「 スキューバダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

ウェットスーツを購入

スキューバダイビングを始めてから16年くらい経ちますが、ウェットスーツはレンタルでした。さすがにいい加減マイウェットスーツを用意すべきだと思い立ち、2020年10月に購入しました。

初使用前の折り畳んだ状態

mic21の横浜本店に赴き、オーダーメイドをしてもらいました。採寸はみっちり行うので、結構時間が掛かります。時間に余裕をもって訪れるのが良いです。選んだメーカーはGULLになります。ここは明確なこだわりはなかったので、店員さんの提案ベースで選びました。厚さは5mm。よく潜るエリアは、三浦半島や伊豆、沖縄なので、3mmだと厳しいかと判断しました。寒い時期にもある程度潜れるということでセミドライもお薦めされましたが、最初は着慣れたウェットスーツにします。タイプもワンピースタイプです。

手足のファスナーはオプションで追加しました。何度かやらかした爪の剥離が怖いので、脱着は極力しやすいようにします。生地の裏側は起毛タイプなので、温かいとのこと。生地素材の都合でメイン部分のカラーは黒から変更できませんが、2箇所だけ色を指定できる部分があります。というわけで、赤と青のアイカツロゴカラーにしました。締めてのお値段は120,000円ほどですので、これはどんどん潜りに行かねば!

慶良間ダイビングで使用後、ホテルのシャワールームに干している

さっそく11月頭の慶良間ダイビングで、初使用しました。この日までに納品が間に合わない可能性がありましたが、無事に間に合って良かったです。まずは新品のウェットスーツということで、柔らかさが心地いいです。ちゃんとメンテナンスして、この状態をキープしていきたいですね。そして当然ながら、見事なフィット感が堪らないです。フィットしているので締まる感じはあるのですが、動きづらさはありません。今回は水温が26度くらいあったので、裏起毛による保温効果は確認できませんでした。すっかりマイウェットスーツに馴染んでしまいましたが、一旦レンタルウェットスーツにして、その後にマイウェットスーツに戻ってくると、よりその良さを実感できるのかな、とも思います。

そしてマイギアだと気分が上がるというのも大きいです。ただ、これまで軽器材のみの持ち運びだったので、ウェットスーツが加わると一気に重さを感じますね。

最後に保管場所は悩みの種ですが、コート等を掛けていた場所を空けて、Amazonで注文したウェットスーツ用ハンガーを用いて吊り下げています。ゴムの匂いが少し気になりますが、まあ慣れの問題でしょう。


慶良間ダイビング旅行2020~3日目、最終日

3日目、6時すぎに起床。この日は器材準備がありませんが、出発が少しだけ早いです。朝食をいただき、7時30分にホテルを出発。

準備を済ませたら、9時すぎに出港して、1時間ほどかけてポイントに向かいます。この日も天気は晴れで、気温も高め。ただ、波も昨日よりは高め。昨日が一番穏やかだったそうです。明日は台風の影響で厳しいかもしれないとのこと。

1本目は黒島の黒北ツインロックに潜ります。ドリフトダイブになります。浅場では、日の光が当たってサンゴがきれいです。ピンク色に発光するイソギンチャクとハマクマノミも撮れました。海面を見上げると波打ち際に群れている魚たちがいて、釣り糸を垂らせばいっぱい掛かりそうです。そして、深場の中層を泳いで渡っているときは、浮遊感が楽しかったです。陸では飛べないけれど、水中なら飛べるんですよね~。ドロップオフ沿いでは、一面のアオサンゴやキンギョハナダイなどの群れを楽しみました。

本数119
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 黒島/黒北ツインロック
潜水時刻10:44-11:34
水深(平均/最大)10.0m/19.6m
水温(水面/水底)28.9℃/26.6℃

