槍ヶ岳登山旅行~2日目(登山初日)

2日目、4時すぎに起床して、5時すぎにホテルをチェックアウトしました。コンビニで買い出しを済ませたら、松本バスターミナルへ向かい、5時30分発のナショナルパークライナーに乗ります。こちらは予約制ですが、新島々駅での乗り継ぎなしで上高地まで行くことができます。

バスに揺られること1時間半、7時すぎに上高地バスターミナルに着きました。登山届を提出したら、さっそく朝の上高地を歩き始めます。道端には様々な花が咲いていて、ついついシャッターを切ってしまいます。

河童橋、小梨平を抜けて、明神館方面へ歩きます。天気は青空が見える好天です。森の中の小川からは、川霧が立ち上っており、木漏れ日に照らされる光景が美しいです。

明神館に着いたら、徳沢ロッヂ方面に歩き続けます。ナエシ、ソバナ、トモエソウなど、様々な草花を楽しみます。徳沢ロッジ付近では、アゲハチョウを見ることができました。人に対する警戒心が薄いのか、結構寄っても逃げなかったです。

徳沢ロッヂからは横尾山荘に向けて歩きます。初めて歩いた昨年はそれなりに長く感じましたが、2回目で距離感も分かっており、傾斜もかなり緩いので、今回はあっという間に感じました。

横尾山荘前で少し休憩したら、槍沢方面へ進みます。昨年は涸沢方面に進んだので、ここから初めての道になります。道が細くなり、岩なども出てきて、登山道らしくなります。時折短い急登がありますが、全体的にはまだ平坦な道です。

近くを梓川が流れており、そこへ流れ込む小さな沢が登山道を横切ります。登山道は樹林帯の中ですが、川の部分は日が当たるので、気持ちの良い景色が広がります。一の俣、二の俣で橋を渡り、槍沢を進んでいきます。

センジュガンビ、コウゾリナ、トリカブトなどの草花を愛でつつ、徐々に勾配を増していく道を歩いていきます。槍沢ロッヂ手前は頑張りどころ。ミニ水力発電の案内に励まされます。

11時30分ごろ、槍沢ロッヂに着きました。チェックイン手続きを済ませたら、しばしゆっくりします。一番乗りだったようで、大部屋の端が割り当てられました。少し寛いだ後は、昼食にビーフカレーライスをいただきます。

槍沢ロッヂは沢の樹林帯の中に建っているので、展望はあまり開けていませんが、小屋の周りは木がないので、その分の眺望を楽しめます。草の先に留まっていた赤トンボを撮影したりして楽しみました。

それから、お風呂に入ります。水が豊富な沢沿いなので、山小屋でお風呂に入れるのです。疲れた身体にお湯の温かさが染み渡りますね。お湯自体は入れ替わらないので、多くの人が入った後だと、水面の汚れが気になると思いますが。

その後部屋に戻ると、徐々に雲が広がってきて、やがて雨が降り始めました。形態の電波が不安定なので、あまりネットサーフィンも出来ず、時間を持て余してゴロゴロします。毎回暇潰しアイテムを持って来ようと思うのですが、なかなか良いものがなく。文庫本とか良さそうに思えますけど、自分は読まないですからねえ。

17時、夕食をいただきます。肉あり、魚ありのメニュー。お腹を満たしたら、部屋でまったりして、20時の消灯で就寝しました。


槍ヶ岳登山旅行~初日

初日、14時手前に家を出発します。松本は昨年に観光したので、今回はまったり夕方入りすることにしました。南武線で立川駅まで移動したら、あずさ33号に乗り、一路松本へ。途中から雨も降り出して不安になるお天気です。車窓からは北岳も見えて、いつか登りたいなあ、と思いました。

17時40分ごろ、松本駅に着きました。さっそくアルピコプラザホテルにチェックインします。翌朝のバス乗車を考えて、バスターミナルに近いホテルを選びました。

少し部屋で寛いだら、お出かけ。松本パルコ内にある好日山荘にて、インナーシーツを買いました。本当は事前に買っておきたかったのですが、時間がなくて買えなかったので、旅行中の調達となりました。

