スーパーマリオブラザーズ35

スーパーマリオブラザーズ発売35周年を記念した作品です。Nintendo Switch Online加入者は無料でダウンロードできるので、さっそくダウンロードしてみました。来年3月までの期間限定のサービスのようです。

さっそくプレイ。直近で遊んだ2Dマリオは、スーパーマリオメーカー2とスーパーマリオコレクション(スーパーファミコン Nintendo Switch Online)ですが、どちらとも微妙に操作感が違う感じ。すぐに慣れますが。

初手でハマったのが、左スティックでは移動できずに十字キーしか使えないということ。これに気づかず、最初のクリボーにすら倒されることなく、タイムアップで退場しちゃいました。

何度かプレイし続けていくと、上位に食い込めるようになりました。たまに凡ミスで10、20位台で退場しますが、概ね1桁順位をキープできるように。そしてついに通常バトルで1位ゲットです。その後スペシャルバトルでも1位ゲットできました。コインあつめは、通常バトルでランクSをキープしていますが、やり込み続ける予定はないので、じきに落ちていくと思います。

今後解禁ステージが増えてくると戦略が変わってくると思いますが、現状の自分の戦略は以下。

  • ワープゾーンでコースを選べる場合は、なるべく難しいコースにはいかない
  • コース進行を急ぐよりは、コインをなるべく集める
  • ファイアマリオキープが最強
  • なるべくチビマリオになる前に、アイテムルーレットを使う

最後に1対1になってから、決着がつくまで長いことが多いので、忍耐勝負ですね。時々残りタイムの減りが加速して、決着を急がせる仕掛けがあるみたいですが、発動条件はよく分かっていません。

スーパーマリオメーカー2の「みんなでバトル」にも結構ハマりましたが、中毒性がヤバイです。ただ「みんなでバトル」に比べて、喧嘩になるような直接的な妨害合戦はないので、ストレスは小さいように思えます。どうしようもないハマりパターンに陥らせられるケースもありますが、基本は自分のプレイ次第です。


2020年07月~09月のランニング記録

2020年07月から09月のランニング記録です。

年月総距離(km)個別距離(km)
2020/0711.283.42, 4.79, 3.07
2020/0811.873.07, 3.44, 3.37, 1.98
2020/0948.943.29, 8.40, 3.39, 5.21, 5.17, 2.38, 21.10

夏本番に入り暑さが厳しくなってくると、どうしても長い距離が走れなくなります。おまけに新型肺炎の影響でマスクをしているので、だいぶきついですね。河川敷などで周囲との距離が十分確保できる場合は、外しています。それでも暑さは厳しいので、土日の中距離ランは出来ずに、平日の深夜ランが中心になります。

ところが深夜ランは、夕食から5時間くらい空けても完全には消化が終わっていない場合があるみたいで、胃が気持ち悪くなることがありました。というわけで、最近は夕食前ランに切り替えています。まあ、この時間にランナーが多いのも納得ですね。深夜は人通りが少ない分走りやすい利点はあるのですが、入浴の時間も遅くなるしで欠点も少なくありません。

9月に入ると多少涼しくなってきたこと、下旬の初ハーフマラソンがあることから、少し練習量が増えました。レース本番を除いても25km超なので、7月、8月の2倍以上です。レースが終わった後は休養の意味もあり走るのを控えていましたが、このままダラケてしまわないようにしたいです。3kmくらいならサクッと走れるので、こまめに続けたいですね。

モチベーションのためにも次回のレースを設定したいところですが、現状は未定です。少なくとも2時間半を切れるまでは、ハーフマラソンでしょうね。最終的に目標とするのはフルマラソンですが、その手前に30kmを挟むかもしれません。


ヒメダカとヒメタニシ没

安定軌道に入ったと思っていた超小型水槽ですが、急転直下の全滅に陥りました。換水をした2日後にヒメダカの姿が見えないので調べたところ、水底で死んでいました。前日には普通に餌を食べており、明らかに不審な様子はありませんでした。pHを測定したところ、6.5で特に問題のない数値です。

