「 天体観測 」一覧

天体観測記録や機材についてのお話。

与那国島の星空

2021年02月23日、与那国島へ旅行したので、星空を見上げてきました。ここまで南にくると南十字星が見えるのですが、この時期は見える時間が午前2時くらいなので今回は断念。夏に向けてどんどん早い時刻になっていきます。

そして撮影機材ですが、ポータブル赤道儀は持参しませんでした。本当は使いたかったですが、そこそこ重いんですよね。加えて通常サイズの三脚も必要になりますし、今回はダイビング器材の持ち運びもあるので、撮影機材は軽量化しました。結果、E-M5markiiiと標準レンズ、ミニ三脚となりました。ミニ三脚はもうお役御免かと思いましたが、まだまだ使えるシーンがありそうです。

撮影したのは、与那国島初日の夜です。天気がどう振れるか分からないので、晴れているタイミングで早めに撮っておきます。あまり遠出はせずに宿のすぐ近くですが、十分な数の星が見えます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-800/露光30秒
E-M5MarkIII/焦点距離16mm/f4.1/ISO-800/露光40秒

撮りたい星は特に決めていなかったので、分かりやすいオリオン座とシリウスを目印に撮影。そしてせっかく遠くまできたので、地上の景色も入れた星景写真も撮ってみました。

E-M5MarkIII/焦点距離30mm/f5.4/ISO-800/露光20秒

今回は先日購入したソフトンフィルターを初めて使用しましたが、良い感じに浮き上がってくれますね。露光時間を伸ばして映る星の数が増えてきても、明るい星が浮かんでくれて、肉眼で見た際のイメージを残せます。あと色も白飛びしにくくなりました。

一方で今回はポータブル赤道儀がないので、露光時間を長めにすると星が線になってしまいます。広角で30秒程度の露光なら、拡大しない限り気になりませんけど。

さて、次回は春の星空を撮りに行きたいところですが、あらかじめ撮りたい構図をある程度決めておきたいです。そうしないと、毎回オリオン座を撮ってしまいそうで。


ポーラーメーターや天体観測用ライト等を購入

ポータブル赤道儀で星空撮影するにあたり、いくつかアイテムを購入しました。

  • 自由雲台QHD-43
  • ポーラーメーター
  • 天体観測用ライト SG-L02
  • レンズヒーター360III

自由雲台は必須アイテムなので要購入です。ポータブル赤道儀の構成を理解しておらず、三脚とカメラの接続に雲台が2個必要という発想がなかったため、組み立て時に初めて気づきました。

ポーラーメーターは、事実上必須です。雲などで北極星が見えないときがありますし、そもそも北極星自体肉眼で見えるもののそこまで明るくないので、探すのが多少大変だったりします。

天体観測用ライトは、暗さに慣れた目を維持するために赤色の光を発します。あった方が良いかな、と思います。そこまで真っ暗な場所で観測したことがないので、はっきりと必要性を痛感したことはないです。

レンズヒーターは、真冬の深夜にしぶんぎ座流星群を狙う際に、必要と思って買いました。結果的に流星群の撮影は取りやめたので、未使用です。モバイルバッテリから電源供給を受ける必要があるので、長いUSBケーブルがないと取り回しが難しいかもしれません。


ISSを観望

ISS国際宇宙ステーションは90分で地球を一周していますが、ISS自体は発光していないので、地上から観望するためには、ISSが太陽の光を浴びていて、且つその光が見えるべく地上は太陽が出ていないという状況が必要です。なので、早朝か夕方の時間帯となります。

2021年02月07日、この日は二回に分けて、全国的に観望チャンスがあるということで、少し話題になっていました。17時43分に北北西の空から昇り始め、17時46分に最大高度に達し、17時49分に西の空へ沈んでいきます。見える位置などの情報は、下記のサイトが便利です。

この日は実家にいたので、近所の三輪野山近隣公園に出かけてきました。ちょうど入口の部分が高台になっていて、北方面を見渡せるのでちょうど良いです。空は、高い部分に雲が出てしまっていますが、真ん中以下は晴れているので、条件は悪くないです。しかし、どうも肉眼ではよく見えません。時折うっすら光が見えたような気がしますが、すぐに消えてしまい確証が持てないままです。とりあえず方角と時間は分かっているので、広角でシャッターを切るだけ切っておきました。

肉眼で見えなかったため、手応えなく帰宅しましたが、写真を見るときちんとISSが映っていました。複数枚撮影して、その軌跡からISSで間違いなさそうです。しかし結構弱い光ですね。慣れないと肉眼で見るのは難しいかも。TG-5で撮影したため、カメラ側はあまりいじれませんでした。

