聖剣伝説3TRIAL of MANA~プレイ開始

聖剣伝説3のリメイク版が出たので、購入しました。原作であるSFC版は確かプレイしていないはずなので、今回が初プレイになります。なので、原作と比較したコメントはできないです。しかし、未プレイでありつつ、当時購読していたゲーム雑誌の誌上で攻略記事が連載されていたため、序盤部分は妙な既視感がありました。最初はそのことに気づかず、ビルベンに対してすごく既視感を覚え、実は原作をプレイしていたのでは、などと思ってしまいました。

さて、さっそくプレイするにあたって悩まされるのが、キャラクター選択です。ただ、前述の通り、攻略記事を当時眺めていた過程で、何となく自分のパーティを決めており、今回は素直にそれに従うことにしました。選抜したメンバーは、主人公から順に、デュラン、リース、シャルロットです。大まかな役割は以下のようにしました。

  • デュラン:アタッカー
  • リース:アタッカー兼バフ
  • シャルロット:回復兼デバフ、たまに召喚魔法アタック

ストーリーの方は、マナの剣が奪われ、神獣が復活したところです。なので後半突入ですかね。1体だけ倒しました。ここに至るまでは、ストーリーは一本道で、概ねサクサクと進みました。ジェノアなど、一部のボスは苦戦しましたが、レベルを上げれば何とかなります。現在のプレイ時間は17時間弱で、Lv43程度です。

街やフィールドなどの操作は、体験版をプレイしている時点では視点変更などあまり慣れませんでしたが、製品版へ移行する頃にはそこそこ慣れていました。自分は製品版を買うつもりで体験版をプレイしていましたが、もう少し軽い気持ちで遊んでいた場合、製品版に移行したかは微妙なところ。最初の数時間で覚えたプレイ感は、画はきれいだけど……う~ん感が強かったです。慣れてしまえば、いいんですけどね。

そして聖剣伝説といえば可愛らしいキャラクターが代名詞ですが、ドット絵から3Dになったことで、主人公たちや町の人たちから、そういった雰囲気が失われたのは残念です。イベントなどでアップになるシーンでは良い感じなんですけどね。一方で敵キャラたちは従来の雰囲気を感じられて良かったです。

あと、これは普通なのかもしれないですが、自分がドラクエに慣れているせいか、街の人たちの台詞が淡泊に聞こえてしまい、話しかける楽しみがあまりありません。

クラスチェンジのルートは大体決めましたが、育成ポイントはいまいち振り分けの感覚をつかみきれずに、積み残したままになっています。何かシステムが独特ですよねえ。とあるキャラクターを育成して解放したアビリティを、別のキャラクターが装備できたりとか。

最後にひとつ、Switch Liteでプレイしている時点で仕方ないのかもしれませんが、フォントの大きさを調整できるオプションが欲しかったです。読めるけど、Switch Liteだとちょっと細かく感じます。


風の谷のナウシカを劇場で鑑賞

「一生に一度は、映画館でジブリを。」このフレーズと共に展開されるキャンペーンで、「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」の4作品が、劇場で上映されます。これらのうち、唯一劇場で見たことのない作品が「風の谷のナウシカ」です。というわけで、この機会にさっそく鑑賞してきました。

現在は在宅勤務ということもあり、2020年07月01日水曜日の夜に近所のチネチッタで鑑賞してきました。映画自体は、金曜ロードショーで何度も視聴していますので、ストーリーは知った上での鑑賞です。

劇場ならではと感じるのは、やはりスクリーンの大きさですね。テレビ放送ではあまり気づかなかった細かいところまで目が行きます。群れとしてしか見ていなかった虫たちに、一瞬でも1個体に目を留めたりできるのも、劇場ならではです。

あとは、劇場という環境で、集中して見入るためか、テレビ放送では流し気味であった短いシーンに注目することが何度かあって、新鮮でした。一瞬テレビ放送ではカットされていたのかなあ、と思いましたが、ノーカット版を見ているはずなので、気のせい。

そしてLIVE ZOUND上映なので、音響も素晴らしいです。音を空気として捉えられる、そんな感じです。ずっといると次第に慣れてしまうのですが、毎度入りのタイミングでは感動します。

というわけで、2時間あっという間でした。いやあ、何度見ても楽しいですね。歳を重ねるにつれて、トルメキアやペジテの考えにも理解を示せるようになってきて、味わい深いです。また、腐海さながらに、観客がマスクをしなくてはならない状況は、奇妙な一体感を感じさせてくれました(苦笑