数日後、ヒメタニシの様子が気になります。もともと気まぐれに動くのですが、じっとしている場合は砂に少し潜っていることが多く、そうではない様子が気になりました。pHを測定したところ、測定不可の5未満。これは明らかにヒメタニシが死んだ結果だと思い、ピンセットで動かしたところ、蓋がポロッと外れて、ドロドロになった中身が出てきました。腐敗状況からして、ヒメダカと同時期に死んでいたのかもしれません。ちなみに貝が死ぬと臭いが強烈と聞いていたので身構えていましたが、水中で腐敗が進んでしまったためか、特に強い腐臭はしませんでした。

契機と思われる換水自体は、普段と変わったことはしていないつもりなので、原因が想像できず対策も打てないのがもどかしいです。しかし、2個体が同時期に死んだということは、個体要因ではなく環境要因が何かしらあるはずだと思います。季節の変わり目ということで、水温差の影響も考えましたが、室内にしばらく置いた水を使っているので、問題なさそうだと思っています。殺虫剤も撒いていません。うーん。


E-M5で中秋の名月を撮影

2020年10月01日、この日は天気も良く、中秋の名月を見られたので、近所の公園に出かけて撮影してきました。カメラはE-M5 mark iiiで、レンズはM.ZUIKO 75-300mmです。三脚はミニ三脚なので望遠レンズの重さに耐えきれず徐々に下がってしまうのですが、23時すぎで月がほぼ真上に近い位置でしたので、あまりブレずに済みました。

露出補正は-2.7がちょうど良かったです。-2.3でも良いかもしれませんが、この辺は好みですかね。ホワイトバランスは晴天と蛍光灯で撮影しました。蛍光灯は明らかに色味が変わるので面白いです。周辺の景色も入れてみたかったのですが、前述の通り月の位置が高かったので、諦めました。

以前に皆既月食を同じレンズで撮影しているのですが、その時と比べて明らかに画質が良いです。カメラボディがE-PM1からE-M5に変わった効果でしょうか。何かしらトチっていた可能性もありますが、今回くらいの画質で撮影できると肉眼でははっきり見えない部分まで見えるので、面白いです。

リモートレリーズも持っていったのですが、WiFiを搭載しているE-M5では、スマホアプリ経由でシャッターを切れるので、そちらを使いました。カメラを上側に向けている都合、バリアングル液晶を活用していたのですが、液晶画面がUSBの接続コネクタ部と干渉しそうでしたので、止めておきました。なお画像もスマホアプリ経由で見られますが画質はいまいちなので、可能ならカメラ側の液晶で見た方が良いと思いました。


Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!

2020年09月20日、「Pripara Friendship 2020 パラダイストレイン!」に昼夜通しで参加してきました。オンライン開催ですが、配信且つ無観客であることを活かした楽しいライブでした。

なお、本ライブは1,000円増しの応援チケットがラインナップされており、エンドロールにアイドルネームを載せてもらうことができます。数量限定かなと思い、速攻で購入しました。自己顕示欲のため普通に自分のハンドルネームを入れてしまいましたが、目安箱のような使い方もありでしたね。”ふわりに新曲を”さんを見て、そう思いました。ちなみに自分の名前は思いのほか上の方にあり、探すのに苦労しました。先頭から13番目でした。

さて、ライブ本編です。残念ながら大地ニノさんは、喉の調子不良で欠席となります。会場は、過去にプリパラライブが開催されたこともある舞浜アンフィシアターです。プリチャンの配信ライブでは、会場の狭さを感じる部分もありましたが、今回は広々としていて良かったです。

