新しいキーボード”MINILA-R”を購入

これまで使用してきたキーボードに不満が出てきたので、2021年6月3日に新しいキーボードを購入しました。不満というのは、Bluetooth経由でキーボードが利用可能になるまでの時間の長さと、キーの引っ掛かりです。特に前者は10秒以上掛かって、わりとイライラしてました。少なくとも5年以上使っているので、減価償却済かと思います。

当初の予定では5,000円程度の予算で考えていましたが、店頭で触ったダイヤテック社のFILCOブランドMajestouch MINILA-Rの打鍵感が気に入り、購入を決めました。予算超過の10,000円超えでしたが、キーボードは長い時間触れるものですし、妥協しない方が良いと思いました。こういう出合いがあることが、実店舗の良いところですね。

ただ、ここで購入時に見落としていた致命的な点がありました。こちら、日本語キーボードではなく、英語キーボードだったのです。BluetoothやUSBなどの接続方法は気にかけたものの、英語・日本語はすっかり見落としていました。仕方ないので、これも機会だと思って、使ってみることにします。

まず打鍵感は最高に気持ちいいです。カシャカシャという押下音も心地よいですし、打鍵時の反発力もちょうど良いです。押下して入力される瞬間にカシャっと鳴るのが良いです。キーピッチも適切で、離れすぎによる指の疲れや、近づぎによる巻き込み入力などもありません。

また、Bluetoothの認識速度も不満ありません。これは前に使っていたキーボードが問題ありだったのかと思いますが。ボタン押下で認識準備ができたらLED点灯してくれるから、キー入力しなくても認識有無を確認できる点が、心理面でも良い影響を与えていそうです。

一方でキー配列は色々思うところはあります。小型なので変態レイアウトになっています。設定でキーバインドを変更可能ですが、どれも一長一短で結局オリジナルのまま使っています。おまけに英語キーボードなので、余計に面倒になっています。

半角・全角変換キーがALT+”~”(左上)で、方向キーがFn同時押し割り当てになっています。使い続けていれば次第に慣れてきますが、時々戸惑いますし、まだ完全には慣れきっていません。さすがに慣れることすら出来ない不便な配置ではありません。

あとWindows10なら改善されているのですが、Windows8だと日本語キーボードと英語キーボードを切り替えるために、レジスタを書き換える必要があります。実家で使用する場合は日本語キーボードなので、この変更が少し手間ではあります。見た目以上に結構な重量があるので、このキーボードを携帯して使い回すのは厳しいですね。


Welcome to プリ☆チャンランド!

2021年8月22日、中野サンプラザで開催された「Welcome to プリ☆チャンランド!」に昼夜参加してきました。プリチャン単独のライブは昨年に開催していますが、コロナ禍の影響で無観客配信ライブでした。そのため、有観客としては、初のプリチャン単独ライブとなります。本放送が5月で終了したあとの単独ライブということもあり、キャストもスタッフも観客も思いを強くしたライブになったと思います。

昼公演

昼は1階の18列目でした。近くはないけど遠すぎることもない、そんな席です。例によって感想を雑多に箇条書きで並べます。

  • Wだいあ曲、どうやって歌うんだろう、と思っていたら、片方を歌うスタイルだった。なるほどー!
  • 「えもめきピッカーン」で久保田えもさんの持っていたポンポンが、ダンス中にどんどん剥がれ落ちてしまい、間奏のタイミングでいそいそと回収していた
    • 夜公演では強化されたみたいで、まったく剥がれなかった
  • メルティックスターが夏を感じたいな、ということで、客席の青いサイリウムで波を作ることに。有観客ならでは!
  • 若井さらさん、台詞を噛んだ後、捌け際にガチゴケして、みんなに心配される
  • マスコッツによるグッズ紹介コーナーでの一幕。大森メルパン「みんなパンパカパンになるパン!」田中美海「パンパカパンってなに……」思わずラビリィを忘れて素で返す田中さん
    • その後パンパン言ってたら、つられてしまい「パンが移っちゃった」
  • ツインテールズが歌中に衝突したのは演出じゃなくてハプニングかなあ
  • おしゃまトリックス、初登場!イタズラナイトメアコーデの紹介、おばけの部分がポイント
  • 「シルクちゃん付けておけば」という厚木りんかさんに、「省け!」と言い放つ久保田えもさん
  • 「ワッチャプリマジ」の紹介コーナーで”なんと本当に魔法だったんです!”というフレーズに合わせて、林みらい「私たち、魔法よりすてきなステージやっていたんですけどね」
  • あいさつコーナー、山村ルルナさんから帰りの注意事項。わー、ルルナさんって感じで良い
  • あいさつコーナー、おしゃまトリックスが”客山”呼び。山って何だっけ……と一瞬なってしまった。(桃山です)。あと他のキャストの挨拶時に落ち着きなく動いていたのが、おしゃまらしい

