アイカツプラネット!先行稼働

2020年12月05日、namcoラゾーナ川崎店にて開催されたアイカツプラネット!の先行稼働に出かけてきました。何となくゲームプレイ画面は見てきましたが、詳細なゲームシステムは予習していない状態です。

とりあえず20人くらいの列に並びます。思いの外、女性が多いです。筐体は8台くらいあるので、そこそこのスピードで列は進みます。大体20分くらいで順番がやってきました。アイドルライセンスの配布は別途行なっているようで、まだ入手していなかったので、店員さんに訊いていただきました。

というわけでまずはアバター設定から行ないます。これまでのアイカツ!シリーズで使ってきたマイキャラちゃんと同様に、茶色のロングヘアーにしました。アイカラーは気分で変えているので適当です。以前は性別の選択があったと思いますが、今回はなくなったようです。

さて、リズムゲーム開始。プレイした曲は忘れてしまいましたが、「Happy∞アイカツ」か「Bloomy * スマイル」のどちらかだと思います。感覚としては、スクフェスを思い出しますね。大きな画面でスクフェスを遊んでいる感じです。従来の物理ボタンに比べて、ゲーム性の幅は広がりそうだなあ、と思いました。一方でその弊害かもしれませんが、2人プレイは出来なくなりました。まあ、自分はソロプレイ専門なんで良いですけど。スイング勝負のルールについては、初見では良く分かりませんでした。

ちなみにスイングは未入手です。列に並んだ後に両替していなかったことを思い出したのですが、100円玉1枚だけ持ち合わせていたので、どうせ1回1クレだしいっか、とそのまま並びました。ところが、1プレイとスイングは別料金で、それぞれ100円必要なのですね。これに気づいた時点ではさすがに並び直したくなかったので、そのまま1プレイだけしました。


2020年10月の火星大接近

2020年10月06日、火星が2年に一度の大接近をしました。そこでその前日である10月05日に、写真の撮影を試みてみました。

とは言え、天体望遠鏡はなく、機材はマイクロフォーサーズの望遠端300mmのズームレンズです。結果として、いかに大接近とは言え、火星の視直径だと300mmでは厳しいですね。オレンジ色の点にしか映りません。今にして思えば、もう少し露光時間を短くして、後でレベル補正したら多少マシだったのかもしれません。縦に歪んでいるのは、三脚が望遠レンズの重さに耐えられていないせいです。。

このように微妙な結果に終わったので、特に記事を起こしてこなかったのですが、せっかく新しくカテゴリを作ったので、載せてみました。他の星に比べて明らかに赤みが強いことが分かったのは、面白かったです。この辺は意識しないと気づかないですしね。写真が赤っぽいのはホワイトバランスを日陰にしている影響がありますが、肉眼で見た際も明らかに赤っぽさがあります。

月も出ていたので、ついでに一枚撮ってきました。ほぼ満月なので、広い範囲が見えつつ、陰影によるクレーターの立体感も楽しめます。


京都でランニング

2020年11月22日、京都を旅行した際に、ランニングしてきました。コースに選んだのは京都御苑の周りに鴨川沿いを組み合わせたコースになります。どちらも走ってみたかったので、上手く組み合わせることができて、良かったです。なお、東京の皇居ランは以前に行なったので、これで東西皇居ラン達成です。

6時すぎ、ホテルを出発します。さすがに11月下旬の京都で半袖は寒いですね。震えつつ地下鉄へ移動します。そして今出川で下車して、横断歩道を渡り、京都御苑の周りを走り始めます。

北西側から南西側へ進んでいきますが、ここは道幅が狭いです。早朝で人も少なかったので良いですが、人通りが少しでも増えてくると走りにくいですね。

南端に着いたら、東へ向かいます。ここは道幅がそこそこ広いです。堺町御門の前を通り過ぎてさらに進むと、京都御苑の東端に出ます。ここをそのまま東へ進みます。信号待ちをしつつ、走っていくと、鴨川に出ました。

鴨川沿いを北へ進みます。ここは走りやすいですね。ランナーの姿もちらほらと見かけます。鴨川の眺めを楽しみつつ走っていくと、賀茂大橋が見えてきました。

ここを西に曲がって、再び京都御苑に戻ります。後はそのまま西へ真っ直ぐ走っていきます。今出川御門前の紅葉がきれいですね。こうしてスタート地点に戻ってランニング終了です。

走行ルートは上記の通りです。鴨川沿いに入った前半のあたりは、周囲のランナーを意識して少しペースが上がっていたため、ここだけ赤色が濃くなっています。

距離4.71km
走行時間31分59秒
平均心拍数157bpm

記事に載せきれなかった写真は、以下をご覧ください。


あつまれどうぶつの森~よじょうはん島通信vol.3

さて、よじょうはん島もすっかり雪景色となりました。そしてこの時期の一大イベントといえば、クリスマスです。12月24日にジングルさんがやってきたので、ラッピングペーパー作りとプレゼント配りのお手伝いをしました。当日は出社する日でしたので、帰宅後にプレゼント配りをしたら、既に寝てしまった住民には配れませんでした。最近の推し住人であるグミさんには、直接手渡したかったですねえ。ちなみにお返しをくれたのは、ブーケさん、コユキさん、ももこさんの3名でした。