2本目は渡嘉敷島のアリガーに潜ります。入ってすぐに海底ケーブルが見えてきます。こんなふうに沈んでいるんですね。クマザサハナムロやヨスジフエダイの群れ、ハダカハオコゼ、ウコンハネガイなどを観賞します。途中チンアナゴが大量にいるスポットも通りました。近づくと顔を砂に引っ込めてしまうのですが、多少引っ込んでも他がいるので、積極的に距離を縮めてOKです。とは言え、ある程度間合いをとる必要があるので、ストロボを焚いてもまだ青味が強い写真になってしまいました。他には深場でケラマハナダイ、カシワハナダイの群れを見ました。砂地にぽつんと根が浮かんでいる光景好きです。

本数120
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 渡嘉敷島/アリガー
潜水時刻12:26-13:12
水深(平均/最大)14.7m/24.0m
水温(水面/水底)27.8℃/26.6℃

船上で昼食休憩。この日もお弁当をいただきました。

3本目は前島のパライソに潜ります。若干雲が出てきましたが、何とか晴れている状況。フタスジリュウキュウスズメダイ、ロクセンスズメダイなどを観賞します。サンゴの間を泳ぐテングカワハギも見られました。サンゴ越しになってしまい、なかなか撮影は難しいです。海面と珊瑚礁の丘を映した1枚がお気に入り。アオウミガメもいたみたいですけど、気づけませんでした。

本数121
日付2020/11/02
エリア/ポイント慶良間諸島 前島/パライソ
潜水時刻14:36-15:22
水深(平均/最大)8.6m/18.5m
水温(水面/水底)29.1℃/26.5℃

慶良間は何回か潜っていますが、この日潜ったポイントはいずれも初めてだったと思います。陸に戻った後は、器材を整頓して精算を済ませてログ付け。そしてホテルへの送迎ですが、昨日と違って平日なので道が混んでいます。

ホテルに戻った後は、しばらく寛いだ後、ゆいレールに乗って県庁前駅に移動して、国際通りに向かいます。何だかんだで観光地らしい賑やかさが楽しいです。通りを奥へ進んでいき、入店したのは牛屋。沖縄県産黒毛和牛ステーキ、ライス大盛+スープセット、ドリンクは軽めでパイン&シークヮーサーサワー(泡盛)をいただきます。学生向けメニューのあるお店なので、ライス大盛の量がなかなかです。GoToトラベルの地域共通クーポン券を使って、少し贅沢に楽しみました。

22時ごろホテルへ帰還。気づいたら1時間ほど寝落ちしていました。そんなに疲れているはずなのに、何故かその後は1~2時間おきに目が覚めてしまう状況。お酒もこの日は大して飲んでいないはずなのに。

最終日、7時30分ごろ起床して、朝食をいただきます。それから荷物を整理して、9時ごろチェックアウト。那覇空港へ移動してサクララウンジでまったりします。連日のダイビングとなったため、残留窒素の計算を誤り、ダイブコンピュータの警告時間より若干早い時間になってしまったのは、反省。一応最終ダイブから18時間は経過しています。

10時15分、那覇空港を発ち羽田空港へ。復路は普通席でした。何故か往復ともに太陽が差す側の座席を取ってしまった模様。空きがなかったのかな。ともあれ、こうして今回の旅行はお終いです。


慶良間ダイビング旅行2020~2日目

6時ごろ起床して、ダイビングの準備を済ませます。それから朝食をいただきます。コロナ対策でビュッフェ形式ではなく、半セットメニュー形式になっていました。

7時40分、ダイブショップの送迎車に乗って、移動します。今回お世話になるのは、マリンハウスシーサーさん。慶良間に行くときは、いつもこちらにお世話になっています。

準備を済ませて港に移動し、9時すぎに出港しました。ポイントまでは1時間ほどの船旅。天気は晴れで、気温も高めで、30度手前まで上がります。もう少し寒いかと思っていましたが、予想外でした。海に潜る前のウェットスーツでは、暑さを感じるほどです。