それから、そばきりみよ田にて夕食をいただきます。たたき長芋磯海苔風味そば大盛を頼み、それから生ビールとおつまみの葉わさび漬け。葉わさび漬けが思いのほか辛くて、ツーンと染みました。というか、蕎麦の薬味でもわさびが付いてきて、わさび被りだと後で気づきました。

それからマツキヨにて日焼け止めを購入し、20時すぎにホテルへ戻りました。だらだらとオリンピックの陸上競技などを見つつ、22時すぎに就寝しました。


中川沿いをサイクリング~2021年初秋

2021年09月05日、江戸川CRから中川CRへの移動ルート改善を目論み、走ってきました。あまりがっつり走る気分ではなかったので、軽く走って戻る予定でしたが、走り出すと何だかんだで気持ちよくなり、予定より走ってしまいました。

走行前に、新しく購入したライト類を装着して、タイヤに空気を充填します。少し日が空いたので、空気の抜けがはっきりわかります。

15時すぎ、江戸川CRを南へ走り始めます。天気は曇天ですが、雨は大丈夫そうです。ただし、これまでに降った雨で時折水溜りができているので、跳ねないように最徐行します。

流山橋を渡って埼玉側に入り、さらに南下します。天気が微妙なためか、人の数はやや少なめ。三郷排水機場が見えたら、下道に入ります。ここから三郷放水路に沿って中川への合流を目指します。時折信号なしの幹線にぶつかりますが、そこまで交通量は多くないので走りやすいです。こうして放水路の終点まで着きました。

ここから中川沿いに入るまで、葛飾吉川松伏線を走り、さらに渡る必要があります。結構交通量が多いので大変です。ここは無理に川沿いに行かず、路地を走って新中川橋まで出て、信号のあるところを渡るルートが懸命なのかもしれません。

新中川橋を渡ったら、川沿いに走り、細い自転車道に入ります。前回はここに気づかず、潮止通りを走っていました。潮止通りはそこそこ交通量があるので気疲れします。スピードを出して走りたい場合は潮止通りの方が良いですが、自分はのんびりで良いので、こちらの細い自転車道を走ります。

本当に細い道で、カーブも多いので、常時徐行運転となります。町の中を縫うように走っていく感覚が面白いです。途中、道の真ん中で寛ぐ猫に出合いました。近づいても逃げることなく、こちらに視線を送り、お腹を見せて鳴き始めました。首輪はしていませんでしたが、とても人馴れしています。ただ、自転車で先に進む必要があるので、ゆっくり隣を通ろうとしたら、驚いて草むらに隠れてしまいました。

その後中川沿いの広い自転車道に合流します。しばらく走ると、中川やしおフラワーパークが見えてきました。特に目玉の花があるわけではないですが、花壇に咲く花々が可愛らしいです。

それから共和橋を渡って対岸へ戻ります。空を見ると雲が切れて、青空が見え始めました。中川沿いをしばらく下り、三郷中央駅西交差点のある道路へ入ります。前述交差点から大きな幹線になりますが、道幅のわりには交通量は多くないので走りやすいです。島忠のあたりでつくばエクスプレス高架と合流するので、あとは高架沿いに江戸川CRまで向かいます。

そして江戸川CRで帰途へ着くだけのはずでしたが、空を見上げると七色の虹が見えました。レインボーライブ再放送日に虹を見られるとは、プリズムのきらめきはここに。

思いがけない虹の登場にしばしまったりしたので、みさとの風ひろばにて小休憩。トイレがあるのがありがたいです。自販機はなかったかな。そして17時30分ごろ、走り終えました。

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離23.45km
平均速度9.8km/h
平均移動速度15.1km/h
最高速度35.1km/h
走行時間2:23:12
移動時間1:33:17
平均心拍数121bpm

江戸川CRから中川への接続改善の模索が今回の目的でしたが、そこそこ改善できました。まだ改善の余地はあると思いますので、また走りにいきたいと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


