「 花木観賞 」一覧

花木の観賞を主にしたお出かけの記録

都内で桜のお花見2020

2020年3月26日、午前中に検診で年休を取得したため、午後から都内へお花見に出かけてきました。新型肺炎の件もあり、微妙な判断を迫られましたが、平日ということでそこまでの混雑は見込まれないと予想しました。

 

最初に向かった先は上野公園です。さくら通りの桜並木は概ね満開で圧巻です。時折風が吹いて、桜吹雪が起こりました。天気が良いこともあって、閑散とはしておらず、それなりに人出はありましたが、例年の休日のような、歩くのも大変な状況ではありません。

小松宮彰仁親王像と桜を眺めたら、そのまま上野東照宮へ向かいます。石鳥居を抜けると、桜並木と石灯籠、奥には五重塔が見えます。桜の枝には、ヒヨドリが数羽ほど羽を休めています。望遠レンズでじっくり狙ってみました。後は海外観光客から写真撮影を頼まれたりもしました。

桜並木を抜けると、社殿や神楽殿が見えてきました。桜と合わせると一層画になりますね。社殿を背にして振り返ると、神楽殿や五重塔、桜の木が青空の下に収まる美しい光景を見られます。

上野東照宮を後にしたら、売店で桜ラベルの缶ビールを1缶購入。ビール片手に桜を眺めて、プチお花見気分。自分は桜の下で宴会をするタイプのお花見はあまり好みませんが、お酒は好みます。

満開の上野公園の桜に満足したので、次のスポットである六義園へ向かいました。駒込駅で下車して、染井門から入園します。六義園と言えば枝垂桜が有名ですが、先日Twitterで散り始めとの一報が入っていました。うーん、確かに下の方に青葉が目立ちます。けれど、見る方向によっては、まだ全体がきれいに桜色に見えます。桜の花の方は、豪華と言うより可憐な印象ですね。

その後は日本庭園を散策します。立派なコブシの木を眺めつつ、吹上茶屋の前まで歩きました。ここではヤマブキが黄色い花をたくさん咲かせており、その奥には桜の木が控えています。

それからこの季節ならではの青椛も堪能しました。秋に見る紅葉も素晴らしいですが、新緑の季節に見る青椛も生命力の眩しさを感じられて好きです。他には、名前が分からなかったですが、ピンク色の花の蕾を携えた低木が可愛らしかったです。

最後に休憩処で、桜茶のセットをいただきました。暖かい桜茶と和菓子がセットになっています。

六義園を後にしたら、駒込駅から山手線をぐるっと回って目黒駅まで移動します。最初は新宿御苑にも寄るつもりでしたが、時間が足りなくなりそうなので、断念。

目黒駅から権之助坂を下り、目黒川に出ました。さっそく両岸の桜並木を望みますが、五分咲きから六分咲きといったところでしょうか。前情報の通り、満開にはまだ早いようです。全体的に西側の方が開花が進んでおり、東側の方が遅れている印象でした。しかし、西側の方が建物の陰になってしまう時間帯でしたので、何とも口惜しい状況です。

中目黒方面に向かって、目黒川沿いを歩きます。道は結構細くて、2-3人並んで歩くと幅いっぱいです。陰にはなっていますが、桜自体はそれなりに咲いているので、楽しめます。途中何回か一般道と交差しますが、アンダーパスはないので、横断歩道を渡らなくてはなりません。地味に面倒です。

中目黒駅に近づくと、人の数が増えてきます。駅前は大賑わい。撮りたい写真を撮れたら、中目黒駅に入り、東横線で離脱しました。

後はおまけの1枚。3月29日に季節外れの雪が降った際に、近所の公園の桜を撮りました。雪桜という珍しい被写体でしたが、あまり画になるショットを狙えそうになかったことと、寒さに負けた結果、あまり頑張らない出来となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


早春の鎌倉散策2020

2020年02月09日、鎌倉を散策してきました。一番の目的である梅の満開にはまだ早い時期でしたが、行こうと思ったタイミングで行かないと行きそびれてしまうので、散策してきました。カメラは、年末に新調したE-M5 markIIIです。

 

最初に向かった先は円覚寺。総門を通り山門へ向かうと、僅かに咲いている白梅が見えてきました。全体的にそこそこ開花していますが、三分咲きといったところですね。気持ちの良い青空で白梅が映える絶好の日和ですが、肝心の白梅が準備中です。そんな中、仏殿横の白梅の木が、唯一満開に近い咲きっぷりを見せてくれました。

  

その後は開基廟や黄梅院の方へ向かい、境内を散策します。この季節は、梅だけではなく水仙もきれいですね。大方丈前では、地面にひっそりと咲いた福寿草や、半分ほど咲いていた紅梅を楽しみました。緑の葉を携えたビャクシンも立派です。

 

それから仏殿裏手の淡いピンク色をした梅や、選仏場前の白梅などを楽しみました。

  

