「 ステージイベント 」一覧

ライブ、コンサートなどの鑑賞レポート。しばらくブログにまとめない時期があったので、その時期は日記もしくはTwitterの方をご覧ください。箇条書きで見にくいので、時間があればブログにまとめ直したい。

オケカツ!2ndStage鑑賞

2020年03月23日にミューザ川崎で行なわれた演奏の様子を収めたBlu-rayの鑑賞をしました。受注生産方式で、購入したのはCD2枚組も付く超豪華版です。本公演は平日開催ということもあり、夜公演のみチケットを購入済みでしたが、コロナの影響を受けて無観客下での映像収録となりました。本来は会場開催するはずのイベントなので、カテゴリはステージイベントとしておきます。

前回のオケカツ!で感じていた主旋律の強さですが、今回は目立つ楽器の種類が増えて、オーケストラらしさが増しているように感じました。特にオンパレードからの新規楽曲となる「君のEntrance」や「アコガレカスタマイズ」は、主旋律が隠れるような部分もあり、その分様々な楽器の音色を楽しめて良かったです。また、聴き比べてはいませんが、前回からの楽曲も多少アレンジが加えられているように感じました。既に元があるので、主旋律の強さは残っていますが、少しまろやかになった気がします。

そして今回の目玉のひとつである歌唱担当とオーケストラのコラボレーション。聞いた当初はどうなんだろう、上手くハマるのかな、と思っていたのですが、オーケストラとの相性が良い楽曲が選曲されたためか、違和感なく楽しめました。ミュージカル調だったり、バラード調だったり、そうした曲が多めです。ライブでノリノリな曲は、やっぱり合わないでしょうねえ。

あと、今回の会場でもうひとつの目玉であった、パイプオルガンによる「チュチュ・バレリーナ」、我が家の貧弱なスピーカー環境で鑑賞しても荘厳さが伝わってきて、なおのこと会場で聴いて、全身で味わいたかったです。

昼夜公演、日を分けてそれぞれ鑑賞しました。歌唱ステージはもちろんですが、通常の楽曲演奏でも、やはり映像つきで鑑賞したほうが臨場感があって良いです。CD2枚組のPC取り込みも行ったので、今後の鑑賞は基本PC経由になるとは思います。

そしてパンフレットも読了しました。パンフレットは鑑賞前後のいずれに読むべきか毎度迷いますが、今回は鑑賞後です。楽曲に関連したエピソード紹介は作品を懐かしく思い出せて、歌唱担当のインタビューはその想いや過去、そして今回の裏話が聞けて面白かったです。最後の企画陣の座談会は、選曲プロセスや編曲の方向性など、色々濃いお話も書かれていて、興味深かったです。上述したような鑑賞中に感じていたことの答えが、パンフレット内の端々に出てきて、答え合わせのような楽しさがありました。あと、キービジュアルに、オンパレードのらきさんや、歌唱担当の登壇するメンバーたちが追加されており、そちらの皆さんのオーケストラコーデも新鮮でした。

こうして1st Stageに比べて如実に進化している2nd Stage。情勢が落ち着いたら、いつか3rd Stageも是非開催してほしいと思います。

昼公演 演奏曲目

  • カードもともだち!
  • 君のEntrance
  • ひとりじゃない!
  • アコガレカスタマイズ☆
  • 「アイカツフレンズ!」BGMメドレー
  • STARDOM!
  • 裸足のルネサンス
  • ドリームステージ☆(歌唱)
  • 「アイカツ!」BGMメドレー
  • チュチュ・バレリーナ
  • Precious(歌唱)
  • 荒野の奇跡
  • 絆~シンクロハーモニー
  • 硝子ドール
  • いばらの女王
  • タルト・タタン(歌唱)
  • Future jewel
  • カレンダーガール
  • The only sun light(歌唱)
  • SHINING LINE*
  • [EN] 「芸能人はカードが命」「SHINING ROAD」「カードもともだち!」メドレー