1本目は久場島の紺瀬に潜ります。まずは細い水路を進んで青の洞窟へ向かいます。透明度も20メートルくらいあるので、遠くまで青く抜ける様子を楽しめます。生き物はムカデミノウミウシなどを見ました。全体的に地形メインで生き物は少なめの印象です。浅場がメインだったので、太陽の光がよく届いて、明るい海を満喫しました。

本数116
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/紺瀬
潜水時刻11:05-11:49
水深(平均/最大)8.3m/12.7,
水温(水面/水底)28.4℃/26.8℃

2本目は久場西隠れ根に潜ります。ドリフトダイブで、大きな根の周りを回っていきます。ドロップオフに沿って泳いでいくので、色々な魚群が見れて賑やかです。キンギョハナダイ、ナンヨウハギ、カスミチョウチョウウオなどを見ました。青味を排してもっときれいに色を出したいのですが、なかなか難しいですね。

本数117
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/久場西隠れ根
潜水時刻12:47-13:30
水深(平均/最大)11.5m/22.3m
水温(水面/水底)26.5℃/26.5℃

2本終えたら船上で昼食タイム。事前に注文したお弁当をいただきます。沖縄を感じるお弁当です。

3本目は奥武島のトリプルストーンへ潜ります。海中が流れがややある状況です。トリプルストーンの名前の通り、3本の根がありますので、それらの根を巡って生き物を観察します。ホシゾラワラエビ、アカシマシラヒゲエビ、ハダカハオコゼ、ミナミハコフグ、そしてスカシテンジクダイの群れなどを見られました。イソコンペイトウガニは姿こそ見られましたが、穴に引っ込んでしまい、写真は撮れませんでした。

本数118
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 奥武島/トリプルストーン
潜水時刻14:38-15:22
水深(平均/最大)14.3m/19.2m
水温(水面/水底)26.8℃/26.5℃

ダイビングを終えたら帰港し、器材片付けとログ付けを行ない、18時30分ごろホテルへ戻りました。

夕食はGoToトラベルのクーポン券が使える居酒屋に行くつもりでしたが、当てにしていた2軒とも開いていません。う~ん、昨日のラーメン屋といい、何だか食事処運がない気がする今回の旅行。

あてもなくぶらついている中で、目に留まった串角に入店しました。沖縄に来たらやはりオリオンビールを飲みたいので、瓶ビールを注文。ジョッキはなかったです。それから山ザク、串5本盛り合わせ、自家製つくねを注文。串焼きにはゴーヤの肉巻きがあり、沖縄を感じます。ただ自分はゴーヤの苦味がどちらかと言うと苦手だったりします^^;。〆はソース焼きそばをいただきました。最近沖縄での〆は、焼きそばにすることが多いですね。

22時ごろホテルに戻ったら、23時30分ごろ就寝。明日のダイビングに備えます。


初島ダイビング

2020年08月22日、初島でダイビングをしてきました。以前から興味はありつつ、なかなか機会がなくて行けませんでしたが、ついに潜ってきました。

6時手前に最寄駅から東海道線に乗り、7時40分ごろ熱海駅に到着。グリーン車なので快適です。熱海駅に到着後は、シーフロントさんにお迎えいただき、熱海港まで移動します。しばらくターミナルで待ったあと、8時40分発のフェリーで30分ほど揺られて、初島に到着です。

下船後は数分歩いて、ダイビングセンターまで移動します。自分は軽器材のみでしたので、そのまま歩いて運びましたが、車で運んでくれるサービスもあります。

今回は2本ともビーチエントリーです。ゲストは自分を入れて計2名。炎天下でのセッティングで汗がダラダラ零れて、早く海に入りたい熱が高まります。

1本目はイサキネ。ネコザメを見ることを目的に、少し遠いところまで泳ぎます。さっそくキビナゴやイサキの群れが出てきて、魚影の濃さに驚かされます。さあ、写真を撮るぞ~、と思っていたら、外部ストロボがハウジングからポロリと外れてしまいました。その後何度か付け直すものの、再び外れてしまい、てんやわんや。かなりきつく締めることで、固定されました。手が少し痛む程度の力で締めないと駄目ですね。

