与那国島の星空

2021年02月23日、与那国島へ旅行したので、星空を見上げてきました。ここまで南にくると南十字星が見えるのですが、この時期は見える時間が午前2時くらいなので今回は断念。夏に向けてどんどん早い時刻になっていきます。

そして撮影機材ですが、ポータブル赤道儀は持参しませんでした。本当は使いたかったですが、そこそこ重いんですよね。加えて通常サイズの三脚も必要になりますし、今回はダイビング器材の持ち運びもあるので、撮影機材は軽量化しました。結果、E-M5markiiiと標準レンズ、ミニ三脚となりました。ミニ三脚はもうお役御免かと思いましたが、まだまだ使えるシーンがありそうです。

撮影したのは、与那国島初日の夜です。天気がどう振れるか分からないので、晴れているタイミングで早めに撮っておきます。あまり遠出はせずに宿のすぐ近くですが、十分な数の星が見えます。

E-M5MarkIII/焦点距離12mm/f3.5/ISO-800/露光30秒
E-M5MarkIII/焦点距離16mm/f4.1/ISO-800/露光40秒

撮りたい星は特に決めていなかったので、分かりやすいオリオン座とシリウスを目印に撮影。そしてせっかく遠くまできたので、地上の景色も入れた星景写真も撮ってみました。

E-M5MarkIII/焦点距離30mm/f5.4/ISO-800/露光20秒

今回は先日購入したソフトンフィルターを初めて使用しましたが、良い感じに浮き上がってくれますね。露光時間を伸ばして映る星の数が増えてきても、明るい星が浮かんでくれて、肉眼で見た際のイメージを残せます。あと色も白飛びしにくくなりました。

一方で今回はポータブル赤道儀がないので、露光時間を長めにすると星が線になってしまいます。広角で30秒程度の露光なら、拡大しない限り気になりませんけど。

さて、次回は春の星空を撮りに行きたいところですが、あらかじめ撮りたい構図をある程度決めておきたいです。そうしないと、毎回オリオン座を撮ってしまいそうで。


中国語検定4級~その2(受検当日)

2021年03月28日、ワークピア横浜にて第102回中国語検定4級試験を受検してきました。単語学習は数年間続けてきましたが、文法や試験向けの勉強はほとんど出来ていないので、それなりに不安を抱えての受検です。文法知識が薄いと、単語とそれ以外の区別が付きにくくなるので、混乱に拍車が掛かります。分からない単語が浮き彫りになる英語とは違うところですね。

リスニングは、何となく分かるけど、半分聞き取れているかどうか、といった感触です。はっきり分かる問題もあれば、いまいち分からない問題もありました。たぶん自分がまだ音として認識できていない単語が入っていたのだと思います。長文問題は、断片的に聞き取れた内容から、大筋の流れは掴めた気がします。

筆記は、大問1はこれまでの単語学習効果で、概ね不安なし。大問2、3の文法問題も、直前に詰め込んだ内容で、思いのほか何とかなりました。大問4の長文問題も基本は文法を問う問題なので、同様です。大問5は選択式ではなく記入式の問題なので、何箇所か迷ってしまいました。

翌日、公式サイトに掲載された解答情報を使って自己採点を実施しました。結果は以下の通り。合格基準点は60点なので、無事合格できる見込みです。

リスニング70
筆記89

4級のリスニングは、引っかけ問題がないので、僅かに聞き取れたキーワードを手掛かりにした解答が得点につながります。上位級になると、そうしたキーワードに飛びついた解答者を引っかけるトラップ選択肢があるんでしょうね。

筆記は思いのほか当たっていました。まあ、手応えはあったので、期待通りと言っていいかもしれません。大問5の記述式問題では、迷った挙句(2)と(5)の解答を変更しましたが、変更前の方が正解でした。知識があやふやだと、迷いが生じてついつい余計なことをしてしまいますね。

合格発表は1か月後です。今後は予定通り3級を目指すか、一旦英語の勉強に戻ってこようか、迷い中です。


ポケットモンスターシールド~クリア後ストーリー完了

伝説のポケモンを捕獲できるクリア後ストーリーを進めます。さっそくまどろみの森に行くと、ソッドとシルディというキャラクターが唐突に登場して、ストーリーが始まります。