夜公演 演奏曲目

  • カードもともだち!
  • 君のEntrance
  • ひとりじゃない!
  • 新たなるステージへ
  • 「アイカツスターズ!」BGMメドレー
  • MUSIC of DREAM!!!
  • 裸足のルネサンス
  • ドリームステージ☆(歌唱)
  • 「アイカツ!」BGMメドレー
  • チュチュ・バレリーナ
  • Moonlight destiny(歌唱)
  • Dreaming bird
  • 絆~シンクロハーモニー
  • 永遠の灯
  • いばらの女王
  • タルト・タタン(歌唱)
  • Future jewel
  • カレンダーガール
  • Forever Dream(歌唱)
  • SHINING LINE*
  • [EN] 「芸能人はカードが命」「SHINING ROAD」「カードもともだち!」メドレー

Hello!プリ☆チャンワールド昼夜公演

2020年07月18日、Hello!プリ☆チャンワールドに昼夜参加してきました。これまでプリパラとの合同開催でしたが、今回は満を持してプリチャン単独開催となります。そして新型肺炎の流行に伴い、オンライン配信のみとなりました。

物販は受注販売となります。プリティーシリーズのパンフレットはクオリティが高いので欲しいなあ、とは思っていたのですが、結局注文せず終い。ガチ勢じゃないとこの辺は現場の雰囲気による背中の後押しに左右されちゃいますね。

当然ながら公演映像のスクショ等は厳禁なので、貼り付けなし。チケット購入特典として、デジタル半券風壁紙がダウンロードできたので、それの縮小画像を記念品として載せておきます。キャラクターパネルやフラスタなどの写真がないので、せめてこれくらいは記念に……

曲の感想

セトリは昼夜ともに同じ内容でした。昼公演を見ていたときは、この曲は夜公演で替えてくるかな、とか予想していましたが、外れました。

  1. SUPER CUTIE SUPER GIRL
  2. 寝ても覚めてもDREAMIN’ GIRL
  3. レディー・アクション!
  4. ワン・ツー・スウィーツ
  5. キラリ覚醒☆リインカーネーション
  6. スキスキセンサー
  7. Play Sound☆
  8. スペース!スパイス!スペクタクル!
  9. ヒロインズドラマ
  10. My Secret heArtbeats
  11. ツヨキ!ツインテールズ
  12. イルミナージュ・ランド
  13. キラッとスタート
  14. フレンドパスワード
  15. シアワ星かわいい賛歌
  16. キューティ・ブレイキン
  17. フォーチュン・カラット
  18. MEMORIES FOR FUTURE
  19. インディビジュアル・ジュエル
  20. COMETIC SILHOUETTE
  21. La La Meltic StAr
  22. 乙女アテンションプリーズ
  23. ロケットハート
  24. ダイヤモンドスマイル

まずは曲の感想。「ヒロインズドラマ」好きですね~。そして前回久保田えもさんが不在だったため、ライブ披露できなかった「ツヨキ!ツインテールズ」が、満を持して披露されました。「ゴー!ゴー!ゴージャス!」みたいな掛け合いが楽しい曲で、ライブで一層魅力が増します。そして「フレンドパスワード」で佐々木だいあさんの歌唱力に震えます。夜公演で、another worldバージョンも聴けるかと思っていたので、ちょっと残念ですが、冬のライブでは是非とも!そして三森アンジュさんによる「フォーチュン・カラット」が初披露。何だか昨年度のライブで聴いた気になっていましたが、実は初披露でした。ミルキィが2人登壇している……!「MEMORIES FOR FUTURE」は歌詞を噛みしめながら聴きました。前に「フレンドパスワード」を聴いているからこそ、”パスワードはいらない”の部分がぐっときますね。そして俯いているだいあさんをみらいさんが呼び起こすような振り付けも素敵でした。

