「 天体観測 」一覧

天体観測記録や機材についてのお話。

中秋の名月(満月)2021

2021年9月21日、8年ぶりに満月となる中秋の名月を撮影してきました。最初、20時30分ごろ外へ出た際には雲が掛かっていて見えなかったのですが、21時10分ごろ改めて外へ出たところ雲が晴れていて、見られました。

ISO1600, 露出1/1600sec, f6.7

満月なのでその明るさを表現しつつ、月の模様も出したいと思い、露出時間を変えながら撮影して、こちらの写真を選びました。中秋の名月という文化的側面が強いイベントなので、ススキなど地上の景色を交えた星景写真にしたかったですが、近所には手軽な場所がなく、月のアップとなりました。

ついでに木星の撮影にも再チャレンジ。露出時間を短くすれば、縞模様がどれくらい映るか試してみました。上記の写真は1/2000秒です。結果は、模様は分からず、でした。目を凝らせば見えるような気もしますが……。装備はマイクロフォーサーズレンズ300mm望遠端で、一応真円のシルエットは捉えられていますが、模様を判別するのはかなり厳しいです。マイクロフォーサーズ400mmの2倍テレコンなら何とか縞模様が分かるまでいけそうですが、費用に対して得られる結果が微妙なので、素直に天体望遠鏡にした方が賢明なのでしょうね。


城ヶ島で天の川とペルセウス座流星群観賞

2021年08月10日、城ヶ島にて星空観賞してきました。ペルセウス座流星群がお目当てですが、極大の日は天気が悪そうなので、前々日に決行します。前日は晴れ予報ですが、天気が下り坂であることを考えるとリスクが大きいと判断し、避けました。天気予報の「晴れ」は、雲が全天の80%以下なので、星空観賞としては「晴れ」であってもあまり安心できる指標ではないのです。その辺の判断には、GPVの雲量予報等が役立ちます。

城ヶ島は決して近くはありませんが、自宅の最寄り駅から1時間半ほどで行けますし、交通の便も良いので、星空観賞サイトとして重宝しています。ただ、北方向は光害がひどいので、観賞は難しいです。

19時30分ごろ、城ケ島公園に到着して、観賞場所を探しますが、思いのほか埋まっています。前回は冬の何でもない日に来たのでガラガラでしたが、今回はペルセウス座流星群というイベントと夏休みが重なっているので、それなりに人がいました。予定していた場所は人が多くて微妙だったので、右往左往した挙句、入口に近いカーブポイントの端っこに陣取りました。奥の方は街灯があるので、何やかんやで明るい場所が多いのです。馬の背洞門などの海岸エリアは、昼間にロケハンして把握していないと足場等が危なそうなので、止めておきます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光80秒

ペルセウス座流星群がお目当てですが、天の川の撮影も主目的だったりします。天体観測を始めてから初めての夏なので、ようやく天の川のベストシーズンを迎えることができました。上の写真はレベル補正で暗くしていますが、肉眼で見える天の川は、もう少し暗くて、このような薄雲に見えます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

ペルセウス座流星群も同時に狙います。なるべく広角で撮りたいですが、マイクロフォーサーズなのでどうしても画角が不利になってしまいます。今回の撮影場所はすぐそばに自分の背丈くらいの植え込みがありますが、それが問題にならない程度の狭さ。というわけで、画角ではなく時間で確率を上げるしかありません。1分間の露光撮影をひたすら連続で行ないます。連続撮影設定しても良かったのですが、設定ミスって全滅が怖かったので、都度確認しながらリモコン経由の手動で撮影しました。上の写真は、レベル補正で明暗両端を切り落とし、天の川の明るい部分を強調させています。右上にはペルセウス座流星群も映っています。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

そして現地ではあまり気づかなかったのですが、撮影した写真を自宅で確認したところ、そこそこ流星が映っていました。放射点から考えると、概ねペルセウス座流星群かと思われます。上の写真には、同じような位置に2筋の軌跡が残っています。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光60秒

他には、軌跡は短いですが、その分明るく輝いた流星もありました。まさに、ダイの大冒険のポップの、一瞬…!!だけど…閃光のように…!

1個だけ明らかに軌跡の方向が放射点と合わなかったので、こちらは散在流星かと思われます。肉眼のみの観測としては、20時39分ごろ、南南東に明るい流星が1個見えたような気がします。

21時25分ごろ、現場を撤収しました。この時間まで粘ってもバスがあることがありがたいです。

今回の反省点や気づいた点は以下の通り。

  • 場所取りを考慮して、早めに出る
  • 夏場は虫対策を行なう
  • 天体観測用ライトだけではなく、真っ暗な場所を歩ける輝度の高いライトも用意する
  • マイクロフォーサーズなので、広範囲を狙いたい場合は、魚眼レンズクラスの広角なレンズが望ましい

不発だった2021年5月の皆既月食

2021年5月26日、24年ぶりのスーパームーンの皆既月食ということで、盛り上がっていましたが、残念ながら関東地方は雲が多くて見れませんでした。前日の天気予報だと何とかなるかな、と思っていたのですが、徐々に雲行きが悪化。昼間は青空が見える時間帯もあったので、ワンチャンあるか、と期待していましたが、夕方から雲が増えてしまいました。