他にも冬のイベントとして、雪だるまづくりを楽しんでいます。草むらがあれば雪玉が出現するとのことでしたが、一定以上の連続した草むらスペースがないと出現しないようです。エンジェリーフォールズ前の展望広場に置いたハロウィンアイテムを片付けたら、ようやく雪玉が出現しました。何となくの目分量で作ったら合格を貰えなかったので、攻略サイトに従い、耳の位置で調整してパーフェクト評価をゲットです。元々の髪型は耳が隠れていたので、雪だるまづくりのために髪型を変えました。

そして季節も変わったので、久しぶりにエイブルシスターズにいって衣替えしました。あまり冬っぽいアイテムがなかったので、もみのきワンピースを着てみました。そしてクリスマスには、クリスマスなドレスを着ました。サンタシリーズも購入済みですが、クリスマスなドレスの方がお気に入りだったので、こちらを着ています。

前回のよじょうはん島通信は、サンクスギビングデー終了直後でしたので、冬に突入する前の晩秋のひとコマを幾つか。ナウいリアクションずかんでお座りを覚えたので、DIYした落葉の上に座ってみました。そして案内所前の広場では、住人たちが焚き火をしていて、思わず驚きました。自由すぎる……

採集・収集状況

12月になり雪玉が出現したことで、フンコロガシを捕まえることができました。出現率は低くはないが、高くもない感じです。8月にオウゴンオニクワガタを捕獲できていれば、これで虫コンプリートでした。アップデート要素次第ですが、来夏はさすがにプレイは続いていない気がします。

あとは海でセンジュナマコを捕まえました。カイロウドウケツと同じく高速で動くのでなかなか苦労しました。

美術品は、すばらしいめいがを購入しました。魚はあまり釣っていません。

DIY・アイテム収集状況

せっかくなので、季節のレシピを幾つか作ってみました。雪だるまから貰った雪の大結晶でこおりのテーブルを作ったり、オーナメントでクリスマスなラグを作ったりしました。

花の交配

残る交配は青バラですが、一向に咲く気配がありません。利用している赤バラの遺伝情報が不安になってきたので、カボチャ畑を潰して再度交配用赤バラを作り直します。オレンジと紫のバラはそこそこ生えているので、それらを移植して数日したら赤バラが生えてきました。その赤バラを使って青バラを目指します。この交配ルートはなかなか確率が低いらしいので、気長に進めたいと思います。

住人

大きなニュースとしては、初期住人であるハンナさんが、ついに島を去ったことです。そこまでお気に入りではなかったのですが、付き合いが長いので少し淋しいですね。全体としては、住民はあまり入れ替えが発生していません。追い出し対象にしない住人が3名いるので、そこに当たると入れ替え頻度が落ちます。ただ、そのようにすると、他の住人の入れ替えが早くなり、愛着が湧きにくくなる気もするので、悩ましいところです。

ちなみにティーチャー氏、移住してすぐのスピード離島でしたので、集合写真のことすっかり忘れていて、撮り逃してしまいました。なので第6期生は確定しましたが、集合写真なしです。念のために、第7期生候補の集合写真をあらかじめ撮影しておきました。

  • ハンナ【出】
  • コユキ
  • ブーケ
  • ももこ【替:タックン】
  • ケイン【替:ジャコテン】
  • グミ【替:ハルマキ】
  • フランク【替:ラン】
  • イッテツ【替:ダルマン】
  • ハムカツ【替:シャンティ】
  • ティーチャー【替:たいへいた】【出】
  • ナイル【替:ティーチャー】
  • レム【替:ハンナ】

多摩川河口で星空観察

星野写真のために、ポータブル赤道儀ポラリエUを買いました。他にも三脚や雲台など、撮影システムに必要なもの一式を揃えました。ポラリエU自体の感想はもう少し使いこなしてから書くつもりですが、まずは先日お試し撮影に出かけたので、そのレポートです。

2020年12月13日夜、予報では晴れですが雲が広がりなかなかすっきりしません。それでも天気予報を信じて、23時手前に家を出ます。向かった先は多摩川河口の河川敷。空が南以外は開けていることと、街中に比べれば街灯もなく、多少は暗いだろうとの期待から選定しました。

徒歩20分ほど掛けて向かいましたが、どうにも空模様が芳しくありません。高層雲がびっしり広がっている感じ。少し粘りましたが、こりゃ駄目かな、と諦めた帰り道、空を見上げると星が見えました。どうも少しずつ晴れてきているようです。

きびすを返して再び河川敷へ向かいます。比較的暗いところを見つけましたが、どうしても何かしら光源があり、やはり厳しいですね。セッティングもライトなしで何とか出来てしまう程度の明るさです。

北の方は曇っているので北極星は見えません。StarWalk2を頼りに目測で極軸合わせを行ないました。とりあえず適当に色々試しながら撮影してみます。30秒くらい露出しているとだいぶ白くなりますね。ただ後で画像のレベル補正をすれば暗くできるので、もう少し長い時間撮ってみても良かったかも。

0時30分すぎ、機材を撤収しての帰り道、何気なく空を見上げるとオリオン座が見えました。するとリゲルの左側を、流れ星が左上から右下へヒュンッと流れていきました。ふたご座流星群です。いや~、特に狙っていませんでしたが、最後の最後で見られるとは。撮影成果は思ったほどではなかったので微妙なテンションでしたが、この流れ星のおかげで一気にテンションが上がりました。

とりあえず今回撮影した4枚です。星は見えたけど、巻雲がそれなりに残っていたようですね。肉眼だとあまり分かりませんでした。

思いの外たくさんの星が見えるけれど、やはり満天の星空にはほど遠いですね。自分のスキルも全然ないので、光害による影響との境目がまだ分かっていませんが、一度真っ暗な場所に行って撮影してみたいです。