MCトーク感想

MC部分は昼夜で違いがありました。昼公演は林みらいさんと佐々木だいあさんが最初のMCを務めます。ソーシャルディスタンスという見えない壁がある設定を説明。厚木りんかさんが登場して、物販のシルクちゃんだるま推し。芹澤あんなさんに赤城財閥の力で量産を持ちかけました。それから、Run Girls, Run!によるMC。マーチングのような新衣装の紹介。ロゴ入りの部分など、配信だから逆に見やすい、と配信ネタを織り込んできました。そしてキラッツMC。「ロケットハート」は初披露。そもそもキラッツが集合したの久しぶりだね、という話になりました。ラストのキャスト全員による「ダイヤモンドスマイル」前に、挨拶タイム。佐々木だいあさん、三森アンジュさん、リングマリィ、メルティックスター、ミラクル☆キラッツの順番に挨拶がありました。佐々木だいあさんの「八画面で見てくれた人いるのかな」という配信ならではの話題と、厚木りんかさんの「シルクちゃん初の単独グッズ化で、いつかぷりたまGOにマスコットとして入れるように」という熱いシルクちゃん推しが記憶に残りました。最後のダイヤモンドスマイルでは、メルティックスターの3人が捌けるのか捌けないのかでワチャワチャしたのが面白かったです。

そして夜公演。最初のMCは、リングマリィの2人が務めます。昼と同じく配信コメントをタブレットで読み上げるのですが、表示されているコメントが夜公演ではなく昼公演のものというハプニング。それから林みらいさんと若井さらさんが登場して、もふもふ仕様のキラッCHUリストバンドにさらさんが悶える展開。なおメルパンについては「今後にご期待ください」とのことでした。そしたら芹澤あんなさんと森嶋めるさんがもふもふメルパンのサンプルを持って、登場しました。今後商品化するかも……?それから「ツヨキ!ツインテールズ」前には昼公演と同様に久保田えもさんと芹澤あんなさんによる煽り合いがあったのですが、昼公演より激しく、アドリブ感が増していて、夜公演って感じでした。どさくさに紛れて久保田えもさんが「シルクちゃんグッズは私も疑問だー!」と言い放っていました。Run Girls, Run!のMCでは、お互いの新衣装を褒め合っていこう、という流れが良かったです。最後は挨拶タイム。佐々木だいあさんは「いつかanother worldも歌ってみたい」とのこと。是非聴いてみたいです。リングマリィは「新しいシリーズになってリングマリィはどこ?果たして登場するのかしないのか」との挨拶。確かにまったく姿が見えません。メルティックスターは???「リラックス~」???「ぷりっ」と、前世が降臨。新曲欲しいアピールをしていました。ミラクル☆キラッツは「配信による画面越しでのライブのやり方はわからない、でもわからないのならやってみよう!」というプリチャンのテーマできれいにまとめました。そんな中、密かに衣装に仕込まれたシルクちゃんが……

昼夜を通して、今回初のプリチャン単独ライブということで改めて感じたのが、リーダーとして全体を引っ張っている林みらいさんのプリチャン愛ですね。グッズ紹介などの林みらいさんのトークが好きで、毎回楽しみに見ています。

無観客配信ライブの感想

この規模のオンラインによる配信ライブは初めてでした。映像品質については不満もなく、満足です。ライブ会場だと遠くて細かいところまで見えないステージも、配信ならばっちり見えます。さらに終演後一定時間は再生が可能なので、2~3周することも可能だったりします。

そんな感じで良いことも目白押しなのですけど、無観客による寂しさは拭えないのが正直な感想です。もちろん配信ライブ自体には満足なので、観客入りのライブが出来ない事態が続けば、今後も配信ライブのチケットは購入していくと思います。無観客の配信ライブを見ることで、従来のライブ参加は、観客がいることによって作られるライブの空気感、そして会場まで移動して参加することによる前後の期待と余韻、様々なもので構成されていたんだなあ、と改めて気づかされました。

今後の状況はわかりませんが、恐らくウインターライブも観客入りによる開催は難しいでしょう。なので、是非とも配信形式で開催して欲しいです。公演中止になったノンシュガーの単独ライブも配信形式で復活できないですかねえ。


伊倉愛美STAYHOMEでも生配信ライブ

2020年05月24日の18時から開始した「伊倉愛美STAYHOMEでも生配信ライブ」を視聴しました。チケット代金2,000円の有料配信ライブになります。配信会場は、渋谷のTAKEOFF7です。こちらも、本来ならライブ会場でやるイベントなので、ステージイベントカテゴリにしておきます。

