「 スキー 」一覧

スキーのログ

スキー3点セットを買いました

2021年03月24日、石井スポーツ本館にて、スキー板とスキーブーツ、ストックを購入しました。値下げを期待してシーズン終わりまで粘っていたら、多くの場所で販売が終わってしまい、販売期間の長いこちらを訪れました。

メーカー等にこだわりはなかったため、QAしつつ店員さんにお任せで選んでもらいました。昨年暮れ頃は小柄なショートスキーを想定していたのですが、色々見ていると最終的に物足りなくなる気がして、普通サイズを選びました。ノルディカのGT75 with BIN TP210FDTです。併せてスキーケース(VOLKI 170cm)も購入済みです。ストックは、シナノのイーグル(115cm)になります。

スキーブーツは、柔らかめと硬めで迷いましたが、柔らかめは快適だけど制動時に何となく不安に感じてしまうので、やや硬めの方を選びました。ノルディカのスポーツマシーン90(26.5cm)です。スキーブーツは巾着袋が付属するので、そちらを利用します。

運搬は、ゼビオで購入した75Lのバックパック(アディダス)に、ウェア類とまとめて収納します。後日スキー宅急便を利用したので、送料の点からオールインワンケースにした方が良かったかな、とも思いましたが、狭い家ゆえに大きさがネックでした。スキー板は、縦方向にはかなり長いですが、壁に立てかけてしまえば、さほどスペースは気になりません。

シーズン終わりの購入ということもあり、夏油高原スキー場で1回滑っただけです。滑り心地はまだ良く分かりませんが、悪くはないです。同じギアを繰り返し使うことで変化が見えてくると思いますので、来シーズンが楽しみです。

ちなみにこのタイミングで購入した動機ですが、シーズンに数回とはいえ、そこそこの年数滑ってきたので、そろそろマイギアを持っておきたい、と思ったためです。スキーブーツは経年劣化があるので迷いましたが、シーズンに2回滑れば元を取れるらしいので、購入に踏み切りました。


北上盛岡旅行~2日目(夏油高原スキー場)

2日目、7時すぎに起きて、朝食をいただきます。それから8時30分にホテルを出て、北上駅前東口のバス停へ。ここからスキー場へのシャトルバスが出ているのですが、桜の時期限定の展勝地と駅前間のシャトルバスがたくさん出ているため、どのバスに乗ればいいのか混乱しました。少し離れたところで待っていたのでなかなか気づきませんでしたが、先頭から2台目に停車していました。

最初は雪などまったくありませんが、途中から徐々に雪景色になっていきます。バスに乗って1時間ほどで、夏油高原スキー場に着きました。

雨ということもあり、リフトは5時間券にしておきます。それからスキー宅急便で送った板とブーツを受け取ります。ハンドキャリーしようか迷いましたが、スキーがメインの旅行でもないので面倒になり、宅配便を利用しました。ちなみに今回がマイギア初使用になります。楽しみ。

準備ができたらゲレンデへ繰り出します。天気はあいにくの雨模様ですが、スキーならあまり関係ありません。春スキーなので稼働しているリフトやゴンドラの数は少ないです。その分滑っている人も少ないので混雑は感じませんが、滑れるコースが制限されます。

主に滑ったのは、第1ペアリフトで上ってのA1コースです。春スキーなので雪質はあまり良くないですが、リフトを降りた近辺はやけにふかふかでした。

その後はゴンドラで山頂まで行き、A6からC4に繋がるロングコースを滑りました。上の方は風が強めで、少し白くなっています。ロングコースによくある、勾配が緩くて止まってしまうような箇所はありませんでした。見た目はかなり緩く見えるのですが、何だかんだで滑ります。A6はコース幅が思ったより広めでした。C4の前半は林道っぽくなり、コース幅が狭くなります。後半は広くなりますが、若干勾配がきつくなります。雪がなくなり地面が露出している箇所もあります。

さて、降りた後が大変です。稼働しているリフトやゴンドラのある場所まで、平坦な道を移動しなくてはいけません。接続シャトルがあるようですが、この時期なので稼働もしておらず、せこせこと移動しました。疲れたー。緩くて長くて良い塩梅のコースですが、この移動が大変なので1回きりとしました。

昼食は夏油かつカレーライス大盛とモルツ缶ビールをいただきました。自分的鉄板のゲレ飯。かなり満腹。

食後は、ゴンドラで山頂からA1コースを滑ったり、第1ペアリフトからA1コースを滑ったりしました。

スキーウェアを着ていれば雨はあまり気になりませんが、それでも本降りでわりと強い雨が続いていると、徐々にインナーにも浸水してきて気持ち悪いです。雪ならそのまま払い落とせますが、雨はきついですね。気づいていませんでしたが、春スキーの思わぬ難敵でした。

