「 カメラ 」一覧

一眼レフやコンデジに関する話題。作例等は「旅」「花木観賞」などに載せている。

E-M5で中秋の名月を撮影

2020年10月01日、この日は天気も良く、中秋の名月を見られたので、近所の公園に出かけて撮影してきました。カメラはE-M5 mark iiiで、レンズはM.ZUIKO 75-300mmです。三脚はミニ三脚なので望遠レンズの重さに耐えきれず徐々に下がってしまうのですが、23時すぎで月がほぼ真上に近い位置でしたので、あまりブレずに済みました。

露出補正は-2.7がちょうど良かったです。-2.3でも良いかもしれませんが、この辺は好みですかね。ホワイトバランスは晴天と蛍光灯で撮影しました。蛍光灯は明らかに色味が変わるので面白いです。周辺の景色も入れてみたかったのですが、前述の通り月の位置が高かったので、諦めました。

以前に皆既月食を同じレンズで撮影しているのですが、その時と比べて明らかに画質が良いです。カメラボディがE-PM1からE-M5に変わった効果でしょうか。何かしらトチっていた可能性もありますが、今回くらいの画質で撮影できると肉眼でははっきり見えない部分まで見えるので、面白いです。

リモートレリーズも持っていったのですが、WiFiを搭載しているE-M5では、スマホアプリ経由でシャッターを切れるので、そちらを使いました。カメラを上側に向けている都合、バリアングル液晶を活用していたのですが、液晶画面がUSBの接続コネクタ部と干渉しそうでしたので、止めておきました。なお画像もスマホアプリ経由で見られますが画質はいまいちなので、可能ならカメラ側の液晶で見た方が良いと思いました。


アートフィルタを活用したい

色々と写真を見ていたら、エフェクトの使い方が上手いなー、と感じる作品を見かけて、少し興味が出てきました。ただ、自分はこれまで肉眼で見えた内容に忠実な写真を心掛けてきました。明度が合わない場合は露出調整したり、色合いが違う場合はホワイトバランスを変えたり、白飛びしてしまう場合はHDRを使ったり、そういった調整の仕方ですね。

なのでいざアートフィルタを使おうとしても、なかなか納得のいくものが撮れません。まずは何を表現したいか、というところからだと思いますが、とりあえず手探りに色々と撮影してみて、何が出来るのかを見ていこうとしています。

ところで「アートフィルタ」という言葉は、オリンパスのカメラ特有のものです。自分は現在オリンパスのカメラしか使っていないのでこの言葉がしっくりくるのですが、他メーカーのカメラでは「○○フィルタ」「○○エフェクト」といった別の名称になっているようです。

さっそく鎌倉散策と昭和記念公園の散策で、幾つか試してきました。現時点で感じたことは以下。

  • 建物などの構造や輪郭を強調したい場合、ドラマチックトーンが良い
  • 曇天など光量不足で彩度が足りない場合、ポップアートによる彩度アップが良い
  • モノトーンやセピアは、人を感じられる写真の方が合いそう。自然写真だと面白くなかった

当然画によって合うフィルタと合わないフィルタがあると思います。未だに活用の仕方が良く分からないフィルタも多いです。この辺は積極的に色々試していきたいですね。

あとは自分がその撮影をするとき、何を表現したいのかを、もう少し考えるようにしたいです。小難しい話ではなく、シャッターを切ろうと思ったからには、例え小さくとも何かしら感じた思いがあるはずで、それをもう少し意識するよう心がけようという話です。事務的に無味乾燥に記録写真を撮るでもない限り、旅行スナップ写真であっても、その場の寂しさ、賑やかさ、など、何かしら切り取りたいと感じたものがあるはずなのです。


オリンパス映像事業売却

2020年06月25日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。ミラーレス一眼、コンデジと愛用しているオリンパスのカメラ部門が分社化されることになりました。一定期間オリンパスのブランド名は残るものの、最終的には消えます。

オリンパス、赤字のカメラ事業を売却 OM-D、PEN、ZUIKOブランドは新会社が継承

ITMedia NEWS

元々自分は、あまりメーカーに拘らずに、様々なメーカーのカメラをハシゴしてきましたが、マイクロフォーサーズ規格に惹かれてE-PM1を購入以来、オリンパス贔屓になっています。つい昨年暮れにも、OM-DのE-M5 markIIIを購入しました。他には、アウトドアカメラであるTGシリーズもそうですね。こちらは元々オリンパスだから買ったというわけではなく、結果オリンパスだった感じです。

恐らく製品名がブランドになっていく気がしますが、オリンパスの名前が消えるのは寂しいですね。まあ、そんなに頻繁に購入するものでもないですが、今後の事業展開も気になります。

デジカメ業界全体が、スマホなどのカメラに押されて厳しい状況ですが、Instagramなどの影響もあり、高級カメラの裾野自体は広がっているように感じます。それでも従来のコンデジのようなマスマーケットには全然及ばないんでしょうね。自分もかつてはコンデジを数年単位で買い替えてきた記憶がありますが、今ではすっかり買わなくなりました。TGシリーズは、一番の購入目的が水中撮影という特殊用途なので、例外です。コンデジを買わなくなった理由は、スマホの影響もありますが、性能の進化もひと段落した感じで、買い替えるモチベーションが小さいんですよね。