夜公演

夜は2階の4列目でした。距離は離れますが、ステージを俯瞰することができます。昼で若井さらさんがコケた場所も、なるほど足元を見ていないとコケそうだ、と気づきました。以下、感想を箇条書きで並べます。

  • キラッツMCパート、SUPER CUTIE SUPER GIRLの最後でぐらっとしたことを反省する林みらいさん。ここで話題に出ていたみらいさんの運動得意じゃない設定、そんなのあったっけ。えもさんの運動神経抜群と対比してということかな。
  • メルティックスターによる寸劇パート、途中から昼間とは違う流れになり、スイカ割りをすることに。森嶋めるさんがセット裏から巨大な棒を探してきたり。これはアドリブだったのか、元々仕込んでいたのか、気になる
  • 若井さら「ここはあんなのプライベートオーシャンハウスではないんだよ」(少し間を置いてから)芹澤あんな「ドヒャ―――!」アニメをそのまま現実に持ってきた感じが良かった
  • 昼間のガチゴケに絡めて、芹澤あんな「さら、夜はあまり怪我したくないですしね」
  • 捌ける時に、背が高いから荷物を持たされることをぼやく芹澤あんなさん。
  • ツインテールズの寸劇で、捌けようとする若井さんに、久保田えも「さら、みらいとも歌ってあげてね」若井さら「(困りながら)それは、本当に歌いたいから」
  • マスコッツによるグッズ紹介コーナー。
    • 大森メルパン「これでもう、色んな汗を拭いて、涙も拭いて」キラッCHU・ラビリィ「色んな汗……?」
    • グッズの紹介を終えて、片付けるメルパン。ラビリィ「ごくろうさまラビ~」キラッCHU「こういうとき頼りになるッチュ」
  • 色々お知らせコーナー。
    • パッケージ絵の話で、久保田えも「かわいい担当は右側(えもさんじゃない方)なんだけどね……」それに対して「えもちゃん!自信を持って!」と励まされる
    • 久保田えも「林さん、林さん、さらさんいますよ」林みらい「巻いて、って言われてるのに~」
    • プリティーオールフレンズのドリンクモチーフコーデのくだりで、キラッCHUのも作って欲しいね、という話になり、山下キラッCHU「こういうとこで言っておけば実現するかもしれないから、投げておくッチュ!」
  • あいさつコーナーでの林鼓子さん「2018年オータムライブで、みらいとして大きなステージに初めて立ったのがここ中野サンプラザ」。もちろん自分も参加していたライブだけど、時の流れを感じる。林さん、プリティー一座の座長を見事に務め上げたなあ

現地幕間等

昼の部の開演が若干押したこともあり、幕間は短めでした。けれども密集を避けるため、近くにある公園に移動して時間を潰しました。物販は最低限パンフレットさえ買えれば良いと思い、夜公演の終了後に寄るつもりでしたが、夜公演終了後はクローズでした。プリティーフェスティバルのイメージのままで、事前のアナウンスを見過ごしていました。というわけで、送料が高いので迷いましたが、結局通販で購入しました。10月以降に到着予定です。

配信

夜公演の応援付き配信チケットを購入していたので、帰宅後と翌日で2周しました。アイドルネームを確認するためには、配信チケットがないと厳しいですしね。それと追いライブも普通に楽しいです。ついさっき見たライブなのに、再び見ても楽しいんですよね。ちなみに応援アイドルネームは「ぼくぴ@祝有観客単独」としました。せっかく10文字まで使えるので、メッセージも入れていくスタイルです。ただ6文字に収めるのは、なかなか難しいです。わりと出遅れて購入したつもりですが、1ページ目に掲載されていました。