続いて向かった先は東慶寺。梅で有名なお寺ですが、こちらも三分咲き程度。その分を枝ぶりで楽しませてもらいます。本堂でお参りした後は、境内を散策します。水仙を愛でたり、寒雲亭の苔の庭園も見事でした。真っ赤な小さな花が可愛らしい木瓜は、柵で近くに寄れないため、持ってきた望遠レンズで撮影しました。

東慶寺を後にすると、亀ヶ谷坂切通しを抜けて、向かった先は英勝寺。

  

日が傾いてきて、境内の半分近くが山陰に隠れてしまう時間帯になってしまいました。鐘楼、山門、仏殿といった建物と、境内の花々を楽しみます。仏殿には干支が彫られているので、つい自分の干支を探してしまいますね。仏殿を背に水仙がたくさん咲いているところがあり、きれいです。ミツマタも少しだけ咲いていました。

それから竹林の方へ向かい、径を散策しました。それほど広くはないのですが、背の高い竹林が上方向への空間を作ってくれるおかげで、外界と区切られている感覚になります。

最後は小町通りに行きます。賑わってはいますが、新型肺炎の影響で人の少なさを感じます。観光する側としては、これくらいの方がちょうど良いのですけど。

立ち寄った先は、甘味竹よし。散策疲れを癒すために、白玉あんずクリームあんみつを注文しました。クリームにアイス、黒蜜の程よい甘さに、フルーツの爽やかさ、食べていて幸せになりますね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


皇居乾通りで紅葉観賞2019と大嘗宮見学

2019年12月04日、皇居の秋季乾通り一般公開に出かけてきました。先日の大嘗祭で使われた大嘗宮の一般公開も行われているので、併せて見学しました。

平日の朝なので、ほぼ待たされることなく進むことができましたが、それでもかなりの人数が朝から訪れています。セキュリティチェックは、手荷物チェックと身体検査の二段階で行われます。春季の一般公開時の時と同じですね。

坂下門を抜けて、正面に見えてくるのが宮内庁。近くには寄れませんが、宮殿の姿も覗くことができます。

その後は乾通りを真っすぐ進んで、紅葉を楽しみます。紅葉はまさに見頃を迎えており、天気も快晴で、色がよく映えます。最初に目に留まるのが、富士見櫓の方にある真っ赤なモミジ。富士見櫓をセットにして写真に収めたくなります。

  

乾通りを正面に見ると、深紅や赤、橙のモミジ、黄色いイチョウ、常緑樹など、色彩豊かな並びが望めて、楽しいです。時折立派なイロハモミジの木も見られて、色づきはもちろんのこと、見事な枝ぶりにも感嘆します。人は多く、一方通行規制が掛かっていますが、とりあえず普通に動ける程度の混み具合なので、良かったです。

乾門へは抜けずに、西桔橋を渡って東御苑に回ります。こちらの本丸にて、大嘗宮の一般公開が行われています。大嘗宮はわりとすぐに見えてきますが、中へ入るにはぐるっと大回りをしなくてはいけません。大嘗宮の全景を収めるのなら、大回りをして離れている時の方が良いですね。

 

大嘗宮の見学コースは、そこまで広くないこともあり、特に正面は混雑しています。写真を数枚撮ったら、流れるようにあとにしました。壁にの枝葉が整然と挿されているのが気になりましたが、こうしたひとつひとつに意味があるのでしょう。

 

裏手からも大嘗宮を望むことができます。こちらはさほど混んでいないので、ゆったりと見学できますね。楽部庁舎の傍にあるモミジと松の並びもきれいでした。

  

その後は天守台の石垣を見て、東御苑を大手門の方向へ抜けました。途中で幾つかきれいな紅葉も見られて良かったです。百人番所の向かい側のイチョウや、同心番所の上のモミジも見事な色づきでしたね。

 

東京駅から皇居に向かう道程でも、街路樹のイチョウ並木が眩しい黄色に色づいていて、きれいでした。東京駅の前では、駅舎の茶色とイチョウの黄色のコントラストが画になりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


鎌倉紅葉散策2019

2019年11月30日、鎌倉へ紅葉狩りに出かけてきました。天気は雲ひとつない快晴です。ただ、台風による塩害の影響か、または時季が合わなかったためか、紅葉真っ盛りとはなりませんでした。それでも紅葉を含め、色々と楽しんできました。

13時すぎに鎌倉駅を出発して、若宮大路に出ます。車道の中州にある道を歩いて、鶴岡八幡宮を目指します。春には桜が美しい道ですが、紅葉の方は既に終わっていました。大きな朱塗りの鳥居が見えてきたら、もうすぐ鶴岡八幡宮に到着です。

参道を歩いて本宮に向かいます。その途中で望遠レンズを使って、本宮と舞殿を同時に収めてみました。望遠レンズならではの構図であり、こうした工夫ができるところが、カメラの楽しさだなあ、と思います。

