「 天体観測 」一覧

天体観測記録や機材についてのお話。

木星と土星の大接近

2020年12月21日の夕方すぎ、近所の公園にて木星と土星の見かけ上の大接近を撮影してきました。英語だと”Great Conjunction”というそうです。何だかカッコいいですね。あわよくば自宅のベランダから見えないかなあ、と思いましたが、残念ながら見えませんでした。

17時30分すぎに家を出ましたが、この時点でもう木星や土星は南西のずいぶんと低い空に見えます。さっそく三脚を設置して、75-300mm望遠レンズで撮影。広角側で導入して、徐々にズームアップ。300mmくらいなら微動雲台でなくても、何とかなります。

肉眼で見ると1つの星にしか見えないのですが、カメラを通すと75mmの段階でも、木星と土星がはっきりと離れて見えます。さらに、肉眼では見えない木星の衛星群も見えて、少し興奮しました。

さすがに木星の縞模様や土星の環は、捉えることができません。土星は楕円状に歪んでいるので、環自体は映っているようですが、それが環だとわかるレベルではないですね。そして、どうしてもついでに撮ってしまう月は、この日は月齢6.4でした。

惑星観察は明るい街中でも出来ますので、天体望遠鏡の鏡筒を買って、もう少し焦点距離を伸ばして撮影してみたいな、と思いました。とは言え、あまり嵩張るのは嫌なので、多少値が張っても比較的小型のフォトビジュアル鏡筒を考えています。あくまで希望なので、現時点で購入計画はありません。まずはポータブル赤道儀で星野写真を頑張ってみようと思います。


2020年10月の火星大接近

2020年10月06日、火星が2年に一度の大接近をしました。そこでその前日である10月05日に、写真の撮影を試みてみました。

とは言え、天体望遠鏡はなく、機材はマイクロフォーサーズの望遠端300mmのズームレンズです。結果として、いかに大接近とは言え、火星の視直径だと300mmでは厳しいですね。オレンジ色の点にしか映りません。今にして思えば、もう少し露光時間を短くして、後でレベル補正したら多少マシだったのかもしれません。縦に歪んでいるのは、三脚が望遠レンズの重さに耐えられていないせいです。。

このように微妙な結果に終わったので、特に記事を起こしてこなかったのですが、せっかく新しくカテゴリを作ったので、載せてみました。他の星に比べて明らかに赤みが強いことが分かったのは、面白かったです。この辺は意識しないと気づかないですしね。写真が赤っぽいのはホワイトバランスを日陰にしている影響がありますが、肉眼で見た際も明らかに赤っぽさがあります。

月も出ていたので、ついでに一枚撮ってきました。ほぼ満月なので、広い範囲が見えつつ、陰影によるクレーターの立体感も楽しめます。


多摩川河口で星空観察

星野写真のために、ポータブル赤道儀ポラリエUを買いました。他にも三脚や雲台など、撮影システムに必要なもの一式を揃えました。ポラリエU自体の感想はもう少し使いこなしてから書くつもりですが、まずは先日お試し撮影に出かけたので、そのレポートです。

2020年12月13日夜、予報では晴れですが雲が広がりなかなかすっきりしません。それでも天気予報を信じて、23時手前に家を出ます。向かった先は多摩川河口の河川敷。空が南以外は開けていることと、街中に比べれば街灯もなく、多少は暗いだろうとの期待から選定しました。

徒歩20分ほど掛けて向かいましたが、どうにも空模様が芳しくありません。高層雲がびっしり広がっている感じ。少し粘りましたが、こりゃ駄目かな、と諦めた帰り道、空を見上げると星が見えました。どうも少しずつ晴れてきているようです。

きびすを返して再び河川敷へ向かいます。比較的暗いところを見つけましたが、どうしても何かしら光源があり、やはり厳しいですね。セッティングもライトなしで何とか出来てしまう程度の明るさです。

北の方は曇っているので北極星は見えません。StarWalk2を頼りに目測で極軸合わせを行ないました。とりあえず適当に色々試しながら撮影してみます。30秒くらい露出しているとだいぶ白くなりますね。ただ後で画像のレベル補正をすれば暗くできるので、もう少し長い時間撮ってみても良かったかも。

0時30分すぎ、機材を撤収しての帰り道、何気なく空を見上げるとオリオン座が見えました。するとリゲルの左側を、流れ星が左上から右下へヒュンッと流れていきました。ふたご座流星群です。いや~、特に狙っていませんでしたが、最後の最後で見られるとは。撮影成果は思ったほどではなかったので微妙なテンションでしたが、この流れ星のおかげで一気にテンションが上がりました。

とりあえず今回撮影した4枚です。星は見えたけど、巻雲がそれなりに残っていたようですね。肉眼だとあまり分かりませんでした。

思いの外たくさんの星が見えるけれど、やはり満天の星空にはほど遠いですね。自分のスキルも全然ないので、光害による影響との境目がまだ分かっていませんが、一度真っ暗な場所に行って撮影してみたいです。


E-M5で中秋の名月を撮影

2020年10月01日、この日は天気も良く、中秋の名月を見られたので、近所の公園に出かけて撮影してきました。カメラはE-M5 mark iiiで、レンズはM.ZUIKO 75-300mmです。三脚はミニ三脚なので望遠レンズの重さに耐えきれず徐々に下がってしまうのですが、23時すぎで月がほぼ真上に近い位置でしたので、あまりブレずに済みました。

露出補正は-2.7がちょうど良かったです。-2.3でも良いかもしれませんが、この辺は好みですかね。ホワイトバランスは晴天と蛍光灯で撮影しました。蛍光灯は明らかに色味が変わるので面白いです。周辺の景色も入れてみたかったのですが、前述の通り月の位置が高かったので、諦めました。

以前に皆既月食を同じレンズで撮影しているのですが、その時と比べて明らかに画質が良いです。カメラボディがE-PM1からE-M5に変わった効果でしょうか。何かしらトチっていた可能性もありますが、今回くらいの画質で撮影できると肉眼でははっきり見えない部分まで見えるので、面白いです。

リモートレリーズも持っていったのですが、WiFiを搭載しているE-M5では、スマホアプリ経由でシャッターを切れるので、そちらを使いました。カメラを上側に向けている都合、バリアングル液晶を活用していたのですが、液晶画面がUSBの接続コネクタ部と干渉しそうでしたので、止めておきました。なお画像もスマホアプリ経由で見られますが画質はいまいちなので、可能ならカメラ側の液晶で見た方が良いと思いました。


2019年1月の部分日食

2019年1月6日午前に、日本全域で部分日食を見られました。早朝かと勘違いしていたら、普通に起きている時間でしたので、撮影を試みてみました。しかし、準備が全然できていないので、食による欠けの様子は撮れませんでした。撮影機材は手元にあったTG-5です。

一応左上の部分が少し歪んでいるのが分かると思います。本当は左上から月の一部が重なっているのですが、太陽の光が強すぎて、欠けた部分を埋めてしまっています。それでも真円にはなりきれていないのが、上の写真の円の歪みとなります。

ピンホールから一瞬太陽を覗いてみると、はっきりと食による欠けが見られました。一瞬であっても目を傷めるので、何度も試せませんけど。人間の目の性能は優秀ですねえ。

天体撮影は普段やらないので、装備類は全然充実していないのですが、こうしたイベント時にはやはり欲しくなります。