このままの状況が続いていくと、高級カメラの価格帯はどんどん上がっていくのだと思います。逆にこれまでが安すぎるのかもしれません。


E-M5 markIIIのキャッシュバック応募は無効

E-M5 markIIIはキャッシュバックキャンペーンの期間内に購入したのですが、応募手続きの最後の手順が間に合わず、無効となってしまったようです。特にオチのない話ですが、何か悔しいので記録として残しておきます。数千円ならまあ、いいか、と言う感じですが、さすがに一万円はぐぬぬ……となります。

このキャッシュバックキャンペーン、手順はそこそこ面倒臭くて、下記のステップを踏みます。

  1. 製品登録
  2. WEB応募
  3. 書類送付

WEB応募は、購入時のレシートと保証書の写真を撮影し、電子ファイルを添付します。書類送付は、専用封筒用紙を印刷して、自分で封筒を作成して、その中に必要書類を入れて送付します。

当初の応募期限である1月は、毎週末旅行に出かけていて忙しく、期限ギリギリでしたが、直前になってキャンペーン期間の延長を知りました。その結果、油断してしまい、4月中旬の締め切りを過ぎてしまいました。

WEB応募済みでも書類送付が締め切りを過ぎた場合は、応募が無効になる場合がある、と書かれていたので、一分の希望を胸に書類送付しましたが、さすがに10日近く遅れていては駄目だったようです。念のため事務局に問い合わせましたが、発送先リストには入っていないことを確認しました。

まあ、こちらの落ち度なのですが、けれども主催側はキャッシュバックをしたくないはずであり、振るい落としのために手順が不必要に面倒になっているのは、せこくて心証は良くないですね。印刷代や切手代が掛かっているので、キャッシュバックならぬキャッシュアウトキャンペーンとなってしまいました。こんな面倒くさい手順ですけど、だからこそ日を跨がずに一気にやってしまわないと駄目です。

ところで、新型肺炎による影響で外出がしづらく、なかなかE-M5を使う機会に恵まれません。今年も紫陽花を撮りに行きたいところですが、どうなることやら。


E-M5 markIIIを買いました

購入経緯

これまでE-PM1を使ってきて、大きな不満もなかったのですが、より高性能なカメラも使ってみたいと思うようになりました。良さを知らないと欲しいと思うキッカケもなかなか作れないですしね。

と言うわけで、当初はE-M1を購入するつもりでしたが、markIIIが出るか出ないか微妙なタイミングで、なかなか購入に踏み切れません。E-MXが出たことで、E-M1の後継機がいつ出るかも不確実性が増しました。そんな中で登場したE-M5 markIII。スペックはE-M1 markIIに匹敵します。というわけで、2019年12月07日、購入に踏み切りました。選んだのはシルバーボディ。まあ、この数か月後にE-M1 markIIIが発売されるのですが、欲しいと思ったときが買い時ですし。既にこの時点で、購入を検討してからだいぶ日が経っているので、押さえきれませんでした。

使用感想

大体2ヶ月ほど使ったので感想です。ちなみに製品レビューというより、このクラスのカメラを初めて触った人間の感想になります。主にE-PM1との比較ですね。

まずこれまでE-PM1を使っていたので、大きさの違いを感じますね。でもE-M5が大きいというより、逆にE-PM1が小さすぎるという感想です。E-M5の方が手に馴染む感じが良いです。もともとE-PM1は、パンケーキレンズを付けて、コンデジのように携帯するスタイルも想定していたので、当時としてはこの小ささに大きな意味がありました。けれど、現在はTG-5がその役割を果たしているので、必須ではないです。重さに関しても、特に気になりません。

シーン撮影でHDRが使えるのが嬉しいです。HDRは、TG-5で初めて使って、その便利さに感動しました。完全に期待通りに機能するわけではありませんが、大体の傾向を把握できれば、使いどころを押さえることが出来ます。

バリアングル液晶は、花などの接写撮影で使ってみました。回転のさせ方に慣れが必要ですが、これまで液晶を見られなかったシチュエーションでも液晶を見ながら撮影できるのはうれしいです。

そしてビューファインダーがあるのが、思いのほか嬉しかったです。ついついファインダーの覗いて構えてしまいます。昔銀塩を使っていた頃を思い出しました。ファインダーの中に集中できるので良いです。ちなみに液晶モニタとビューファインダーの切り替えに熱感知を使っているのか、釧路の氷点下環境で撮影した際に、切り替えがおかしくなりました。顔をファインダーから離しても、液晶表示に切り替わらなくなりました。ただ、動作保証温度であるマイナス10度を下回っていたかもしれません。この現象は一時的なもので、その後復活しています。

タッチパネル液晶になっているので、焦点位置の指定操作などが楽です。ただどうしても片手持ちになった際に手ブレするので、微調整はキー操作で補完します。

SDカードとバッテリーの収納場所が別になっているのも、良いです。大した不便があるわけではないのですが、何となくSDカードを換装する際に、バッテリーのある場所を開けるのが好きではなかったからです。

まだまだ使いこなせていないと思うので、これからも色々なシチュエーションでたくさんの写真を撮影していきたいです。

作例

 

作例というほどのものでもありませんが、門司港にて、E-M5 markIII+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm f3.5-6.3 EZで撮影した写真です。