 

大銀杏がないのは寂しいですが、新しい銀杏も着実に大きく育っていますね。階段を登って本宮に参拝した後は、紅葉めぐりです。柳原神池の橋に架かる紅葉が例年見事なのですが、まだ早いようで色づいていませんでした。きれいに真っ赤に色づいていたのは1本だけでした。源平池の島の方も、紅葉していませんでした。

続いて向かった先は、源頼朝の墓。やや落葉しているものの、階段の手前にある木の黄葉がきれいです。階段を登った後は、お墓にお参りしました。

 

それから荏柄天神社へ行きます。例年大銀杏が見事なのですが、時季が遅かったようで、だいぶ落葉が進んでいました。本殿でお参りして、絵筆塚を除いたり。後は、本殿を背に赤い実を写したりして、写真を楽しみました。木漏れ日が落ちる本殿の姿もきれいで良かったです。

  

次に向かったのは、鎌倉宮。参道沿いの椛は紅葉しているものの、色合いが今一つです。しかし、ひとつ奥に入ったところにある紅葉が見事でした。赤に橙と、それぞれの色合いを楽しめます。今回の鎌倉散策で、一番見事な紅葉だったと思います。本殿でお参りしてたら、ちょうど結婚式を挙げていた団体が通っていきました。

ここから一旦鶴岡八幡宮まで戻ったら、北鎌倉方面に向かいます。本当はそろそろお昼を食べたかったのですが、拝観時間の都合で先に移動します。

    

今回最後に向かった先が建長寺。広い境内を散策します。得月楼に上がって、庭園を眺めたりもしました。それから奥の方へ進んで、半増坊に向かいます。こちらは初めてです。道中幾つか紅葉スポットがあるので、写真を楽しみつつ、階段を幾つか登っていくと、たくさんの天狗像が現れました。そこから階段を登ると本殿に到着です。

本殿のすぐ横に展望スペースがあり、富士山の姿を望むことができます。階段を登る前には見えず、結構な存在感があるので、おおっとなります。視線を西の方へずらすと、相模湾も望めます。

天園ハイキングコースは台風の影響で通行止めですが、勝上献展望台までは登れます。せっかくなので登ってみて、眺望を楽しみました。日が傾いできて、茜色に染まり始める空が美しいです。

閉門時刻が近づいてきたので、下山します。途中虫塚などに寄りつつ、16時30分に建長寺をあとにしました。

お昼を食べておらずお腹が空いているので、建長寺のすぐ前にある、かまくら五山別館にて、けんちんそば大盛と鎌倉ビール月(アルト)をいただきました。

食事を終えたら、すっかり日の落ちた北鎌倉の街を歩いて、北鎌倉駅まで移動し、今回の鎌倉散策は終了です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ソレイユの丘でヒマワリ観賞

2019年8月31日、横須賀にあるソレイユの丘で、ヒマワリを観賞してきました。ここ数年ヒマワリ畑を観賞したいと思っており、ついに実現です。9年前に美瑛で見たヒマワリ畑以来ですね。

今回は撮影が目的なので、E-PM1を持っていきます。レンズはF1.8の単焦点と、75-300mmの望遠ズームレンズです。後は手軽に撮影できるように、TG-5も持っていきます。

京急に乗って終点三崎口まで行き、そこからバスに乗ります。ソレイユの丘直行バスもありましたが、混みそうだったので、1つ手前の荒崎行きのバスに乗りました。こちらは漆山停留所で下車して、20分ほど歩く必要があります。漁港の雰囲気漂う海辺を少し歩いたら、上り坂を進んで、ソレイユの丘に到着です。

入園は無料。入口にはヒマワリのオブジェがあってきれいです。ヒマワリを目的に来ているので、テンションが上がりますね。

 

そこから真っすぐ進むと、すぐ右手にヒマワリ畑が見えてきます。シーズンとしては終わりに近いので、やや寂しい部分もありますが、それでも結構な数のヒマワリが咲いています。

 

それからメインストリート沿いの花壇にあるペチュニアやラベンダーなどを楽しみつつ、園内を散策。ホタル館を見学したり、展望台からの眺めを楽しんだりしました。園内の建物の周りにもヒマワリが植えられているスポットがあり、画になります。

その後はソレイユガーデンに行き、再びヒマワリ撮影。こちらは全体的に小振りなヒマワリですね。

夕方になったので、遅い昼食をとります。レストランプロヴァンスに入り、まぐろとしらすの二色丼をいただきました。やっぱり三崎に来たからには、鮪は食べておきたいです。

食後は入園口近くにある売店にて、ヒマワリタピオカジュースを買いました。ちょうどこの日がシーズン最後の発売日になります。パインとタピオカでヒマワリが描かれています。

最後に観覧車とヒマワリの2ショットを狙ってみたり、ヒマワリ写真の撮影を余すところなく楽しみました。

帰りは行きと同じく、漆山経由で戻りました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。