というわけで雨に負けて、若干早めに切り上げ。売店でソフトクリームをいただき一服します。そして着替え終えたら、スキー荷物の発送手続きを済ませました。

今回初めて自前のスキー用具を使いましたが、これまでのレンタル品との使用感の違いはあまり感じません。今後同じ道具を使い続けることで、どういう変化が出てくるか楽しみです。あとは、マイギアを持っていると、単純に気分が上がりますね。

それから夏油高原温泉に入浴。pH8.1の弱アルカリ泉です。露天風呂からの眺望が素晴らしく、山肌を昇っていく雲が、まるで湯煙のようでした。のんびり浸かりたかったのですが、帰りのバスに間に合わなくなるので、頃合いを見て上がります。湯上りのコーヒー牛乳を飲んだら、バス停に向かいます。

16時45分、シャトルバスで北上駅まで移動したら、一旦ホテルへ戻ります。そしてしばらく休憩。

18時30分、ホテルを出て向かった先は、肉料理にくたろう。きたかみ牛ステーキ100g、ライス、海老とアボカドのサラダ、赤ワインをいただきました。ステーキ、柔らかくてジューシーで美味しいです。ソースも付いてきましたが、ほとんどそのままいただきました。美味しい牛肉は、ソースを付けたくなくなるものです。最初は席に余裕がありましたが、途中から入れないお客さんもいたので、少し早めに来ておいて良かったです。

20時すぎにホテルへ戻った後は、のんびりと寛ぎます。0時30分すぎに就寝しました。

なお、この日の滑走データは以下の通りです。

滑走回数9
距離11.05km
高度下降1,675m
滑走時間0:44:30
経過時間3:14:53
平均速度14.9km/h
最高速度50.8km/h

スキーに関連した写真は、こちらをご覧ください。


ネックウォーマーを買いました

2021年01月05日、ネックウォーマー(ASPG / 防風 ジップホール ネックウォーマ 900PA9SN5031 NVY)を購入しました。コロナ禍でスキー場でもマスク着用が必要となったためです。通常のマスクでは雪で湿るし、ゴーグル内が曇るので、ネックウォーマーを買うことにしました。

首の後ろでジッパーを締めて、紐できつさを調整します。鼻の頭より上で締めれば落ちてこないのですが、ゴーグルをつけると重なってしまうので、ゴーグルと顔の間に挟み込むような恰好になっています。かっちり締めても、呼吸用の小さな穴が空いているので、ゴーグルが曇ることなく快適です。

前述の通り、元々はコロナ禍における対応のつもりでしたが、ネックウォーマー本来の機能である首回りの温かさがうれしかったです。ゴーグルも装着すれば、露出している肌はほぼなくなります。初使用は、なかなか冷え込む富良野のスキー場でしたので、そのありがたみを感じました。


富良野旭川旅行~3日目

3日目、窓の外を見ると、この日も朝から良い天気。ニチアサを見つつ、朝食をいただいたら、ゲレンデへ繰り出します。

天気は良いのですが、夜に降雪がほとんどなかったようで、雪面がざらついています。なので板が少し引っ掛かる感覚があり、昨日よりは滑りづらい印象。F5・F6コースメインで慣らします。この日は見晴らしが良く、大雪山の山頂まですっきりと見えました。うーん、気持ちの良い眺めですね。

北の峰ゾーンは昨日概ね滑ったので、富良野ゾーンに行こうかと考えていたのですが、連絡コースの斜度を見てためらい、断念しました。行ったは良いけど、無事に戻って来られる気がしません……。ここは初級コースでも少しきつく感じる部分があるので、中級コースは手を出さないでおきます。

というわけで引き続き北の峰ゾーンで楽しみます。昨日はあまり滑らなかったF1コース、F4コース、F7コースを多めに滑ります。

14時ごろ、昼食をいただきます。チキンベジタブルスープカレーと、生ビールとザンギ。食券取り忘れてしまい、生ビール1杯分を損してしまいました。

スキーはこの日が最終日なので、ナイターに入っても多めに滑ります。……しかしスキー板が履けません。板を入れ替えても同じ足が履けないので、ブーツ起因です。中の凹みに付いた雪を落としても駄目でした。結局つま先側に付いていた雪が原因だったようです。通りがかりの親切な女性の助けも借りて、ようやく装着。