そして配信チケット特典のチケット風画像も、今回は忘れずにダウンロードできました。前よりもダウンロード期限が短くなっているような……。上記画像のようなイメージ(サイズ縮小および画質劣化加工済)です。

セットリスト

昼夜でそこそこ変わりましたが、大枠の流れは同じです。MEMORIES FOR FUTUREのWだいあさんを、昼夜で佐々木だいあさんがそれぞれ片方を演じることで、見事に完成していました。なるほど、こういうアイデアがあったかー!という気分でした。夜公演では「A・B・C・D・いいね★ダンス」が来てくれて嬉しかったです。「One Heart」も聴きたかったですが、組み入れは難しいでしょうねえ。ラストは始まりの曲である「キラッとスタート」で締めたことで、3年強の放送を総括するような、力強いセトリになったと思います。

  1. 【昼】キラッとプリ☆チャンランド【夜】A・B・C・D・いいね★ダンス
  2. 【昼】寝ても覚めてもDREAMIN’ GIRL【夜】COMETIC SILHOUETTE
  3. 【昼】SUPER CUTIE SUPER GIRL【夜】ミラクルコースター
  4. 【昼】フレンドパスワード【夜】フレンドパスワード ~Another World~
  5. TOKIMEKIハート・ジュエル♪
  6. えもめきピッカーン
  7. 夢色エナジー
  8. ヒロインズドラマ
  9. My Secret heArtbeats
  10. スペース!スパイス!スペクタクル!
  11. シアワ星かわいい賛歌
  12. プラネタリウムの殻
  13. Despertar del sol
  14. Lustro della LUNA
  15. 【昼】フレンドパスワード ~Another World~【夜】フレンドパスワード
  16. レディー・アクション!
  17. Play Sound☆
  18. ツヨキ!ツインテールズ
  19. MEMORIES FOR FUTURE -Ray-【昼】アナザーだいあ【夜】だいあ
  20. いたずらカーニバル!!
  21. おやくそくセンセーション
  22. Awakening Light
  23. 【昼】La La Meltic StAr【夜】Merry Merry Fantasia!
  24. ファイナルイルミネーション
  25. キラッとスタート

槍ヶ岳登山旅行~まとめ

2021年7月31日から8月3日にかけて、槍ヶ岳登山をしてきました。日本人なら一度は登りたい富士山、登山者なら一度は登りたい槍ヶ岳、ということで、チャレンジを決めました。槍沢ルートが一番登りやすいですが、昨年横尾まで同じルートを通っているので、別のルートで検討してきました。ただ、ルートの難易度や交通の便などを考えると、初手はリスクを取らずに、槍沢ルートにしました。

松本は昨年観光しているので、観光の時間は取らずに、のんびり出発して夕方入りしました。事前の天気予報が不安でしたが、実際には午前は晴れて午後は崩れる、という典型的な夏山天気で、山行の大半は午前でしたので、問題なく楽しめました。樹林帯を抜けた後に広がる景色が最高で、来て良かったです。北アルプスならではの気持ちの良い光景ですね。夏真っ盛りということで、高山植物の花をたくさん見られたことも嬉しかったです。北アルプスにはまだ登りたい山が色々あるので、今後もこのパターンで行くことがあるかな、と思います。

槍ヶ岳登山旅行~初日

  • 移動日
  • 松本駅~松本パルコ~そばきりみよ田~ホテル

槍ヶ岳登山旅行~2日目(登山初日)

  • 登山初日
  • 松本バスターミナル~上高地バスターミナル~上高地~横尾山荘~槍沢ロッヂ

槍ヶ岳登山旅行~3日目(登山2日目)

  • 登山2日目、槍ヶ岳登頂
  • 槍沢ロッヂ~グリーンバンド~槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳山頂~槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳登山旅行~最終日(登山3日目)

  • 登山最終日
  • 槍ヶ岳山荘~グリーンバンド~槍沢ロッヂ~横尾山荘~上高地~上高地バスターミナル~新島々駅~榑木野~松本駅

今回の山行データは以下の通りです。

距離44.82km
山行時間17:39:44
移動時間11:27:47
経過時間54:58:17
高度上昇1,779m
高度下降1,780m

寄り道なしの完全なピストンです。この地図を見ていると、穂高にもチャレンジしたくなりますね。

高度はきれいな山型になりました。勾配がある区間の下りはペースが上がっているので、中央右の部分が少しえぐれるようなグラフになっています。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