前述のように目的の場所まで多少距離があり、カレントもアゲインストなので、ちょっぴり疲れます。概ねポイントに着いたら、深く潜っていきます。NDLの都合があるので、深場の捜索をガイドが行っている間は、我々は中層で待機します。

するとヒラメが現れました。パッと見はわかりにくいですが、良く見ればはっきりと分かります。結構大きくて座布団サイズをちょっと超える程度でしょうか。

そして主役であるネコザメの登場です。大きい個体、中程度の個体の2個体がいました。岩の上に鎮座しています。色々なアングルから撮影してみました。正面から見た顔が可愛いです。もう少し寄れば良かったのか、フラッシュを焚いたものは泡が映り込んでしまい、いまいちでした。

無事にネコザメに遭えた後は、来た道を戻ります。途中、遠くてうっすらでしたが、コブダイに遭えました。

本数114
日付2020/08/22
エリア/ポイント初島/イサキネ
潜水時刻10:02-10:44
水深(平均/最大)13.3m/25.3m
水温(水面/水底)28.6℃/21.9℃

小一時間ほど水面休憩。青い空に青い海、夏らしい景色を楽しみます。ただ、ひたすらに暑いですね。海の中の深場は、21度程度でヒンヤリしているのに。水面付近は27度程度なので、一番気持ちの良い水温です。

2本目はフタツネ。砂地で色々探していく感じになります。まずは岩場に貼りついていたオオモンカエルアンコウ。とても顔が分かりやすい格好でスタンバイしてくれています。

それから砂地へいってカスザメを捜索。ガイドが砂の中から見つけてくれました。がっつり砂を被っているので、自分では気づけないですねえ。その後はセミホウボウが登場。飛ぶように泳いでいくのが印象的でした。

サカタザメは何回か遭遇しました。光がある分、浅場で出合った方がきれいに撮れました。

家のフレームのような漁礁を過ぎていくと、輪っかで印付けされたジョーフィッシュの巣穴がありました。だいぶ寄っても顔を引っ込めないでいてくれたので、結構良い写真が撮れました。他にはカリフラワーのようなソフトコーラル、アオリイカの卵などを見ました。エグジット手前で見たキビナゴの大群もきれいでした。

本数115
日付2020/08/22
エリア/ポイント初島/フタツネ
潜水時刻11:55-12:45
水深(平均/最大)13.4m/20.1m
水温(水面/水底)28.0℃/22.2℃

想像以上に魚影が濃くて、サメなどの大物も見られて、満足のダイブでした。ルンルン気分で器材片付けをしていたら、ウェットスーツを脱ぐときに左手親指の爪をスーツに引っかけて、ペロリと剥がしてしまいました。うわー、メキシコでやらかして以来かな。途中で気づいて止めたので、5分の1程度の剥離で済みましたが、爪の端にうっすら鮮血が伝います。気を付けよう……深爪は良くないと聞いてあまり切っていないのですが、ダイビング前は多少短めに切っておいた方が良いですね。

昼食は島の食堂街でとるつもりでしたが、結構混んでいます。行列だったり、営業終了だったり。そんな中、ギリギリ入れた中石亭にて、鯵ねぎとろ丼をいただきました。丼はもちろん、セットで付いてくる海苔の味噌汁も美味しいです。

