与那国島と石垣島旅行~最終日

6日目、6時ごろ起きて荷支度を済ませて、朝食をいただきます。それからチェックアウト手続きを済ませたら、8時ごろホテルの送迎バスで与那国空港へ向かいます。徒歩圏内ではありますが、ダイビング器材を抱えてだと少々つらい距離なので助かります。

与那国空港の保安検査は出発の30分前から開始となります。一方で保安検査の通過は出発の20分前までというルールがあるので、少々忙しないです。

離陸後は、与那国島を名残惜しく見下ろします。幾つか砂浜はありますが、大部分は崖になっており、絶海の孤島感があります。

9時45分ごろ、石垣空港に着きました。次の予定までしばらく時間があるので、空港のロビーでダイビングログを記入します。こういうのは記憶が新鮮なうちに書いておいた方が良いです。

12時、路線バスで市の中心部へ向かいます。青空も見えて、良い天気で気持ちが良いです。離島ターミナルで小浜島への乗船券を買ったら、近くにあるひるぎにて昼食。注文したのは石垣牛ハンバーグ御膳です。肉をがっつり食べたい気分でしたので。その後は離島ターミナル内のブルーシールにて、バニラ紅いもミックスソフトをいただきました。食べてばっかりです。その分一応軽く散歩もして、新栄公園などに行ってみました。

14時40分、高速船で石垣島から小浜島へ移動します。およそ30分の船旅です。

小浜島に着いたら、小浜島総合案内所で電動アシスト付き自転車を借りて、島内観光に出発です。帰りの船まであまり時間がなく、僅か1時間の滞在時間となります。そして天気は曇天気味。

最初に向かった先は、大岳です。そこそこ急な階段をてくてく登っていきます。急だけど距離はそんなに長くないです。山頂からは八重山の島々を見渡すことができます。

続いて隣の西大岳へ向かいます。こちら入口を間違えたようで、倒木があったり草が茂っていたり、ハードコースでした。山頂にはちゅらさんの碑が立っています。見える景色は大岳と大きくは変わりません。ちゃんとした階段コースもありました。

その後はひるぎ入口から下って、マングローブ林を見学します。結構な広範囲に広がるマングローブの林は圧巻です。根元の泥は、いかにも生き物たちが潜んでいそうな雰囲気なのでじっくりと観察したいところですが、時間がないので泣く泣く後にしました。

そして島の南側を回って、スタート地点までぐるりと一周します。思いの外距離があり、船の出港時刻も迫ってきていたので、少し焦りながら自転車を漕ぎました。案内所でお薦めされたシュガーロード、真っ直ぐに伸びる道は自転車で走ったらとても気持ち良さそうでしたが、無念。船の出発10分前に、何とか帰ってきました。

17時すぎ、石垣島に戻ってきました。時間が微妙ですが、せっかくなのできたうち牧場にて、夕食をいただきます。豚とんとろ、鶏もも、ライス中サイズとスープセットを頼み、焼肉を堪能します。お酒は石垣島地ビール黒を頼みました。あまりパンチはないけれど、風味があります。何となくエールのように感じました。それからもう1品、ビーフカツもいただきました。昼食に続いて、肉を満喫しました。

食事を終えたら、18時10分くらいのバスで空港に向かうつもりでしたが、バスがありません。バス会社のページではなくて、複数のバス会社の情報をまとめた別サイトの情報を参照していたのが失敗でした。てっきり公式情報と勘違い。というわけで18時30分のバスで空港に向かいます。結構ギリギリな時間で、空港に向かうバスでこんなにハラハラしたのは久しぶりです。

19時すぎ、石垣空港に到着。ほぼ最後に近い乗客となってしまいました。ちなみにこの便の機体は、ジンベエジェットでしたが、バタバタしていたのですっかり写真に収め忘れました。日曜の最終便でしたが、機内は結構空いてますね。22時すぎ、羽田空港に着いたところで、今回の旅行は終了です。


与那国島と石垣島旅行~5日目

5日目、7時に起きて8時に朝食をいただきます。それからしばらくまったり過ごして、10時すぎに島内観光へ出かけました。

ホテルで借りたレンタサイクルで島内を反時計回りにぐるりと一周します。坂道がそれなりにあるので、電動自転車を借りました。30分ほど走って、昨日までお世話になったよしまる荘に到着です。実はシグナルフロートを忘れたことに昨晩気づいたので回収したかったのですが、フロントが不在でしたので、夕方に電話で確認しようと思います。