フロントライトとリアライトを装着

ロードバイクのフロントライトとリアライトを新しく購入しました。最初の動機は、これまで使用していたフロントライト(HL-EL135)の光量が不足していると感じたためです。ロードバイク車体購入時に買ったきりで、夜間走行機会も多くないので不問にしてきましたが、ヒヤリハットがあったため買い替えを決めました。後方もリフレクターのみではなく、ライトも付けたほうが安全だと考え、併せて購入を検討します。というわけで、バイシクルセオ新松戸店に出かけてきました。

フロントライトは、AMPP800になります。800/400/200ルーメンの3つの明るさと、その他2つのモードがあります。恐らく400ルーメンをメインで使うことになると思います。USB給電式なので出先でバッテリーが切れた際に、コンビニに駆け込んで乾電池交換ができない点がやや気がかりですが、まあ充電さえしておけば、実際問題になることはないかなあ、と思います。

とりあえずハンドル部分にブラケットを装着しました。実際に点灯使用はしていないので、再調整できるようにバンドは切っていません。対向者考慮の少し下向きの加減が難しいです。なお、以前のライトは補助灯として利用をするつもりです。点滅させたり、メインのバックアップだったり。

続いてリアライトは、REFLEX-AUTO(TL-LD570-R)になります。ライトとリフレクターを兼ねたものになります。リフレクターは既存のものがあるのでライト単機能でも良かったのですが、ひとつにまとめてみました。以前より幅広なので、視認性も良いはずです。

バッテリーは乾電池式になります。リアライトという性質上バッテリー切れに気づきにくいですが、リフレクターがあれば道交法的にはOKです。そして点灯も自動的に行なってくれます。具体的には周囲の明るさと振動の有無から判断して検知します。フロントライトと違い、走行時に点灯有無が見えないので、これは助かりそうです。

こちらはシートポストに装着しました。シートポストにはこれまでサドルバッグを装着していましたが、こちらは外します。車体購入時に併せて購入したものですが、容量が足りずに携帯空気入れが入らないので、結局別にザックを背負う必要があり、あまりメリットがなかったからです。現状タイヤレバーだけを入れていました。まあ、最初に買ったものだから仕方ないですけど。なお、用途が被る既存のリフレクターは外しました。

装着後に試走行はしましたが、実際に点灯させての走行はまだです。何度か使ってみて、また感想を書けたらと思います。


劇場版きんいろモザイク Thank you!!鑑賞+舞台挨拶ライブビューイング

2021年08月21日、チネチッタにて劇場版「きんいろモザイク Thank you!!」を鑑賞してきました。新宿のバルト9で行なわれている舞台挨拶のライブビューイング付きになります。というか、チネチッタでも翌日に舞台挨拶があるのですが、映画自体に気づいたのがチケット発売翌日という体たらくでしたので、完売御礼でした。

舞台挨拶感想

上映前に舞台挨拶があります。なのでネタバレなしのトークになります。上映後はネタバレトークOKの良さがありますし、上映前はトークの内容を踏まえて本編を見れる良さがあります。

キャストの皆さんの仲が良いので、色々エピソードトークも豊富で楽しい舞台挨拶になりました。文章で繋げるのは大変なので、箇条書きで書き連ねます。例によって僅かなメモと記憶ベースなので、間違っている箇所もあると思います。