スパイクタウン以外の各ジムでイベントをこなしていき、最後はナックルスタジアムでザシアンと戦います。この手前までは特に詰まることなく勝ててきましたが、さすがにザシアン戦は少し苦戦。被ダメージが大きく、初戦はボロ負けしました。初の敗北でした。その後、ドリュウズで挑んだら今度は勝利できました。相手の行動パターンが「つるぎのまい」3連発で、その間に決着をつけられたのが大きかったです。その後のザマゼンタ捕獲は、ハイパーボールを使いました。

その後は、ワイルドエリアでマックスレイドバトルを遊んでみました。これまでローカル通信でCPUによるサポートメンバでしたが、どうにも弱すぎて全然勝てないので、インターネット接続。なかなかメンバが見つからないことも多いけど、楽しいです。

それからまどろみの森へ向かい、ホップくんとのラストバトルを終えて、クリア後ストーリーをクリアしました。ENDロゴが一応出るんですね。

その後はバトルタワーに挑戦し、6戦目で登場したダンテ氏とのバトルで大苦戦。バトルタワーはポケモンのレベルが50に固定される仕様なので、レベルを上げまくってタコ殴りという常勝パターンが使えません。結局レンタルチームのきほんぐみを使って何とか勝てました。これでダンテ氏のレアリーグカードを入手しました。

それからガラル鉱山でオリーヴさんと話して、ローズ氏のレアリーグカードを入手。あとはスパイクタウンでマリィさんと戦って勝利し、マリィさんのレアリーグカードも入手しました。

レギュラーメンバーのレベルは72前後で、ザマゼンタだけ”けいけんアメ”を使って75まで上げています。

クリア後ストーリーをクリアして、レアリーグカードも回収し終えたので、一旦終了にしようかと思います。図鑑は未完成ですし、まだまだ遊べる要素はありますので、どこかでまた再開するかもしれません。ここまでのプレイ時間は35時間超でした。


スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド~3Dワールド星3つ

WORLD9(スター)の攻略を再開しました。W9-2が結構苦手で難しく感じていたのでその先が不安でしたが、そこまで身構える必要はありませんでした。相性もあるのかもしれませんが、大きく苦戦することはなかったです。W9-9は、大砲の玉を踏んで上に進むところが暫くわからず、立ち往生していました。

WORLD9の先にあるボーナスワールドもプレイ。これまでに登場したコースのアレンジ版で、基本的に難易度は上がっています。WORLD10(キノコ)とWORLD11(フラワー)は1つのマップになっており、気づいたらWORLD11に突入していました。ここで一旦攻略を中断して、WORLD8以前の取り逃しハンコを回収します。

ハンコはグリーンスターと違って、範囲の絞り込みができない点が大変です。W6-3のハンコも結構悩まされましたが、一番しんどかったのがW6-1のハンコです。W6-3は金棒の振舞いの違いというヒントがあるので気づけましたが、W6-1のハンコって何かヒントあるのでしょうか。通常にプレイしているだけでは、画角的にまったく見えないと思います。消去法的にたどり着くしかないのでは。自分は、ネコマリオになって壁を登ったり、あの場所へ向かうべく細い足場を歩いたりしましたが、その両者を組み合わせる発想がありませんでした。かなり粘りましたが最終的に自力ではなかったため、敗北感。

それからWORLD11の攻略を再開します。思いの外簡単にクリアできるコースもありますが、それなりに苦労するコースも多いです。WORLD10のミステリーハウスはもっと厳しいかと想像していたら、思いのほか簡単でした。そんな中、圧倒的に苦戦してストレスが溜まったのが、W11-12の「ボスパラダイス」です。

とにかく制限時間が厳しく、ボスと6連戦なので集中力も必要になります。最初はさっぱりできる気がしませんでしたが、何度も挑戦していると徐々に自分のプレイが改善してくるのが、マリオの品質が高いところ。個人的には下記の要領で攻略しました。前提として、ネコ状態でストックにもスーパーベルがある状態です。ミスしたらセーブデータをロードしてやり直します。

