「 スキューバダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

葉山でダイビング2021初夏

2021年6月26日、葉山でダイビングしてきました。先月購入したフードベストを初使用です。7月に入る前なので少し水温が低いかと思っていましたが、予想以上に暖かかったです。

ショップはNANAさん。逗子駅でピックアップしていただき、ショップへ。準備を済ませたら港へ移動します。

1本目は御用邸前。比較的深場で色々探すので、残圧とNDLに注意しつつのダイビングとなります。透明度はあまり高くないので、潜行時に水底が見えないのは、毎回微妙に怖いです。

まずは、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ゼブラガニなどの甲殻類。イボイソバナガニは擬態が見事で、しっかり撮れた写真を見ても、なかなか気づけませんでした。

そして、キイロウミコチョウやハナイロウミウシなどのウミウシ類を見られました。キイロウミコチョウはピカチュウ感が強いですね。ピカチュウウミウシといえばウデフリツノザヤウミウシですが、キイロウミコチョウの方がピカチュウっぽいのでは、と思っています。

ガラスハゼのハッチアウトは、水中では気づきませんでしたが、まだ孵っていない個体がいくつかいたようです。写真を拡大してみると、目玉が見えるので、そこで判ります。ただ、大半は孵ってしまったようで、殻だけでした。

やがて、残圧とNDLがほぼ同時に規定値に達しました。他の方はエンリッチだったこともあり、アンカーロープまで誘導してもらったら、予定通り自分だけ先行して単独エグジット。

本数131
日付2021/06/26
エリア/ポイント葉山/御用邸前
潜水時刻09:37-10:15
水深(平均/最大)17.5m/21.1m
水温(水面/水底)24.3℃/22.4℃

潜り終えた後は、港でしばらく水面休憩。港からポイントまで5~10分程度なので、楽で良いです。

2本目は、裕次郎灯台沖です。さっそく出合えたのがダンゴウオ。ウェットスーツオンリーなので、シーズン的に実は出合えたのは初めてだったりします。一応ブログを検索する限りヒットしなかったので、初めてのはず。だいぶ成長しているとはいえ、それでも小さく、海草の陰にいて、あまり刺激をするわけにもいかないので、撮影はなかなか大変でした。結局ピントは少しボケていますね。

他には岩穴から顔だけ覗かせているイワアナコゲギンポ、岩面に産み付けた卵を守るスズメダイ、アオウミウシ、フサマツカサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシなどのウミウシ類を見られました。

ネンブツダイの口内保育は見られたような、そうでないような……。はっきりとは見れていません。写真を狙って、特定の個体にヤマを張って追い掛けていたせいもあるかも。

砂地では、コウイカやサビハゼの群れを見られました。

本数132
日付2021/06/26
エリア/ポイント葉山/裕次郎灯台沖
潜水時刻11:45-12:46
水深(平均/最大)11.8m/15.1m
水温(水面/水底)24.4℃/22.6℃

ダイビング後は、ショップで昼食に漬けまぐろ丼をいただき、それからログ付けして、終了。ビンゴ揃えるのは、なかなか大変そう~

今回は透明度は6~8m程度でしたので、近くの様子はそれなりにはっきり分かりますが、少し離れると途端に見えなくなります。そんな時、ライトによる誘導が分かりやすかったです。写真撮影時にも使えますし、自前で1つ用意したほうがいいかなあ、と考えています。

そして前回の与那国島には持っていかなかったので、久しぶりのストロボS-2000ですが、光量調整を毎回勘違いして、白飛びさせがちです。マニュアル時にダイヤル中央にある+/-表記に引きずられて、-方向が光量が少ないと思い込んでしまうのですが、実際には逆です。S-TTLとマニュアルで、光量の強弱とダイヤルの回転方向が逆になるの、分かりづらいです……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


フードベストを買いました

昨年ウェットスーツを買いましたが、自分は基本的にウェットスーツで潜ります。ドライスーツを着たのは、流氷ダイビングの時の1回きりです。いずれはドライスーツも購入して、潜れる幅を広げたいと考えていますが、先のお話。

というわけで、ウェットスーツ装備で快適に潜れるシーズンを少しでも増やすための選択肢として、フードベストがあります。なお、ウェットスーツ自体をロクハンにする方法もありますが、南国に潜りにいくことも考えて、5mmにしています。

2021年5月29日、mic21の横浜本店で購入したのは、BismのTi2フードベストロングWBです。フードベストは大きく分けて、前面にジッパーのあるタイプと、頭から被るタイプがありますが、着脱のしやすさから前者を選びました。レンタルでは常に後者のタイプだったので、どうせ買うなら違うタイプにしてみました。

さっそく葉山でのダイビングで使用してきました。元々ウェットスーツがオーダーメイドでフィット感が高いので、その状態でフードベストを着込むと、多少圧迫感は気になりますね。ただ、しばらく時間が経つと、特に気にならなくなりました。