槍ヶ岳登山旅行~最終日(登山3日目)

最終日、4時30分ごろ起床。朝焼けを撮影しに外へ出ます。思ったほど寒くないです。槍ヶ岳の後ろから日が昇るので、槍ヶ岳のモルゲンロートは見られません。代わりに朝日と並ぶ槍ヶ岳のシルエットを撮影できます。低いところに雲が出ていたため、朝日をはっきりと捉えることはできませんでしたが、朝焼けの様子は映せました。槍沢カール方面に視線を移すと、朝焼けに照らされた雲海を望むことができます。すぐに明るくなってしまいますので、限られた時間でしっかりと味わいました。

5時ごろ、朝食をいただきます。メニューはおでん。それから支度を済ませて、6時すぎに槍ヶ岳山荘を発ちます。

天気は晴れ。この日は上高地まで一気に下ります。怪我をしないよう、気を付けて進みたいと思います。ピストン行程なのでいずれも一度通った道となり、ペースの感覚は掴みやすいです。ただ、一度通った道なのに、前の人につられて一部プチルートミスをして、雪渓渡りをしてしまいました。踏み跡があったから良かったですけど、深さがわからないので、未踏の部分は慎重を期します。

そして一度通っているとはいえ、グリーンバンドは特に景色がよくて、ついついシャッターを切ってしまいます。下りとはいえさすがに少し足に堪えてきたので、ババ平キャンプ場で小休止。それから槍沢ロッヂに着いたら、Gokuriで一服しつつ、大休止しました。

槍沢ロッヂから槍沢を抜けるまでが、自分の感覚と比べて結構長かったです。登山初日は、槍沢ロッヂがゴールでしたので、その分短く感じていたのかもしれません。

11時10分すぎ、横尾山荘に着きました。昼食に山菜うどんをいただきます。そしてこのタイミングで、上高地からのバスをネット予約しました。

バスの時刻も決めたので、上高地に向けて出発します。ほぼ平坦な道が続くボーナスステージ的な上高地街道。途中ニホンザルの群れに出合いました。写真を狙ってみましたが、ピンボケでなかなか上手く撮れませんでした。

上高地に着いたら、上高地ソフトクリームで一服します。気づいたら雲が広がっていて、曇天模様。午前は晴れて、午後は下り坂、3日間とも同じような天気でしたね。

15時15分発のバスで上高地を出発して、新島々駅で乗り換え。松本駅に着いたら、榑木野駅舎店にて夕食をいただきます。活け〆穴子天ぷらそば大盛と、旅の締めで佐久の花を注文しました。

18時30分すぎ、あずさに乗って松本駅を発ちました。帰りは贅沢にグリーン車です。フットレストが気持ちいいです。Wifi経由で東京オリンピックのクライミング予選の中継を見つつ、優雅に帰りました。今回の旅行は、これでお終いです。


槍ヶ岳登山旅行~3日目(登山2日目)

3日目、4時50分ごろ起床。何だかんだでそれなりに眠れたと思います。朝食をいただいたら、6時すぎに出発。

山肌を太陽が照らしていて、良い天気です。早朝の谷間なので、登山道にはまだ日が差しません。夜のうちに降った雨に濡れる草木の間を歩きながら、緩やかな上りを進んでいきます。

30分ほどでババ平キャンプ場に着きました。数張のテントがあります。それらを見送り、先へ進みます。しばらくは沢に沿った平坦な道を進みます。赤岩沢の名前の通り、赤みを帯びた石や岩が多く転がっています。30分ほど歩くと、槍沢大曲りに着きました。

ここから徐々に展望が開けて、グリーンバンドに入ります。本格的な登りが始まりますが、同時にお花畑も広がるので、頑張れます。青空が広がり、太陽が差していて、最高のお天気。高山植物のベストシーズンということで、色とりどりのたくさんの花が咲いています。延々と登りが続く区間ですが、景色が良すぎて、ほとんど疲れを感じませんでした。