ISSは月や惑星に比べ、その独特な軌跡が面白いと思うので、光跡や一定時間単位での多重露出などで表現できたら、と思いましたが、今回はそこまでの余裕はありませんでした。


城ヶ島で星空観察

ポータブル赤道儀ポラリエUを使った星空撮影をしたいので、良さそうな撮影スポットを探します。幾つか候補が出てきましたが、自分の家からのアクセス面から、城ヶ島に決めました。電車で1時間、バスで20分なので、決して近くはないですが、交通機関の本数が多いことが決め手でした。

2021年01月30日、天気も良さそうなので、夕方手前に自宅を出発。京急線で三崎口まで行き、そこからバスで城ヶ島へ向かいました。日没までまだ時間があるので、軽く島内散策。城ヶ島灯台を見たりしていたら、徐々に夕焼けが美しくなってきました。

海岸の岩場へ移動し、日の入りを見届けたら、水星発見チャレンジです。太陽とほぼ同じ方角で、太陽の後を追うように現れるはずですが、さっぱり見えてきません。地平線付近は晴れているのですが、少し上に厚い雲が掛かっているので、ギリギリまで見えない状況です。初めての観察なので、高度感もいまいちですし、明るくて見えないのか、雲に隠れているのかも、判断できません。だいぶ暗くなるまで粘りましたが、結局見つけられませんでした。とりあえず撮影した写真を確認しても、映っていません。ん~、これだったら、この時間で三崎のまぐろ丼を食べに行けば良かったです^^;ちょうど撤収して戻ってきた時に、食事処が閉店準備をしてました。

ちなみにここの海岸もかなり暗く、ヘッドライトがないと歩けないほどでしたが、灯台の光が気になるので、城ケ島公園へ移動します。天を見上げると、想像以上の数の星々が見えて、期待が高まります。

20分くらい歩いて城ケ島公園に到着しました。公園ということで、街灯があり、思っていたより明るいです。さっきの海岸の方が良かったのだろうか。

園内を歩いていたら東の地平線から月が昇ってきていたので撮影。赤みが強い低高度の月、何だか神秘的で好きです。でも大気の通過量が多いので、拡大写真を見るとだいぶゆらぎが目立ちます。

さて、比較的暗い南向きの場所を見つけたら、三脚とポラリエUをセッティングします。極軸合わせはポーラーメーターを使いました。うーん、北極星を探すより楽です。南は海ですが北は街なので、光害で星が見えづらいんですよね。

ここからが今回のメインイベントです。撮影対象はオリオン座に絞ります。27mmくらいで寄ってオリオン座全体を大きく映し、露光時間を色々変えて試します。ある程度長く露光すると、それ以上は大差がないですね。5分間露光した写真と、2分間露光した写真とでは、映っている星々にはあまり違いがありませんでした。オリオン大星雲も明るいためか、大差なかったです。

E-M5MarkIII f/5.2 141.38秒 ISO-1600
E-M5MarkIII f/5.5 300.51秒 ISO-1600

あと、月が昇る前に撮影すべきだったかもしれません。撮影写真をレベル補正すると、明らかに月の出ていた方角が明るいんですよねえ。そして極軸合わせが不正確だったか、5分間露光した方は少し流れていました。2~3分間ならほぼ気にならないレベルです。

多摩川河口で撮影した時とは違う満天の星空を撮影できて満足です。一方でソフトンフィルターの必要性を感じました。今回はオリオン座を主役にしたかったので、明るい星を強調する必要がありましたが、ソフトンフィルターがないと浮かび上がった他の暗い星々の中に埋もれてしまいます。今回は画像処理(参考にしたページ)で何とか対処しましたが、生の光を滲ませた方が自然な仕上がりになる気がします。


2021年1月の月と火星

月と火星が接近するそうなので、近所の公園で撮影してきました。昨年暮れにあった木星と土星の大接近のような珍しいイベントではありません。

接近と聞いて、とりあえず75-300mmの望遠ズームレンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II)1本のみを持っていきましたが、思ったより月と火星が離れています。まあ、広い空と比べたら、接近というのに十分な距離なのですが。ともあれ広角端の75mmにしても、両者を完全に同じ画角に収めることは出来ませんでした。レンズを取りに戻るのも面倒なので、これで妥協します。

あと、火星単独の撮影も試みました。露光時間が長くて明るすぎるから、模様が見えないのでは、という話があったので、シャッター時間を刻んでみました。すると、上記のような形で映りました。トリミングしたものを、4倍くらいに拡大しています。最初は手ブレによる光跡かと思いましたが、リモートでシャッターを切っていますし、複数枚が同じようになっているので、実際このように映っているのだと思います。白飛びしてる箇所と黒潰れしている箇所があるので、集光力の限界ですかね。