そして無観客であること、配信であることを逆手に取った演出も楽しかったです。ドローンを使った大胆なカメラワークは、CGライブのようでしたね。通常は見ることのできないバックステージからの視点も新鮮でした。特にSoLaMiスマイルの”空見て笑って”と組み合わせた演出にはしびれました。また配信であることを活かした場面転換も良かったです。

昼公演感想

以下、ピンポイントで感想を書いていきます。「Ha Cha Me Cha テレパシー」はドロレオの曲ですが、そこに山北シオンさんが参加。”いきなり出てきてそんなことするわけないだろ!”からのキレッキレのダンスが面白かったです。曲の感じもきりっと凛々しい感じに変わりました。この曲に限らずですが、バックスクリーンのCGライブシーンとキャストの振り付けがシンクロすると、気持ちいいですね。そして佐藤ふわりさんの「コノウタトマレイヒ」。マイパマでの初登場ライブ、やけに印象強く覚えています。この時点では新曲があるとは夢にも思っていませんでした。

そして斎賀ひびきさんの曲が終わった後、佐藤ふわりさんが登場して、新曲「パルプスノンフィクション」を初披露!前奏の”なちゅー”が印象的ですが、曲全体も懐かしい感じのする曲調で、かなり好みです。デビューの地であるマイパマアンフィシアターで数年越しの新曲という、胸熱な展開でした。

新曲披露の後はグッズ紹介。昼公演はドレッシングパフェの3人が担当だったので、曲名に合わせて”ハチャメチャかわいいライブグッズ”と紹介していました。

グッズ紹介の後は、WITHのターン。2曲続きます。「スーパー・ダーリン」はバックスクリーンのカウントダウンが印象的ですね。5分きっかりで終わる曲。MY☆DREAMは心の眼で3人を見ました。

SoLaMi♡SMILEの曲が終わったら、お知らせ紹介。プリパラ筐体の”何が出てもWITHだらけ”というフレーズが楽しいです。そして最後にビッグな新情報、”アイドルランドプリパラ”の映像が流れました。詳細は追って待て!な感じで、タイトル紹介程度。どうやらスマホアプリのようです。

それからキャストの皆さんによる挨拶。大森ちりさんによる「かしこまりなさい!」「ははあ~!」の儀もこなしました。そして「デビッ!じぇる!ガルッ!」と相変わらず自由なガァルマゲドンによる挨拶。横であっけにとられる茜屋らぁらさんが面白かったです。勝手に登場して勝手に去っていた、まさに嵐のごとく。山北シオンさんは、四文字熟語「配信舞台」を披露。芹澤みれぃさんは、「みれぃ~!」と呼びかけながら、らぁらさんに駆け寄っていき、自分が好きすぎです。

挨拶を終えた後は、Pripara Friendshipのテーマ曲である「Crew-Sing! Friend-Ship♡」を全員で歌ってフィナーレ。退場時にキャストの皆さんがカメラの前で一言くれたり、ポーズを決めてくれたりするのいいですね。

ところでSDキャラにファララさんがいたので、佐藤ファララさんも登場するのかと思っていましたが、佐藤ふわりさんのみでした。ふわりさんの新曲と何か関係があるのかな。

夜公演感想

セットリストは半分ほど変わりましたが、大まかな構成は昼公演と同じです。「Ha Cha Me Cha テレパシー」では、山北シオンさんの登場に、若井レオナさんが「また来てくれたー」と昼公演を意識したアレンジを入れてくれました。

「メイクマニー・メイクドリーム」を見ていたら、朝比奈しゅうかさんの髪にラメみたいのが入っているのか、キラキラしていてきれいでした。そして、昼公演では「ま~ぶるMake up a-ha-ha!」のらぁみれ枠だったところが、「Brand New Dreamer」のらぁのん枠になっていました。昼夜限定ユニットいいですね。