ウェットスーツ自体裏起毛で保温性の高いものにしているので、さらにフードベストを着込むことで、より快適になるはずです。ただ、この日は水温が24度弱あって、わりと温かかったので、はっきりとした効果はわかりませんでした。一応体感温度は1~2度上がるらしいのですが。

収納は、折り畳み式のハンガーを買って、ウェットスーツの隣に架けています。なるべくシワをつけたくないのですが、フードの付け根の部分は重力の都合でどうしてもシワになっちゃいますね。


与那国島と石垣島旅行~4日目

4日目、6時30分ごろ起きて荷支度を済ませます。7時30分ごろ、朝食をいただき、ロビーでチェックアウト手続き。ダイビングは今日も行きます。明日の天気が下り坂なので、島内観光を今日すべきか迷ったのですが、やはりメインはダイビングということでダイビングに当てました。

1本目は西崎でハンマー狙い。しかしハンマー不発でした。その代わり、海中を漂う発光プランクトンが星空のようできれいでした。ドリフトダイビングで毎回見られるわけではないです。

本数128
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻08:53-09:29
水深(平均/最大)14.5m/20.3m
水温(水面/水底)25.5℃/24.8℃

2本目も西崎でハンマー狙い。後半に中層でハンマーヘッドシャーク2匹が近くを泳いでくれました。これまでで一番近くで見られたと思います。遠くからやって来て、少しの間近くに来て、それから去っていきました。途中ぐるっと体の向きを変えてくれるタイミングがあったので、ハンマー部分がよく見えました。真横からだと薄い線状になってしまうので、少しわかりにくいです。でも真横からだと目が見えます。

本数129
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻11:27-12:03
水深(平均/最大)15.7m/27.9m
水温(水面/水底)26.0℃/24.5℃

3本目の前に昼食タイム。この日のメニューはマーボー丼。例によってスマホ故障のため、写真はありません。

3本目は海底遺跡。与那国島に来たら、ハンマーヘッドシャーク狙いと海底遺跡に行ってみたかったので、無事行くことができて良かったです。本来冬の時期は北風なので遺跡ポイントに行きやすいのですが、ここ数日は南風が続いたので行けませんでした。久部良からは島の裏側に当たるので、ボートで15分ほどです。

水路跡や石柱といった遺構を眺めつつ、いよいよメインテラスへ向かいます。メインテラス前は結構流れています。トンネルを抜けてすぐに崖の陰に隠れないと、身体が流されてしまいます。流れていなければ、メインテラスの上に皆で座ったりできるそうですが、この日は無理なので、流れにのって観覧しました。そこには、各媒体で目にする写真でお馴染みの光景が広がっています。テラスの上の方ではアオブダイが10匹ほど群れで泳いでおり、優雅な景色でした。

遺跡か自然の産物か、結論が出ていない海底遺跡ですが、実際に潜ってみて個人的な感想を言わせてもらえば、極めて美しい自然の造形美、ですかね。メインテラスの階段とか、あまりに美しい直方体なので、まるで人工物のように思えるのですが、周辺に少し形の崩れた直方体の岩などが転がっている様子を見ると、メインテラスがたまたま極端に均整の取れた場所だったのかな、と思えます。でも遺跡かもしれないというロマンは残って欲しいですね。

本数130
日付2021/02/26
エリア/ポイント与那国島/海底遺跡
潜水時刻15:12-15:50
水深(平均/最大)13.0m/18.1m
水温(水面/水底)25.4℃/24.6℃

器材のパッキングや代金の支払い等を終えたら、次の宿泊先へ送っていただきます。

この日からの宿泊先は、アイランドホテルさんです。与那国島唯一のリゾートホテルになります。17時すぎにチェックイン。念のため明日のレンタサイクルを予約しておきます。

それから18時ごろ、夕食をいただきます。島御膳で様々なメニューを摘まみつつ、ビールで喉を潤します。ホテルの外にある売店で飲み物や食べ物を買い出して、部屋に戻った後は、少々夜更かし。明日はダイビングもなく、時間も自由なのでね。1時すぎに就寝しました。


与那国島と石垣島旅行~3日目

3日目、6時30分ごろ起きて7時30分ごろ朝食をいただきます。この日は昨日と違って前発なので、あまり時間なく出港です。

1本目は西崎でハンマー狙い。しかしハンマーは不発でした。底の方にちょろちょろはいたらしいのですが、はっきりとは気づきませんでした。それでも青一面の中輝く海中の発光プランクトンが星のようできれいでした。大物狙いのドリフトダイビングは初めてですが、マクロ狙いの普段とは違う感覚が楽しいです。当たり外れは大きいですけど、青一面のなかを流れに乗って進んでいくのは、海に抱かれているような癒しを感じます。

本数125
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻08:49-09:26
水深(平均/最大)12.5m/22.5m
水温(水面/水底)24.7℃/24.4℃