  • 原作最終回のときには、みんなで集まってチーズフォンデュしたり、ソーセージ作って食べたり。
  • その後連載された「Best wish」。これもアニメ化してほしいねー、という話。
  • 印象的なシーンについて。
    • 夏の海に行く回で、電車のなかでみかんに顔を描いたシーン。
    • “あーやややや”という綾のおばあちゃんのくだり。
  • 8月20日が陽子の誕生日だったので、田中さんがTwitterで内山さん宛にマンガ肉をたくさん載せた激しいツイートを送ったけど、内山さんは気づいていなかった。
    • たぶんこれ。https://twitter.com/Manami__TANAKA/status/1428656015491297284
  • Rhodanthe*のライブの、さつきいろハルジオンの振り付けを自分たちで作ったことについて。
    • 練習していたら、田村ゆかりさんに「がんばってね」と声を掛けてもらった
  • ファンとの距離の近さがきんモザのイベントの特長。
    • ファンの方たちにMVに出演してもらったりした。
    • 撮影が押していたのに、終了後誕生日をお祝いしてもらったりした。
  • 今回の映画のアフレコは、コロナ禍の影響で全員集まらず、グループごとに収録した。
    • その話から、叙々苑のお弁当が出たという話になり、内山さんが自分たちの時は出ていなかったと、食べ物に陽子ばりの反応。
  • キャスト同士の仲の良さについて。
    • 交換日記などをして、距離が縮まっていった
    • 誕生日のメンバに、他のメンバから誕生日プレゼントをするのが恒例になっている
    • クソコラ写真集(当人談)とか、手の込んだオフザケプレゼント系。
    • 西さんは”西明日香のデリケートゾーン”と刺繍された真っ赤なふんどしを受け取った。曰く「職人さん、どんな気持ちで塗ったんだろう……」
  • パンフレットのインタビュー。
    • これまで気丈だった東山さんが、インタビューのとき泣いてしまった
    • 良いことを言って、皆がはっとなったシーンがあったけれど、リクエストした”(一同息を吸う)”の文言は、ライターさんに入れてもらえなかった
  • 終わり間際に、キャストの皆さんがとりあえず回っておく(その場で一回転)くだりがあった
  • 最後は皆さんで、映画タイトルをコール。Thank you!!は「さ~んきゅっ」と可愛く発声する

映画感想

前半は修学旅行をメインに、日常のひとコマを繋ぎながら、卒業に向かって少しずつ時間が流れていく様子を見せてくれます。自分は前作の映画「Pretty Days」以来のきんモザなので、ゆるふわなギャグを見ながら、そういえばこんな雰囲気だったなあ、と作品の空気感を懐かしく覚えていました。思わずクスッと笑ってしまうギャグが多いですよねえ。その中でも陽子の猿ネタは思わず声が出そうになるくらいに、ハマりました。

後半は卒業後の進路に向けて、それぞれが悩み考える展開が軸になります。とは言え、そこまで重苦しい感じではないです。その中で、何組かのメンバー同士の関係にフォーカスしたシーンがあり、時の流れの中でそれぞれの気持ちの変化や心の成長が伺えるのが素敵だなあ、と思いました。綾と陽子、アリスとカレン、シノ……はシノとアリスなのかな、シノの場合は自分自身の変化の色が少し強いかな、と。

今回のダンスといえば、「合格の舞」のインパクトが絶大ですが、きちんと「そわそわダンス」も収まっていて良かったです。

ちなみに本作品は、冒頭でイギリス留学後のシノとアリスのシーンから始まります。最初見た時、状況が飲み込めませんでしたが、ここから時が戻って、高校3年生のシーンへ繋がっていきます。そしてラストに再び冒頭のシーンに帰ってきて、綾、陽子、カレンの3人もイギリスにやって来て、いつもの5人が集合するシーンへと繋がります。

本作はシリーズ最終作品なので、どうしても寂しさを感じてしまうのですが、上記のような構成にしてくれたことで、卒業後もきんモザの世界が続いていくんだ、という安心感を無意識下に持った状態で、高校生活のパートを見ることができたと思います。

物販やポップ等

自動扉に広告がプリントされたり、パネルがあったりしました。

物販の方は、パンフレットとアクリルジオラマを購入しました。

入場者特典のキャラクターボイスCDは、綾さんでした。そういえば「Pretty Days」の特典色紙もウェディングドレス綾さんでしたし、運命を感じます。

最後に

自分は原作を読んでいないので、実に「Pretty Days」以来5年ぶりのきんモザでした。なので、最初はシリーズ集大成の寂しさよりも、久しぶりに見るきんモザの気持ちが大きかったです。ただ、キャストの皆さんの想いを聴いたり、映画を見て、テレビシリーズ第1期、2期の頃を思い出したりしたら、急に懐かしくなり、寂しさが込み上げてきました。思い出は財産ですね。