というわけで島内一周再開です。到着初日にも出かけた最西端の地に再び向かいます。この日の天気は下り坂で、僅かに小雨が降り始めました。

それからテキサスゲートを越えて、島の南側に入ります。このエリアはヨナグニウマが放牧されていて、各々が草をはむ様子を見られます。海岸線とヨナグニウマの組み合わせは画になります。道端にはたくさんの馬糞が落ちていますので、走行は要注意です。ちなみにヨナグニウマは基本的に人間のことは意に介せずといった雰囲気ですが、1匹だけ近づいてくる個体がいて少し焦りました。

11時40分ごろ、比川集落に到着です。比川浜やDr.コトー診療所のモデルになった志木那島診療所を見学しました。ちょうどお昼時なのでこちらで昼食をとりたかったのですが、あてにしていた食事処が3軒とも休業でした。

仕方ないので先へ進みます。しばらく上り坂が続いて、電動アシストの恩恵を受けます。上った分下りもあり、車がほとんど走っておらず、見晴らしも良いので、気持ちいいですね。上りと下りを繰り返しながら、走っていきます。途中に放牧地帯があり、こちらは馬ではなく黒い牛がいました。

途中人面岩展望台に立ち寄り。多少距離があります。たどり着いたは良いものの、案内板とかが見当たらず、どれが人面岩なのか分かりません。もしかしてあの開けていた場所はまだ展望台ではなかったのかも。

再び進んで、立神岩展望台に立ち寄ります。立神岩を真下に見ることができます。打ち寄せる波の迫力を感じられます。その背丈を見ながら、よくこのような形で崩れずに残ったなあ、と思いました。

それからもう少し進んだ先に、別の展望台があります。こちらは東屋付き。距離は離れますが、立神岩を横から眺めることができます。ちょうどこのあたりで、小雨だった雨が本降りになってきました。しばらく休憩します。

小康状態になったところで再出発。少し進んだところで、サンニヌ台展望台に着きました。以前はサンニヌ台に登れたらしいですが、現在は立ち入り禁止となっています。その隣には軍艦岩が威風堂々と佇んでいました。

ここで再び雨足が強まってきたので、しばし雨宿り。足元にやって来たカニを眺めてみたり、東屋の周りに咲いている花々を観賞しました。後日調べてみたところ、ヨナクニイソノギクという固有種でした。

雨はしばらく止みそうにないので、若干弱まったタイミングで出発を強行します。さすがに体が濡れてきて、不快指数が増す中、テキサスゲートを越えて東崎展望台入口に着きました。入口に自転車を停めて、先へ進みます。

しばらく進むと東屋が見えてきましたが、崩壊していて上には登れませんでした。雨を凌ぎたいので、下の端っこ部分を借ります。目の前にはヨナグニウマが放牧された草原が広がり、すぐ奥には海が見えます。先端には東崎灯台が建ち、晴れていたらすごく画になりそうな光景です。この天気では、さすがに灯台まで歩いていく気にならないので、引き返します。

続いて向かった先は、アヤミハビル館。閉館時間が近かったので、急ぎ足。内陸部の少し高いところにあるので、電動自転車がありがたかったです。入館後はシアターで映像展示を見て、それから展示室を見て回りました。ヨナグニサンの標本や説明パネルが色々とあり、興味深いです。他にもカメなどの生体展示や、新種のゴキブリに関する展示もありました。

退館した頃には、だいぶ雨は小降りになっていました。このタイミングでシグナルフロートの件をダイビングショップに問い合わせて、送迎に合わせてホテルに届けていただけることになりました。それから田原川に沿って、ホテルのある方向に走っていきます。そして途中で見かけたティンダバナに寄り道。GoogleMapsでしか見ていなかったので、最初入口が分からず少し迷ってしまいました。

最初は森の中を進み、程なくして岩場に出ます。悲しいイヌガンの話を見つつ、先へ進みます。浸食された岩場が屋根のようになっており、多少の雨なら凌げそうな形になっています。外へ目を遣ると、祖内集落を一望することができます。

18時ごろ、ホテルに戻りました。それから夕食をいただきます。与那国島最後の夜なので、花酒の与那国をいただきました。最初は氷で薄まる前にくいっと飲んで、香りを楽しみます。舌が馬鹿なので、お酒の香りは最初のひと口しか分からないからです。舌がピリッとして、アルコール度数を感じます。後半はだんだん氷で薄めて、食事と合わせて楽しみました。部屋に戻ったら、23時ごろ就寝しました。