  • [1戦目]ボスゴロボン
    • そこそこ時間を食うし苦手なので、ミスした際の手戻り時間を減らすため、先に挑戦する。
    • すぐにぶつける用以外にゴロポンを1体保持できると時間短縮に繋がるけど、あまり意識しすぎるとミスる。
  • [2戦目]プンプン
    • ここは楽勝。本物を見つけて引っかけば良いだけ。ネコじゃないと踏む際にミスるリスクがあるけど、ネコなら楽勝。
  • [3戦目]ガッチンキング
    • 時間短縮のためにパターンを覚えてしまった方が良い。最初はガッチンキングの落ちてくるのと同じ床にいて、即踏む。次はひとつ手前の床。最後もさらに手前の床。これが最短だと思う。別の床に行くと、欠けた床を回避するために縦のまま移動するシーンがあり、時間をロスする。
  • [4戦目]ブンブン
    • ネコなら腕を振り回す前に引っかきに行けるけど、結構タイミングがシビアな気がするので、結局踏んだ方が安全かと思う。
    • 踏む際の間合いをたまにミスるので、ちょっと怖かった。
  • [5戦目]ヘビースネーク
    • 2体いることもあり、一番時間がかかる。
    • こいつを最後に相手する理由は、パワーアップアイテムであるスーパーベルを供給してくれるから。万が一ここへ来るまでに被ダメージがあっても、回復ができるため。最終ボスに向けて、とにかく態勢を整えておきたい。
    • 向かって一番右にあるピンクの子ヘビの出てくるひび割れの上で待機すれば、スーパーベルを入手可能で且つ、そこから踏みつけにいける。この次のターンで、青の子ヘビもスーパーベルを供給してくれるけど、こちらは低いので踏みつけは無理。
    • 踏みつけ後のジャンプでもう1体を踏むこともできるけど、踏めたら踏む感じで。1回ずつでも時間的にはギリギリ間に合うはず。

5体のボスを倒し終えたら、最終ボスであるボスブンレツ戦。ヒップアタックによる衝撃波が連発され、且つボスブンレツの陰に入ってカメラから死角になることがあるのが厄介です。分裂後に逃げ惑う本体にダメージを与えるのも、結構時間を食いますし、最悪捕まえ損ねるとだいぶ時間をロスします。ネコの引っかきがあれば、踏まなくてもダメージを与えられるので良いですが、被ダメージでネコ状態でなくなると、一気に厳しくなります。てか、この戦いで被ダメージを避けるのは結構難しいと思います。そこで、通常状態でも回転による攻撃が可能なロゼッタをプレイキャラクターに選びました。ボスブンレツ戦は何度か挑みましたが、だいたい110秒程度残っていれば、間に合う印象です。

こうして全コースをクリアして、セーブデータは星3つとなりました。もちろんキラキラと輝いています。あとはWORLD9のハンコと、WORLD9から11のグリーンスターの取り逃し回収です。さらに全コースの金の旗ですね。ちまちまと進めていこうと思います。ただ、今後セーブデータの星4つを達成したら、一旦休止かなあ。星5つはさすがにしんどいですし、WORLD12もきつそうなので。フューリーワールドもまだ遊んでないですし。ここまでのプレイ時間は、25時間超です。


中国語検定4級~その1

元々3級を対象に据えていましたが、3月の試験には厳しそうだったので、1つ落として4級にしました。次回に3級を目指す手もありますが、準4級の受検が5年前ですし、ひと区切り入れてモチベーションを上げたいと思いました。先延ばしにしたらまたダラダラしちゃいそうというのも理由です。

3級のテキストを見たら発音が定かではない単語が多すぎて、一旦語彙を増やすことに注力していたら時間がなくなってしまったのが3級の試験が厳しくなった原因ですが、それは4級も同じことで、試験向けの勉強がほとんどできていない状態です。

4級向けのテキストを買おうかと考えましたが、試験日までの期間が短すぎて回せる気がしないので、見送り。そんな中で採用した勉強方法は、公式サイトから過去問をダウンロードしての演習です。第92回、93回、100回の3回分の筆記問題を解きました。予想していたよりは、正答できています。日々の単語学習による下地は一定の効果があるようです。ただ第5問の筆記は、最初は戸惑いました。アウトプット学習が極端に少なかったので、その対策として「ゼロからスタート中国語」の章末演習を使って、中国語の文章を書くことに努めました。

リスニングは公式による教材はないので、結局未着手。試験当日の朝に、YouTubeで見つけた教材を聴いた程度です。一応iKnowによる学習で、短文を聴いてはいるので、多少はかするだろうと期待しています。

というわけで、試験に特化した勉強は、232分程度しかできませんでした。4時間に満たないです。4級は決して難しくはないですが、手持ちの備えがなさすぎて、だいぶ不安を抱えての受検となります。