最後に、「ナウシカ劇場へいつ見にいくの?」「ナウしかない!」。お後がよろしいようで。


オカリナで曲起こし

オカリナはちまちまと吹き続けています。レパートリーには、「海の見える街」を追加しました。「コンドルは飛んで行く」も追加したいなあ、と考えています。

このように既存の曲を演奏するのも楽しいのですが、せっかくの楽器なので自分で曲を起こしてみたいとも思い、1曲書いてみました。と言っても新しく作ったものではなく、小学生の頃に作った曲をオカリナで吹きながら、譜面に起こしたものです。当時リコーダーの課題曲だった「夢冒険」のサビの部分を、勝手に自分で置き換えたものになります。妹がピアノを習っていて家にピアノがあったので、それで演奏していました。

絵と同様に下手の横好きですが、こうして物を創れるのは楽しくて良いです。オカリナは息の続く限り音を出し続けられるので、音階を確かめながら主旋律を起こしていくのに便利です。コード進行を確かめるときはウクレレかなあ。休符などを含めた最後の調整は、PC演奏に頼ります。全部PCでも完結できるけれど、楽器を使ったほうが入力は速いので、そちらの方が楽ですね。


2020年04月~06月のランニング記録

2020年04月から06月のランニング記録です。

年月総距離(km)個別距離(km)
2020/0412.303.01, 2.00, 3.63, 3.66
2020/0514.284.14, 3.42, 3.41, 3.32
2020/0615.733.41, 2.17, 3.54, 3.23, 3.38

新型肺炎による在宅勤務になったことから、平日に走りやすくなりました。特に深夜は人も少なくて良いですね。夕食の消化を待つために、だいぶ遅い時間になってしまうのがネックですけど。逆に、休日に走ることが少なくなりました。そのため、1回の走行距離は短くなっています。平日深夜だと、遠出する気にはなれないので、家の近所を走っているからです。1周3.5km弱のコースを1周する感じです。周回はモチベーションが続きません。

10kmとか長めの距離を走ると、足指や膝へのダメージが気になるので、この程度でちょうど良いとも言えるのですが、筋力が付きにくくなる点が気になります。年末年始あたりに、10km程度を練習で走るようになってから、ふくらはぎの筋肉が付いてきたことを実感できたので、やはり1回での走行距離をそこそこ伸ばしておくことは、筋力面からも必要だと感じました。

そして最後にモチベーションのお話。以前の記事に書いた通り、3月に「新潟ハーフマラソン」を予定していて、そこでハーフに初挑戦するつもりでしたが、新型肺炎の影響で目途が立たなくなってしまいました。4月に状況が好転する可能性に一分の望みを掛けて申し込んだ「燕さくらマラソン」も結局中止となりました。未だ先の見えない状況ですが、モチベーションのために何か大会を設定したいところ。色々と工夫をされて、開催を目指している大会もいくつかあるようです。


動画編集ソフトFilmora9

自分は動画コンテンツを作成することは殆どないのですが、旅行で撮影した動画を少し編集して、SNSなどに載せたいことがたまにあります。そこで、動画編集のためのソフト「WonderShare Filmora9」のライフタイムプランを購入しました。

最初は制限付きの無償版を使っていましたが、透かしや動画の最後に入る製品ロゴ画面を消したくなったので、有償版を購入しました。無償版で使っていたことから、操作感はそのままなのが良いです。

そして、せっかく動画編集ソフトを購入したので、もっと活用したいところですが、動画は容量が大きく、自前のサーバに置きにくいことがネックです。YouTubeなどにアップロードすることで、ストレージ容量は確保できるんでしょうけど、外部サービスに依存しきるのはリスクがありますしねえ。現に、日常写真をアップロードしていた「ついっぷるフォト」のサービス停止という憂き目を体験しました。画像自体は一括ダウンロードする仕組みが提供されているので保全できますが、既存のコンテンツとのリンクが切断されるのが手痛かったです。

というわけで、現状はSNS投稿用に、動画を時間軸でカット&ペーストする程度の編集しかしていません。けれども、ちょっとした動画編集ができる環境が手元にあるのは、なかなか融通が利いて良いと感じています。せっかくなので、テロップを入れたり、もう少し凝った動画作りを楽しんでみたい気持ちもあるのですが、作ったものを置ける自前のスペースがないことが、気持ちの足かせになっています。