まずセトリは以下の通り。中盤でカバー曲が入るいつもの構成です。

  1. 愛だの恋だの (伊倉愛美)
  2. 砂の城 (伊倉愛美)
  3. ラブソング (伊倉愛美)
  4. 宿命 (Official髭男dism)
  5. 春の歌 (スピッツ)
  6. ビーズの泡 (伊倉愛美)
  7. ナチュラルベイビー (伊倉愛美)
  8. CANVAS (伊倉愛美)
  9. [EN] Balloon (伊倉愛美)

前回の配信ライブは、画質が正直残念でしたが、今回は画質が良く、さらにカメラワークや映像の切り替えも音楽番組のようになっており、満足でした。バンドなしの編成で、背景もそれほど飾り付けていないので、若干画面が寂しく感じる部分もありましたが、その分伊倉さんが引き立つので、良いですかね。

配信ライブでありつつ、現場ライブのノリなので、コールの煽りにコメント欄で答えたり、恒例のアンコールコールもコメント欄で打ったりしました。アイテムを使って配信映像にエフェクトを加えることが出来ますが、拍手の音とかを配信会場に送れる仕組みがあると面白いかなあ、と思いました。まあ、いつまでこの状況が続くか次第ですが。

アンコール前のラスト曲は「CANVAS」か「上着着てない」で迷いましたが、「CANVAS」が正解でした。コメント欄を見る限り、「上着着てない」を予想していた方々が多そうでした。

ライブに行けない日々が続いているので、久しぶりにライブの雰囲気を楽しめました。だんだん配信ライブにも慣れてきましたが、やっぱり現場ですよねえ。昨今の状況を見ていると、まだまだ先になりそうで、待ち遠しいです。


伊倉愛美「無観客&ライブ配信コンサート」

2020年3月31日、渋谷TAKE OFFで開催される予定だった「イクライブvol.5 駆け出しのイクラ」ですが、新型肺炎の影響により中止となりました。その代わりに配信の形でライブが行われました。

ミニライブ配信等は特に感想をまとめてきませんでしたが、こちらは本来ライブ会場で行われるはずだったイクライブの代替ライブなので、これまでのイクライブと同様に感想を書きたいと思います。なお、本ライブ配信が「イクライブvol.5」となるかは、不明瞭です。公演名が変わっていたことから、恐らく別扱いかと思われます。

開催形式が変わったことでチケットの販売形式も変わり、クラファンが導入されました。複数のプランがありますが、メインはライブ本編視聴権と、それとCDがセットになったものかと思います。もっと高級なプランもあります。自分はCDセット版にしました。ライブ配信だと物販が行えないので、こうした形になっているそうです。物販も重要な収入源。

配信サービスはツイキャス。事前に通知された合言葉で入室できます。ライブ本編の前にも特別配信があり、そちらは別プランでないと入れないのですが、本編開始が10分ほど遅れたことで、どこに入ればいいのか少し混乱しました。

ライブ本編レポート

ライブ本編。最初にすじこちゃんによる寸劇が繰り広げられます。すじこちゃんグッズの販売が待たれますね。

  • ダイニングダイアリー

配信なので、”wow wow wow wow wow”ができないー。なので、テキストで代替。

  • 愛だの恋だの

この曲のメロディーライン、たまに脳内を過ります。

  • YOUR BIRTHDAY

3曲歌って一旦MCタイム。

  • ラブソング
  • 砂の城

砂の城を歌うときに、途中座りながら歌う演出が良いな~、と思いました。

再びMCタイム。ここでは、お絵描き伝言ゲームが行われました。バンドメンバーおよびライブハウス店長が参加して、お絵描き伝言ゲーム。

  • ビーズの泡
  • ナチュラルベイビー

しっとり系を2曲。ここからYouTubeとの同時配信になります。次の曲である「BALLOON」にちなんで、たくさんの風船をカメラの前に用意する仕込みの様子が流れます。YouTubeはこの後から放送開始しました。