ハクサンフウロ、ヨツバシオガマ、イワオトギリ、アキノキリンソウ、ヤハズハハコ、ミヤマキンポウゲ、ニッコウキスゲ、モミジカラマツ、コバイケイソウなどを見ながら登り進めて、天狗原分岐に着きました。

さらに登りは続きます。ここまでも含めて何本か涸れ沢を渡るのですが、1箇所だけ、危うく沢に入り込みそうになりました。天城山の時といい、要注意です。正面に目を向けると、遠くに見えていた雪渓が徐々に近づいてきました。滝見岩を過ぎると、小さな水の流れが見えてきて、水沢に着きます。

水沢は水場になっており、冷たい水が流れています。振り返ると、これまで登ってきた槍沢カールの景色を望めて、壮観です。

水沢から先へ進むと、ハイマツ帯に入ります。そして徐々に岩稜地帯となってきます。しばらく平坦な道があるので、ほっとひと息。灰色の岩場に、チングルマやミヤマダイコンソウの群生が点在しています。

再び緩やかに登り始めて、途中雪渓の傍を通ります。表面の雪は思いのほか柔らかくて、簡単に手の跡が付きます。もっとカチコチに固まっているものだと思っていました。

播隆窟を過ぎて、槍の穂先が見えてきたら、最後の頑張りどころ。ガレ場をトラバースしながら徐々に標高を上げていきます。時折見かけるイワツメグサやミヤマリンドウ、シコタンソウの群生に励ましを受けつつ、何とか登りきって、槍の肩に着きました。

槍ヶ岳山荘でチェックイン手続きを済ませたら、しばらく部屋で休憩。ストックはストックカバーに収納しました。布団の上にはインナーシーツ。槍沢ロッヂからここまで4時間程度しか歩いていませんが、そこそこ体は疲れているようです。そして何故だか、右手の人差し指が攣ったような感じになっていました。

30分ほど休憩したら、ヘルメットをレンタルして、槍の穂先に挑戦します。肩に着く前は、雲ひとつない状態でしたが、ここに来て雲が出始めました。穂先には、ザックは背負わず、サブザックに最小限の荷物だけ入れて、登ります。基本的に手も使いながら登って行く形になると思います。後半には鎖場やハシゴが連続して出てきます。感覚的には、写真の見た目ほどきつくはありませんが、リスクはある登りです。何度か、これで正しいのかなあ、という少し不安定な動きで通過した箇所もありました。ハシゴも、つま先しか乗らないような場所もあります。

20分程度で山頂に着きました。山頂は広くありませんが、20人くらいは入れそうな大きさです。ほこら前にある槍ヶ岳の看板を手に持って記念撮影をしてもらいました。三角点もばっちり収めました。雲は半分掛かってきているような状況でした。晴れている方向もあったので、ギリギリセーフでしょうか。

下山後はペプシで一服。山で飲む炭酸の美味さたるや。それからキッチン槍にて昼食で牛丼をいただきます。朝食が早いので、13時すぎだと結構お腹が空いていて、身体に染み渡ります。

食後は部屋に戻って休憩。16時くらいに完全に疲れが抜けた感じになったので、起きて小屋の周りを散策します。ミヤマシシウド、ミヤマオダマキ、ミヤマダイコンソウなどの花を愛でつつ、雲が掛かったり晴れたりする槍の穂先を眺めたり。槍の肩から見渡す槍沢カールやその先にそびえる山々の稜線も気持ちいいです。しかしながら、午後になると曇りがちなお天気。まあ、夏山らしい天気なのですが。

17時に夕食となります。中華メニューで、海老チリ、春巻き、焼売です。食後は外をお散歩。さすがに寒さが堪えてきたので、ダウンジャケットを着込みます。ダウンパンツも持ってきましたが、こちらは出番なし。夕焼けに淡い期待を寄せていましたが、ガスが多くて駄目そうですね。ただ雲海は見事で、ガスの晴れ間に雲海から頭を覗かせる双六岳を見られました。

19時ごろ、部屋に戻って横になります。うとうとしつつ、でも微妙に寝つけず、けれどいつの間にか寝ていました。山小屋では、やることがなくて横になっている時間が長いので、少し腰が痛くなってきました。