14時40分のフェリーで熱海港に戻ります。30分程度の船旅ですが、旅情を感じられて良いです。熱海港に着いたら、熱海駅まで送っていただきました。

このまま電車で帰っても良いのですが、せっかくなので熱海で軽く飲んでいきたいと思い、ウロウロ散策して、だるまに入店しました。まずはビール。伊豆ラベルとありましたが、限定生産なので今は普通の黒ラベルになっているようです。そして食事はだるま膳。お寿司と蕎麦と天ぷらを味わえます。せっかくなので蕎麦を大盛にしましたが、さすがに2時間前に食事をしているので、かなり満腹になりつつも、完食しました。

熱海駅に戻ったら、東海道線のグリーン車で帰りました。さほど高くなく、少しラグジュアリーな気分を味わえるので、グリーン車で伊豆方面に行くの、癖になりそうです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


南紀の旅~4日目(古座ダイビング)

4日目、6時45分ごろ起床して、ダイビングの支度と朝食を済ませます。8時30分ごろ、ダイビングショップに迎えにきてもらって、ショップへ移動しました。

この日も潜るポイントは上の島となります。なお、この日はログ付けをする時間がなかったので、生物の名前は、自分で写真から調べたものも多く、間違っているかもしれません。生物図鑑一冊くらい持っておこうかな。インターネットでも何とか調べられるけれど。

1本目は、ゴマフビロードウミウシ、ミノウミウシの一種(特定できず)、ヒョウモンウミウシなどのウミウシ類や、ルリスズメダイ、キンギョハナダイの群れを見ました。岩陰にはヒメゴンベの姿も。

本数112
日付2020/07/26
エリア/ポイント古座/上の島
潜水時刻10:02-10:44
水深(平均/最大)16.7m/28.2m
水温20.6℃

1本目を終えたタイミングで昼食。この日は注文弁当です。

2本目は、コガネミノウミウシ、ゾウゲイロウミウシ、あと種別不明のウミウシを見ました。ガラスハゼやソフトコーラルに見事に擬態しているエビも。エビの擬態は見事で、教えてもらってもしばらくは気づけませんでした。ちなみに1本目はわりと暖かく感じましたが、2本目は寒かったですね。ダイコンの測定を見ても、1度超低かったようです。

本数113
日付2020/07/26
エリア/ポイント古座/上の島
潜水時刻12:35-13:11
水深(平均/最大)17.8m/24.2m
水温19.3℃

この後は古座川へオオサンショウウオダイブに向かいます。雨の様子が気になりますが、この時点では大丈夫そうとの情報なので、車で1時間ほど川の上流へ向かいます。ところが上流に向かうにつれて、怒涛の土砂降りになってきて、雷まで鳴り始めてきました。結果、増水による川の透明度低下に伴い、オオサンショウウオの発見、観察も難しいとの判断になり、キャンセルとなりました。いや~残念でしたが仕方ない。道中に見た古座川の一枚岩が圧倒的迫力でした。後で天気予報を見返すと、ちょうど我々が行ったタイミングで大雨でしたが、10時台にはその2倍程度の降水量があったみたいなので、2回目の大雨で完全に駄目になってしまった感じですかね。

ホテルに戻った後はしばらくまったり。ふと窓の外を見ると、大きな虹が架かっていました。後ろが青空ではないのであまり色は映えませんでしたが、写真をパシャリ。

それから夕食のため、サンドリアへ向かいます。昨晩は和食でしたので、この日は洋食の気分です。注文したのはイノブタメンチカツ。そしてハイボール1杯。さらにデザートにチーズケーキを頼みました。本当はパフェを食べるつもりでしたが、連休中の人出で生クリームが在庫切れとのこと。メンチカツのサクサク衣とソースを絡めて、美味しくいただきました。

ホテルに戻ったら、ベッドの上でダラダラ。何だかそのまま寝落ちしてしまいそうな感じでしたので、一念発起して離れの温泉に浸かってきました。そしたら眠気が一気に吹っ飛んだ感じで、逆になかなか寝付けなくなって困りました。TVerなどで今朝放送のニチアサ番組を視聴しつつ、2時ごろ就寝しました。