2本目も西崎でハンマー狙い。後半で水底に単体が各々の方向に出現しました。群れではなさそうです。とはいえ水底は遠く、シルエットで微かにハンマー部分が分かる程度。ところが、1匹だけ少し浅いところまで泳いできたので、近くで見られました。それでも自分より結構深い場所にいたはずですが、何だか横向きに泳いでいたのか、横姿を写真に収めることができました。一瞬潜った最深が37m近くでしたが、それでもさらに深くにいたので、底はかなり深いですね。

本数126
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻11:45-12:20
水深(平均/最大)15.1m/36.8m
水温(水面/水底)24.9℃/24.2℃

2本目の後は昼食タイム。この日のメニューはソパスでした。耳慣れないメニューですが、フィリピンの具沢山スープです。例によってスマホが壊れたため、写真はありません。

3本目も西崎でハンマー狙い。反対側に大きな群れがいたらしいですが、自分は見られませんでした。反対側にいた別のチームが爆速で泳いで追いかける光景を見送りました。すごい泳力。他にはイソマグロ単体を見たりしました。ところでドリフトダイビングで苦手に感じていることが、エグジット時の水面待機です。どうも足が浮き上がって水平になってしまいがちです。上手く垂直をキープ出来る場合もあるのですが、コントロールしきれていない感じです。垂直にならないとチームで小さくまとまる時に困るので、この辺のスキルを整えないとなあ、と感じています。

本数127
日付2021/02/25
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻14:37-15:07
水深(平均/最大)14.2m/25.8m
水温(水面/水底)24.9℃/23.6℃

18時ごろ夕食をいただきます。そしてこの日はビールではなく、缶チューハイWATTAのパッションフルーツをいただきました。その後は雑談しつつ、お菓子を肴にボトルキープされていた泡盛もいただいたりしました。飲みやすくてついつい入ってしまいます。ダイビングはこの日までの予定でしたが、諸々考えて明日まで延長手続き。21時すぎに就寝しました。


与那国島と石垣島旅行~2日目

6時30分ごろ起きて、7時30分ごろ朝食をいただきます。その後はしばらく部屋で寛ぎます。ポイントが近いこともあり、1隻の船を2便体制で運用しているので、後発のスケジュールの場合、先発が帰ってきた後に乗船するので、朝がゆっくりになります。

1本目は久部良バリ。チェックダイブを兼ねたダイビングかと思います。アルミタンクで、ボート後ろからジャイアントストライドエントリー。ただしラダーでタンクをぶつけないように、縦に落ちるのではなく、前に倒れ込むようなスタイルでエントリーします。ツノダシ、ナンヨウハギ、クマノミ、岩陰に隠れるウツボなど色々な生き物を見ました。後ろ姿だけですが、アオウミガメも見られました。外付けストロボは旅行には持参しましたが、ハンマー狙いでは使用禁止ということもあり、部屋に置いてきました。なのでマクロも青っぽい写真ばかりになっています。

本数122
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/久部良バリ
潜水時刻10:18-10:56
水深(平均/最大)14.6m/19.9m
水温(水面/水底)23.7℃/23.3℃

2本目の前に昼食タイム。いただいたのはドライカレーです。スマホで写真に収めていたのですが、データを取り出す前にスマホが故障してしまったので、写真がありません。

2本目は西崎。ここからハンマーヘッドシャーク狙いのドリフトダイビングになります。前半は水底がほぼ見えない青一面の中でのドリフトで、不思議な感覚です。後半はうっすらと水底が見えてきました。途中前方にかなりうっすらとハンマーの影を捉えることができました。でも写真ではノイズ程度にしか映りませんでした。ハンマー以外には、イソマグロの50匹くらいの玉や、縦に伸びた群れを見られました。

本数123
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻13:17-13:51
水深(平均/最大)12.4m/17.5m
水温(水面/水底)25.3℃/23.9℃

3本目も西崎。ハンマー狙いです。前半と後半でそれぞれ水底付近を泳ぐ数個体を見られました。動いている様子を見ると、それがハンマーヘッドシャークだと分かりますが、写真で静止画にしてしまうと遠いこともあり、存外分かりにくいです。動画で撮影した方が良かったかな。大きく撮ろうと望遠端に寄せてもぼやけて却って見えにくくなる気がするので、広角端で撮って後でトリミングした方が良いかと思います。

本数124
日付2021/02/24
エリア/ポイント与那国島/西崎
潜水時刻15:45-16:22
水深(平均/最大)14.5m/28m
水温(水面/水底)26.2℃/24.1℃

17時15分ごろ、最西端の地を目指して、少しお散歩します。宿から歩いてだいたい10分程度。東屋と西崎灯台が見えてきました。雲が出ているので夕日は見えませんでしたが、最西端の石碑越しに海を望みました。今この瞬間、日本で一番西の陸地に立っているのが自分だと思うと、テンションが上がります。

18時、夕食をいただきます。品数も多く、バラエティも豊かで、美味しいです。そしてこの日もビールを飲んじゃいました。21時すぎには就寝しました。