与那国島と石垣島旅行~4日目

4日目、6時30分ごろ起きて荷支度を済ませます。7時30分ごろ、朝食をいただき、ロビーでチェックアウト手続き。ダイビングは今日も行きます。明日の天気が下り坂なので、島内観光を今日すべきか迷ったのですが、やはりメインはダイビングということでダイビングに当てました。

1本目は西崎でハンマー狙い。しかしハンマー不発でした。その代わり、海中を漂う発光プランクトンが星空のようできれいでした。ドリフトダイビングで毎回見られるわけではないです。

本数128
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻08:53-09:29
水深(平均/最大)14.5m/20.3m
水温(水面/水底)25.5℃/24.8℃

2本目も西崎でハンマー狙い。後半に中層でハンマーヘッドシャーク2匹が近くを泳いでくれました。これまでで一番近くで見られたと思います。遠くからやって来て、少しの間近くに来て、それから去っていきました。途中ぐるっと体の向きを変えてくれるタイミングがあったので、ハンマー部分がよく見えました。真横からだと薄い線状になってしまうので、少しわかりにくいです。でも真横からだと目が見えます。

本数129
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻11:27-12:03
水深(平均/最大)15.7m/27.9m
水温(水面/水底)26.0℃/24.5℃

3本目の前に昼食タイム。この日のメニューはマーボー丼。例によってスマホ故障のため、写真はありません。

3本目は海底遺跡。与那国島に来たら、ハンマーヘッドシャーク狙いと海底遺跡に行ってみたかったので、無事行くことができて良かったです。本来冬の時期は北風なので遺跡ポイントに行きやすいのですが、ここ数日は南風が続いたので行けませんでした。久部良からは島の裏側に当たるので、ボートで15分ほどです。

水路跡や石柱といった遺構を眺めつつ、いよいよメインテラスへ向かいます。メインテラス前は結構流れています。トンネルを抜けてすぐに崖の陰に隠れないと、身体が流されてしまいます。流れていなければ、メインテラスの上に皆で座ったりできるそうですが、この日は無理なので、流れにのって観覧しました。そこには、各媒体で目にする写真でお馴染みの光景が広がっています。テラスの上の方ではアオブダイが10匹ほど群れで泳いでおり、優雅な景色でした。

遺跡か自然の産物か、結論が出ていない海底遺跡ですが、実際に潜ってみて個人的な感想を言わせてもらえば、極めて美しい自然の造形美、ですかね。メインテラスの階段とか、あまりに美しい直方体なので、まるで人工物のように思えるのですが、周辺に少し形の崩れた直方体の岩などが転がっている様子を見ると、メインテラスがたまたま極端に均整の取れた場所だったのかな、と思えます。でも遺跡かもしれないというロマンは残って欲しいですね。

本数130
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/海底遺跡
潜水時刻15:12-15:50
水深(平均/最大)13.0m/18.1m
水温(水面/水底)25.4℃/24.6℃

器材のパッキングや代金の支払い等を終えたら、次の宿泊先へ送っていただきます。

この日からの宿泊先は、アイランドホテルさんです。与那国島唯一のリゾートホテルになります。17時すぎにチェックイン。念のため明日のレンタサイクルを予約しておきます。

それから18時ごろ、夕食をいただきます。島御膳で様々なメニューを摘まみつつ、ビールで喉を潤します。ホテルの外にある売店で飲み物や食べ物を買い出して、部屋に戻った後は、少々夜更かし。明日はダイビングもなく、時間も自由なのでね。1時すぎに就寝しました。


与那国島と石垣島旅行~3日目

3日目、6時30分ごろ起きて7時30分ごろ朝食をいただきます。この日は昨日と違って前発なので、あまり時間なく出港です。

1本目は西崎でハンマー狙い。しかしハンマーは不発でした。底の方にちょろちょろはいたらしいのですが、はっきりとは気づきませんでした。それでも青一面の中輝く海中の発光プランクトンが星のようできれいでした。大物狙いのドリフトダイビングは初めてですが、マクロ狙いの普段とは違う感覚が楽しいです。当たり外れは大きいですけど、青一面のなかを流れに乗って進んでいくのは、海に抱かれているような癒しを感じます。

本数125
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻08:49-09:26
水深(平均/最大)12.5m/22.5m
水温(水面/水底)24.7℃/24.4℃

2本目も西崎でハンマー狙い。後半で水底に単体が各々の方向に出現しました。群れではなさそうです。とはいえ水底は遠く、シルエットで微かにハンマー部分が分かる程度。ところが、1匹だけ少し浅いところまで泳いできたので、近くで見られました。それでも自分より結構深い場所にいたはずですが、何だか横向きに泳いでいたのか、横姿を写真に収めることができました。一瞬潜った最深が37m近くでしたが、それでもさらに深くにいたので、底はかなり深いですね。