夕方くらいから雪が降り始めたので、雪面の状況は朝よりむしろ良いかもしれません。ナイター解放されているF5・F6コースはとても広いので、楽しいです。F4コースもナイター解放されていますが、こちらは照明が控えめで、だいぶ暗い場所もあります。

19時手前にレンタル返却手続きを済ませて、ホテルへ帰ります。少しのんびりしてから夕食をとりに外へお出かけ。しかし客足が少ないこともあり、多くのお店が閉店モード。そこで一昨日から2軒目として気になっていたBar Ajitoへ訪問。興味のあったクラフトビールは売り切れでしたので、北海道らしくサッポロクラシックを注文。フードは王道にフィッシュ&チップス。マスターとお話ししていて気分良くなったので、ギネスを追加注文。昼間も飲んでいて、飲みすぎ感はありますが、楽しければ良いでしょう^^

宿に戻ったら、テレビを見ていましたが、眠気に勝てず、23時手前には就寝しました。

この日の滑走データは以下の通りです。

滑走回数19
距離32.02km
高度下降5,188m
滑走時間2時間00分53秒
経過時間5時間43分23秒
平均速度15.9km/h
最高速度40.5km/h

富良野旭川旅行~2日目

2日目、外を見ると曇天予報に反して青空が見えました。朝食をいただいたら、さっそくゲレンデへ向かいます。宿から歩いて5分と掛かりません。スキーセットを2日間レンタルして、リフト券を購入したら、いざ滑走。

と思いましたが、北の峰ターミナル直結のゴンドラに乗ってしまうと、下山ルートに初級者コースがないようです。ここのレベル感がまだ分からないので、一旦避けて、まずは足慣らしをしておきます。

使えるリフトは北の峰第1高速リフトですが、ターミナルからは多少歩く必要があり、少し面倒。リフトで上がったら、F5コースやF6コースをメインに滑ります。ここが広くて、丘陵のようになっているため、まるで波の上を滑っているような感覚です。そこそこ長くて、色々ライン取りも変えられるので、何度滑っても楽しいです。コロナ禍で人が少ないということもあり、贅沢な空間でした。

それから、北の峰第2ロマンスリフトに乗ってもう少し高い場所に行ってみます。こちらはまだ初級者コースがあります。まずはG1コースを滑ってみます。そのまま真っすぐいくと、中級のG3コースに突っ込んでしまうので、注意。前半はわりと細いコースですが、後半は幅が広がります。第1高速リフト終点との合流付近では、色々な角度から下れて面白いです。空模様は、予報通り雲が広がってきました。

昼すぎになったので、海山北にて昼食をいただきます。注文したのは、ほっけ焼定食と生ビール。ゲレ飯としてはあまり普段しないチョイスですが、何だか魚を食べたい気分でしたので、選びました。そしてビールはもう外せなくなってしまいました。

食後はまだ滑っていないコースを滑ってみます。まずはF1コース、こちらはG1コースとの合流地点を歩いてF1コースに接続しました。途中木立を挟んで二手に道が分かれていたので、細い方に突入したら、凹凸があって、ぐわんぐわん。最後は飛んでコケました。腰が後ろへ引けては駄目、と分かっていても、無意識下での突入姿勢と心理面から、どうしても引けちゃいます。この先、F1コースは他コースとは合流せずに、そのまま一番下まで行きます。林道コースですが、最後は開けて大きめのアップダウンが2つあります。

もうひとつの未踏コースはF7コースです。F6コースの左手にある林道コースですが、幅は結構広いです。コース端にはふかふかの雪も残っていて、浮遊感が楽しいです。端と中央の高低差もあるので、ライン取りも楽しめます。

ナイター時間になったら、F5やF6を軽く滑りました。

明日もあるので、この日は17時前にはゲレンデを後にしました。スキー板はレンタルショップに置かせてもらえますが、スキーブーツは各自保管とのこと。宿の地下にある乾燥室に置きます。スキーブーツ、長いこと持って歩くと、案外疲れますね。部屋に戻った後は、トロン温泉に浸かって、しばしのんびり。

夕食は、風見鶏にて、田舎風ビーフシチュー焼き野菜添えと、ふらのぶどう果汁サイダーをいただきました。冷えた身体が温まります。お酒はワインを嗜みたいところでしたが、グラスはなくてハーフボトルでしたので、ぶどう果汁サイダーにしました。

再び宿に戻った後は、ダラダラとテレビを見ます。テレビ東京系列が見られるのは嬉しいですね。0時手前には就寝したかと思います。

この日の滑走データは以下の通りです。

滑走回数16
距離22.58km
高度下降3,731m
滑走時間1時間28分18秒
経過時間5時間31分03秒
平均速度15.3km/h
最高速度37.8km/h