ、と考えています。

そして前回の与那国島には持っていかなかったので、久しぶりのストロボS-2000ですが、光量調整を毎回勘違いして、白飛びさせがちです。マニュアル時にダイヤル中央にある+/-表記に引きずられて、-方向が光量が少ないと思い込んでしまうのですが、実際には逆です。S-TTLとマニュアルで、光量の強弱とダイヤルの回転方向が逆になるの、分かりづらいです……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ルピシアで茶葉を買いました

口寂しい時にコーヒーばかりを飲みがちでしたので、夜でも気兼ねなく飲めるノンカフェインの茶葉を求めて、2021年5月4日、ルピシアに行ってきました。

購入したのは2種類の茶葉。オーガニックルイボスグリーンとジュテームブリヤンです。

ルイボスグリーンは、緑茶とは違うけれど、緑茶感覚で飲めます。緑茶に比べて、渋味や癖がないので、初めて飲んだ時は不思議な感じでしたが、何度か飲んでいると慣れますね。

ジュテームブリヤンは、フルーツの甘い香りを楽しめます。ただ、香りほどの甘味はなく、存外お茶でしたので、幅広いシーンで飲めそうです。甘味が強すぎると、飲めるシーンが限られると思っていました。柑橘らしい酸味が程よく効いたお茶です。

煎出回数目安はどちらも同じですが、ジュテームブリヤンの方が味が薄くなると気になりますね。ルイボスグリーンは煎り出しつくすまで、結構飲めます。

そしてあとで気づいたのですが、ノンカフェインであっても利尿作用はあるんですね。たくさん飲んでしまうと、トイレが近くなります。カフェインも利尿作用もないものを選ぼうとすると、麦茶にたどり着くようです。


炎の千本ノック2の解答結果をまとめた

炎の千本ノック2を3周回したので、その結果を活用します。こういった問題集テキストは、解き終えた結果こそ、自分用の唯一無二の教材となるので、解きっぱなしはもったいないです。

1回解くごとに○×を付けているので、2^3通りの組み合わせが存在します。復習の要否を考えた場合、×が1個入っていると基本的に復習対象になりますね。3回分だと定着したのか、偶然なのかの判断が難しいからです。

×××要復習
××最終的に身に着いたかもしれないが、念のため復習
××あやふやなので、復習
×おそらく大丈夫
××あやふやなので、復習
×あやふやなので、復習
×あやふやなので、復習
理解している

結果は表にしてまとめました。


フードベストを買いました

昨年ウェットスーツを買いましたが、自分は基本的にウェットスーツで潜ります。ドライスーツを着たのは、流氷ダイビングの時の1回きりです。いずれはドライスーツも購入して、潜れる幅を広げたいと考えていますが、先のお話。

というわけで、ウェットスーツ装備で快適に潜れるシーズンを少しでも増やすための選択肢として、フードベストがあります。なお、ウェットスーツ自体をロクハンにする方法もありますが、南国に潜りにいくことも考えて、5mmにしています。

2021年5月29日、mic21の横浜本店で購入したのは、BismのTi2フードベストロングWBです。フードベストは大きく分けて、前面にジッパーのあるタイプと、頭から被るタイプがありますが、着脱のしやすさから前者を選びました。レンタルでは常に後者のタイプだったので、どうせ買うなら違うタイプにしてみました。

さっそく葉山でのダイビングで使用してきました。元々ウェットスーツがオーダーメイドでフィット感が高いので、その状態でフードベストを着込むと、多少圧迫感は気になりますね。ただ、しばらく時間が経つと、特に気にならなくなりました。

ウェットスーツ自体裏起毛で保温性の高いものにしているので、さらにフードベストを着込むことで、より快適になるはずです。ただ、この日は水温が24度弱あって、わりと温かかったので、はっきりとした効果はわかりませんでした。一応体感温度は1~2度上がるらしいのですが。

収納は、折り畳み式のハンガーを買って、ウェットスーツの隣に架けています。なるべくシワをつけたくないのですが、フードの付け根の部分は重力の都合でどうしてもシワになっちゃいますね。