本数126
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻11:45-12:20
水深(平均/最大)15.1m/36.8m
水温(水面/水底)24.9℃/24.2℃

2本目の後は昼食タイム。この日のメニューはソパスでした。耳慣れないメニューですが、フィリピンの具沢山スープです。例によってスマホが壊れたため、写真はありません。

3本目も西崎でハンマー狙い。反対側に大きな群れがいたらしいですが、自分は見られませんでした。反対側にいた別のチームが爆速で泳いで追いかける光景を見送りました。すごい泳力。他にはイソマグロ単体を見たりしました。ところでドリフトダイビングで苦手に感じていることが、エグジット時の水面待機です。どうも足が浮き上がって水平になってしまいがちです。上手く垂直をキープ出来る場合もあるのですが、コントロールしきれていない感じです。垂直にならないとチームで小さくまとまる時に困るので、この辺のスキルを整えないとなあ、と感じています。

本数127
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻14:37-15:07
水深(平均/最大)14.2m/25.8m
水温(水面/水底)24.9℃/23.6℃

18時ごろ夕食をいただきます。そしてこの日はビールではなく、缶チューハイWATTAのパッションフルーツをいただきました。その後は雑談しつつ、お菓子を肴にボトルキープされていた泡盛もいただいたりしました。飲みやすくてついつい入ってしまいます。ダイビングはこの日までの予定でしたが、諸々考えて明日まで延長手続き。21時すぎに就寝しました。


与那国島と石垣島旅行~2日目

6時30分ごろ起きて、7時30分ごろ朝食をいただきます。その後はしばらく部屋で寛ぎます。ポイントが近いこともあり、1隻の船を2便体制で運用しているので、後発のスケジュールの場合、先発が帰ってきた後に乗船するので、朝がゆっくりになります。

1本目は久部良バリ。チェックダイブを兼ねたダイビングかと思います。アルミタンクで、ボート後ろからジャイアントストライドエントリー。ただしラダーでタンクをぶつけないように、縦に落ちるのではなく、前に倒れ込むようなスタイルでエントリーします。ツノダシ、ナンヨウハギ、クマノミ、岩陰に隠れるウツボなど色々な生き物を見ました。後ろ姿だけですが、アオウミガメも見られました。外付けストロボは旅行には持参しましたが、ハンマー狙いでは使用禁止ということもあり、部屋に置いてきました。なのでマクロも青っぽい写真ばかりになっています。

本数122
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/久部良バリ
潜水時刻10:18-10:56
水深(平均/最大)14.6m/19.9m
水温(水面/水底)23.7℃/23.3℃

2本目の前に昼食タイム。いただいたのはドライカレーです。スマホで写真に収めていたのですが、データを取り出す前にスマホが故障してしまったので、写真がありません。

2本目は西崎。ここからハンマーヘッドシャーク狙いのドリフトダイビングになります。前半は水底がほぼ見えない青一面の中でのドリフトで、不思議な感覚です。後半はうっすらと水底が見えてきました。途中前方にかなりうっすらとハンマーの影を捉えることができました。でも写真ではノイズ程度にしか映りませんでした。ハンマー以外には、イソマグロの50匹くらいの玉や、縦に伸びた群れを見られました。

本数123
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻13:17-13:51
水深(平均/最大)12.4m/17.5m
水温(水面/水底)25.3℃/23.9℃

3本目も西崎。ハンマー狙いです。前半と後半でそれぞれ水底付近を泳ぐ数個体を見られました。動いている様子を見ると、それがハンマーヘッドシャークだと分かりますが、写真で静止画にしてしまうと遠いこともあり、存外分かりにくいです。動画で撮影した方が良かったかな。大きく撮ろうと望遠端に寄せてもぼやけて却って見えにくくなる気がするので、広角端で撮って後でトリミングした方が良いかと思います。

本数124
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻15:45-16:22
水深(平均/最大)14.5m/28m
水温(水面/水底)26.2℃/24.1℃

17時15分ごろ、最西端の地を目指して、少しお散歩します。宿から歩いてだいたい10分程度。東屋と西崎灯台が見えてきました。雲が出ているので夕日は見えませんでしたが、最西端の石碑越しに海を望みました。今この瞬間、日本で一番西の陸地に立っているのが自分だと思うと、テンションが上がります。

18時、夕食をいただきます。品数も多く、バラエティも豊かで、美味しいです。そしてこの日もビールを飲んじゃいました。21時すぎには就寝しました。