グッズ紹介のコーナーは、ノンシュガーが担当します。転生体であるマスコットが登場したりと、何かと夜公演らしい感じ。さらにジャンケンが始まりました。自分の結果は、あいこ、あいこ、負け。一勝もできませんでした。ジャンケンで結構尺を使ってしまいましたが、グッズ紹介もこなします。山下ペッパーさんの肩乗せTシャツが面白かったです。

ガァルマゲドンの「アメイジング・キャッスル」、あちこちに移動して演出が楽しいですね。

そして最後のキャスト挨拶。伊達ゆいさん、”ゆ゛め゛か゛わ゛!”と濁音率がどんどん高まっている感じが。そしてガァルマゲドンに合わせて他のユニットも「ポテト!ゴハン!メンルイ!」(しゅうか、ゆい、みちる)、「グー!チョキ!パー!」(Non Suagr)と真似をしてきました。斎賀ひびきさんは、「よく分からない掛け声はしません!」とピシャリ。ちなみにこの日がトリコロールの結成日だそうです。そして待望の新曲に対する想いが溢れて、涙を流す佐藤ふわりさん。茜屋らぁらさんの「ゆっくり休んでね」の一言が優しかったです。ガァルマゲドンは昼公演以上に自由な振舞いでした。それから、山北シオンさんが大地ニノさんに言及していたのを見て、そう言えば二人は師弟関係だったことを思い出しました。

そう言えば退場時の牧野あろまさん、カメラ前で何か喋っているように見えたけど声が聴こえなかったのは音が拾えなかったのかな。

昼公演セットリスト

  1. ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!
  2. ゴー!ゴー!ゴージャス!
  3. Ha Cha Me Cha テレパシー
  4. トンでもSUMMER ADVENTURE
  5. コノウタトマレイヒ
  6. ハートフル♡ドリーム
  7. Miss. プリオネア
  8. ま~ぶるMake up a-ha-ha!
  9. CHANGE! MY WORLD
  10. リザーブ・ザ・リバース!
  11. 純・アモーレ・愛
  12. パルプスノンフィクション
  13. Giraギャラティック・タイトロープ
  14. スーパー・ダーリン
  15. 神曲!~Gaarmage Tourism~
  16. シュガーレス×フレンド
  17. Believe My Dream!
  18. ラン♪ for ジャンピン!
  19. HAPPYぱLUCKY
  20. Crew-Sing! Friend-Ship♡

※太字は昼公演のみ曲

夜公演セットリスト

  1. ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!
  2. ゴー!ゴー!ゴージャス!
  3. Ha Cha Me Cha テレパシー
  4. トンでもSUMMER ADVENTURE
  5. コノウタトマレイヒ
  6. ハートフル♡ドリーム
  7. メイクマニー・メイクドリーム
  8. Brand New Dreamer
  9. No D&D code
  10. かりすま~とGIRL☆Yeah!
  11. 嘘つきはTomorrowの始まり
  12. パルプスノンフィクション
  13. Giraギャラティック・タイトロープ
  14. JUST NOW!
  15. アメイジング・キャッスル
  16. スパイシー♪ホット*ケーキ!!!
  17. ピュア・ハート・カレンダー
  18. Get Over Dress-Code
  19. トライアングル・スター
  20. Crew-Sing! Friend-Ship♡

※太字は夜公演のみ曲

最後に、敢えて気になったことを書いておきます。

  • ドローンカメラの画質
    • 仕方ないと思いますけど、通常のカメラに比べて明らかに画質が変わるので、少し気になってしまいました
  • バックスクリーンの情報量が多い時の画質低下
    • 通信環境の問題だけかもしれませんが、バックスクリーンがCGライブシーンなど情報量が多い時に、キャストと一緒にクローズアップされているシーンだと、ブロックノイズが目立つ気がしました
  • 一瞬のブルーバック
    • 昼夜ともにブルーバックがありましたが、夜の方は若干長めで一瞬不安を覚えました。他にも細かなミスがありましたが、配信だとどうしてもそれらが目立ってしまいますね。