一分の望みを持って近所を徘徊しましたが、やはり雲が多いですね。けれど、雲の隙間もあるので僅かに期待を寄せてしまいますが、確率的に厳しそうなので、あまり粘らずに切り上げました。

ところで今回は雲で月の姿が見えないので、StarWalk2を片手に探したのですが、いまいち高度の捉え方が分からないです。360度方位はスマホをその方向に向ければ良いので分かりやすいのですが、高度はスマホの構え方によってズレ幅が大きいように思えて、正確な位置がわかりません。これは以前からの疑問です。

2021年05月26日12時41分 川崎市川崎区

ちなみに昼間ジョギングをしていたら、天頂部分に22度ハロが広がっていました。一般的に天気の下り坂のサインなので、皆既月食の時間帯の天候が不安になってしまいますが、その不安が見事に的中する形となってしまいました。22度ハロ自体は、さほど珍しい現象ではありません。

というわけで、3年前の皆既月食観測記事を載せておきます。


阿蘇の星空観察

2021年4月末、阿蘇に出かけてきたので、星空を撮影してきました。ただし、山の上の方まで登らずに麓の宿の傍なので、そこまで絶好の観察場所ではありません。けれども、普段見る星空に比べたら十分すぎるほどの満天の星空を見ることができました。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-1600/露光10秒

天気は微妙でしたが、滞在日数が長めでしたので、2日観察チャンスがありました。せっかくの阿蘇なので、阿蘇山と絡めた星景写真を試みますが、ちょうど目の前に24時間営業のお店があるため、低高度の写真は撮りにくいです。一応中岳や高岳のシルエットと収めてみましたが、星の数が少なくていまいちですね。

StarWalkを使って星を確認してから撮影しようと思ったのですが、上手く特定できなかったので、とりあえず明るい星を探して撮影だけしてしまいました。後で調べればいいかなあ、と思ったのですが、望遠で画角を狭めた状態だとなかなか大変でした。先に広角で全景を撮っておけば良かったです。

E-M5MarkIII/焦点距離39mm/f5.8/ISO-1600/露光120秒

今回のメイン写真はこちらですね。上の方にある明るい3個の星が北斗七星の柄杓の柄の部分で、右側に柄杓の桶の部分が見切れています。下の方にはりょうけん座があります。

最後はおまけの光害比較です。今回の撮影場所は、店舗の光が南側にあり、宿の光が西側にある状況です。特に南側の光が強いです。北や西は比較的暗いです。月はかなり低い位置でしたので、ほぼ影響ありません。

E-M5MarkIII/焦点距離48mm/f6.1/ISO-1600/露光120秒
E-M5MarkIII/焦点距離39mm/f5.8/ISO-1600/露光180秒

上記2枚は、レベル補正なしの未加工写真です。f値が多少違っていますが、それでも露光時間が長い方が圧倒的に暗くて、こんなにも光害の影響で変わるんだと感じました。これまでの経験から、白くなるのが当たり前に思っていたので、3分露光してまだこの暗さを維持していることが驚きでした。もっと長い時間露光して暗い天体を捉えたくなりますが、今度は極軸合わせが甘くて星が流れてしまう問題に阻まれてしまい、なかなか難しいです。


与那国島の星空

2021年02月23日、与那国島へ旅行したので、星空を見上げてきました。ここまで南にくると南十字星が見えるのですが、この時期は見える時間が午前2時くらいなので今回は断念。夏に向けてどんどん早い時刻になっていきます。

そして撮影機材ですが、ポータブル赤道儀は持参しませんでした。本当は使いたかったですが、そこそこ重いんですよね。加えて通常サイズの三脚も必要になりますし、今回はダイビング器材の持ち運びもあるので、撮影機材は軽量化しました。結果、E-M5markiiiと標準レンズ、ミニ三脚となりました。ミニ三脚はもうお役御免かと思いましたが、まだまだ使えるシーンがありそうです。

撮影したのは、与那国島初日の夜です。天気がどう振れるか分からないので、晴れているタイミングで早めに撮っておきます。あまり遠出はせずに宿のすぐ近くですが、十分な数の星が見えます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-800/露光30秒
E-M5MarkIII/焦点距離16mm/f4.1/ISO-800/露光40秒

撮りたい星は特に決めていなかったので、分かりやすいオリオン座とシリウスを目印に撮影。そしてせっかく遠くまできたので、地上の景色も入れた星景写真も撮ってみました。

E-M5MarkIII/焦点距離30mm/f5.4/ISO-800/露光20秒

今回は先日購入したソフトンフィルターを初めて使用しましたが、良い感じに浮き上がってくれますね。露光時間を伸ばして映る星の数が増えてきても、明るい星が浮かんでくれて、肉眼で見た際のイメージを残せます。あと色も白飛びしにくくなりました。

一方で今回はポータブル赤道儀がないので、露光時間を長めにすると星が線になってしまいます。広角で30秒程度の露光なら、拡大しない限り気になりませんけど。

さて、次回は春の星空を撮りに行きたいところですが、あらかじめ撮りたい構図をある程度決めておきたいです。そうしないと、毎回オリオン座を撮ってしまいそうで。