  • BALLOON
  • CANVAS
  • 上着着てない

ラスト2曲は、もう定番と言っても良い2曲で安定の締めでした。

最後にメンバー全員で風船を持ってのスクショタイム。これにて本編終了です。

この後の特典会のことをすっかり忘れていて、後日録画配信を見ました。通常はチェキを撮影して会話する流れですが、ライブ配信では当然できないので、感想ミニトークと伊倉さんを撮影したチェキ5枚を、CD配送者向けに抽選でプレゼントする、というミニイベントが実施されました。ちなみに自分は外れました。

全体感想

本来中止になっていたライブを、配信の形で開催してもらえたのは、とても良かったです。世間の多くのライブやイベントは中止ですしね。でも、改めて生のライブの良さを感じてしまいました。同じ空間で空気を共有することの魅力は大きいですね。

不満を上げるなら、やはりツイキャス配信時の画質でしょう。ブロックノイズがひどくて、演者の顔もぼやけてほとんど見えない状態でした。上段の2つ並んだ写真を比べていただければ、明確かと思います。なのでお絵描き伝言ゲームは、さっぱり伝わらないもったいない状況でした。有料配信とは思えない画質なので、次回同様の形式がありましたら、ぜひYouTube放送レベルの画質にして欲しいです。ツイキャスはスマホで撮影されていましたが、そういう制限があるんでしょうか。YouTube側はビデオカメラで撮影しているように見えました。


伊倉愛美バースデイディナーショー

2020年02月04日、恵比寿のGRAPES KITASANDOで開催された、伊倉愛美さんのバースデイディナーショーに参加してきました。余裕をもって開演1時間前には到着するはずが、電車の運転見合わせにより、開演10分後の到着となりました。

一応ドレスコードがあったので、ユニクロで新調したジャケットを羽織っていきました。そしてディナーショーなので、食事が出ます。フードメニューは、イクラとサーモンとアボガドのカフェ丼と、ヴィーガン伊倉が大好きなカルーアソイミルクを注文しました。

以下、セトリと共にレポートと感想です。って、何か違和感を覚えると思ったら、髪型がロングからセミロングになってるー

  • 愛だの恋だの (伊倉愛美)
  • レイニーダンス (伊倉愛美)
  • ロマンスの風 (伊倉愛美)

この手前に1, 2曲あったかと思いますが、前述の通り遅刻したので、曲目は不明です。そして曲の合間にはMCが入ります。気になった話題をピックアップ。

  • 「”伊倉サーモン愛美”にしようかな」
  • レイニーダンスの時には、最後に「ありがとー!」と言ったら、客席が「どういたしましてー!」とレスポンスして、とのリクエスト
  • ロマンスの風を歌っている最中に、イヤリングが外れて、歌いながら付け直し

この後は一旦休憩タイムに入ります。暫しのご歓談。休憩中には、伊倉さんが自らテーブルを回り、グレープをサーブしてくれました。

  • 最後の恋煩い (Official髭男dism)
  • ロビンソン (スピッツ)

カバー曲を2曲歌います。カバー曲を歌うのは伊倉さんのライブの特長なので、今後も続けて欲しいですね。選曲とかで、色々と”らしさ”が垣間見られるのが好きです。

 

そしてバースデイサプライズ。「ハッピーバースデー」の曲と共に、バースデーケーキが登場。ライブ写真のプリントケーキです。それから、有志によるプレゼント。ぬいぐるみとカレンダーがプレゼントされました。

温かい空気の中、一旦終演します。

  • バルーン (伊倉愛美)
  • ダイニングダイアリー (伊倉愛美)
  • 上着着てない (伊倉愛美)

そしてアンコールです。「上着着てない」では、タイトル通り、皆上着を脱いでスタンディングしました。

この後は物販に行き、グラス&コースターセットを購入。最後の1個でした。滑り込みセーフ。それからチェキ券2枚を購入して、ツーショットをチェキ1枚とデジカメ1枚で撮影いただきました。

職場からの直行ということもあり、持っていったカメラはTG-5です。ライブ中の写真撮影にはちょっと力量不足で、なかなかきれいには撮れませんでした^^;

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。